稲垣征夫

Ikuo INAGAKI

国立音楽大学器楽科卒。クラリネットを大橋幸夫・千葉国夫・北爪利世・小笠原長孝の諸氏に、指揮法を金子登氏に師事。
昭和30年代という、クラシック音楽が定着して間もない頃より活動を続ける氏は、クラリネットの演奏をはじめ指揮・講演・評論など多岐にわたる分野にて活躍中。
クラリネット奏者としては「音楽のRESTAURANT」と称したミニ・リサイタルをはじめとするソロ活動のほか、東京クラリネット・アンサンブル、武田カルテット、クワテュオール・シャリュモーのメンバーとしてアンサンブル活動も行なっている。
現在、長野市民吹奏楽団NEC玉川吹奏楽団東京クラリネット・クワイアーで音楽監督・常任指揮者、海上保安庁音楽隊の技術顧問を務める。東京クラリネット・クワイアーでは過去4回(1991,1994,1997年,2002年)ウィーン公演(2002年はウィーン、ブリュッセルで公演)を、長野市民吹奏楽団では1996年、1999年、2003年にウィーン公演(於コンツェルトハウス)を行ない好評を博しコンツェルトハウスより絶大なる信頼を得る。
近年では、くにたち市民オーケストラなどの国内のオーケストラの指揮も頻繁に行っている。また、2001年12月にはルーマニア国立オラデア・フィルハーモニーを客演指揮して絶賛を浴びた。
長野市より社会教育(吹奏楽)における長年の貢献に対して表彰される。また、海上保安庁音楽隊での活動に対して、内閣総理大臣、運輸大臣からそれぞれ感謝状を受ける共に、海上保安庁長官から表彰される。 平成7年には全日本吹奏楽連盟より、全日本吹奏楽コンクールに指揮者として15回出場したのを記念して永年出場指揮者表彰を受ける。
平成14年には長年に渡るクラリネットアンサンブルの普及・啓蒙に対し、日本クラリネット協会賞を受ける。
日本ミュージック・ペンクラブ会員、日本管打・吹奏楽学会理事、日本クラリネット協会常任理事、 全日本職場吹奏楽協議会会長。
使用楽器 Selmer Sigunature (Bb)
Herbert Wurlitzer Reform-Boehm(Basset Horn)
マウスピース Vandoren M15 Profile88
リード Vandoren V12 3 1/2
リガチュア アトリエ・モモ

坂本和彦

 白川毅夫

松本 賢

横田揺子