DISCOGRAPHY / SOFT MACHINE ( 1/15 )


FACE AND PLACE Vol.7
BYG 529 907 ( 1972 FRA LP, Original )
JET PROPELLED PHOTOGRAPHS
DECAL LIK 36 ( 1988 UK LP, Reissue )
SIDE A
1.Thats How Much I Need You Now, 2.Save Yourself, 3.I Should've Know, 4.Jet Propelled Photograph ( Aka Shooting At The Moon )
SIDE B
1.When I Don't Want You, 2.Memories, 3.You Don't Remember, 4.She's Gone, 5.I'd Rather Be With You

Recorded at De Lane Lea, UK, Apr.1967

Produced by Giorgio Gomelsky

  • Robert Wyatt - Drums, Vocals
  • Daevid Allen - Guitar
  • Kevin Ayers - Bass, Vocals
  • Mike Ratledge - Piano, Organ

これが、オリジナル・メンバーによる本当のファースト・アルバムです。演っている事は サイケ・ポップの様な曲が中心です。出来は、悪く無いと思いますが・・・。 個人的には、ジャズ色が全く無いので、資料的な価値は高いとは思いますが、興味の 沸く音楽ではありません。
ちなみに、この作品はジャケット違いで何回も再発されていて、実はレコード番号にOriginal と記したフランスBYGよりFACE AND PLACE Vol.7のタイトルで出た物でさえ厳密に言えばこの音源が世の中に 初めてレコードとして発売された物ではないのです。本当は、同じフランスBYGから1971年リリース のRock Generation Vol.7とRock Generation Vol.8( BYG 529 707, BYG 529 708 )に半分ずつ分けて発表 されたのが初出であります。これは、当然他のアーティストの曲も収録されているコンピュレーション物 なので、便宜上、SOFT MACHINEだけ収録のFACE AND PLACE Vol.7をオリジナルとしました。
更にジャケットを載せたJET PROPELLED PHOTOGRAPHS以外にも1973年にSOFT MACHINEのタイトルで ドイツでリイシュー、1980年には米盤で同じくSOFT MACHINEで、またAT THE BEGININGやMEMORIESなんてタイトルでも 各国でジャケット違いで再発されています。



THE SOFT MACHINE
ABC/PROBE CPLP 4500 ( 1968 USA LP, Original )
BIG BEAT WIKA57 ( 1986 UK LP, Reissue )

SIDE A
1.Hope For Happiness, 2.Joy Of Toy, 3.Hope For Happiness ( reprise ), 4.Why Am I So Shrot?, 5.So Boot If At All, 6.A Certain Kind, 7.Save Yourself
SIDE B
1.Priscilla, 2.Lullabye Letter, 3.We Did It Again, 4.Plus Belle Qu'une Poubelle, 5.Why Are We Sleeping?, 6.Box 25/4 Lid

Recorded at Record Plant, New York City, Apr.1968

Produced by Chas Chandler, Tom Willson

  • Robert Wyatt - Drums, Vocals
  • Kevin Ayers - Bass, Piano, Vocals
  • Mike Ratledge - Piano, Organ

  • Hugh Hopper - Bass
  • Cake - Backing Vocals

ニューヨーク録音の、一般的にはファースト・アルバムと呼ばれている作品です。 Daevid Allenの脱退を経て、1968年の始め彼らは、Jimi Hendrixの前座として アメリカ・ツアーを行っていたのですが、ツアーが一段落した4月の中旬にRecord Plant にて録音した訳です。トリオ編成になり、Mike RatledgeのPiano, Organがサウンド の中心となり前作よりも、所謂 カンタベリーっぽくなっては来たもののまだポップ・ ロックの範疇に入るといえましょう。ちなみにオリジナル盤は、中心の円盤部が 回転する変形ジャケットです。( 画像は、オリジナル盤 )
この後、彼らは引き続き後のポリスで 有名になるAndy Summersもツアー・メンバーに加え、Jimi Hendrixの前座でコンサートを数ヶ月続け、 この68年の末に一度解散状態になるのでした。



VOLUME 2
ABC/PROBE CPLP 4505S ( 1969 USA LP, Original )
BIG BEAT WIKA58 ( 1986 UK LP, Reissue )

SIDE A
RIVMIC MELODIES
1.Pataphysical Introduction - PT1, 2.A Concise British Alphabet - PT1, 3.Hibou, Anemone And Beer, 4.A Concise British Alphabet - PT2, 5.Hulloder 6.Dada Was Here, 7.Thank You Pierrot Lunaire, 8.Have You Ever Bean Green?, 9.Pataphysical Introduction - PT2, 10.Out Of Tunes
SIDE B
ESTHER'S NOSE JOB
1.As Long As He Lies Perfectly Still, 2.Dedicaded To You But You Weren't Listening, 3.Fire Engine Passing With Bells Clanging, 4.Pig, 5.Orange Skin Food, 6.A Door Opens And Closes, 7.10.30 Returns To Bedroom

Recorded at Olympic Sound, Feb./Mar. 1969.

Produced by SOFT MACHINE

  • Robert Wyatt - Drums, Vocals
  • Mike Ratledge - Piano, Organ
  • Hugh Hopper - Bass

  • Brian Hopper - Sax

1968年の長期に渡るアメリカ・ツアーに疲れ、Kevin Ayersがグループを抜けてしまい、 バンドは解散の憂き目に遭うのですが、同じ頃リリースしたファースト・アルバムが 好評のため、レコード会社は次の作品の制作を要請し彼らは再度BassにHugh Hopperを 配してグループを続ける決心をした訳です。
出来上がったアルバムはVOLUME 2と名付けられ、カンタベリー・ミュージックの雛形とも言うべき 完成度を誇り、このアルバムを目標として何人もの優れたミュージシャンがこのシーンから輩出 される事を考えるとこの作品の重要性が解ると言うものです。
必聴盤!




次のページへ