白柳淳 演奏活動追跡レポ〜ト

〜2002年6月8日 ホールこだまにて〜

去年の秋、たった一人で演奏活動を始め、多くの人に出会い、一歩一歩前進してきた白柳殿。 特に昨年末にCDができあがってからの活動は、すさまじいものがありました。 そして、彼の音楽を、彼自身を好きになってくれた多くの人が、裏から表から、彼を 支えてくれました。その結晶が6月8日のコンサート。この日、今まで単独で白柳殿と つながっていた人達や、このホームページ上でつながっていた人達が、実際に会って、 多くの人の輪が広がったように思います。 何よりすごかったのは、実は、裏方がいなかったことでしょうか?なんとなく集まった 人達が自然に手伝ってくれて、なんとなくまとまってしまったのは、なんとも不思議な ことかもしれません・・・。
さて今回、コンサートのレポートは書きません。来てくださった一人一人が、何かひとつでも 感じとっていただけたなら幸いです。

(上)信毎にも掲載された、本橋成一監督公開記者会見の様子です。この会見のあと、 なんと監督は白柳殿のコンサートを見に来てくださったのでした!! 本橋さん、ありがとうございました。

3時からは公開リハーサル。弦楽四重奏のみなさん、素敵な演奏をありがとうございました。

ミニチュアを提供してくださった羽場さん、ありがとうございました。 欲しい方は販売しているそうなので、どうぞ。

CDも残りわずかです。買ってくださったみなさん、 ありがとうございました。2枚目はピアノ曲か?乞うご期待!

コンサートプログラム

第2部
●弦楽四重奏(松本交響楽団の皆さん)
 朝陽のように(白柳淳作・編曲)
 エル・チョクロ
 ジェラシー
●ギター(オリジナル曲)
 朝陽のように
 追想
 木もれ陽
 残り灯
 蛍(CD未収録曲)
 鏡池(CD未収録曲)
 地球(ふるさと)への祈り
アンコール
 ガラスの向こう側(オリジナル曲・ピアノ)
 夜の港で(オリジナル曲・ピアノ)
 雅歌(CD未収録曲)
 ノクターン(ショパン)

さて、一大イベントが終了し、またいつもの静けさがやってきた上田。各支部長は任務(何の?) を終え、帰っていきました。そして白柳殿は、いつものようにギターの練習・・・。 きっと、来年も皆さんの前で演奏できることでしょう。

レポート ファン2号

Copyright (C) 白柳ファン

最新レポート79

レポート71〜78

レポート1〜10

レポート11〜20

レポート21〜30

レポート31〜40

レポート41〜50

レポート51〜60

レポート61〜70