◆ペティー・ブーカ


自称HAWAII出身の女性2人組ユニット。詳細不明。

1994年デビュー。
 BENTEN LABELというインディーレーベルで50年代〜80年代の日本歌謡やハワイアン・カントリー・ブルーグラスなどの曲をカバーしていた。マニアックな感じではあるが固定ファンは多くいた。

1997年6月06/25
 関口和之プロデュースのCD「ウクレレカレンダー」に参加して人気を集める。

1997年06/25
 日本クラウン(株)より「Hawaiian Pure Heart」でメジャー・デビュー。

 当時、明け方のTV放送で「新曲コーナー」に演歌と混じって放送されていた。
その頃、女子高校生たちにハワイアン・グッズが流行っており、頭や鞄に花飾りを付けたり、車内のバックミラーにレイを掛けたりしていた。そのため、流行りものの紹介として情報番組が、インタビューやデパートの仮ステージでの出演など、彼女たちの「営業活動」が紹介されはじめた。

 初めて見る人たちには、ムームーや、ビキニ水着に腰ミノ姿でステージに立つ彼女たちは、ややキワモノ的存在であったが、ウクレレブームに乗ってファンが増え、可愛さあふれる存在となった。

 初めは、国産のウクレレであったが、後に「Kamaka」に出世する。彼女たちに対する好き嫌いはあるだろうけれども、過去の名曲「Pineapple Princess」をカバーしたことは称賛に値すると思います。

 ウクレレ界でいえば、1998年流行語大賞を「だっつ、ちゅーの」で受賞した、女性2人組お笑いタレント「パイレーツ」的な存在か?

いや、ファンとしては、そうならないよう、実力派として頑張ってほしい。

アルバム及びライブともに大活躍中。2001年ウクレレはケリーに替わったもよう。


インディーズレーベルのホームページ。ペティー・ブーカのCD情報満載
[ SisterRecords ] / [ ペティー・ブーカ ]


BACK