☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

     『TVKテレビの 「新車情報2001」を斬る!』

         Vol.160 (2001/10/26) 毎週発行

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


★10月22日放映
【アルファロメオ・アルファ147】

伝統ある官能的ブランド。クルマとしてマニアックな部類に入ると
思いますが、この番組ではもうお馴染みです。

オフィシャルサイトは
http://www.alfa147.jp/

基本スペックは、直列4気筒、DOHC、2リッター、ツインスパ
ーク、150ps、トルクは18.5kg。ATモード付き5速シ
ーケンシャルトランスミッション。10・15モード燃費は発表さ
れませんでした。価格は5ドアハッチバックで295万円。3ドア
は285万円。

三本さん達のロケの満タン法で計測された燃費は、
10.3km/Lでした。時速100km走行時の騒音は67dB
でした。

全長4170、全幅1730、全高1420、重量1310kg。
最小回転半径5.75m。

本国イタリアでは2000年にデビュー。プレステージ・スポーツ
コンパクトとして高く評価され、2001年度ヨーロピアン・カー
オブザイヤーを受賞。

「盾」をモチーフとした独創的なフロントマスク。三本さんは「ア
ルファの顔付きの中ではおとなしい」といった感想。1949年の
6C/2500ヴィラデステのデザインを彷彿とさせるクラシック
な顔付き。

昔、アルファ・スッドというクルマを所有していたという三本さん。
145の前身だったアルファ33。さらにその前身がスッドやスプ
リントと呼ばれたクルマたちで、14シリーズの最新モデルである
147はスッドの子孫といえます。

日本に導入されるのは、2リッターツインスパークのセレスピード
のみ。ツインスパークとは、1気筒あたり点火プラグが2本あるエ
ンジン。

セレスピードに装備されるATモード付き5速シーケンシャルトラ
ンスミッションは、クラッチペダルがないATでいわゆるセミオー
トマ。これがなかなか楽しいらしい。シティモードを選べば普通の
AT車として走行可能。日本のAT限定免許で乗れます。

個性派アルファも、フィアットグループの一員となってからすでに
10年以上たち、共通するパーツも多いらしい。信頼性が向上する
ことはたいへん結構なこと。しかしファンからすればアルファらし
さは固持してほしいところ。

まずデザインでは、アルファらしさ健在。「デザインするとき、ア
ルファは未だにコンピュータを使わないそうだ。レンダリングを修
正しながら完成させていく。コンピュータと相談するのは最後の量
産フェーズのとき」と三本さん。

自動車と思えないフロントデザインは、社内のデザイナーが生み出
すとか。カリスマ的デザイナーの作品というより、アルファの伝統
そのものがこの独創的なシルエットをクリエイトしているのかも。

乗り味もアルファらしさを感じた様子。ステアリングはかなりクイ
ックな印象。

そして「回す楽しさ」みたいなものがあるようです。「日本車のよ
うにやたら大きな高出力のエンジンを積むのでなく、適当な大きさ
が好感持てる」と三本さん。エンジンは横置きで前輪駆動。

時速100キロ時のエンジン回転数は5速で約3000。4速では
約3600、3速では約5000弱。高周波系のエンジン音。

山坂道ではシフトダウンの制御が見事。クルマがエンジンをふかし
てダブルクラッチを切るらしい。箱根のウィンディングで「エヘヘ」
と楽しそうな三本さん。

「F1のセミオートマの技術が生かされている」と代理店の人。し
かしギアチェンジ操作後の「ラグ」が長いようです。ワンテンポ遅
れる感じ。「まあ人間が手足で操作するよりは早くて正確でしょう」
と三本さん。

またATとしては日本車にくらべてシフトショックが大きい模様。
「スムーズな変速とはいえない」とのこと。

タイヤは太めの205/55R16。「コーナリングパワーはある
けど、せっかく小さいクルマなのに小回りが阻害される」と三本さ
ん。

内装は洗練されていると思いました。コックピットはMT車そのも
のです。質感が高そうなインパネ。本革シート、またMOMOやレ
カロのシートがオプション設定。

3人分のヘッドレストが付くリアシート。楽しみにしていた野中さ
んのシートチェックがなくて残念でした。仕方ないので他の試乗記
を浮気見すると、後席は少し狭いらしいです。

ボーズサウンドシステムが標準装着。三本さんは「花札の坊主じゃ
ないですよ、BOSEですよ」と解説してくれました。

スタジオでボンネットオープナーを引くためドアーをあけると、何
やら作動音が。何の音ですか?とびっくりする三本さんに代理店の
人は、「セレスピードのハイドロニックポンプの作動音です。ドア
ーをあけるとスタンバイ状態に準備します」とのこと。まるで生き
物が息を吹き返すみたい。

「小さくてもアルファの味を損ねてないクルマづくりは、さすが」
と三本さん。価格的には合格だと思いました。300万円を切れば
なんとか射程圏内。価格が安いことは、クルマに対する興味と見か
たが変わります。

さて、いよいよ2年に一度のビックイベント、クルマ好き&コンパ
ニ好きの夢の祭典、第35回東京モーターショーが開催されます。
もちろん私も観に行きます!(クルマを)

○一般公開日:10月27日(土)〜11月7日(水)
○開催時間 :平日10時〜19時、土休日9時30分〜19時
○開催場所 :幕張メッセ
○入場料  :一般1200円、小中学生600円

※テロ対策で警備体制が強化されるようです。たとえば大きな手荷
物や、バズーカ砲のような望遠レンズの持ち込みは避けましょう。

(妄想)ドイツ車よりイタリア車が似合う野中さん。真っ赤なアル
ファの助手席には、野中さんのフレッシュ笑顔。

典型的な日本人でA型の私は、デートの下見をしたり、どうしても
段取っちゃう。しかしアルファのステアリングを握るとあら不思議、
エモーショナルなラテン野郎に変身です。

アルファデートに筋書きも段取りも不要。官能的に攻めまくるだけ。
もう、これ以上は書けません…。

★次週の予定

第35回東京モーターショーPart1

★「マイカーインプレッション」大募集!!

三本さんになりきって自分の愛車を批評する、マイカーインプレッ
ション。自分のクルマについて、本音で語ってみませんか?最近の
新車でなくてもOKです。国産・外車問いません。お送り先は、こ
のメルマガを返信すれば発行者の私に届きます。

これまで寄せられたマイカーインプレッションはこちら
http://www.geocities.co.jp/MotorCity/8954/

マイカーインプレッションの詳しい募集要領はこちら
http://www.geocities.co.jp/MotorCity/8954/report.main.html

みなさんの辛口インプレをお持ちしています!

★感想もお待ちしております

感想お待ちしております。また誤字脱字、内容に誤りがありました
らご指摘ください。このメールマガジンを「差出人へ返信」しても
らえば発行者の私に届きます。

★バックナンバー

バックナンバーもこちらから
http://www.geocities.co.jp/MotorCity/8954/

★私からのお知らせ

「日産ミストラルメーリングリスト」登録者募集中です(私の愛車
はミストラル)。詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.geocities.co.jp/MotorCity/4959/

----------------------------------------------------------------------
マガジンID:0000007611 発行人/竹内
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して
発行しています。( http://www.mag2.com/ )
----------------------------------------------------------------------

バックナンバー一覧へ