第九の歌詞(日本語訳)

第九の歌詞は下記の通り。訳はこれまで見聞きした訳から管理人が編集しました。
黒文字はソリストのみが歌うところ。(合唱は歌いません)
青文字は1回ぐらいしか歌わないところ。
赤文字は何度も歌うところ。しっかり覚えましょう。

歌詞1
おお、友よこの調べではない!
もっと快い、喜びに満ちた調べに声を共にあわせよう。
(以上、バリトンソロのみ)
歌詞2−1
歓喜よ、美しい神々の花火よ、天上の楽園からの乙女よ!
歌詞2−2
我らは(炎を飲むがごとき)情熱にあふれ、あなたの聖なる場所に足を踏み入れる。
歌詞2−3
あなたの魔力は時流が厳しく切り離したものをも再び結び合わせ、
歌詞2−4
あなたの柔らかい翼が留まる所で、全ての人は兄弟となる。
歌詞3−1・2
大いなることに成功し、誰かの友となり、
優しき伴侶を得た人は歓喜の声に唱和せよ!
(ソリストのみ)
歌詞3−3
そうだ!この地上でただ一つ、魂しか”自分のもの”と呼ぶことが出来ない者でも!
歌詞3−4
そして、出来なかった者は、この集いから泣きながら立ち去れ!
歌詞4−1・2
万物は自然の乳房から歓喜を飲み、
全ての善人も全ての悪人もバラの小道をたどる
(ソリストのみ)
歌詞4−3
自然は我々に接吻と、ワインと、死の試練を受けた友を与えた。
歌詞4−4
虫けらであろうとも快楽が与えられ、天使ケルビムが神の前に立つ。
歌詞5−1
喜ばしく!太陽が広大な天を駆けてゆくように、
(テノールソロのみ)
歌詞5−2
兄弟たちよ、君たちの道を駆けろ、勝利に向かう英雄のように楽しく。
(テノールソロと男声合唱のみ)
歌詞6−1
抱き合え、幾百万の人々よ!この接吻を全世界へ!
歌詞6−2
兄弟よ!星たちの彼方に愛する父(神)が住んでいるに違いない。
歌詞7−1
ひれ伏すか、幾百万の人々よ?創造主を予感するか、世界よ?
歌詞7−2
星たちの彼方に創造主を求めよ!星たちの彼方に、彼(神)が住んでいるに違いない。