DISCOGRAPHY / SOFT MACHINE ( 14/15 )


MOON IN JUNE
Aulica A 104 ( 1989 BOOTLEG CD )

TRACKS
1.Moon In June, 2.Esther's Nose Job, 3.Slightly All The Time〜Out Bloody Rageous〜Eamonn Andrews

RECORDED AT
Tr.1 - Maida Vale, London,10th.Jun.1969
Tr.2 - Maida Vale, London,10th.Nov.1969
Tr.3 - Maida Vale, London,4th.May1970

Produced by SOFT MACHINE

このCDも全て"The Peel Sessions"と内容が重複しております。但し、上と同じくTr.3は、完全版です。



OLD MACHINE
Collector Record Ltd 無番号 ( 1988 BOOTLEG LP )
レーベル名無し SOFTS−10TKC ( 1995 BOOTLEG CD )

TRACKS
1.Out-Bloody-Rageous, 2. Eamonn Andrews, 3. All White, 4.Kings and Queens, 5.Teeth, 6.Pigling Bland, 7.10.30 Returns To The Bedroom, 8.Facelift
Bonus Tracks for CD
9.Love Makes Sweet Music, 10.Feelin' Reelin' Squelin'

RECORDED AT
Live at Gondel Filmkunsttheater, Bremen, Germany, Mar.23,1971 ( Tr.1〜8 )
Olympic Sound, Feb.5 1967 ( Tr.9〜10 )

Produced by SOFT MACHINE

正規完全盤 "VIRTUALLY" がリリースされてしまった為、ボーナストラック以外は そちらで全て聞く事ができます。例によってクレジットの間違いは、直しておきました。



LIVE BUNDLES
CANTERBURY DREAM CTD-003 ( 1993 BOOTLEG CD )

TRACKS
1.Hazerd Profile Part1, 2.Hazerd Profile Part2, 3.Hazerd Profile Part3, 4.Hazerd Profile Part4, 5.Hazerd Profile Part5, 6.The Floating World, 7.The Man Who Waved At Trains, 8.Bass Solo 〜 Bundles 〜 Drum Solo

Recorded Live in Syracuse, N.Y., USA, Mar 13 1974

Produced by UNKNOWN

  • Roy Babinghton - Bass Guitar
  • Mike Ratledge - Keyboards
  • Karl Jenkins - Keyboards, Sax, Oboe
  • John Marshall - Drums, Percussions
  • Allan Holdsworth - Guitars

スタジオ盤"BUNDLES"のところで、あれだけ酷評したにもかかわらずLiveとなると、これだけ良いのは何故だろうか。 スタジオ録音ではあれだけ鼻に付いたAllan Holdsworthのギターだが、ライヴでも当然の如く相変わらず弾きまくって いるにもかかわらず、こちらは非常にバンド全体のバランスが良いのであります。
オーバープロデュース気味でギター以外のパートが小じんまりとしていた"BUNDLES"と比べて、まずリズムセクション の2人が素晴らしくコンビネーションの良いプレイをしており、またそれぞれのソロ・パートも盛り込まれて、彼等のテクニックを堪能できます。 Mike Ratlidege作の"The Man Who Waved At Trains"における作者自身の演奏は、彼のSOFT MACHINE時代最後の輝きを放つようで これがまた素晴らしいのであります。次作のスタジオ盤"SOFTS"では、ゲスト扱いになってしまうのを考えると、少し寂しい気もします。
いずれにしても、この時期以降のSOFT MACHINEのハンドルを握っているのはKarl Jenkinsに違いは無いのだけれども、まだこの頃のライヴに おいては、Mike Ratlidegeを含めて腕利きのミュージシャン5人が、がっぷりと組み合って質の高い演奏を聞かせてくれます。
推薦盤です。



LIVE BUNDLES
Banquet BAN-R2002001 ( 2002 BOOTLEG CD )

TRACKS
1.Hazerd Profile Part1, 2.Hazerd Profile Part2, 3.Hazerd Profile Part3, 4.Hazerd Profile Part4, 5.Hazerd Profile Part5, 6.The Floating World, 7.The Man Who Waved At Trains, 8.Bass Solo 〜 Bundles 〜 Drum Solo

Recorded Live in Syracuse, N.Y., USA, Mar 13 1974

Produced by UNKNOWN

  • Roy Babinghton - Bass Guitar
  • Mike Ratledge - Keyboards
  • Karl Jenkins - Keyboards, Sax, Oboe
  • John Marshall - Drums, Percussions
  • Allan Holdsworth - Guitars

上記の盤の別ブートメーカーからの再発です。特に音質も良くなった訳でもなく、内容的には全く同じです。



HAZARD PROFILE
レーベル名無し ZA-45 ( 1995 BOOTLEG CD )

TRACKS
1.Hazard Profile Part One 〜 Part Two ( Toccatina ) 〜 Part Three 〜 Part Four 〜 Part Five, 2.The Man Who Waved At Trains, 3.Peff, 4.Bass Solo 〜 Bundles 〜 Land Of The Bag Snake, 5.Four Gongs Two Drums, 6.Hazard Plofile

RECORDED AT
Live at HOWERD STAINS, UK, Mar 24 1974 ( Tr.1〜5 )
Live at Montreux Jazz Festival, 1974 ( Tr.6 )

Produced by UNKNOWN

  • Roy Babinghton - Bass Guitar
  • Mike Ratledge - Keyboards
  • Karl Jenkins - Keyboards, Sax, Oboe
  • John Marshall - Drums, Percussions
  • Allan Holdsworth - Guitars

上記の"LIVE BUNDLES"と11日違いの演奏。ただしこちらは、Tr.1から5までの回転数が早くて聞いてられない。演奏自体はこちらも出来は良いだけにもったいない。 アナログ時代には収録時間の関係で、このような悪質ブートレッグが多数存在したのだが、このCDもそのくちかと思い収録時間を調べれば45分程である。 このCDを作った人はCDという物は74分まで収められる事を知らない馬鹿者か、演奏の回転数が早い事に気付かない"ど素人"かのいずれかでありましょう。 Tr.6だけ音源が違うせいで正常な回転数であります。
ブートレッグとは言え、もっときちんと作らなきゃ駄目ですよ。非推薦盤。




次のページへ