DISCOGRAPHY / SOFT MACHINE ( 5/15 )


LIVE AT THE PARADISO 1969
Voiceprint VP193CD ( 1995 UK CD, Original )

TRACKS
1.Hulloder, 2.Dada Was Here, 3.Thank You Pierrot Lunaire, 4.Have You Ever Been Green?, 5.Pataphysical Introduction Pt2, 6.As Long As He Lies Perfectly Still, 7.Fire Engine Passing With Bells Clanging, 8.Hibou, Anemone And Beer, 9.Fire Engine Passing With Bells Clanging( reprise ), 10.Pig, 11.Orange Skin Food, 12.A Door Opens And Closes, 13.10.30 Returns To Bedroom

Recorded Live at Paradiso, Amsterdom, Holland, Mar 29 1969

Produced by Captain Haddock

公式に発表されている物としては、現在のところ最も古いライヴ音源です。( ブートレッグでは更に年月を 遡る事2年、67年のライヴもリリースされておりますし、オフィシャル物としても近々Kevin Ayers在籍時 のコンサートの模様を伝えるアイテムが登場するといった未確認情報も聞いておりますが・・・。)
ところで、この音源は当時正式盤としてリリース予定であったらしいのですが、録音を担当したCaptain Haddock によって、100枚限定のブートレッグとして市場に出てしまい、以来アナログ時代から同内容の数種の海賊盤 がリリースされ、正式盤としては、このLIVE AT THE PARADISO 1969が1995年に世に出るまで待たなければ ならなかったと言う訳です。
肝心の内容ですが、セカンド・アルバムの大部分をステージで再現してしまう力量は当時としては特筆に値すると 思いますし、資料としてでは無く純粋に演奏を楽しめるレベルには充分有る作品と言えます。



LIVE AT THE PARADISO
Turning Point TMP-02212 ( 2002 Italy LP, Reissue )

SIDE A
1.Hulloder, 2.Dada Was Here, 3.Thank You Pierrot Lunaire, 4.Have You Ever Been Green?, 5.Pataphysical Introduction Pt2, 6.As Long As He Lies Perfectly Still, 7.Fire Engine Passing With Bells Clanging, 8.Hibou, Anemone And Beer
SIDE B
1.Fire Engine Passing With Bells Clanging( reprise ), 2.Pig, 3.Orange Skin Food, 4.A Door Opens And Closes, 5.10.30 Returns To Bedroom

Recorded Live at Paradiso, Amsterdom, Holland, Mar 29 1969

Produced by Captain Haddock

上記のCD"LIVE AT THE PARADISO 1969"を流行りの180gLPで再発した物です。一応、海賊盤ではなく権利を持っているVoiceprintに承諾を 得てのリイシューという事です。内容に付いては、繰り返し説明は省きますが、この作品の売りは、ジャケットが円形の特殊変形物という事ぐらいでしょうか。 確かに重量盤なので音質は良いのでしょうが同じ内容がCDで手軽に聴ける訳ですから、わざわざターンテーブルにこれを乗せて耳を傾ける必要も 余り感じられません。完全にコレクター向けの作品であります。



SPACED
CUNEIFORM RUNE90 ( 1996 USA CD, Original )

TRACKS
1.Spaced One, 2.Spaced Two, 3.Spaced Three, 4.Spaced Four, 5.Spaced five, 6.Spaced Six, 7.Spaced Seven

RECORDED AT
UNKNOWN, Autumn 1969

Produced by Bob Woolford

ラウンドハウス ( 場所不明 )にて行われたマルチメディア・ショー ( 日時不明 )の為に 録音された物。エンジニアのBob Woolfordの手により各パートを別々に録られ、それを当時のライヴの 音とミックスされ完成したと言われております。
なにしろマルチメディア・ショーの為のサウンドトラックの様な物である性質上、視覚的な効果の無い CDのみを鑑賞していても、なにやらとても退屈な作品と言えましょう。ただし資料的な価値は高いとは 思いますが...。



The Peel Sessions
Strange Fruit SFRLP 201 ( 1990 UK 2LP, Original )
Strange Fruit SFRCD 201 ( 1990 UK 2CD, Original )

The Peel Sessions
WMD 672009 ( 1991 UK 2CD, Reissue )

TRACKS
DISK 1
1.Moon In June, 2.Esther's Nose Job, 3.Mousetrap〜Noisette〜Backwards〜Mousetrap Reprise, 4.Slightly All The Time〜Out Bloody Rageous〜Eamonn Andrews
DISK 2
1.Facelift〜Mousetrap〜Backwards〜Mousetrap Reprise, 2.Virtually, 3.Neo Caliban Grides, 4.Drop, 5.As If, 6.Dedicated To You But You Weren't Listening

RECORDED AT
DISK1(1),DISK2(1)-Maida Vale, London,10th.Jun.1969,(BBC TopGear recording, Broadcast 21/6/1969)
DISK1(2),(3)-Maida Vale, London,10th.Nov.1969,(BBC TopGear recording, Broadcast 29/11/1969)
DISK1(4)-Maida Vale, London,4th.May1970,(BBC TopGear recording, Broadcast 16/5/1970)
DISK2(2)-Maida Vale, London,15th.Dec.1970,(BBC TopGear recording, Broadcast 2/1/1971)
DISK2(3),(6)-Maida Vale, London,1st.Jun.1971,(BBC TopGear recording, Broadcast 26/6/1971)
DISK2(4),(5)-Maida Vale, London,15th.Nov.1971,(BBC TopGear recording, Broadcast UNKNOWN)

Produced by SOFT MACHINE

計6回分のBBC出演の際の録音を2枚のCDにまとめた物がこの作品です。TRIPLE ECHO にて既に発表されたマテリアルが半分を占めるものの手軽にCDで聞く事の出来るのも 悪くないと思います。この頃のSOFT MACHINEのライヴは、はずれが無くて全て良い 演奏ばかりなので、安心して聞けると言う物です。この作品にて初出のDISK2に収められて いる5曲もいつもながら、素晴らしい出来と言えましょう。
何故かこのCD、同じ内容で、ほとんど同じ時期に2つの会社からリリースされております。画像は2種類共付けて おきました。間違って両方買っても中身は同じなので、お間違いのないように。



NOISETTE
CUNEIFORM RUNE130 ( 2000 USA CD, Original )

TRACKS
1.Eamonn Andrews, 2.Mousetrap, 3.Noisette, 4.Backwards, 5.Mousetrap Reprise, 6.Hibou, Anemone and Bear, 7.Moon In June, 8.12/8 Theme, 9.Esther's Nose Job, 10.We Did It Again

RECORDED AT
Fairfield Hall, Croydon, UK. 4th Jun.1970

Produced by SOFT MACHINE

  • Robert Wyatt - Drums, Vocals
  • Mike Ratledge - Organ, Electric Piano
  • Hugh Hopper - Bass Guitar
  • Elton Dean - Alto Sax, Saxello
  • Lyn Dobson - Soprano Sax, Flute, Vocals

69年の秋頃からバンドはホーン奏者を加えた形の楽曲を演奏し始めるようになります。 いよいよSOFT MACHINEがジャズ寄りの方向へ動き始めたと言う事であります。
始めのうちは、Hugh Hopperの兄のBrian HopperにSoprano Saxで手伝ってもらったり、 Hugh Hopper自らAlto Saxを吹いたり、更にはMike RatledgeのFluteなんていう非常に 珍しい演奏も”The Peel Sessions”には収められております。しかしバンドはもっと 本格的なホーンセクションを加える事を望み、Keith Tippett Groupのホーン奏者たち ( Nick Evans - Trombone,Mark Charig - Cornet,Elton Dean - Alt Sax, Saxello ) プラスLyn Dobson - Soprano Sax, Fluteの計4人をメンバーに迎えバンドは7人編成 の大所帯となります。しかし約2ヶ月の活動の後、その年の暮れには、Nick Evansと Mark Charigがグループを脱退し、年明けの1月4日のコンサートの時点での5人編成 の演奏がこのCDに収録された訳です。
内容ですが、Elton Deanにも増してLyn Dobsonの活躍の光る演奏となっています。 ちなみに、この日のコンサートから”Facelift”がアルバム”THIRD”に収められる ことになります。



次のページへ