よきし屋敷
         ようこそ「よきし屋敷」へ。

 

 

よきし新刊情報
 
  

ペルー音楽
中南米音楽

ペルー料理

ペルーの写真

所有音源
(2007/06/10)

メキシコ学勉強会
はる

掲示板
リンク
プロフィール

 

別館

神社仏閣を巡る

民音之会徒然
大民

ペーニャ・ハラナ

バンダ・ミ・レイナ

2003/3/25

第82弾 : ペルー山岳音楽(カハマルカ)

"El Indio Mayta"
El Indio Mayta y sus wiracochas

2000 :FTA : C1-1021 (CD) PERU

曲目

01: Matarina (D.A.R.) carnaval
02: El Esrranito (Guillermo Arias Cabrera) fox incaico
03: Carolina (Miguel Angel Silva) cancion motivo
04: El Cholito y La Cashpita (D.A.R.) huayno
05: Zorro Negro (D.A.R.) huayno
06. El Cilulo (D.A.R.) carnaval-celendin
07. Chinita De Mis Amores (Miguel Angel Silva) cancion motivo
08. La Indiecita (Miguel Angel Silva) huayno

09. Cintita Verde (D.A.R.) huayno
10. Cosita De Amores
(D.A.R.) huayno
11. Soy Pajita De Jalca
(D.A.R.) huayno
12. La Mocherita (Miguel Angel Silva) huayno-cumbia
13. El Suficiente
(D.A.R.) huayno
14. Susana
(D.A.R.) huayno
15. Rosa Maria (Miguel Angel Silva) huayno


久し振りにカハマルカの音楽の紹介である。
エル・インディ・オマイタは、カハマルカのセレンディンに生まれ、ペルー北部の都市、トルヒーヨで育ったという。故郷の歌を懐かしんで歌い始めたというが、今ではカハマルカを代表する歌手となっている。
このベストにもはいっているマタリーナは、カハマルカのカルナバルの非常に有名な曲で、ペルーのリマの黒人の家におじゃましたときに、黒人の人たちが歌っているのを聴いて非常に驚いたことがあった。また、アヤクーチョ地方では、ワイノのあとのフーガにこのマタリーナが使われたりもしている。非常におもしろいものである。
ここで多く作曲しているミゲル・アンヘル・シルバというのが、このインディオ・マイタの本名である。彼の作曲もなかなかよく、カロリーナも非常に有名だ。タキラリ調の12番「モチェの娘」も好きだ。サックスとアコーディオンがよい。