BMW コンテンツ


M1 (E−26)

スケールメーカー名称
S=1/43
MINICHAMPS
BMW M1 ROADCAR

M3 (E−46)

スケールメーカー名称
S=1/72
MTECH
BMW M3

Z3

スケールメーカー名称
S=1/36
TINS'TOYS
BMW Z3 coupe 2.8

MINI

スケールメーカー名称
S=1/72
ヨ−デル
BMW MINI

V12LMR ('99)

スケールメーカー名称
S=1/43
JADI
BMW MV12LMR '99 Le mans Winner No.15
ヴィンケルホッフ/マルティニ/ダルマス
--


M1 (E−26)


●実車について

BMW信仰者にとって"M"の称号は特別の物であることでしょう。その"M"の起源となったのが 1978年のパリサロンで発表されたこのM1です。M1はシルエットフォーミュラ参戦を意識して開発 され、800台程度をランボルギーニと共同生産する予定でした。しかし実際の生産台数は500台 にも満たなかったのです。M1が高価であった事と、共同生産が破棄された事が原因でした。
M1のミッドにはBMW伝統の"シルキー6"こと直列6気筒DOHCエンジンが搭載されています。 81年に生産が終了しましたが、その熱き血筋は後々のMシリーズに受け継がれていきました。

最高出力277PS、最大トルク30.6kgm、全長4360mm全幅1824mm 全高1140mm
(Road Car)

●ミニカー

◆ S=1/43 MINICHAMPS BMW M1 ROADCAR 白 

M1  M1
 
特徴
1998.X.X購入。 ドアは開きません。プロポーションモデルです。
保有台数 1 台
良い所
小さい頃にM1シルエットにあこがれていました。 スタイルは良いと思います。
気にいらない所
リアのウインドウルーバーは全てつながっています。 出来ればルーバー間の隙間は開けて欲しかったです。その位です。


M3 (E−46)


●実車について

DTM、グループA、グループNでのホモロゲーションを取得する為に 生を受けた初代M3のE30、2代目のE36に続き3代目のM3になるのがこのE46型です。 2代目以降からはレースの参戦をホモロゲを目的とはしていないですが、BMW最強のロードカーとして 君臨しています。
エンジンは伝統のシルキーシックスですが、ALMS参戦のM3GTRはV型8気筒エンジンを搭載。 極少量ですがこのV8エンジンモデルもロードカーとして市販されるとの事です。

最高出力343PS、最大トルク37.2kgm、全長4492mm全幅1780mm 全高1372mm
(M3)

●ミニカー

◆ S=1/72 MTECH BMW M3 紺

M3  M3
 
特徴
2003.10.1入手。 ドア等は開閉しません。プロポーションモデルです。
保有台数 1 台
良い所
メタリックな塗装が綺麗です。このサイズでヘッドランプ/テールランプがきちんとクリアーパーツで 再現されておりキドニーグリルも立体的に再現されています。ドアモールも塗装されており精悍さが増しています。 全体的にシャープで、安価な割に非常に良く出来ています。
気にいらない所
特にありません。


Z3


●実車について

1990年代前半のユーノスロードスターの世界的ヒットをきっかけにオープンカーブームが 巻き起こり、世界各社はライトウエイトのオープンカーを次々と市場に送り出してきました。 BMWはレトロなロングノーズ&ショートデッキのZ3ロードスターを発表しました。 この車は1995年公開されたジェームス・ボンド映画「ゴールデンアイ」のボンドカーに 採用された事もありヒットセラーとなしました。
後年にロードスターに3ドアハッチバックスタイルの メタルトップを採用したZ3クーペが発表されました。 このクーペは一見4人乗りのように見えますがあくまでもリアはラゲッジスペースで ロードスターと同様の2人乗りです。
クーペは初めて見たとき”シ○ック!"と思いましたが、ナカナカ味のある形ですね。

最高出力193PS、最大トルク28.5kgm、全長4035mm全幅1740mm 全高1305mm
(Z3 coupe 2.8)

●ミニカー

◆ S=1/36 TINS'TOYS BMW Z3 coupe 2.8 青

Z3 coupe  Z3 coupe
 
特徴
2003.10.13入手。 ドアが開閉します。プルバックモータを内蔵しています。
保有台数 1 台
良い所
ブルーの塗装が綺麗です。ホイールとフェンダーの間隔が良く、スポーティに 見えますね。安価な割には良く出来ていると思います。メッキホイールが似合わなそうで似合っていますね。
気にいらない所
重量が重くプルバックモーターの力が不足しています。(^^;)


MINI


●実車について

半世紀近く生産された先代のミニの跡を継ぎ登場した新型ミニはBMWがプロデュース する近代的な車に生まれ変わりました。 BMWの品質と安心感を手に入れた反面、 BMWの走りの基準を満たす為に15インチ以上のタイヤが必要と判断されそれを収める 為にとボディサイズも普通の小型車サイズまでに拡大されました。 独特のコロコロとした愛らしさは薄れてしまったのが残念です。
ミニと言えば赤ボディ/白ルーフですね!

最高出力116PS、最大トルク15.2kgm、全長3625mm全幅1690mm 全高1415mm
(クーパー)

●ミニカー

◆ S=1/72 ヨーデル BMW MINI 赤 

MINI  MINI
特徴
2003.10.1入手。 ドア等は開閉しません。プロポーションモデルです。
保有台数 1 台
良い所
このサイズでヘッドランプ/テールランプがきちんとクリアーパーツで 再現されており非常に質感が高いです。リアの熱線、ワイパーがプリントで再現されています。
気にいらない所
特にありません。安価なのに良く出来ています。


V12LMR('99)


●実車について

1998年以降からBMWはル・マンにF1GT-Rではなく、新開発のオープンプロトタイプを投入して きました。 それは年々規制が厳しくなるGT1のカテゴリの終焉を予測し、何より設計が古いF1-GTRでは ライバルたちに太刀打ちできないという理由からの選択でした。
98年はオープンプロトタイプ最初の年で開発不足のため、数時間の内に早々とリタイアして しまいましたが、99年はウイリアムズの協力を得、新型のV12LMRを完成させました。
ドライブトレーンには6リッターのV型12気筒エンジンをミッドに搭載しています。パワーよりも 燃費の良さを武器にしてトヨタのTS020とトップを争い一発の速さでは劣るものの、給油の際に 気がついたらトップを走っていました。
誰が見てもBMWと分かるこのキドニーグリル、空力的には不利なのですが、メーカーの 誇りが感じられますね。

最高出力550PS以上、最大トルク----kgm、全長----mm全幅----mm 全高----mm
('99 V12 LMR LM)

●ミニカー

◆ S=1/43 JADI BMW MV12LMR '99 Le mans Winner No.15
  ヴィンケルホッフ/マルティニ/ダルマス 

V12LMR  V12LMR
特徴
1999.X.X購入。99年のル・マン24時間で総合優勝しました。 開閉箇所はありません。プロポーションモデルです。
保有台数 1 台
良い所
値段は安いですが(MINICHAMPS製の1/2以下!)プロポーションも 良く、非常に出来が良いです。足回りはローター、キャリパ-まで再現されています。
気にいらない所
特に有りませんが、リアカウルの縦じま模様(特にエンジン横) が歪んでいる物を幾つか見かけました。購入時に様チェックです。


ホームへ戻る

ドイツ 車トップへ戻る

BMW コンテンツへ戻る