Soprano Ari Morishita
Profile  プロフィール

 高知市出身。作陽音楽大学音楽専攻終了。
 渡伊後『マンザート学院』にてシルヴァ・ステッラ、エンツァ・フェラーリ、アンナ・コロンナ・ロマーノにオペラ、室内音楽を学び、在学中には優秀学生賞を授与される。その後オーディションに合格し、『インターナショナル・オペラ・アカデミア学院』にてオペラをカティア・リチャレッリ、パオロ・ワシントンに、演技を演出家アルベルト・テラーニに学ぶ。オーディションに合格後クリスタ・ルードビッヒに師事、またエリオ・バッターリアに、オペラ、ドイツリートを学ぶ。オーディション1位合格後、ディートリッヒ・フィッシャー・ディスカウにドイツリートを、ミレッラ・フレーニ、セルジョ・ベルトッキにオペラを学ぶ。

 コンクールの受賞は数多く、「国際デュオコンクール」「セギッツィ国際室内音楽声楽コンクール」「国際オペラコンクール」「ミューズアカデミア国際音楽コンクール・ジャコモ・プッチーニ 」「リヴィエラ・エトゥルスカ音楽コンクール」「ヴィリアーノ・ヴィーヴァ国際音楽コンクール」「第四回ジュリオ・ヴィオッツィ国際音楽コンクール」「国際オペラコンクール・音楽の都パレルモ」「ヴィリアーノ・ヴィーヴァ国際音楽コンクール」などの受賞歴を持つ。

 その主な活動は、ヴィヴァルディの「ユディータの勝利」のアーブラ役 、バッハの「グローリア」のソプラノソロ、バッハの「目覚めよ、祈れ、祈れ、目覚めよ」のソプラノソロ他、マッフィオーリ劇場ジョルジョ・チーニ財団宮、レッジョ劇場、、ドゥーゼ劇場、スカルラッティホール、ベッリーニ劇場、フライナルホール、マッシモ劇場などでのコンサートなど含め、多くの教会でもコンサートを行う。またイタリアのみでなく、フランス、オーストリア、日本でも活動中である。

 マリア・カラスを見い出した故フランチェスコ・シチリアーニにその声の美しさを、またディートリッヒ・フィッシャー・ディスカウに音楽性とテクニックを絶賛される。

1998年より「音楽&バレエアカデミア学院」声楽講師。
2004年 シングルCD【La Musica (音楽)】を発売。