いばらのファルセット〜前途多難−手探りのファルセット
    4)虹をかけよう(Bridge the rainbow)

スロー・ブギウギで歌う恋の歌。ちょっと内気な男が彼女とマンネリ状態の二人の心に虹をかけて幸せだった頃の時間を巻き戻そうと彼女に語りかける歌。


歌詞を見る ライナーノーツを見る
【ファルセットの割合の問題】
全体の音符の数=247
ファルセットを使った音符=6
ファルセットを使った割合=6/247=2%。


【音程の問題】
この曲の場合、ちょっと音程がずれていても気にならない。かえってワイルドな感じがしていいかも。ピッタシの音程だとかえって雰囲気が合わないかもしれません。
ファルセットを歌う時はよく聴くとどうしても高めの音程になってしまう。この曲の場合はピン・ポイントで数音ファルセットで歌うだけなのであまり目立たないがまだまだ本格的に採用できない感じ。
【音域の問題】
曲中一番高い音はB4。一番低い音はB2でした。2.0オクターブの音域を使用。

【その他気がついた問題】
この曲は地声でガンガン歌う感じでリード・ボーカルを2回歌ったら精魂疲れ果ててしまう状態になりめちゃくちゃエネルギーを使うという感じです。一番高い音をファルセットにしたので全体的に音域が上がり結果的にそういう音域になってしまった。でも地声でガンガン歌うのは好き。これでもかというぐらい大声を張り上げて歌うのはちょっと快感を覚えたりする。
曲にもよるがF4〜G4あたりが僕のファルセットの切り替え音程だが、ついつい地声で出してしまうことが多い。これはやはり地声で歌いたい気持ちが強いからだ。ここが今日はファルセットの気分でなどと思えるようになったら最高。ファルセットはまだ音程が不安定で好んで歌いたいと思うことができない。気持ち的にファルセットで歌いたいと思えるようになったらゴールが近いってことかもしれない。

       御感想、御指摘等のご連絡は、お気に入りの音楽千夜一夜までどうぞ