ハンス・メムリンク美術館
ベルギー七大秘宝
聖ウルスラの遺物箱

メムリンク美術館

ベルギー、ブリュージュ、メムリンク美術館(元サン・ジョン病院) 小冊子より和訳要約

Hans Memling 1435-1494
家系がMömlingenに発生しているので、この地名にちなみMemlingが代々の家名。15世紀ブリュージュは、ブルゴーニュ候の統治下にあり繁栄の絶頂期だった。豊かなパトロン層を持つ事から、北欧やアルプスから多数の画家が栄達を求めて訪れて来た。フレミッシュの画家達は「パネル」に絵を書き出した最初の画家だった。メムリンクはブリュージュに居住する前に、ケルン、ブリュッセルに住んでいる。1465年ブリュージュ市民権を得て15年後には最も裕福な市民となり、30年間活躍の場とした。1480年の金融業者組合にも名前が挙がっている。女性的な画風は比類なレアリズムを誇るヤン・ファン・アイクと好対照である。メムリンクは先人のフレミッシュ画家達から多くのアイディアを得た。15世紀末まで保持されていた英雄的道徳概念を完璧な浄化の内に描いた画家であり、この意味では邪悪な妄想を描いたボッシュとの極地にいる。彼は寄進者の望む通りに、美と調和を画像に著した。彼の絵画世界にはもがき苦しむ姿は決して無く、苦悩でさえ浄化されている。敬虔な信心深さが、幸福な天国への憧れと洗練された審美眼で表わされている。彼は詩作と自然を結合させた北方の「フラ・アンジェリコ」とも言える。

■15世紀フランドル絵画の技法と材料模写作品:ヤン・ファン・アイク と模写作品:ハンス・メムリンク
15世紀フランドル絵画の支持体は額縁と一体で作られ、そのすべてがオーク材である。プレパレーションとして白亜地が施され、アンダードローイングは、インク、ビスタ、ブラック・チョーク、木炭などで行われた。そして、この上から絶縁層として乾性油が塗布された。
色材は、ラピスラズリ、アズライト、ブルー・ヴェルディター、スマルト、ラピスラズリ灰、インジゴ、ラックムス、マダー・レーキ、ケルメス、ヴァーミリオン、ミニウム、レッド・オーカー、マラカイト、ヴェルディグリ、樹脂酸銅、緑土、鉛白、シェル・ホワイト、アンバー、ボーン(チャコール、ランプ)・ブラック、マシコット、鉛錫黄である。この絵具層は、乾性油と未確認の物質で構成されているが、アイクの絵具層からは動物性蛋白質が検出されている。この事から、展色材は、膠と乾性油のエマルジョンと推察される。しかし、15世紀の後期では、現在のメディウムとそれほど差異のないものになっていたと思われる。この確認のため、エマルジョンと展色材を作る試験を行った。その結果、アイクの展色材は次のような成分が最も合致した。スタンド・リンシード・オイルと膠のエマルジョン、リンシード・オイル、ヴェネチア・テレピン・バルサム、コーパル・ワニス、そして希釈材としてテレピンである。しかし、メムリンクの場合は、乾性油単独、もしくは樹脂成分を含むものである。これらは、ヤン・ファン・アイクとハンス・メムリンクの模写を行うことにより、検証された。(女子美術大学紀要第29号 1999年)

■メムリンク作品
「三連祭壇画、聖カトリーヌの結婚秘儀」
この三連祭壇画は聖ジョン病院礼拝堂の為に書かれ、日付・署名は中央パネル額縁下にある。中央パネルは聖母子、建物や人物配置は厳密なシンメトリー、平行四辺形を形成する両角に瞑想的聖人が屹立し、画面対角線交点にマリアが座っている。聖カトリーヌの肖像は、マリー・ブルゴーニュ(ブルゴーニュ家からハプスブルグ家へ嫁ぎ、ブリュゴーニュ家は吸収された)の肖像画と殆ど同時期に描かれ、酷似している。絵画と彫刻との近似は絵画同士よりは減少するが、ブルージュ・ノートルダム教会に安置してあるマリー・ブルゴーニュ頭部デス・マスクのコピーである。絹と金襴の錦織をまとった聖カトリーヌと奏楽天使はマリアの玉座に敷かれている絨毯の上に座っており、絵の宗教的主題を表している。後景左にはキリストを表す羊を伴ったサン・ジョンが立ち、背後に貧しい彼の修行者達が書かれている。後景右には、福音者としてのサン・ジョンが聖杯を持って立っている。
この2人は病院の守護聖人だが、各衣服の貧富差が際立ち、神の選択があらゆる階層から行われた事を表している。シンメトリーの円柱の間に彼等の居住場所であるべき平和な風景が描かれ、メムリンク自身のイマジネーションによる。左サン・ジョンの背後には病院の修道士又はワイン・コントローラ等が、現存しないブリュージュのサン・ジョン教会前に位置している。中央に敷かれている絨毯は典型的に豪奢なコーカサス風で、15世紀ブリュージュ貴族の邸宅には必ずあった当世流行だという事が明白である。絨毯の模様は四角部分に分かれて、各中心に星型のデザインが施され縁に飾りが付いている。四角模様の境にはS字型のドラゴンがパターン化して飾りを添えている。この絵は修復されたが、メムリンクが最も色彩に苦慮したのはこの絨毯だったといういう印象が強い。中央画の魅力が全体を圧する。
左翼は洗礼者サン・ジョンが首を切り落とされ、操り人形のように描かれた死刑執行人から無表情にサロメが生首を受け取っている。後景左上にはサン・ジョン存命時、ヘロディアスの娘サロメがトランペットとフルートの音に合わせて踊っている様が見られる。サロメの姦計に嵌って絶命したサン・ジョンを、後景中央の神の国が迎えている。このシーンは明らかに、ベルリンStaatliche美術館蔵ロジェ・ファン・デル・ウェイデンの「洗礼者サン・ジョン祭壇画」から着想されている。
右翼は福音者サン・ジョンがロッキー・アイルランド、パトモスに座り、予言した最後の審判の光景が円環内に現われている。彼の膝には、開かれた本、ペンナイフ、インク壷、羽根ペンが置かれている。彼の頭は心持天上へ向かい、凝視した後景をまさに書き止めようと待ち構えている。瞑想しているサン・ジョンは長い髪の巻き毛、清潔にかられた髭と落ち着いた印象を与え、最後の審判で言い渡される恐ろしい天啓に聞き入っている。上部半分はサン・ジョンの天啓とヨハネ黙示録、円環内には王位につく伝統的キリスト像、彼の膝元に疾病の本が7つの紋章で描かれている。
左側から小羊が第一紋章を壊し、人類が大洪水から逃れた事を表している。外部円環内には長老達がスツールに腰掛け、プサリテリウム、ハーディガーディ、リュート、ポズィティブ・オルガン、フルート、ハープ等典型的15世紀楽器を演奏している。これら音楽シーンは中世黙示録に記され、ブリュージュが古楽器製作中心地だった事も語っている。彼等の足元に立っている天使は人類と神の和解を象徴し、脇の裂けた緑色の貫衣に斜めのストールをかけ、右手は神、左手はサン・ジョンを指し示している。
円環の虹は、慈悲の救済と生きる者全てへの永遠の救いを誓う事、虹色は神の光彩を表す。青色は天国のキリスト、赤色はヨハネ黙示録、緑色は新生の到来を象徴している。天使は岩の上に香炉を立ててその前に膝まづいている。 この天使の裾元を走って行く4頭の馬と騎手はパルテノン神殿の伝令騎手達で、一人目は白い馬に乗り矢をつがえ、最後の審判を下すメシア到来を告げている。ニ人目は栗毛色の馬に乗り黒い甲冑に身を固め戦いを告げ、三人目は黒い馬、金貸しが持つ偽の秤を握り飢餓が訪れる事を布告、四人目は死者の頭を覆うペスト死を告げる地獄のヘデス王の教帷子を広げている。光と影の見事な相関関係がシューレアリストの筆致を思わせ、超自然的な宇宙観を体現している。
外翼には寄進者達が跪き、アリスム描写とグリサイユ画法が見られる。男性の方には聖ヤン病院に勤めていた二人の修道士、医学の守護聖人である聖アントワンヌがリアルに描かれている。
異なる場面が同画面に混在しているのは、中世史劇が流行していたブリュージュの特徴である。メムリンクは聖史劇や中世宗教劇から多大の影響を受けており、政治的に公国皇女を迎えたブリュージュ市の歓迎の意も表している。この時期楽器の製作や音楽文化が盛んだった事も反映して、メムリンク絵画には奏楽場面が多く見られる。ブルゴーニュ公国の統治下に入ったブリュージュ市は、メムリンクにより、ブルゴーニュ文化の特徴だった想像力に訴える劇的表現を継承した。

「フロレインの三連画、1479年、マギの崇拝」
聖ヤン病院の為に書かれた三連画の下方に日付と署名が見られ、キリスト降誕の三場面が描かれている。メムリンクの同題材による絵画はマドリッド・プラド美術館に所蔵されている。
中央パネルは背景に遺跡が描かれ、同時代画家Rogier van der Weyden「聖霊の鳩」を想起させる。左に斜軸に身を屈めているBabe王、右に依頼者であるJan Floreins王が跪いている。この王の背後にいる若い男はJan Floreins王の弟とみなされて来たが、実際に描かれているのはメムリンクの息子ヤンである事が17世紀聖ヤン病院の修道女により確認されている。
Babe王の後ろが聖ヨゼフ、隣に馬丁がBabe王の貢物を持って立っている。
中央の聖母子は完全な三角形構図内に収まっていて、聖母は寄進者から視線をそらすように目を伏せ、Babe王は聖母の膝に取りすがり憩いを得ているように見える。ムーア人のBabe王がおどおどした様子を呈しているのに反し、背後の聖ヨゼフは平然と窓から外を眺めている。
「マギの崇拝」は中世象徴図像学の典型で、登場人物達はキリスト教が普及したスペイン、アラビア、エチオピア等の王の肖像画が描かれている。
人物と物の配置に直線と対角線が巧妙に取り入れられ、場面の緊張感を保持している。遠近法で背景の描かれた窓から陽射しが差し込み、中心に影が出来ている。窓のすぐ後ろが暗いことから風景の遠近法が活き、霊的交換が親しみのあるものに表現され小宇宙を形成している。側面からの採光も人物配列を緊密にする事に役立ち、左側の黒い衣装をまとった男性、右側の柱の陰の男達は、いずれも色彩が重なりあって共有面を構成している。
左翼は「キリスト誕生1487年」、馬小屋でキリストが誕生した瞬間の場面。動的な驚愕の表情が描かれ、象徴的な柱の形からダビデの家とみなされる馬小屋の描写は当時一般的な図像構成だった。中央の聖母は跪き、誠実で純粋な性格を表象している。幼子は聖母がまとっているマントの優美な襞に囲まれ、降誕を歓迎する天使が頭上を守っている。右角に降誕に立会う聖ヨゼフが「真の光」を灯した蝋燭を携え人類救済を予言して立ち、マリア伝説が最重要視された中世霊的表現の典型的聖史劇から借用された位置関係となっている。

左下にある数個の岩は、ベツレヘムでキリストが生誕した洞窟を象徴している。イザヤ予言「牛は飼い主、ロバはまぐさおけの象徴」という言葉から、後景の牛とロバは楕円型に構成されている。当時のクリスマス・キャロルの歌詞には「牛とロバは幼子のおしっこを賛美した」とある。街並が3連画全幅に渡り描かれている。
右翼はキリストの洗礼。恐らくブリュージュ・聖ドナティアン教会、ロマネスク様式の寺院を現し、手前にオルガン・ロフトが描かれている。中央に聖母がシメオンに幼子を見せ、後ろにキリスト誕生を予言した女性アンナが立っている。左翼の聖ヨゼフと鏡状にも見られる姿が後方にあり、野外労働の作業服、泥道用の気靴、空のバスケットを持ち、貧しさの象徴として描かれている。この設定は同時代他画家のキリスト降誕画にも描かれ、常に視線を落としうなだれている。
燭台には図像学の習慣からリネンの白布がかかっている。右翼の構図は15世紀典型的な人物配置と空間を狭めた構図により、人物達の集中した近接性を表現している。開いた扉から街のマーケットが見える。
横面の二翼は、キリスト降誕を予言した聖ジョンが生贄の象徴である羊をともなって洞窟に現れた場面が左翼。後景に救世主が現れる前の混乱が描かれている。キリストの洗礼場面よりゆったりした幅のエメラルド色の地面が描かれている。右翼は聖ヴェロニカがキリストの経帷子を捧げ、恥辱の深さを表現している。
この絵の外枠には禁断の実を食べ天国を追放されたアダムとイヴが彫り込まれ、 エメラルド色の庭が永遠の天国を象徴している。両画は左翼が復活祭、右翼が受難節の季節感を表現しており、外枠が原罪を犯す前の人類の信仰と平和を表している。

「ウルスラの箱」1489年以前
この聖遺物箱は、聖ヤン病院の看護婦であった修道女Josine van Dudzele、Anna van den Moortele に委託された可能性が高い。1489年に古い礼拝堂から現在の聖ヤン病院礼拝堂に移された。箱自体がゴシック式礼拝堂の形に造られたオーク材金メッキで、破風屋根とゴシック式窓を体現している。装飾は透かし彫りの尖塔頂点、分岐状飾り、木槌の形に彫り込まれている。屋根の彫刻は聖ヤン病院の守護聖人たちで、聖アンヌ、聖Josse,聖ヤン、聖Agnes,黙示録に登場する羊等である。
箱の側面はアーケードに別れ、黄金伝説にある敬虔なウルスラ皇女の処女伝説を表出している。異教徒の英国王子エテリウスが、ウルスラ皇女の手に接吻して結婚を申し込む。結婚の条件に、ウルスラ皇女は3年間のローマ巡礼を18000人の処女と行う事、キリスト教に改宗する事を提案する。結果として18人の貴族の娘達が参加する事となったが、貴族の娘達一人当たりにつき1000人の処女の価値があった。
ウルスラ伝説を題材にとる事は中世時代特に伝播し、メムリンクも他画家から影響されている。
右面第一画面、背景はケルン、15世紀ウルスラはケルンの守護神だった。船員達が錨を下ろし乗客を降ろしているが、港はブリュージュ近くのダム。波止場に降り立つウルスラを迎えるのはSigillinde女王。若い処女たちは嬉々として町へ向かう。内陣が完成したばかりのケルン大聖堂が遠近法で描かれている。 第二画面はBasleに着いた一行を迎える女性たち。船を降りてから陸路でアルプスを越え、ローマへ向かう。背景真中にはブリュッセル市市庁舎に酷似する塔が立ち、右隣の背景と繋がっている。
第三画面は巡礼者一行がローマへ着き、法皇から祝福を受けている。夢のお告げでウルスラの到着を知った英国王子エテリウスが駆けつけ、法皇の友人である皇女の後ろで跪いている。右端で約束どおり英国王子エテリウスが改宗し、洗礼を受けている。赤外線照射で、建物の描写に細部が精密に書き込まれている事が立証されている。
左面はローマからの帰路、虐殺された一行を描いている。
第一画面で法皇は随行員と船に乗り、巡礼処女達の帰路に加護を祈っている。この港はBasle、宣教師として布教活動に残る処女たちと別れを告げるウルスラ、彼等も又殉教者となった。
第二-三画面は再びケルンが背景に描かれている。錨を降ろした途端に一行は弓矢で武装した軍隊に取り巻かれ、英国王子エテリウスは致命傷を負うがウルスラは毅然としている。
第三画面はケルンの統治者ハンスがウルスラに求愛するが、退けている場面。甲冑に身を固めあごひげを蓄え名誉のサーベルを挿した射手が、ウルスラに矢をつがえている。ヴァン・アイクのように甲冑には回りの風景が映っている。ウルスラはこの悲劇的裏切りによる苦境に無関心で、永遠の栄光を得た事をスリムな体型で表している。深い青空が天国を表し、ウルスラ伝説が中世吟遊詩人にもJ.S.バッハ「カンタータ」にも歌われた素朴な親近感を与えた事がよく分かる。当時典型的な軍隊テントの三角形が、この場面の緊張度を増している鋭角的構図に良く反映している。前景の犬は、メムリンクが動物を描いて秀逸な画家だった事を例証している。ここには僅かながら遠近法が取り入れられている。
左面上左の天使はリュート、右はポジティブ・オルガンを奏し、いずれも行進に必要とされる楽器。これらは恐らく、近代になって行われた修復の際に書き加えられたものとも思われる。