ラーメン迷宮久留米

 恐るべき久留米の豚骨ラーメン、私らにとってはこれがフツーです!

久留米は豚骨ラーメンの元祖と自称する方々が多く住むところです。久留米ラーメンは長浜ラーメンと異なり、そのスープがむっちゃ濃厚である事が知られており、北九州でも久留米ラーメンと呼称される店が存在する事から、明確に別物として認識していただきたいと思います。久留米ラーメンの元祖は、南京千両です。そして久留米白濁豚骨ラーメンの元祖は三九です。三九が熊本&宮崎ラーメンの祖となった事は広く知られています。白濁豚骨ラーメンの原種である久留米ラーメンは、ラーメン界のタルホ小麦的存在であり、全ての基準としてありのままに自由に進化させつづけなければなりません。
所詮、有馬藩地域以外の人間には、久留米ラーメンそのものを理解する事など不可能なのです。今はただ久留米ラーメンがブームにならない事を祈るのみ。普遍化する事でもあろうものなら、迎合化の過程で久留米ラーメンの、長浜化・中華ソバ化が促進され、久留米ラーメンが滅亡してしまうのです。三九を基本に多様化を重ねつつ進化した久留米ラーメンは、差別化を重ね、様々な久留米ラーメンを生み出してきました。

そんな久留米には、地元のモンしか知らない凄いラーメン屋が存在するのです。


1.久留米ラーメンルネッサンス久留米は豚骨ラーメンの元祖と主張する方々がいます。
2.24時間営業!丸星ラーメンエンスー&トラッカー御用達の中華そばの店。
3.明善と共に、沖食堂豆ごはんのおにぎり、そして金曜日に食え!
4.素ラーメンのひろせ食堂素ラーメンがあります。焼き飯もあります。
5.知久留ラーメン!競技場傍の地味な生活密着型ラーメン。
6.一心ラーメン!聖マリア&ひろせ食堂の間にある古式ゆかしいラーメン。
7.ラーメン屋?食堂?久留米ラーメンの大分類!
0.久留米ラーメン食べ歩き!恐るべき私の久留米ラーメン食べ歩き記録です。

1.久留米ラーメンルネッサンス

「久留米は豚骨ラーメンの元祖!」と主張し、久留米ラーメンフェスタなるイベントを敢行し、町おこししているのは久留米ラーメンルネッサンスなる、久留米商工会議所の一部門という事実は結構知られていない。そんな集団が暗躍する怪しい久留米では、久留米ラーメンマップなる地図も存在(但し丸星ラーメンが記載されていない)し、年に1回の久留米ラーメンフェスタ(まだ3回目なんだが)が開催され、次第に久留米ラーメンが広く認知されつつある今、久留米ラーメンの特色を広く周知徹底していただきたいのだ。

久留米のラーメン探偵団や、インターネット久留米の一部有志が運営するラーメンML、等々久留米のラーメン愛好家達は様々な活動を繰り広げ、久留米ラーメン発展に貢献しているのだが、あまり知られていない。

それには理由があるのだ、久留米ラーメンに名店が存在しない!誰も「ここが一番うまい!」と断言できる店を保有していないのである。みんな気分で選ぶ!今日は丸星、明日は沖食堂、ひろせ食堂、その日の気分と体調で、さっぱりスープか?濃いスープか?こってりスープか?チャーハン付けるか?焼き飯付けるか?ギョーザ付けるか?さまざまな条件を勘案して、沈黙思考の末に選ぶ!という行為が日常茶飯事の今、一番うまいと思う店が個人の中で確立できないのである。

従って、久留米ラーメンの名店という輩が存在したら、こっちのモンじゃ無い?だってこっちのもんは、何処が一番うまいって、ナカナカ言わないんだよね。ガチンコラーメン道を見て、あんなんが久留米の言葉と思っている貴方、それは間違いです。あんな久留米弁は存在しません。大牟田とか向こうの言葉が入っていて、あんな言葉が偏在してはいませんから。
最初に戻る



2.24時間営業!丸星ラーメン エンスー&トラッカー御用達の中華そばの店。

24時間営業のラーメン屋さんというか、ドライブインというか、ひとくくりで表現する事すら出来ぬ、恐るべき店なのである。

丸星ラーメンは、エンスー達の御用達となって久しいのだが、実はそれ以前よりトラッカー御用達の店として知られた24時間営業のドライブイン的存在でもあった。24時間営業のラーメン屋として稀有な存在であった丸星ラーメンは、呑んで締めの一杯、夜勤帰りの一杯、様々なシチュエーションで欠かせない最後の聖域として、久留米北部および隣接する鳥栖・基山、三井郡・小郡市の住民達に圧倒的に支持された生活肉薄店でもある。

夜のおばちゃんグループ、昼のおばちゃんグループ、二交代制で運営されているこの店は、とんこつベースに一日一回鶏がらまとめて補給しつつ24時間スープの大釜の火を絶やさない。

従って、午前一時から二時までの短い時間帯が素晴らしいスープを味わえる刹那である。加えて夜の時間帯にはカラオケ大会の大御所であり某レコード会社の契約歌手でも在る女将さんが目を光らせている。黄金期のメンバーを欠く今、昔の味を求めるならば「深夜のゴールデンタイム」に出撃するしかない。

この店で年間二百杯以上を食い続ける数年間を過ごした私は、至福の時を過ごす事が出来た。

食券などという無粋な制度が存在しなかったあのころ、店に入れば人数分の麺が釜に叩き込まれていた。そして、何も言わずにラーメンが来たのである。スープを味わって濃厚かつ絶品であれば(ほぼ百パーセントであった!)野太い声で「替えめーん」と叫べば、麺だけを食い終わる頃に、替え麺の入った丼が来る。ねぎと麺と白しょうゆの入った丼を手にするやいやな、傾けると、麺とねぎが音も無くスープと海苔と煮豚だけが残った丼に滑り込んだ。

大根の漬物を一掴み叩き込み(やっぱ、紅ショウガはルール違反だと思う!)、再度胡椒を二振り、さあゆったりと食しよう。最後のスープを飲み干すと、モアローの中から現れる「まいどありがとうございました」の文字。食いも食ったり、あの数年間。

今や、食券を購入するシステムになり、丼も陶器からメラニン樹脂に替わり、かつての黄金期を支えたメンバーも残り少ない。しかし、カラオケの女王たる契約歌手の女将さんは健在である。かつての丼も替え麺用で使用されている。夏になれば「カット西瓜」が冷蔵ケースに入っている。

改装の結果は、元に戻ったよーな気がする。丸星小唄のプレートも、大将の天職たる警察犬を紹介するディスプレィも健在だ!壁にベニアが貼られた程度に収まり、外観も化粧トタンが貼られたが、看板は中華そばの昔のままだ!

追伸
但し、最近のおばちゃん達のレベル低下は甚だしい。丸星の未来は非常に暗い。客の数を数えながら、見落としばかりする。ラーメンが来ないわ、丼を下げずに、人間を数えてばかり、そして持ってくるべきラーメンの数も、替え麺の注文客すら把握できていない。見ていて、悲しくなったのは、丸星暦三十年以上のメンバー四名全員であった。

再度の追伸
最近debuya見ながら、腹が減ったので丸星に出撃した。「カタ麺」オーダーしたら、結構美味しかった。おばちゃん達のコンビネーションが復活している。ここの隠しメニューとしておでんの卵が在る。よーと煮込んで味の染みた卵、これが美味い!某レコード会社の契約歌手である女将さんがおでんの補充なんかしている時なんかは、「味のよーしみとっと!お願いっ!」とか言うと、ニコニコしながら底の方から引き上げてくれたりするぞ!
おでんの卵ぱくつくと、ラーメンが来る、そっこーで食い終わったら、「替え麺いっちょぉっ!」と野太い声で叫ぶのが私の習慣だ。できれば「替え麺いっちょぉっ!カタ麺でぇっ!」と叫ぶと、確実に美味いのが食える。「バリカタ!」「ハリガネ」は通用しないんで、そこんトコ宜しくっ!
最初に戻る



 3.明善と共に、沖食堂 豆ごはんのおにぎり、そして金曜日に食え!

久留米の明善、高松にも明善があったことを知ったのは、饂飩巡礼のみぎりであったが、久留米有馬藩の藩校の流れを汲む明善は、一時期「久留米の雀荘は明善と工専で持つ!」と言われた謎の高校である。
 しかし、その明善の旧東門の傍に、創業うん十年の「沖食堂」が君臨している。お店の北に駐車場があるので、こちらに停車させて訪れたい。
明善に通った無二の親友は「沖食堂は、一週間ごとにスープば作り直すったい!金曜日に食いに行くとが通ばい!豆ご飯のおにぎりも付けんといかんばい!」と絶賛し、熱く語るのである。明善の学生にとって格別の存在、それが沖食堂だ。代替わりの結果、スープの取り方は少し変わったみたいだが、味は変わらない。
うどんも、焼き飯も、ラーメンも、更に加えて怪しいお品書きと、一通りのメニューが存在するが、シーナ&ロケッツのサイン入りポスターも、風景写真も、壁を飾っている。
高校生だけでなく、タクシー運転手、一般大衆、様々な人種が一時の憩いを求める店、少なくとも久留米のラーメンは、みんな明るく食っている。より生活に密着した価格は、何時も丸星と値上げ時期がほとんど同時というのが笑えたもんだ。
替え麺は出来ないが、面白いメニューもあるので、いろいろ楽しんで欲しい。二人で行く場合「ラーメン二杯に焼き飯の大きい奴っ!」と叫べば宜しいと思う。
最初に戻る



 4.素ラーメンのひろせ食堂 素ラーメンがあります。焼き飯もあります。

ひろせ食堂は、久留米で唯一素ラーメンが存在すると思っていたが、国分のくいよい軒にもあったんで、修正しておく。ここの店は少し薄めのさっぱり味である。
店休日は店先のボードに示されているので、間違えぬように確認しておきたい。改装で駐車場が少し広くなったような?国道209号線沿い、お店の前が駐車スペースなので、注意深く車を収めよう。
ここの焼き飯は、ばあちゃんが担当であったが、今はどうなって居るだろうか?ほっとしたい時分、ここのラーメンが食いたくなる。久留米にしては少しばっかりさっぱりしている。
奇をてらわず、わが道を進む、それがひろせ食堂。
ここが無くなると、無茶苦茶困る!
最初に戻る



 5.知久留ラーメン! 競技場傍の地味な生活密着型ラーメン。

知久留ラーメンは、久留米の競技場の傍らにひっそりと存在している。久留米白濁豚骨ラーメンは清湯スープを濁らせると言う料理店ではありがちな事故から(あんたガスコンロの歴史は短いの!じいちゃん・ばあちゃんに聞いてみなっさい!)誕生した白湯スープの亜種的偶然の産物である事は知られている。その店が三九なのだが、その張本人は現在北九州市で「来々軒」というラーメン屋さんを営業されている。久留米ラーメンの第2ファウンデーションが北九州だ!ラーメン博物館に現在出店している魁龍も、北九州が本店なのだが北九州でなお「久留米ラーメン」を名乗っている。御母堂が屋台を引いておられたと伺った事が在る。久留米ラーメンは濃厚なのだ!
従って、極端に移行するのが当然の結末かもしれないのだが、古い久留米白濁豚骨ラーメンの形式を様々に残しているのが、ここ知久留ラーメンである。はっきり言ってちょい薄い、ひろせより薄い。値段も安い。300円だ。断言しよう、久留米ラーメンの美味さは、久留米のモンにしか分からない。有馬藩地域住民に特化しつつ進化と競争を繰り返してきたラーメン界のサーベルタイガー的存在が、久留米ラーメンなのであるから、大事にしなければならない。で、お店の横の駐車場1から3までが知久留ラーメンの契約スペースだ。注意深く車を収めよう。
言っておこう!久留米のラーメンは300円から600円と幅があるのだが、久留米のラーメンは生活密着型故に安いのが当然なのだ!加えて久留米ラーメンを他に移設しても、久留米地区住民の嗜好に特化して進化を続けた味故に、アレンジしなければ受ける事は無い。
他ントコん人が何を言おうと、「余所モンが何言いよる!」と冷ややかに見られているだけなのだ。
あの細麺の硬さに執着するようになったら、認められるかもしれないが?

最初に戻る



 6.一心ラーメン! 聖マリア&ひろせ食堂の間にある古式ゆかしいラーメン。

一心ラーメンは、聖マリア病院とひろせ食堂の中間点にひそかに存在する209号線沿いの小さな店舗である。こっちにゃあ、テーブルで使用する胡椒が無い。加えて、その大将のキャラクターは強烈である。
私がここでオーダーするときゃあ、「ちぃいっと固めね!」と付け加える事を忘れない。「ちぃいっと固め」の一言が最重要ポイントである。うれしそうに「ちぃいと固め?」と聞き返す大将の表情が堪らない。
ラーメンが出てくると、ねぎの上に胡椒が振り掛けてあるのだ。香り補完の胡椒・香り発生源のねぎの組み合わせ、ゴマが加わり香りの三重奏となれば、そこにはささやかな小宇宙が出現する。
最近渋好みになりつつある私だ。途絶えていた御茶室蹂躙の旅も再開した私、四十にして、切れ始めた。
最初に戻る



 7.ラーメン屋?食堂? 久留米ラーメンの大分類!2004.4.16追記

久留米のラーメンを語る時、一つのラインが引けることは、あまり、知られていない。久留米のうどん屋も、同様なのだが、ラーメン屋と、食堂という分類が可能なのである。

ラーメン・ちゃんぽん・餃子にご飯は、ラーメン屋の定番メニューである。ちゃんぽんが無いラーメン屋も多いがラーメン・ちゃんぽん・餃子の専門店と豪語する店舗が数多く存在する為に、ホルモンがあっても、酒にビールがあっても、ラーメン屋という分類で大丈夫なのだが、ここにどんぶり物が入ったり、うどんが入ったりすると、食堂に分類する必要が出てくる。
焼き飯はラーメン屋の範疇だ!でも、どんぶり物orうどんがある店舗は、ラーメン屋では無く食堂と分類したい。讃岐における、セルフ?製麺所?という怪しい分類項に相当するのが、ラーメン屋?食堂?といういう分類項なのである。
そういえば、鳥栖の摩天楼ラーメンには豚丼があった、今や、焼鳥屋と瀬高に其の名を残すだけなのだが、あれは食堂に分類すべきなのだろうなぁ。旨かったんだが、代替わりと同時に消え去るべき店に落ちぶれてしまった。悲しい記憶である。
最初に戻る


ノミネートラーメンもしかすると、取り上げるかもしれないラーメン一覧H15.8.17追記
ちくも食堂
店舗の怪しさと、掃除の行き届き具合は、久留米クラシックの最先端の一翼を担っている。
三九
最近移転したけれど、白濁豚骨ラーメン元祖の久留米クラシックは欠かせない。
南京千両
豚骨ラーメンの元祖は欠かせないが、店舗増大し過ぎで、ちょいと引ける
来々軒
北九州にある白濁豚骨ラーメン最重要人物の店。
満州屋・大砲・大龍・一味
久留米市内・近郊で展開するチェーン店。
ラーメン鳳凰
大龍系統で最も注目する小郡の店

最初に戻る
00.久留米ラーメン食べ歩き!恐るべき私のラーメン&中華食べ歩き記録です。2003.9.17

福岡はうどん・ラーメンの連合帝国です。その福岡一帯における私の食べ歩き記録です。内容とコメント程度に留めておきます。

平成17年8月14日
 二日続けてちくも食堂で、ラーメンを食した。何だろう、スープに残るエグミは知久留より少ない。確実に進化の袋小路に突入している久留米のラーメンは、もう一度自分の踏み締めるべき大地を再確認すべきでしょう。

平成17年8月13日
 ちくも食堂で、ラーメンを食した。何だろう、このチープさは、、、やっぱ久留米クラシックの源流だ。しかし、最近久留米でラーメン食って無いなぁ。

平成16年9月20日
 てんまで、ラーメンを食した。そばの親子連れが、オーダーミスを喰らっていた、かわいそうだった。

平成16年5月22日
 沖食堂で、ラーメンを食した。

平成16年5月1日
 壱番亭でちゃんぽんうどん、恐ろしいちゃんぽんうどんです。でんぷん使いすぎですけれど。

平成16年4月16日
 知久留ラーメンでラーメン大盛り+焼き飯を食した。正統派堅麺の知久留ラーメン一杯330円、大盛り380円、ラーメン大盛り+焼き飯+ラーメンセットで1270円、もはや、最強かもしれない。

平成16年2月14日
 久留米ラーメン草野で深夜割引300円のラーメン喰って、替え玉した。横ではたばこを吹かしている、駄目だねこれは。

平成16年1月23日
 久留米の六角堂で怪しいマーボーメンとタンタンメンを食したら、大外れの最悪であった。陳建民氏の古株弟子が熊本でやっているマーボー豆腐の味だ。の昼と夜ではコックが違うらしいが、舐め切っていますね。チャーハンは焼き飯の味がした。

平成16年1月3日
 久留米ラーメンで深夜割引を唯一行っている、草野に行って来た。300円のラーメン喰ったら旨かったんで、替え玉した。これで350円、捨てがたい。

平成15年12月19日
 飲み会の締めは、久しぶりの広瀬であった。人は衰える、そして、引き際を迎えねばならない。悲しいが、現実だ。

平成15年10月10日
 下関に出張で、山小屋で食った。拡大は結構だが、所詮ラーメン屋がセントラルキッチンシステムを取ったら、誰でも厨房に立てる。そこで社員教育のレベルが判明してしまう。テーブルに落とした焼き豚(煮豚)を何食わぬ顔をしてタッパーに戻す。見た人間は、絶対にそのチェーン店では食う気がしないだろうに。

平成15年9月21日
 早いお昼だったんで、小腹がすいて、八女の怪しい大龍一番でラーメン並を食した。麺が弱い、久留米製麺の限界だろう。しかしなぁ、税込み420円、ギリギリやね。

平成15年9月6日
 怪しい白百合会一押しのてんまで食した。ぎりぎりの420円(税込み)という価格は、限界値に近い。久留米のラーメン、適正価格はやはり320円でしょう。

平成15年8月13日
 福岡市内の珍しい酒屋、その横の怪しいラーメン屋でラーメンを食した。やはり豚骨には化学調味料が欠かせないのよねぇ。

平成15年8月12日
 久留米ラーメンといえば、濃厚一本、特にその筋ではそこそこ有名な。竹うどんの横にある店が一番濃厚だった。でも、その伝説は終焉を迎えてしまった。

平成15年1月19日
 今年最初のうどん参り、大分ではうどんを食う元気すらなかったんで、庄内のなしかで中華、失敗だった。なしかでも、どうしようもないトコもあるさ。

平成15年1月4日
 今年最初の北方は、井出ちゃんぽんである。武雄温泉で命の洗濯したら、雪の影響で閉鎖の嵐が吹き荒れるから、気合いを入れて食べておく。やはり無敵のちゃんぽんは量・味共に常軌を逸している。裏道経由の裏道直通で帰ってきた。

平成14年12月29日
 今日も知久留で大盛りラーメン、妻は焼きそばだ。夜は筑紫野市の北京でいろいろ、焼きビーフンは欠かせない。

平成14年12月13日
 久留米クラシック、一心で、ラーメン二杯&焼き飯だ。此処には、テーブルに胡椒が無い昔ながらのスタイル。

平成14年12月7日
 尾道でラーメンを食した。朱華園の尾道ラーメン、背脂の処理、もう一歩やなぁ。

平成14年12月6日
 久留米クラシックの最右翼、ちくも食堂で、ラーメン&焼き飯で800円。

平成14年11月9日
 山国の怪しいラーメン屋さん、やっぱり、怪しいだけで終わってしまっていた。

平成14年10月27日
 福砂屋の本店に最中を買いに行ったついでに、中華街で何時ものセットを食した。その酷さに、名前が出せない!それくらい酷かった!

平成14年10月12日
 甘木のニュー長田屋でちゃんぽんだったが、オーダー順は無視して、馴染み客優先に料理を持ってくるわ、ビールは泡だけ継ぎ足しとか、凄まじい事をしていて、哀しくなった。店は落ちるんだなぁ。

平成14年10月4日
 濃厚スープで知られた久留米ラーメン、終わってしまっていた。

平成14年9月7日
 徳島の笑福亭でラーメンを食した。うまいよなぁ、徳島ラーメンも凄いんです。味覚を理解しあっている友人の薦める店には間違いが無い。

平成14年9月1日
 菊池に行ったら、馴染みの店が消えていた、仕方なく、長崎ちゃんぽんだ。

平成14年8月25日
 今日も久留米の知久留ラーメンだ。安い・美味い、それだけで十分でしょう。

平成14年8月11日
 久留米の知久留でラーメン&焼肉セットである。此処の炒め物&餃子は鉄板仕上げ、薄目の久留米クラシック、久留米一安いトコだが、悪くない。

平成14年6月15日
 北方の井出ちゃんぽんである。34号線沿いの知らぬ者の無い無敵のちゃんぽんは量・味共に常軌を逸している。大盛りを頼む人が居るとは思えない。

最初に戻る


親分さんの迷宮・目次に戻りまっせ!