DISCOGRAPHY / Richard Sinclair ( 2/8 )


1975年


Reissued LP Jacket
Reissued CD Jacket
HATFIELD AND THE NORTH / THE ROTTERS' CLUB **GROUP**
VIRGIN V2030 ( 1975 UK LP, Original )
VIRGIN OVED 132 ( 197? UK LP, Reissue )
VRGIN JAPAN VJD-5021 ( 1990 Japan CD, Reissue )


SIDE A
1. Share It R.Sinclair
2. Lounging There Trying P.Miller
3. ( Big ) John Wayne Socks Psychology On The Jaw D.Stewart
4. Chaos At The Greasy Spoon R.Sinclair/P.Pyle
5. The Yes No Interlude P.Pyle
6. Fitter Stoke Has A Bath P.Pyle
7. Didn't Matter Anyway R.Sinclair
SIDE B
8. Underdub P.Miller
9. Mumps
a)Your Majesty Is Like A Cream Donut ( Quiet ) D.Stewart
b)Lumps D.Stewart
c)Prenut D.Stewart
d)Your Majesty Is Like A Cream Donut ( Loud ) D.Stewart
BOUNUS TRACKS for CD
10. ( Big ) John Wayne Socks Psychology On The Jaw D.Stewart
11. Chaos At The Greasy Spoon R.Sinclair/P.Pyle
12. Halfway Between Heaven And Earth R.Sinclair
13. Oh, Len's Nature! P.Miller
14. Lying and Gracing P.Miller

RECORDED at
TRACKS 1 〜 11 - Saturn, Worthing Recording Studio, January & February 1975
TRACKS 12 - live at The Rainbow Theatre, London, March 16 1975
TRACKS 13 - live in Lyon and Toulous, France on Feb. 8 and 11 1975
TRACKS 14 - live in Lille, France, on Jun. 9 1974

PRODUCED by
HATFIELD & THE NORTH




このアルバムに関してはもう何回もコメントを書いているのでネタも余り無いのですが、 HATFIELD & THE NORTHというグループはこの作品を作り上げるまでが旬というのが私の持論でして、 数枚のブートレッグでこのアルバム録音以前のステージそして以後を聞き比べるにつけその思いは確かなものとなった今日このごろです。 この作品以降の公式作品としては下に紹介しているオムニバスLP"Over The Rainbow"がありますが 収録曲自体は非常に出来が良いものの( 後でスタジオで手を加えてある。)ブートで聞く事の出きる その日のコンサート全体の出来は73〜74年の全盛期と比べれば比較にならない程ポテンシャルの落ちた 物だったとも言えましょう。とは言え、それでも一般的に見れば非常な高水準であるとも言えますが・・・。
そのグループの低落傾向の理由のいったんを担ったのが実はこのRichard Sinclairだったと言う事は 余り知られていないかもしれません。何しろこれだけの作品を作りながら経済的に全く豊かにならない、 高い芸術性と生活の糧を得る事との狭間にこそ彼の大きな悩みが有ったのであります。 勿論、その悪しき悩みは彼だけではなく他のメンバーにも普及する事となり、やがてグループのモラルは 落ちていき解体を余儀なくされたと言うのが真相だそうな。
何度も言いますが、これだけの金字塔を打ち立てた為にバンド自体の音楽性がが行き詰まったり、次の作品の 為のアイデアが枯渇しての解散では決して無いのであります。それは、HATFIELDが解散した後このバンドのメンバーの内 3人までもが参加したNATIONAL HEALTHの作品がこの"THE ROTTERS' CLUB"級の素晴らしさで有る事 を鑑みてみれば頷けると言う物です。但しそのNATIONAL HEALTHの1stアルバムは、バンド自体は 1975年の夏には始動していたにも関わらず作品の録音に漕ぎ着けるまで約2年、録音を完了した77年の春から 更に1年待たされてようやくアルバムをリリース出来たのであります。この様な当時のレコード業界の態度 からして、彼等が幾ら心血を注いで素晴らしい作品を何枚作ろうがグループの評価が上がる訳も無く、結果として ミュージシャン達の才能の芽を摘み取ってしまう事となり、実際大変優れた音楽家が廃業に追い込まれたケースが 少なからずあったと考えられるのであります。


Original LP Jacket

VA / V **COMPELATION**
VIRGIN VD 2502 ( 1975 UK 2LP, Original )

SIDE D
2.HATFIELD & THE NORTH
Your Majesty Is Like A Cream Donut D.Stewart
incorporating
Oh What A Lonely Lifetime R.Sinclair

RECORDED at
Saturn, Worthing Recording Studio, Oct. 1974

PRODUCED by
HATFIELD AND THE NORTH



この曲は、HATFIELD AND THE NORTHの唯一のシングル盤"Let's Eat / Fitter Stoke Has A Bath"を録音したのと 同時期にレコーディングされております。Dave Stewart作の名曲"Your Majesty Is Like A Cream Donut"に挟まれる 格好でRichard Sinclairのペンによる"Oh What A Lonely Lifetime"が演奏されるアレンジになっております。 考えてみれば、どちらかと言えばRichard色の強い1stからDave Stewart主導型の2ndへとグループが変わり行く 端境期の録音のようでもあり興味深いような気もします。
この曲のみ未だCD化されておりません。


VA / OVER THE RAINBOW **COMPELATION**
CHRYSALIS CTY1079 ( 1975 UK LP, Original )

SIDE B
2.HATFIELD & THE NORTH
Halfway Between Heaven And Earth R.Sinclair

RECORDED at
live at The Rainbow Theatre, London, March 16 1975

PRODUCED by
HATFIELD & THE NORTH



前述した、レインボー・シアターの閉鎖のさよならコンサートに多くのバンドと共に出演した際の ライヴ録音です。収録曲は現在のRichard Sinclairのソロコンサートでも取り上げられる名曲ですが、 このLPに収められているテイクは実はボーカルパートが、後でスタジオでオーバーダビングされたものであります。加工前のテイクは なんと歌詞は存在せず、ボーカルはRobert Wyatt譲りのアドリブボイスと言うかRichardのスキャットのような物がフィーチャーされています。 いかにもカンタベリーらしい曲であります。


1976年


Original LP Jacket
CARAVAN / CANTERBURY TALES THE BEST OF CARAVAN **GROUP**
DECCA DKL-R8/1,8/2 ( 1976 UK 2LP Original )

SIDE A
1. If I Could Do It All Over Again, I'd Do It All Over You R.Coughlan/P.Hastings/R.Sinclair/D.Sinclair
2. Aristocracy R.Coughlan/P.Hastings/R.Sinclair
3. Can't Be Long Now
〜 Francoise
〜 For Richard
〜 Warlock R.Coughlan/P.Hastings/R.Sinclair/D.Sinclair
SIDE B
1. Nine Feet Underground
a)Nigel Blows A Tune
b)Love's Friend
c)Make It 76
d)Dance Of The Seven Paper Hankies
e)Hold Grandad By The Nose
f)Honest I Did!
g)Disassociation
h)100% Proof R.Coughlan/P.Hastings/R.Sinclair/D.Sinclair
SIDE C
1. Golf Girl R.Coughlan/P.Hastings/R.Sinclair/D.Sinclair
2. Hoedown P.Hastings
3. The Love In Your Eye
〜 To Catch Me Brother
〜 Subsultus
〜 Debouchement
〜 Tilbury Kecks R.Coughlan/P.Hastings/R.Sinclair
SIDE D
1. Memory Lain, Hugh
〜 Headloss P.Hastings
2. Vigin On The Ridiculous P.Hastings
3. The Dog, The Dog, He's At It Again P.Hastings

RECORDED at
SIDE A 1 - Tangerine Studios, 1970
SIDE B 1 & C 1 - Decca Studios, 1971
SIDE A 2 & C 3 - Tollington Park Studios, 1972
SIDE C 2, D 1 & D3 - Tollington Park Studios, 1973
SIDE D 2 - Live at The Theatre Royal, Graydon, Oct. 28th 1973
SIDE A 3 - Live at The Fairfield Halls, Graydon, Sep. 1st 1974

PRODUCED by
David Hitchcock, Terry King & CARAVAN




CARAVAN初のベストアルバムです。当然Richard Sinclairがグループに在籍している時代の作品も多く選曲されて おります。オリジナル英盤は、2枚組でのリリースでしたが、確か78年頃に1枚組仕様で日本盤が出ていたと記憶しております。 目玉的存在である当時は未発表だったA3は、その日本盤にも収められておりましたが、その他の収録曲は大分オリジナル盤とは 異なっていたような気がします。確かその盤を所持していたような気がするのですが、何故かいくら探しても発見できず 私は困っております。資料などもひっくり返して探したのですがレコード番号も判らずじまいなのであります。
ちなみにその当時未発表だったA3のトラックは、後にLP"Best Of Caravan Live"に収められ、またCDでは、2002年リリースの"Live At The Fairfield Halls, 1974"に収録されました。知っているとは思いますが念の為。


OriginalLP Jacket
Reissued CD Jacket (Japan)

KEVIN AYERS / ODD DITTIES **SESSION**
HARVEST SHSM2005 ( 1976 UK LP, Original )
TOSHIBA-EMI TOCP-65968 ( 1976 JAPAN CD, Reissue )


SIDE A
1. Soon, Soon, Soon K.Ayers
2. Singing A Song In The Morning K.Ayers
3. Gemini Child K.Ayers
4. Puis-je? K.Ayers
5. Butterfly Dance K.Ayers
6. Stars K.Ayers
7. Stranger In Blue Suede Shoes K.Ayers
SIDE B
8. Jolie Madame K.Ayers
9. Lady Rachel K.Ayers
10. Connie On A Rubber Band K.Ayers
11. Fake Mexican Tourist Blues K.Ayers
12. Don't Sing No More Sad Song K.Ayers
13. Take Me To Tahiti K.Ayers
14. Caribbean Moon K.Ayers
BONUS TRACK for CD
15. Star ( Single Version ) K.Ayers

RECORDED
Tr.1 - Sep. 1969
Tr.2 - Jan. 1970
Tr.3 & 4 - Jun. 1970
Tr.5, 6 & 15 - Sep. 1970
Tr.7 - Jul. 1971
Tr.8 - Nov. 1971
Tr.9 - Feb. 1972
Tr.10 - May. 1972
Tr.11, 12 & 13 - Sep. 1972
Tr.14 - Mar. 1973


PRODUCED by
Kevin Ayers



Kevin Ayersのシングル曲や未発表曲等を集めた編集盤です。Richard Sinclairは、1970年4月にリリースされた シングルであるtr.2をPye Hastingsを除くCARAVANのメンバー3人がKevin Ayersのバックバンドとして 録音した為にこの作品にも顔を出す事と相成ったわけです。
個人的には、Kevin Ayersと言うアーティストは好きでも嫌いでも無いといったところなのですが・・・。
その割には、オリジナル盤も再発CDもしっかり持ってはおりますが・・・。  


1977年


LP Jacket (Japan)
Reissued CD Jacket (Japan)
CAMEL / RAIN DANCES **GROUP**
DECCA TXS-R124 ( 1977 UK LP, Original )
KING GP1090 ( 1977 JAPAN LP )
POLYDOR POCD-1824 ( 1991 JAPAN CD )


SIDE A
1. First Light A.Latimer/P.Bardens
2. Metrognome A.Latimer/P.Bardens
3. Tell Me A.Latimer/P.Bardens
4. Highway Of The Sun A.Latimer/P.Bardens
SIDE B
5. Unevensong A.Latimer/P.Bardens/A.Ward
6. One Of These Days I'll Get An Early Night A.Latimer/P.Bardens/A.Ward/R.Sinclair/M.Collins
7. Elke A.Latimer
8. Skylines A.Latimer/P.Bardens/A.Ward
9. Rain Dances A.Latimer/P.Bardens

RECORDED in
Island Studios, 1977

PRODUCED by
CAMEL & Rhrtt Davies



Richard SinclairがCAMELに参加した経緯は、彼はHATFIELDの解散後自己のバンドSinclair & Southでギグを行なったり、 更にRSVPと名乗ってデモテープの製作をしたりして過ごしておりましたが、例によってこの時代の英国のレコード業界は この手のバンドにとっては全くもって冷たい態度を取るのが普通でありましたので、その形態での活動は何れも上手く行く訳もありませんでした。 ちなみにこのSinclair & SouthとRSVPに関わっていたミュージシャンの名を挙げるだけでもファンなら卒倒しないまでも、そのバンド の音を是非残していて欲しかったと思うに違いありません。そのミュージシャン達とは、David Sinclair, John Murphy, Dave Arbus, Bill Bruford, Mark Hewins, Vince Clarke 等などです。実際、Sinclair & Southについては、Bill Brufordがドラマーで参加している コンサートのライヴ音源が存在しておりVoiceprintレーベルがリリースをしようと何年も前から動いているようなのですが、未だ未発表 であります。またRSVPもデモテープが有るようですがこちらも公式リリースされていない状況です。
Richardは、その後Peter Gabriel BandのBassパートのオーディションを受けたりしますが、結局合格したのは皆さんご存知のTony Levin でした。相手が相手だけにBassの腕前だけでは少し分が悪かったかなって感じです。これはRichardのBassは下手であると言っているのでは ありません。むしろ彼はベーシストとしても間違い無くAクラスの腕をもっており、これはこの後参加したCAMELでの活動を見れば一目瞭然です。
この時点で彼は経済的にかなり苦しい状況に追いこまれたものと思われます。そこにCAMELのドラマーAndy Wardからの電話が入り、結果として 彼のことを救う助け舟となった訳です。うがった見方をすれば、金の為にCAMELに参加したともとれますが、CAMELサイドから見ても彼の加入は 間違い無く大幅プラスになっております。それは、それまでのバンドの弱点であったリズムセクションとボーカルが以前に比べて100倍は強化 された事、つまり前任のベースプレイヤーのDoug Fargasonには酷な言い方ですが、その彼と比べて比較にならない程Richardは優秀なミュージシャンだったと言えます。
さてこの作品ですが、Richardとこの時点ではまだゲスト参加のMel Collinsの持ちこんだジャージーな感覚とCAMEL独自のドリーミーな雰囲気が上手くブレンドして 非常に洗練された作品になったと思います。Richardがリードボーカルを取る曲も多く個人的にも非常に好きなアルバムです。  


1978年


LP Jacket (Japan)
Reissued CD Jacket (Japan)
Reissued CD Jacket (UNIVERSAL)
CAMEL / A LIVE RECORD **GROUP**
DECCA DBC-R7/8 ( 1978 UK 2LP, Original )
KING GP1019/20 ( 1977 JAPAN 2LP )
POLYDOR POCD-1825/6 ( 1991 JAPAN 2CD, Reissue )
DECCA/UNIVERSAL 8829282 ( 2002 UK 2CD, Reissue )
UNIVERSAL UICY-9206/7 ( 2002 JAPAN 2CD, Reissue *Paper Sleeve )


DISK 1
1.First Light A.Latimer/P.Bardens
2.Metrognome A.Latimer/P.Bardens
3.Unevensong A.Latimer/P.Bardens/A.ward
4.Skylines A.Latimer/P.Bardens/A.ward
5.Song Within A Song A.Latimer/P.Bardens
6.Lunar Sea A.Latimer/P.Bardens
7.Raindances A.Latimer/P.Bardens
8.Never Let Go A.Latimer
9.Chord Change A.Latimer/P.Bardens
10.Ligging At Louise P.Bardens
11.Lady Fantasy
a)Encounter
b)Smiles For You
c)Lady Fantasy A.Latimer/P.Bardens/A.ward/D.Farguson
DISK 2
1.Spoken Introduction by Peter Bardens
2.The Great Marsh A.Latimer/P.Bardens
3.Rhayader A.Latimer/P.Bardens
4.Rhayader Goes To Town A.Latimer/P.Bardens
5.Sanctuary A.Latimer/P.Bardens
6.Fritha A.Latimer/P.Bardens
7.The Snow Goose A.Latimer/P.Bardens
8.Friendship A.Latimer/P.Bardens
9.Migration A.Latimer/P.Bardens
10.Rhayader Alone A.Latimer/P.Bardens
11.Flight Of The Snow Goose A.Latimer/P.Bardens
12.Preparation A.Latimer/P.Bardens
13.Dunkirk A.Latimer/P.Bardens
14.Epitaph A.Latimer/P.Bardens
15.Fritha Alone A.Latimer/P.Bardens
16.La Princesse Perdue A.Latimer/P.Bardens
17.The Great Marsh A.Latimer/P.Bardens
18.The White Rider A.Latimer
19.Another Night A.Latimer/P.Bardens/A.Ward
曲順は2002年再発のDECCA/UNIVERSAL盤(日本盤も同じ。)による。青字のタイトルは、その再発の際に追加された曲目です。
尚、オリジナルLPの曲順は、SIDE A-DISK 1 Tr.8,5,6 SIDE B-DISK 1 Tr.4,10,11 SIDE C-DISK 2 Tr.2〜10 SIDE D-DISK 2 Tr.11〜17 となっています。

RECORDED at
DISK 1 TRACK 1〜3, 6〜8 - The Colston Hall, Bristol, Oct. 2nd 1977
DISK 1 TRACK 3 - Leeds University, Oct. 3rd 1977
DISK 1 TRACK 5 - Hammersmith Odeon, London, Oct. 30th 1977
DISK 1 TRACK 10, 11 - The Marquee Club, Oct. 30th 1974
DISK 2 TRACK 1〜17 - The Royal Albert Hall, London, Oct. 17th 1975
DISK 1 TRACK 9 & DISK 2 TRACK 18, 19 - Hammersmith Odeon, London, Apr. 14th 1976

PRODUCED by
Rhett Davis, CAMEL, David Hitchcock






2002年の再発盤では、特にLP時のサイドAとBに当たる部分が原型を留めないほど再編集されております。 個人的にはRichard Sinclairの在籍時のトラックも大幅に増えているので文句はありませんが・・・。 CAMEL史上この時代のリズムセクションが最も素晴らしいと思います。Richardのフレットレスベースも手数の多い Andy Wardのドラムとも良く合っております。そして、何よりボーカルパートは、それまでのCAMELでは悪くいえば 刺身のつま程度の物でしか無かったのがRichardが歌う事により原歌の魅力を間違い無くアップさせていると言えましょう。
Mel Collinsの名人芸的なSaxとFluteも非常にポイントが高いと思います。


LP Jacket (Japan)
Reissued CD Jacket (Japan)

CAMEL / BREATHLESS **GROUP**
DECCA TXS-R132 ( 1978 UK LP, Original )
KING GP1101 ( 1978 JAPAN LP )
POLYDOR POCD-1827 ( 1991 JAPAN CD, Reissue )


SIDE A
1.Breathless A.Latimer/P.Bardens/A.Ward
2.Echoes A.Latimer/P.Bardens/A.Ward
3.Wing And A Prayer A.Latimer/P.Bardens
4.Down On The Farm R.Sinclair
5.Starlight Ride A.Latimer/P.Bardens
SIDE B
6.Summer Lightning A.Latimer/R.Sinclair
7.You Make Me Smile A.Latimer/P.Bardens
8.The Sleeper A.Latimer/P.Bardens/A.Ward/M.Collins
9.Rainbow's End A.Latimer/P.Bardens

RECORDED at
The Manor, Chipping Norton Studios & Threshold

PRODUCED by
CAMEL, Mick Glossop



Richard Sinclairは、最近のインタビューでCAMEL時代を振り返って"適切な仕事が出来たと思っている。"と割りと 素っ気無く言っておりましたが、私としましては、このアルバムをリリースした翌年の1月に初来日をしてくれて 生でRichard Sinclairを見れた事は非常に嬉しかった思い出があります。おまけにそのときの来日メンバーは、 豪華ラインナップで勿論先に正式メンバーとなっていたMel Collinsは居るし、ダブルキーボードでそれを担当していたのが なんと歴代のCARAVANの2人の名手David SinclairとJan Schelhaasでありました。つまり6人の内3人までが元CARAVANと言う メンバー構成であった事もあり、CARAVANの曲も1〜2曲演るかも・・・と期待をしましたが、やはりあくまでもCAMELでの来日と言う事で そのような曲は演奏しませんでしたが、以前のCAMELから比べると異常なまでにアドリブ,インプロパートの多い演奏内容で 非常に感動した事を覚えております。テクニカルに変身して行くCAMELの中での最後の最後に残った唯一旧CAMELの雰囲気を色濃く 持っていたPeter Bardensの代わりに加入した2人のキーボードプレイヤーを擁した事で、かなり複雑な演奏も可能になった事が 大きな理由と言えましょう。
Richardは日本公演の後のアメリカツアーの終了を待ちMel Collins、David Sinclairと共にCAMELを離れます。彼は2年と少しの間 バンドに居た事になりますが、CAMELはやはりAndrew Latimerがイニシアチブを取っていたので彼のやりたい音楽はここでは実現出来なかった と言うのが理由でしょう。でもCAMELは彼の経済的な危機を救ってくれたのは間違いの無い事実であった訳で、それに対してバンド側も彼が CAMELに参加したことに依って大変大きな恩恵を被ったとも言えましょう。Richardがバンドを去るに当たってAndy Wardが最も残念がったそうです。  




次のページへ

戻る