ねこふんじゃった資料室
HOME > ねこふんじゃった研究会 > ねこふんじゃったの歌詞
 
ねこふんじゃったの歌詞
 
 「ねこふんじゃった」の歌詞では、どうしてねこをふんづけたというの?
 
    ピアニストの久元祐子さんや、大阪音大学長の西岡先生によると
    「メロディーと歌詞の語呂合わせで丁度いいからではないか」という事でした。

    猫踏んじゃったの歴史(日本の歌詞)

    今回日本の猫踏んじゃったを考えて見たいと思います。
    数年前から、庄内拓明様経由玉村信雄様の情報で、
    田端典子さんが、「ポルカを踊りましょう」という題名で歌っていたとなっていましたが、
    やっとレコードが見つかりました。
    1954年6月新譜
     「ポルカを踊りましょう」
     坂口淳作詞保田正採譜・編曲
     歌田端典子ビクター児童合唱団ビクターオーケストラ。

     日本で初めて「ねこふんじゃった」としてレコード登場は
     丘十四夫 さん
     「数年この名前を使い、その後、灯至夫と変えました」と伺っています。
    1954年9月新譜
     「ねこふんじゃった」
     丘十四夫作詞山口保治採譜・編曲
     歌伴久美子、コロンビア、かなりや子供会、コロンビアオーケストラ

     同じ題で阪田寛夫さんが丘さんの作曲家と、猫踏んじゃったを出していらっしゃいます。
     しかし、皆さんが腰を抜かしそうにびっくりの、内容で、
     ねこふんじゃった、、ねこふんじゃった
     ねこ6匹まとめて踏んじゃったという歌詞なのですが、
     ちゃんとレコードとして残っています。

    1965年7月21日
     「ねこふんじゃった」
    、阪田寛夫作詞別版山口保治採譜睦芳明補作曲編曲
     歌ひばり児童合唱団

     この後皆さんがおなじみの、NHK[みんなのうた}で
     紹介された現在の曲になります。
    1968年2月10日
     「ねこふんじゃった」
     阪田寛夫作詞寺島尚彦編曲
     歌天地総子、ひばり児童合唱団、キングオーケストラ
     

     1989年(下記4曲は、「ねこふんじゃったダンスダンスダンス」
          というCDに入っていました。東芝EMI
          桝田武宗さんが企画、自らも作詞(阿部鞠也)で参加されています。、
          ここでは歌詞が付いている作品の紹介だけですが、日本を代表する方たちの 
          素晴らしい「猫踏んじゃったコンピレーション」のCDです 
          
          「ディスコでネコをふんじゃった」 I Stepped on a Cat in Disco
          作詞:阿部鞠也 フランス語訳詩:Cindy中村 編曲:上田知華
          歌レインサリバン、Kitties 演奏 レインボーキッズ  


          「ねぼすけ子猫ちゃん」編曲小松勝
          作詞阿部鞠也スペイン語訳詩唐沢圭子
          歌柚木秀子 演奏タンゴ・クリスタル


          [かわいい子猫ちゃん]
    作詞阿部鞠也フランス語訳詩Cindy中村編曲INOYAMA LAND
          歌ディゾレイ・エマニュエル語り辻メラニー泉演奏INOYAMA LAND

           「ネコふんじゃった音頭」
           作詞阿部鞠也編曲池多孝春
           歌水森亜土・光井章夫演奏アンサンブルフェロー


      2001年8月25日 
          「 ねこふんじゃった  」作詞垣内磯子
          ふたりで弾くねこのピアノ曲集 (絵本)
     ブロンズ新社
          
          これなら猫好きの方も、納得の歌詞です。
          ねこが踏まれてびっくりして飛び出して、
          アメリカまで行って大統領にお会いする楽しい話
          愛おしさいっぱいの「かくれんぼねこ 」         
          お引越しの時の  「ねこの手かりて」
          華やかな「ねこのパーティー」
          思わず笑ってしまう、「よっぱらいねこのポルカ」
         
          猫好きの垣内磯子さんらしいねこずき必見の書です。
          

      2003年3月25日
          ネコが踏まれてばかりで可哀想なので、猫大好きの私にとって辛い歌が多く
          「ねこふんじゃ、、、、ダメ」という題で作っていただいたのが有ります。


          こども未来フェスティバルに合わせて作って下さいました。
          ミディクリエイティブ(鑑賞室で視聴可能)

       
           「ねこふんじゃ・・・・だめ!」
           作詞:阿部鞠也 補作詞:阿部鞠也 編曲:小室等
           歌:水森亜土 光井章夫
           演奏: AG:小室等、佐久間順平 FM、VL:佐久間順平
     
          エレクトーン国際大会でグランプリを取られた小熊達也さん編曲。
          ナポリターナの歌手天地りつ子さんが、生出演で歌って下さいました。、


          
          、1989年発売された、「ダンスダンスダンス」のCDと同じ歌詞の、
          メロディーを変えているものです。同じ歌詞で、曲と、歌った方が変わると、
          こんなになると言う比較を楽しむのも面白いかもしれません。

           「ねこふんじゃっタンゴ」(Gatlto Dormllon)
           作詞:阿部鞠也 訳詩:唐沢圭子 作曲:不詳
           補作曲、編曲:小熊達弥 歌:天地りつ子
        

        2003年6月

           下記CDは、「ねこふんじゃった」コンピレーション
           MIDI(鑑賞室で視聴可能)

           I stepped on a cat
           作詞:阿部鞠也 訳詩:シンディ中村 編曲:光井章夫
           歌:水森亜土 演奏: HC:七瀬薫(劇団未来劇場)
           DR:八代国義 CB:酒井和秀 PF:高浜一郎

          J'ai ppietine un petit chat
          作詞:阿部鞠也 訳詩:シンディ中村 ・ルイス幸代
       編曲:小熊達弥歌:天地りつ子


Music Joy Miyamoto

代表 宮本ルミ子

お問合せ
Fax. 03-3904-2906
 

Q.「ねこふんじゃった」はいつ、誰が作曲したの?また、編曲者は??
Q.世界中で「ねこふんじゃった」という曲名に違いがありますか?
Q.「ねこふんじゃった」の歌詞では、どうしてねこをふんづけたというの?
Q. 世界の言葉で猫はなんというの?
番外Q. 猫ふんじゃった関連の文学作品
 
 
| HOMEに戻る | ねこふんじゃった研究会に戻る | このページのトップに戻る |

Copyright © 2003-2006. Music Joy Miyamoto. All Rights Reserved.