さてさてここでは私の使っている物&使った経験等を 書いてあります。これから用品を買うときの参考にでも なったら良いかな?なんて思ってます。でもこれはあくまで 私の経験と使った感じですので、絶対じゃないですよ。

グローブ
私は、夏も冬もオンロード用はバギーの物をここ3年位は 使ってます。それまでは色々なメーカーの物を使ってきましたが 皮が柔らかく耐久性も有り手によくなじむので、今はバギーの グローブが一番良いと感じております。がしかし99年の冬モデルはなんか、ドラえもんの手のような見た目のパッドがじゃまでわざわざ前年モデルを探して買っちゃいました。夏物も今年 は買い換えたいな。でも同じのにしようと思ってマス。
オフロード用は特に決めてませんが、買う時に特に気を付けてるのは手のひらや指の擦れるところがしっかりしてるかどうかと 通気性、柔軟性を見て買ってるので特にメーカーにはこだわって いません。いくつか使っていますがオフグローブはどこも 50歩100歩って感じです。ちなみに今使ってるのはHMKとアルパインスターの物です。
グローブは良い値段するのに、よく使う人ならもっても 1シーズン〜2シーズン位と短く、デザイン、機能などの移り変わり も年毎に大幅に変わってしまう事もよくあり気に入った物が消えて しまう事がよくあり、残念な事も結構あるんですよ。気に入ったら 2つ買っちゃうなんて出来たら良いね。
(夢だな)

ブーツ
今のところのお気に入りはブーツ&ブーツの物がいいと思ってます。ツーリングでもよく歩く事ってありますよねそんなときここのメーカーのブーツは良いんですよ。最近のブーツはよく解らないんですが、B&Bのブーツを買うまでは南海やクシタニのブーツを履いてました が、残っているのは、B&Bのブーツです。次ももう一足欲しいです。
オフロード用はガエルネが良かった、しかし高くて・・・仕方なく ウインディのブーツを使ってました。まあサンデーオフローダーには、 いや今はたまにオフローダーの私には十分だったかな?現在はトライアルブーツで代用しています。
トライアル用はアルパインスターの物を使ってます。ところがセクションを下見したりして結構な距離をうろうろ歩くと踵のちょっと上の所が 靴擦れをおこしてしまいます。これはどうもふくらはぎの所にあるアルパインスターのロゴの入ってるプレートが原因のようです。まサンデートライアラーですからしぶしぶ我慢ですかね。。なんて事を言いながら買ってしまいましたガエルネのバランス!いやー良いブーツですねえ!でもモンテッサのステップ横のボルトの頭でかかとの内側がもう薄くなってます。。
ヘルメット
昔はショウエイの物をかぶっていましたが、数年前(今となっては結構前)、帽体が変わってからはアライの物をかぶっています。同サイズでもアライの方がゆったりとした印象を私は受けます。オフロードメットとトライアルメットはショウエイの物をかぶっています。とにかく通気性のよく内装の取り替え、内装サイズの変更の利く物が良いと思います。ツートラ用にバイザーの付いたOGKのメットを購入。やっぱ安いからそれなりですが使い道から考えると妥当ですね。
ウェア
冬用、ホンダのウインタージャケットとラフ&ロードのハーフタイプの物 と革ジャンを、その時の走行距離、天候、気分によって使い分けてます。 ちょっと出や、雪や雨が降る時にはホンダかラフ&ロードのジャケット で、気温や距離、スポーツ度によってわけてます。おもに軽さや保温性発汗時の事を考え着わけてます。オフ車かトライアル車に乗るときが 多いですね、まあ冬で天候悪化を考えた場合オンロードバイクは雪に なんぞに成ったらイヤですからね。
オンロードバイクの時はたいてい革ジャンです保温性は無い物の(最近 のウェアには敵いません)何となく安心ですから。そしてインナーには袖の締まる物、ウエストの締まる物でチャックを閉めればハイネックに なるナイロンのぺらぺらの物!これが以外と暖かい。\1,000位で買える ので作業服屋やディスカウントスーパーなどで手に入れて着てます。HONDAのジャケットは今は無くって変わりにモンテッサのジャケットが!いーんだなこれが!!
夏用、ジージャンを着てます。\1,000〜1,500位でGジャンを買ってきてそれにマジックテープで肩の所にパットが付くようにして、バイク用品屋 でパットを購入、洗濯時にはずせるようマジックテープで取り付け、 手芸屋でアメリカンホックを買ってくる、そしてボタンとボタンの間に 取り付ける。首元もしっかり締まるようにする。これでOK
スリーシーズンジャケットと言えども・あ・つ・い!安全のために長袖 と言っても暑さで脱いで走ってしまえば一緒ですから、Gジャンなら 脱がずにまくると言った手段もとれます。例え布一枚でもTシャツ一枚 よりはいいと思いますよ。どっちもどっちか?
オフロードウェアは肘に薄いパッドの縫いつけてある物を(やっすい物は 付いてなかったりする)選ぶ。あっつい時期はメッシュじゃないと・・・ 保ちません体力が・・・今使ってるのは、AXOのメッシュとWORKS・1の メッシュとSINISALOとFOXとTHORです。安売りで買ってくるので メーカーはバラバラ、でもこれと言った違いはデザインくらいかな?
バック類
タンクバックは今ラフ&ロードの物を使っています。これも毎日使うと 寿命は1年位です。いままでいろんなメーカーの物を使ってみましたが今のところ前回使っていたタナックスの物が良かったようです。 今度はなにを使ってみようかな?どれもやっぱりじゃまなことにかわり ないですから容量大きさ、マップケース等の条件で探そうと思ってます。 良さそうな物が見あたらなければ前回のと同じ物を買って使うかな? リアバックは以前は巾着型?というか完全防水の物を詰めると サンドバックみたいになる物を使ってましたが、ちょっと前からは ラフ&ロードの物を使ってます。まだそんなに他のメーカーの物を 使ってないので何ともいえませんが、良いですよ。便利ですね、ライディングの妨げにあまりならないし、気に入ってます。
サイドバックはタナックスの物を使用してます。これは良いです。 バックに芯が入っているのである程度重い物を入れても型くずれしないしバイクに付けたまま口を開けても中身がこぼれないようになってる取り付け取り外しが楽、パニアケースには敵いませんが、お手軽で いいと思います。でも雨に弱いので、付属のカバーだけではだめなので 中身は何らかの対策を。私はウォーターバック?(薄くて巾着型で完全防水の袋)を併用してます。
ウエストポーチは最初、財布と免許がはいる程度の大きさで小型の物 を使用していましたが、財布の出し入れの時間抜けにも免許を落とすといった事件をきっかけに、別々に収納スペースがある物に買い換えたその後いきなりの視力の低下に眼鏡が入ることに、そこで少し大きめの物にする。眼鏡が壊れないようにハードケースを入れるためまた 容量の大きな物へ、バイク用のウエストポーチはしっかりしていて丈夫、型くずれしない。ふつうのホーキンスとかは結構邪魔になる為容量の大きな物に5、6分目位が快適に使用できる範囲と感じてます。
ずっとウエストポーチを使っているので無いと不便に感じてしまう。

レインウエア&用品
色々使ってみた結果、ディスカウントショップにもあるような物は 生地が厚くかさばる、思いっきり蒸れる。新素材ゴアとかブレアテックス とかは、長時間、豪雨の時に生地から浸水する。ということで 今まで使って一番良かったのは薄くてコンパクトなモンベルのバイク用でした。これは残念ながら今は生産されてないようです。次はラフ&ロードの物を使ってました。これも例外なくお尻の生地から 一日乗ってると浸水する、あと、縫い目のシールが、溶かし込んでる タイプでないときも気を付ける点、風圧でぱたぱたしてるうちにはがれてそこからも浸水。はがれた所に液体のシール材を付けて使ってますが 汚いしおまけに一日は保たない。こないだGWの合羽で、昔持ってた (良かった)モンベルの合羽に似たものを発見、欲しかったが、持ち合わせがというか先立つものが・・・いつか手に入れよう。と思う今の合羽の良い点はサイズが変わる(背中が膨らむ)ことくらいかな?度重なる浸水に嫌気がさし、合羽を新調する。お目当てのGWの物はなく、とりあえず有った物の中から選ぶ。こんどはギャロップというメーカーのFRー301という物を買った。で、現在は!なんとモンベルからバイク用が再販されました!しかもゴージャスになって。。昔のシンプルので良かったんだけど・・と思いながら買ってしまいました!不満点は。。今のところ無し!これはすごい事です。
あとタンクバックやリアバック、サイドバックに付いているカバーはあまり あてにしない方がいいです。特にタンクバックの物はすぐ破けることが多いので市販のDAYパック用カバーを買って使ってます。
ツナギ、皮パン、モトパン、パット類
ツナギは昔南海のプロレーシングというのを着ていた。確かに安心感は 高いがサーキット走行以外には・・・?と今だから思う。ツナギを買った時は格好いいし、走る上では完璧な感じだったためよく着ていたがトイレやツーリング時に歩くとき、かなりストレスだった。そりゃツナギはバイクに乗る格好の時一番フィットする物なのであたり前ですよね。
そのうち皮パンを近くのディスカウントで手に入れる。安い分所々に 傷や縫い目が変なところがあったが、強度に問題なく見た目の問題といった感じの物を探し、買う。15万もしたツナギは次第に着なくなり1万円でお釣りの皮パンを履くようになる。結局ツナギは人にあげてしまった。
モトパンは安売り型落ちをねらう。なるべくジャージ部分が多く、動き易い物を買う。(オフ以外にトライアルでも着るため)したがってモトパンとジャージがすごいちぐはぐでカラフルな人に成る。
ニーシンガードはお気に入りがRSタイチのトライアル用と書かれてる物 自由度が大きく、モトパンにセットで付いてきた物のように膝裏が擦れて痛いということもない。1個しか持ってないからぼろぼろになった。でもおまけで付いてきたやつは使いたくない。不快である。エルボーガードも一度買ったことがあるが、ずれるし手の血が止まるのでそうそうにあげてしまった。プロテクターはあると安心、でもインナータイプは気持ち 悪い。あれはアウタータイプに限る。プロテクターも安売りだったので やっぱりジャージとはちぐはぐだ。ウエストベルトもあった方が楽です。 いや、付けてないと結構辛く感じます。
ゴーグルはスコットの物しか
使ってないので比較は出来ないですが、眼鏡かけたままでもOKな やつを使ってます。
工具
工具はやっぱり良い物を使いたいです。今までいろいろと使ってみたんですが、安い工具は壊れるし、壊す!ということを身をもって知りました。整備の腕がすっごくよければ良いのですがそうはいかないので、せめて工具ぐらいは、(腕も良ければ鬼に金棒)・・・そこで、ラチェットはコマ数が細かいファコムの物を使ってます。いいですよ!でもソケットはそろわなかった(揃えられなかった)のでKTCの物を使ってます。スパナやメガネレンチもファコムの物とKTCのものを使ってます。 ドライバーはベッセルの物がお気に入りです。タイヤレバーはKTCの物がすごく使いやすく気に入ってます。
タイヤ
最も気を使うべき所です。私はオンロードはメッツラーの物を履いています。まずどのシリーズでもほぼオールラウンドで使えるので公道では納得です。今ままでのD社とB社のものは腰が弱く感じ、M社の物は腰はあるが温度によっての性能がかなり極端に変わる。というか、D社、B社、M社、の物はこの条件では最高、それ以外でもまあ走れます。といった感じです。要は何でも在りな公道では多くを求めると、そこそこグリップ、ウェットでも変わらず、バイクが軽く感じる、減りにくい(ハイグリップモデル以外)、といったメッツラー社の物を履いてます。コントロール性は、(もうしばらくメッツラーしか履いてないから変わったかも)D社は、ん〜、ダッダッダッダッ。B社は、ん〜ん〜、ズッ〜。M社は、最初はズッ〜。暖まったらOK、熱くなるとズ〜ズ〜。P社は、メッツラーと同じような感じで、ちょっとした違いかなといった感じです。さて肝心のメッツラーですが、まず履き替えると、バイクが軽い!と思う。次にコントロール性が高い!流れだしがまろやか。カチッとしているからブレーキ時のぐにゃ〜が無く感じる。フル加速時のまず、べちゃっが無い。トライアルはミシュラン、オフもミシュランを使ってます。
ケミカル用品
エンジンオイル、ミッションオイルはWAKO’Sを使ってます。以前はハイチューンエンジンだったのでelfを使ってました。他のメーカーの物もいろいろと試しましたが、結局このメーカーの物に落ち着いてます。オイルに混ぜるコーティング剤の類では、マイクロロンや他の物もいろいろ試しましたが、一番クラッチの滑りが無く、効果を体感できたのがスーパーゾイルでした。これはコーティング剤ではなくて金属の改質剤ですが。今も愛用させてもらってます。2ストオイルはこのゾイル2サイクル用を使ってます。チェーンオイル、これもいろいろ試して結局LAVENというメーカーのスーパーチェーンルブPROを使っております。特に保ちが良いわけではありませんが、無くなったらこまめにつけてやればいいことで、抵抗にならなくて適度に保ちが良くて、オフで泥を喰わない。という結果から使ってます。潤滑油もWAKO’SのバリヤントグリースとLAVENのペネルーブを主に使ってます。あと、チェーンやフィルターなどの掃除にはWAKO’Sのフィルタークリーナーなんぞを使ってます。

RIDERS LANDへ