◆Geoffrey Rush Star Site◆

**** ELIZABETH : THE GOLDEN AGE ****
◆受賞!第80回アカデミー賞、最優秀衣装デザイン賞!
ノミネート=ケイト・ブランシェット最優秀主演女優賞!<2008_2_25>

■■■■ ELIZABETH : THE GOLDEN AGE (2007) ■■■■

■監督・Directed by/ Shekhar Kapur  シェカール・カプール
■脚本・Writing by/William Nicholson and Michael Hirst  ■衣装デザイン: アレクサンドラ・バーン (アカデミー衣装デザイン賞受賞!)
■撮影監督: レミ・アデファラシン               ■音楽:クレイグ・アームストロング & A.R.ラフマーン
■■ 出 演 ■■
Cate Blanchett ... Queen Elizabeth I      ケイト・ブランシェット / エリザベス1世
Geoffrey Rush ... Sir Francis Walsingham  ジェフリー・ラッシュ  /サー・フランシス・ウォルシンガム
Clive Owen ... Sir Walter Raleigh      クライヴ・オーウェン  /サー・ウォルター・ローリー
Samantha Morton ... Mary Stuart      サマンサ・モートン   /メアリー・スチュワート(スコットランド女王)
Abbie Cornish ... Elizabeth Throckmorton  アビー・コーニッシュ  /エリザベス(ベス)・スロックモートン

◆◆購入:ゴールデンエイジ・サウンドトラック発売中!*試 聴*    ◆◆ 公式サイト(日本)



■■紹介■■

『エリザベス』のシェカール・カプール監督が、9年の歳月を経て再びケイト・ブランシェットを主演に迎え、
エリザベス女王の“黄金時代”に焦点当てた話題の歴史大作。
当時ヨーロッパは、最強だったカトリック国スペインとの宗教対立が激化しており、それを軸に、
プロテスタントの君主として生きるエリザベス1世の、一人の女性の遂げられぬ恋、国を守るために身内を処刑せねばならない苦悩、
国同士の陰謀、暗殺計画、スパイ(密使)の暗躍、裏の裏に仕掛けられる罠等、見所もふんだんに見事に描ききる。
前作に引き続き、忠臣ウォルシンガム役のジェフリー・ラッシュほか、『インサイド・マン』のクライヴ・オーウェン、
「キャンディ」でジェフリー・ラッシュ、ヒース・レジャーと共演し、ヘロイン中毒に陥っていく少女を熱演したアビー・コーニッシュ、
「マイノリティ・ロポート」のサマンサ・モートンなど、実力・魅力とも充実した出演陣で、更に華やかさをプラスしている。
全編通して美しく豪華な時代衣装に身を包み、イギリス女王エリザベスを演じきったブランシェットの美しさは神々しいほどです。

■■物語■■

1585年、エリザベス1世(ケイト・ブランシェット)はプロテスタントの女王としてイギリスを統治していた。
だが、欧州全土をカトリックの国にしようと目論むスペイン国王フェリペ2世(ジョルディ・モリャ)は彼女の失脚を画策する。
エリザベスの従姉妹でスコットランド女王でもあるメアリーを幽閉している英国に対して、
カトリック教徒であるメアリーを新しいイギリス女王に仕立て上げる策略を巡らし、
その為エリザベスの暗殺を計画、実行グループの司祭とその仲間は、メアリーからの指示の密書を待っていた。
一方、その陰謀をかぎつけていたエリザベスの忠臣ウォルシンガム(ジェフリー・ラッシュ)は、スパイを各地に張り巡らせ
女王暗殺の動きを探るが、そんな中、久しぶりに訪ねてきた弟ウィリアムと再会する。
日ごとに増す暗殺の危険に晒されているエリザベス女王の前に、新世界から戻ったばかりの冒険家
ローリー卿(クライヴ・オーウェン)が現れ、退屈な宮廷の訪問者たちにうんざりしていたエリザベスは
、次第に野性味溢れる彼に心引かれていく。しかし、海賊とレッテルを貼られているローリー卿と女王の間に
近づくことは許されず、彼の心はエリザベスのお気に入りの純真な侍女ベスに向けられていく。
その陰で陰謀は着々と進められ、折しも、最大の強国スペインが、英国を我が物にしようと戦の火蓋を切り
無数の無敵艦隊を率いてイギリスに攻め寄せてくる。

■■    ■■ (Ragコメント_coming soon.←ホントか?)



-----------------------------------◆ Photo ◆------------------------------------

 ◆ The Golden Age ◆ *最後の「注」印の画像は、ネタばれの可能性有りのため、鑑賞後の方のみご覧下さい。

 * CLICK*       

             

             

             

                *注*鑑賞後にご覧下さい

-------------------◆ Photo (On the set) ◆------------------------

             

              

** Photos: (C) 2007 Universal Studios. All Rights Reserved.


**(On the set)の初めの写真で、
  中央に立つ赤いクルタ(インド男性の服装)の方が監督のシェカール・カプール氏です。
  下のラスト4枚は、ケイトとジェフリーが、何かふざけて大笑いしている様子で、
  ケイトの爆笑ぶりから察するに恐らくジェフリーがおかしなアドリブか何かをして、
  笑わせていたんじゃないか、と思います(笑)。で、ジェフリー、
  なんで最後に 腹を押さえてケイトのドレスの上に倒れてるンだろう??爆!

---------------------------------------------------------------


T O P  作品紹介に戻る



(C) 2003-2008 Geoffrey Rush Star Site/Rag