よきし屋敷
         ようこそ「よきし屋敷」へ。

 

 

よきし新刊情報
 
  

ペルー音楽
中南米音楽

ペルー料理

ペルーの写真

所有音源
(2007/06/10)

メキシコ学勉強会
はる

掲示板
リンク
プロフィール

 

別館

神社仏閣を巡る

民音之会徒然
大民

ペーニャ・ハラナ

バンダ・ミ・レイナ

第35弾 : ペルー山岳音楽

"Tinkuy
Danzas Universitarias UNSAAC

Contigo Peru :PCP 009 (TAPE)

曲目

01: Solischa (danza)
02: Linda Cusquen~ita (marinera)
03: Sonq'o Nakuy (danza - canas)
04: Valicha (huayno)
05: W'ara Wara (Danza Quispicanchis)
06: Ichu Putuy (danza Apurimac carnaval)
07: Yana N~ahui (danza Chumbivilcas)
08: Paras (musica)
09: Tinkuy (danza)
10: Dolor Indio (fox)
11: Carnaval De Ccatcca (danza)
12: Q'eromarca (danza - tinta)


ペルーのクスコのコンフントである。マンドリーナ、チャランゴ(チヂャドール)、ケーナ(×2)、ギターラ(×3)という構成に歌がつく。と書いたあるが、ジャケットにはマンドリーナが二人いる。マンドリーナの音が好きなので、マンドリーナの目立つコンフントは特に好きである。自分自身は弾けないが、この音が入ると、ぐっとペルーを感じてしまったり・・・・(笑)。

ケーナはここではかなりヒョロヒョロ吹いている。ボリビア調の力強くがしっとした音ではなく、ひょろひょろひらひらしたような感じで控えめに鳴り、ギターのベースのうえびむしろマンドリーナがきらびやかにメロディーを描く、といった感じであろうか。

このコンフントはどうやら名前からもわかるように、クスコのサン・アントニオ大学の大学のクラブかなにかのグループのようである。
このコンフントの演奏するマリネラLinda Cusquen~itaやダンサのSonq'o Nakuyがかなり好き。マリネラのマンドリーナの持つ浮遊感は、他の楽器ではなかなか出せない味だと思う。また、転調を繰り返しながら愛嬌のあるメロディーを歌い続けるSonq'o Nakuyもなかなか他では聴くことのない演奏のように思える。