MoonJune Records Discography






FINISTERRE / Storybook

RECORD NO.
MoonJune Record MJR002 ( CD/2001/USA )

TRACKS
1. In Limine
2. Oriazonte Degli Eventi
3. Hispanica
4. Altaloma
5. Macinaaqua, Macinaluna
6. Asia
7. Phaedra
8. Canto Antico

Fabio Zuffanti : Bass, Vocals
Stefano Marelli : Guitars, Vocals
Boris Valle : Keyboards
Sergio Grazia : Flute
Andrea Orlando : Drums


Produced by Peter Renfro




1997年のPROGDAYに彼等が出演した際のLive盤であります。このバンドは、一口で言えば70年代志向型シンフォニック・ロックバンド といえる物で、PFMのカバーを演ったりしている事から見てもお判りになると思いますが・・・。更にメンバー紹介の際に"クリムゾン・キングの宮殿"、"ファース・オブ・ フィフス"なんかも数フレーズ演奏したりしてLiveと言う事も手伝ってやり過ぎの感じも無きにしもあらず であります。ただそれだけであれば単なるコピーバンドで終わるところですが、彼等独自のオリジナリティーを感じさせる所もあります。 演奏技術がしっかりとしているのは、最低限の必須条件ですが、70年代のべっとり感のあるイタリアン・シンフォ・ロックを志向しつつも割りとモダンに聴かせる 術を知っているような気がします。このFINISTERREの志の高さは、80年代の後半から90年代の前半あたりに山程存在したイタリアのバンドのくせに何故か変なポンプ・ロックのようでインターナショナル を志向して自国のアイデンティティをことさら捨て去ったグループ達とは、雲泥の差であります。そんなバンドは、2万年掛かってもこのFINISTERREのレベルには 追いつけません。私は、常々良質のプログレッシヴ・ロックはそれを演奏するバンドの自国の最先端で高水準な民族音楽になりうると考えておりますが、 このバンド作品もそんな私の持論に合致しうる好サンプルと言えましょう。
最後に、一部でこのバンドは既に解散したとの情報が飛びましたが、リーダーのFabio Zuffantiの最新インタビューに依れば単に活動休止状態で、 来年には活動を再開するとの事です。





戻る

トップへ戻る