*** ♪Trivia and facts ** ジェフリー雑学 ♪***

   shine ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 左は、ドイツ版ポスター「Shine」です。
 国によって、ポスターやビデオパッケージに使用する写真が違うのも面白いです。
 それにしても、下、ギリギリですね ^_^; すごいカット。

 ここは、ジェフリー・ラッシュに関する、小さなネタや小話を集めたページです。
 色々なところからの寄せ集めですが、ジェフリーを知る上で参考になり、
 皆様に楽しんでいただける面白いコーナーしたいと思います。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ♪ ジェフリー雑学・基本編 ♪

 ★ 干支は [卯年]である。守り本尊は「文殊菩薩」知恵、学問を象徴します。
 卯年の性格・・・温厚で楽天的、小さいことにこだわらないため、人との交際も円満。
 人に愛される星であり、目上の引き立てを受ける。懐が深く穏やかな性格であるため,
 敵がすくない。目上の人に可愛がられる。
 のんきな性格のため、熟睡すると、なかなか目覚めません。(笑)

 ★ 九星占いでは[四緑木星]である。
 四緑木星の人の性格・・・周囲の人との和を大切にする。
 また計画性もあり、長期の計画を立ててから、それにしたがって行動する慎重派。
 社会的な信用も厚く、安定した運勢に恵まれる。

 ★ [四緑木星で卯年] の人は・・行動は受け身のタイプ、優しく物静かで人に愛される。

 ★ 占星術 [蟹座]・・家庭第一主義、防衛本能が強く感情的、古い物を守ろうとする。

                       ★「四緑木星の風水」・・幸運の色は「青」「緑」/ 幸運の数字は「3」と「8」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

♪♪ Trivia and facts ジェフリー雑学・本編 ♪♪

  ★4) 何故か、作中ヌードになると主要映画賞主演男優賞受賞・ノミネート(笑)! new

   ふざけたトリビアで申し訳ないのですが、本当だから仕方ありませんもの。
   *「シャイン」/ ワールドワイド公開映画初主演にて印象的なシーンでのヌードで登場したジェフリー。
    アカデミー賞はご存じの通り、ゴールデングローブその他、各映画賞の主演男優賞をほとんど総なめしました。

   *「クイルズ」/ シャインに続いて2度目のアカデミー主演男優にノミネートされた本作でも、堂々と全裸の演技で
    マルキ・ド・サドの晩年を演じきり、オスカーは逃したものの、その他の映画祭で主演男優賞を受賞。

   *「ライフ・イズ・コメディ!ピーター・セラーズの愛し方」/ 最新作のこの作品でも、作中、あるシーンでヌード。
    制作国でテレビ映画としての公開のためアカデミー賞は対象外ですが、すでに今年の「英国インディペンデント映画祭」において
    ベストアクター賞にノミネート(受賞はならず)。来年に掛けてのゴールデングローブ賞など、ノミネートは確実です。

  ★3) 映画中にて、奥さんに「ゲ * イ じゃないか」と疑われる夫の役が2作。 new

   * 一つは、ご覧になった方も多いと思いますが「テイラーオブパナマ」。
     ピアーズ演じる諜報部員に打ち合わせと情報交換で夜な夜な呼び出され、ジェイミー・リー演じる奥さんが
     「ゲ *  イじゃないかと思ったわ」と、一言。
   * そして「ランタナ」LANTANA。2003年のオーストラリア映画祭での1日上映のみで一般では日本未公開なので
     このサイトでも詳しい内容は記していないのですが、素晴らしいヒューマンドラマです(ジェフリーの役は暗いですが)。
     この時のジョン(ジェフリー)は、心理的な悩みのカウンセリングを仕事とするバーバラ・ハーシー演じる奥様と、
     夫婦仲がうまく行って居らず、トラブルに巻き込まれるのですが、その奥様の仕事先にある日、男性相談者が訪れます。
     男性は、「僕はゲ * イで、彼の事を愛しているが、彼には女房がいる」。と悩みをうち明け、
     数回通ってカウンセリングを繰り返しますが
     自分の夫との冷めた仲に悩んでいた彼女は、そのゲ * イの男性の言う「相手」が、自分の夫ジョンではないか、
     と段々思い始めてしまい、
     結局そう思いこんでしまって悲しい結果に終わってしまいます。
     未見の方の多い作品ですのでこれ以上のネタばれはしませんが、いつか日本でもDVD発売していただきたい秀作です。

  ★2) Harry/ハリーという名前の役が何故か多い。

  Harry Pendel「テイラー・オブ・パナマ」
  Harry Plummer 「バンガーシスターズ」
  Harry Chisholm 「Twisted(トゥイステッド日本未公開)」
  Harry/Harold Fingleton 「Swimming Upstream(日本未公開)」

  *「ハリーという名前は、映画『ハリーの災難』からも分かるとおり、災難の降りかかる人物に良く使われる」
  とのごとく、ジェフリー演じる各ハリーは、散々な目に会う訳であります。
  弱みを握られ無理矢理スパイ役をさせられ、強引なスゼットに振り回され、Twistedでは他人とすり替えられ、
  Swimming...では家庭を崩壊させる情けないアル中親父・・・。
  いずれも、強くて格好いいヒーローとは対照的な、弱くてナイーブな役所が共通しています。

  ★1) ジェフリーは車を運転しません。

   初めてこの事実を、   「テイラー・オブ・パナマ」DVDの監督の解説を聞いて知ったときは、意外でした。
  よく考えるとジェフリーらしいというか、手先は起用で、この映画でもスーツの仕立てをすり替え無しで
  本人の生でやってみせる、「シャイン」でもピアノをヘルフゴッドそのままに弾きこなすなど、なんでもやってのける彼が、
  車の運転は出来ないと言うか、しないのです。





★以降、随時更新予定・まだまだあるよ〜^^★





** 当HPに掲載の文を転載・引用される場合はメールにてご連絡下さい