GOODS


調律(チューニング)用品

笛銀 笛プレスチック 音叉 電子チューナー

ウクレレ調子笛(G,C,E,A)、音叉(A音、C音)、電子チューナーなどがある。 初心者は電子チューナーを使うことをお勧めします。 ウクレレ用のチューナーもありますがギター用で可能です。

電子チューナー

写真左: ウクレレのボディに張り付けて振動を拾うもの、automatic-OFF機能有り。
写真右: チューニング用のマイク。コルグ社の「CONTACT MIC」
通常はヘッドに挟んでチューニング・メーターに接続する。
アンプに繋ぐと結構いい音のピックアップマイクになります。


ウクレレ・ピック

ピック

厚み1cmぐらい、フェルト地のようなもので作られている。他に皮製の物もある


強化器具

強化器具

1. [ GRIP MASTER ]

 各指単独で使えますので、特に小指、薬指に有効。強、中、弱の3タイプ有り。

2. [ The GRIPP ]

 ゴムボールの中に砂が入っている。どちらかというと、健康グッズのような感覚。

1.2ともに *意外と、侮れません。

 

ウクレレ・ケース/携帯

ソフト・ケース セミ・ハード・ギター型 ハード・ケース箱型

★ハードケース =角形、ギター型(¥6000円前後〜¥12000円ぐらい)

★ソフトケース=ビニールや布製 (¥1000円〜¥4000円前後ぐらい)

2ほん けーす★注文ケース (\20,000〜)

自作ショルダー前 自作ショルダー後

★自作ハードケース用リュック(ショルダーバック)

作り方

★テニス・ラケット用バックなども使えます。
関連記事:はなこさん第4章「テニスラケットケース編」

 友人に教えてもらった方法(下の写真)です。ハードケースの手提げ部分にキーホルダーなどに使うリングで、不要になったショルダー・バックのストラップをつけるアイデアもあります。

リング1 リング2


ウクレレ・ケミカル

ポリシュ レモンオイル ピックボウイ

ボディには、「PLISH」で、手垢やほこりの除去、塗装膜の保護、つや出し。
ネックには、「Lemon oil」など。
 ウクレレは、テナー・タイプ以外、主にナイロン弦を使うので、ギターなどの金属弦を使用する弦楽器と違い、「錆止め」と「滑りをよくする」ために使うネック用オイルは、頻繁には必要ないかもしれません。 特に注意する点は、レモンオイルには、若干、漂白作用があるようです。
 「PICK BOY」は、ピック・ガードのことで,A4サイズのシートを楽器に合わせて切り、ボディーに張り付けるタイプ。(ギター用の型紙が、入っています)
 「黒・白・透明」があり、ストローク奏法により、ボディーにできる傷から守ってくれます。透明タイプは、張っても目立たない。


便利品?

ウクレレ・カポ 消音器 メトロノーム リズム・マシン

有ると役立つものたち。
ウクレレ用カポタイト、(ギター用)消音器、メトロノーム、リズム・マシーン


愉快オリジナル物 (腕時計)

皮ベルト ウレタン・ベルト
時計文字盤

時計工房「MY CREATION」

「世界に一つだけのあなたの時計を作ります」

なかなかユニークな、アイデアの

「 CITIZEN」社のホームページがあります。

マイクリ・リンクボタン

早速、注文して作成したものが、上の写真です。


移調コード早見表

オヤジギャグ一発。

Kyeが変われば、気〜ぃも変わる。移調の薦めに持ってこい。
唄いやすくて、弾きやすい。
一家にひとつは、早見表。
移調で胃腸も、い〜調子。 ジャン・ジャン!

移調板 別ページの「作図サンプル」を印刷して厚紙に張り付け、切り抜いたものを、中央で「割りピン」や文具の「ポリとじビス」で綴じます。
小さい方の円盤が回転できるようにして下さい。

「使い方」はメソッド 参照

作図サンプル

市販品も有るようです。


爪のお手入れ

爪切り各種

ギターやウクレレなど爪を使う楽器では、爪の手入れを怠ることが出来ません。

演奏しやすく、楽器を傷つけないためにもマメにお手入れをして下さい。
ただ、爪が弱くて割れてしまったり、傷付きやすい方は、マニュキアや硬化剤を塗る方法もあります。野球の投手なども爪が割れたときにマニュキアを塗って治療すると聞いています。

 過日、 「僕も初めは、爪が弱かったの。」と語る「オータ・さん」に爪のことで質問が出来る機会があり、どのような方法が一番適切なのか伺いました。「オータ・さん」によると、あらゆる方法を試したみた結論は、

ハサミで切るのが一番です。(簡易ハサミは駄 目)ヤスリは使わない方が良いですよ。硬化剤などは確かに堅くはなりますが、演奏したときにピックで弾いているみたい、ウクレレの音(が)出ないよ。」

 更に爪は切れば切るほど強くなっていくそうです。
(オータ・さんは)「この方法(を)教えてあげて、多くの方たちに感謝されました。」
ということでした。

関連記事:はなこさん第3章「オータサン直伝=1=爪は切る」



古い教本

新興楽譜出版社(1962年資料)

国際音楽(株)(1963年資料)

(株)東京音楽書院(1963年頃資料)

(有)東京楽譜出版社(1963年頃資料)



[ Top ] [ COBA STUDIO ] [ Mail ]