YEP-201 一番最初に手にした楽器がコレ!という人も多いと思います。とにかく吹きやすく、扱いやすい楽器です。プレザントには、この楽器を手にしたことからユーフォ病が始まったと言うメンバーがいます。
YEP-321
YEP-321S
今はサイドアクションが主流なので小指に力のない人にはかなりツライ楽器。このモデルまでが細管ですが、反応もよく、音程もとても良い。プレザントには、この楽器に並々ならぬ愛着を持つメンバーがいます。
YEP-621S この楽器を持っている人は非常に少ないでしょう。YEP-321Sの4番ピストンが左手の位置にある楽器で、初めてのサイドアクションです。約1年後にYEP-642Sが発売されました。この楽器を10年間吹いたメンバーによると、音の芯は太く良く鳴るけれど、音色的には暗めだったそう。
YEP-642S ヤマハ初のコンペセイティングシステム。プレザントにはこの楽器を吹いたメンバーがいないため、詳細については不明。
YEP-842S 最近発売されたモデルで、いわゆるカスタムと呼ばれているものです。音程や反応がとてもよく、ベッソンやウィルソンと較べると重量も軽い。一部金メッキが施されており、ビジュアル的に気に入る人も多いとか。
※YEP-201、YEP-321はラッカー仕上げ。その他はシルバー仕上げ。
※ BESSONで出てきたトリガーですが、他のメーカーでもオプションとして取付けを行っている楽器店も
  あるようです。
※ また、各メーカーともオプションでインナーゴールドベル仕上げができます。そうすることで音色が豊か
  になるようです。楽器購入を考えている方は、一度試奏してみてはいかがでしょうか?

・ その他のメーカー
  ここに紹介した以外でもEuphoniumを作っているメーカーは沢山あります。参考としてメーカー名を挙げ
  たいと思います。
   カワイ(日本)    キング(アメリカ)    ジュピター(韓国)
   アマティ(チェコ)    チェルベニー(チェコ)    ヒルスブルナー(スイス)
   ミラフォン(ドイツ)     マイネル・ウェストン(ドイツ)

 YAMAHA  
音 色  普通。
音 程  非常によい。何よりも特筆すべきヤマハの良さです。
その他 最近発売されたYEP-842S(カスタム)の付属マウスピースは市販
      されていないらしく、楽器を買わないと手に入らないとか…。

トップページへ
Euph なひととき 〜WILLSON編
Euphなひととき 〜BESSON編

写真はYEP842S