てんとうむしわさび田のパパゲーノって! 贈り物

おいらは、パパゲーノ、うそつきで、見栄っ張りで、涙もろい。
長野県で、穂高町についで、2番目に、わさびのとれる
南箕輪のパパゲーノだよ。
山葵のように、鼻につーんとくるような、シャレた言葉を、
話そうと思うんだけれど・・・
身分不相応な言葉を、何処かから盗んでくると、
また「3人の侍女」たちに、くちわを
かけられるのは、もう、こりごりなので、できるだけ、
自分で見つけた言葉を、話すことにしよう。
カッパパゲーノ
パパゲーノって名前にしたのはモーツァルトの
オペラの主人公で、タミーノほど、素敵な王子様でなく、
ザラストロほど聡明でないおいらにはピッタリなんだよ。
他のオペラのドン・ジョバンニじゃ、ドン・ファンで女たらしだし
フィガロじゃまったく応用が効かないからね。
カッパパゲーノ
それにしても、ビーチャム盤のヒュッシュの歌うパパゲーノは
王子様のタミーノより、りっぱすぎて・・・
歌がうますぎて逆にミスキャスト。
フリッチャイ盤のディスカウの若き日のパパゲーノは
かえって、シューベルトの冬の旅を
成金が金バラ撒きながら歌ってしまうなんとも
ドジなディスカウだからこそ
ピッタリっていうはまり役だね。
オペラの配役っておもしろいものだよ。

そんなおいらの今までのことは以下の
パパゲーノのホームページに書いてきたので
これからは、それから先のことを話すことにしよう!

BASIC AUDIOのホームページ/リンク付

トップページにもどる