「愛に生きる」生きる 贈り物ちょっと一休み

才能は生まれつきではない!!

この鈴木鎮一さんの言葉に出逢ったとき、
私は生きる勇気をもらったように思いました。

「すべての日本人の子供は見事に日本語を話す!

この事実に気付いて「才能教育」を進められた
鈴木さんの「愛に生きる」の心です。

才能教育は、単に、ヴァイオリンの音楽教育だけでなく
すべての能力開発の原点と思います。

できましたら、
「愛に生きる」 鈴木鎮一著
講談社現代新書No.86をお読み下さい!

伊那市では、小林書店に常時在庫されています。
以下に私の作った「愛に生きるの曲」の歌詞をご紹介いたします!


イメージ

愛に生きる

こんなに、素晴らしいことだから、
多くの人に、気付いて欲しい
人の命の素晴らしさ、
環境ひとつで変わる命だよ
そんな命を、この自分も、持っている
そのことに気付いたらどうする、どうする
見果てぬ夢の未来の一歩
歩き始めよう、今、ここから

たった、一度や二度の、チャレンジで
あきらめてしまって、どうするの
努力の先に見えてくる
あなたの夢の実現が
そんな命をこの自分も持っている
そのことに気付いたら、どうする、どうする
見果てぬ夢の未来の一歩
歩き始めよう、今、ここから

あかり

トップページにもどる