"Z"car (S30)


 FAIRLADY Z (S30) 


 Z34  Z33  Z32  Z31  S130  S30  Z other

●実車について

1969年にSP/SRシリーズの後継として登場し、初めて”Z”の称号を冠されたのがこのS30でした。 北米市場をメインターゲットとしたS30は衝突安全性と全天候性を考慮する必要があり、その結果 高い評価を得ていたSP/SRのオープンカーイメージと決別し、クローズドボデイとなりました。 ちなみにS30のボデイデザインはジャガーEタイプを手本にしたとか。
日本国内では2リッターモデルを投入し、トップモデルとしてR380に 搭載されたDOHC直列6気筒エンジン"GR8"のデチューン版"S20"を搭載したZ432/Z432Rを送り出しました。 ちなみに4バルブ3キャブ2カムシャフトの"S20"を搭載しているZなのでZ432と命名されています。
北米をメインとした国外では2.4リッターの240Z、そしてエアロデバイスで武装した240ZG 送り出しました。240ZGは意外と悪かったS30の空力特性を改善するためにオーバーフェンダーと Gノーズを身にまとったスポーツモデルでした。その人気の程は凄まじく、71年からは国内でも 販売されることになりました。国外ではやがて排気量を上げていき260Z、280Zと進化していきました。
S30はレースでも活躍し、国内ではZ432と240ZGが多くレースで勝利を飾り、国外ではラリーで大活躍 しました。510ブルーバードの後を継いで出場した71年のサファリラリーでは240Zが総合優勝/クラス優勝/チーム優勝という3冠の偉業を 達成しました。70年、71年と2年連続の3冠達成です。
この初代Zは9年間の生産期間で何と約50万台以上も生産されました。その9割が輸出された そうです。日産のスポーツカーに対する志を世界に知らしめ、ブランドイメージを高めた功労車と 言っても過言ではないと思います。
"伝説のスポーツカー"その輝きは決して色褪せる事はありません。

最高出力160PS、最大トルク18.0kgm、全長4115mm全幅1630mm 全高1290mm
(Z432)

●ミニカー

FAIRLADY Z (S30)

* 複数所有している物はカウントから除外しています。 1種類=1台 でカウントしています。 *

種類page

小計

中計

合計

KYOSHO
S=1/43
page1 page2
11台 + 6

17

190

EBBRO / TOMICAEBBRO
S=1/43
page1 page2
11台 + 4

15

MiniPromo / PitWorks
S=1/43
page1
3

3

ixo
S=1/43
page1
2

2

NOREV
S=1/43
page1
1

1

delPrado
S=1/43
page1
2

2

TOMICA DANDY
S=1/45
page1
5

5

KYOSHO
S=1/64
page1 page2
3台 + 3

6

MUSCLE MACHINES
S=1/64
page1
2

2

YODEL
S=1/72
page1 page2
7台 + 3

10

MODELPLANNING
S=1/87
page1
5

5

BANPRESTO
S=1/87
page1
2

2

KYOSHO
S=1/100
page1
9

9

TOMYTEC
S=1/150
page1 page2
5台 + 6

11

TOMICA
page1 page2 page3 page4
page5 page6
12台 + 4台 + 2台 + 7台 +
2台 + 2

29

HotWHeels
page1
1

1

MOTOR MAX
page1
3

3

CHORO-Q
page1 page2 page3 page4
12台 + 13台 + 1台 + 4

30

T.T.C @car
page1 page2 page3
9台 + 9台 + 1

19

TOY other
page1 page2
12台 + 5

17

CATALOG
page1
1

1


ホームへ戻る

 "Z"car (Z34) トップ へ戻る 
 "Z"car (Z33) トップ へ戻る 
 "Z"car (Z32) トップ へ戻る 
 "Z"car (Z31) トップ へ戻る 
 "Z"car (S130) トップ へ戻る 
 "Z"car (S30) トップ へ戻る 
 "Z"car (Z other) トップ へ戻る