よきし屋敷
         ようこそ「よきし屋敷」へ。

 

 

よきし新刊情報
 
  

ペルー音楽
中南米音楽

ペルー料理

ペルーの写真

所有音源
(2007/06/10)

メキシコ学勉強会
はる

掲示板
リンク
プロフィール

 

別館

神社仏閣を巡る

民音之会徒然
大民

ペーニャ・ハラナ

バンダ・ミ・レイナ

2002/04/18

第51弾 : ペルー・フォルクローレ(アヤクーチョ)

"Lucero" 
Margot Palomino

MP (Tape) Peru

曲目

01: Lucero (Manuelcha Prado)
02: Dulce Takirari (Walter Humala)
03: Mujercita Florecita (Pavel Bello)
04: Trova De Amor
(Manuelcha Prado)
05: Hojas Marchitas (Julio Humala)
06: Escultura De Piedra

07: Fiel Compan~ero (Flerentino Lara)
08: Piedra Violenta
(Julio Humala)
09: Soy De La Sierra (Walter Humala)
10: Mama Vieja (Walter Humala)
11: Angel De Mi Vida
(Pueblo Ayacuchano)


ペルーのモケグア出身のマルゴット・パロミノは僕が非常に好きな歌手の一人である。彼女のセカンドアルバム「ルセーロ」のタイトルはファーストアルバムの「トリルセ」同様、ペルーはアヤクーチョ、プキオの巨匠マヌエルッチャ・プラドの作品からどられている。そればかりでなく、彼女の伴奏を勤めているのもマヌエルッチャ・プラドとフリオ・ウマラの二人である。フリオ・ウマラはドゥオ・ホセ・マリア・アルゲーダスの片割れで、近年ソロでも積極的に活動している。兄のワルテルの曲も多く選曲されているが、フリオもなかなか良い曲をたくさん作っている。

このアルバムの聞きどころはやはりまずタイトル曲の「ルセーロ」であろう。彼女の声が鋭く切り裂くように歌い始める所からこのアルバムが始まる。絶妙のギターが絡みつき、彼女の芯のある、それでいてあたたかさを感じさせる声がこのアルバムを飽きさせない。でしゃばりすぎず堅実なギターにのって、彼女は歌い、語る。アヤクーチョ歌謡のこぶしをきかせながら歌う、決して気取らない彼女のアルバム、機会があればぜひきいてもらいたいものです。