てんとうむしデイヴェルティメント17番 贈り物
       オーディオ・システムの調律法!
ちょっと一休み

モーツァルトで調律 その3

2001/11/08


日々の中で、モーツァルトの音楽を、レコードで聴きながら
オーディオ・システムを調律しています。

楽器でないんだから、調律とは、なにごとぞ!って
いぶかしがられるかと思いますが、確かに、そんなことができるのです。
聴きにきていただけたら、一瞬なんですが!


そんな一例!
今日は、モーツァルトの デイヴェルティメント17番 K.334
引っぱりだしてきたレコードは、デッカ盤
アントン フィーツの、第一ヴァイオリンのときの
ウィーン八重奏団のものです。

繊細なウィーンのヴァイオリンは
ともすると、キツイひきつり音になりやすく、
案外、再生しにくいものなのですが
けっして、メタリックにさせず、
しなやかな弦のひびきをめざします。

時間が止まったように、ひきこまれてしまう音楽。

その光のコントラスト
その美しさがポイント
こんなにも神秘的な無垢な輝きを再現すること。

そこに、心の焦点を合わせているんだ。

ちょっと一休み

トップページにもどる