ソレイユカルテットの楽譜

 ソレイユカルテットでは、演奏会などのために作曲された委嘱作品や自分たちで編曲した楽譜をレンタルという形で紹介しています。演奏希望、レンタル希望がありましたら、メールにてお願いいたします。使用料等はその中でご説明いたします。

 

1999年度委嘱作品

内藤淳一作曲/サクソフォン四重奏曲

 この曲は1999年5月のリサイタルのために作曲されました。作曲者の内藤氏のご厚意により無料でのレンタルとさせていただいております。

 内藤 淳一 Jun'ichi NAITOH 作曲家

 静岡県生まれ。1979年、宮城教育大学音楽科(作曲専攻)卒業。作曲を本間雅夫、指揮を櫻井將喜、秋山和慶の各氏に師事。 全日本吹奏楽コンクール課題曲公募において、1983年度「吹奏楽のためのインヴェンション第1番」が入選、'97年度にはマーチ「夢と勇気、憧れ、希望」が入選し、全国の団体により広く演奏された。今年度には「マーチ・グリーン・フォレスト」が課題曲公募最優秀作曲賞(朝日作曲賞)を受賞し、3回目の課題曲入選となった。

 以下は内藤氏がリサイタルに寄せて下さったプログラムノートです。

 「サクソフォンのためのカルテットとして2曲目となるこの曲は、私がこうしたアンサンブル曲を書く時によく使用する音階を基に作曲されています。その音階とは、全音と半音を交互に並べたもので、1オクターブが8音からなる音階を形成します。この音階からさまざまなハーモニーを取り出して音を縦方向にも展開してみました。この8音音階のもっている基本的はムードは、ディミニッシュの響きに支配されています。しかし、音の取り出し方で長短三和音からさまざまな7th・9thコードが得られます。作曲方法の詳細については割愛しますが、こうしたスケールとコードを密接に関連させる技法は、モダンジャズの世界では、インプロヴィゼーションに活用されています。さて、私の吹奏楽関連の作曲の基本的なスタンスは、教育の現場で活用できるような作品をいかに生みだして行けるかというところにあります。今年度の全日本吹奏楽コンクール課題曲1「マーチ・グリーン・フォレスト」もそんな思いで作曲しました。この作品も、将来サクソフォン・アンサンブル曲として、おおいに利用していただけたらいいなと思っています。」

 

 
TOP
プロフィール
掲示板
リンク