●ホーム● ●自己紹介● ●定演の歴史● ●音楽日記● ●練習場所● ●links● ●団員募集●


  常任指揮者ご紹介

                             








大橋 多美子
 (おおはし たみこ)

名古屋市出身。フェリス女学院短期大学音楽科声楽科卒業。

水谷俊二、加藤典子、()木下武久、()三宅春恵、飯田純子
各氏に師事。
1990
年度愛知県芸術文化選奨文化賞受賞。
2010年度名古屋音楽ペンクラブ賞受賞。

1977
年に第1回リサイタルを開き、同年オペラ「魔笛」で演奏活動を開始。1987 <アーベント・ムジーケン>を立ち上げ、バロック音楽の古 楽器とのコラボを名古屋から発信。また宗教曲や交響曲等のソリストとしても活躍。最近では山田耕筰、R.シュトラウス、ブラームス、シューマンな どの作曲家シリーズの歌曲リサイタルや、日本の歌をリュートやジャズピアノトリオと共演するなど独創的なコンサートを開催。
後進の指導にも力を注いでいる。CD「夢のあとに・近代フランス歌曲選集」「朝(あした)に・R.シュトラウス歌曲集」「もうすぐ春・折節の歌」 がリリースされている。

合唱指揮としては、現在名古屋混声合唱団の他、女声コーラス「青」、半田混声合唱団を指導。

現在、日本演奏連盟、愛知芸術文化協会、名古屋二期会各会員。アーベント・ムジーケン主宰。


          


(前)常任指揮者 羽根功二先生のプロフィールはこちら