白柳淳 演奏活動追跡レポ〜ト

〜2002年8月17日、サンピア浜松コンサート〜

本来ならば、今回の浜松レポートは、浜松支部長にお願いしたいところなのですが、 仕事で不在だったため、ファン2号、単身浜松へ乗り込み、 静岡初進出の瞬間を見てまいりました。
浜松は、音楽の街と言われています。 その浜松に、自作のクラシックギターを持ってやってきた白柳殿。 開演間際にようやく会場に到着し、マイクのテストなどをします。 お客様が入りはじめても、「主よ人の望みの喜びよ」など弾いたり、練習をする白柳殿。 マイクの位置を変えて響きがよくなると、「ええやんけ!」と大喜び。 そんなほのぼのムードの白柳殿を見て、お客様も和んだ様子です。

第1部は、クラシック音楽を。間にボサノバやタンゴを入れると、予想外の選曲にお客様はびっくり、 「こんなのもクラシックギターでできるんだ」といわんばかりです。曲は今までで最多の11曲を 演奏してくれました!もう、大満足。

トークを交えながら、第2部は、オリジナル曲を。静岡初進出をふまえて、CD収録曲を10曲演奏 しました。そのほかに、未収録の「岩壁の風」「蛍の星空」、そしてできたてホヤホヤの沖縄ふうの 曲と、盛りだくさんです。

ふと気がつくと、けっこう何曲もやっている!この会場は何時までなのか!?と、 不安になったかどうかはわかりませんが、突然白柳殿は、主催の方に 「ここは、何時までですか」。
すると、主催してくださった陶芸の先生が、「実は、9時までしかとってなくて、 それ以降は追加料金がとられるんです。(会場に向かって)彼は、弾いてろと言ったら 朝まで弾いてますからね〜」。
確かに、そうだろうなと、ファン2号も納得。 その後2曲ほどきいて、今回のコンサートは終わりを迎えました。

長野に住んでいる大阪人で、わけのわからん(?)ギタリストである白柳殿と、白柳殿の 音楽を暖かく迎え入れてくれた浜松のみなさん。 オリジナル曲を聞いてCDを買ってくれたみなさん。ほんとうにありがとうございました。 ファン2号は、浜松進出の第一歩に手応えを感じつつ、浜松を後にしたのでした。

さて、このコンサートが終わった翌日、白柳殿は朝から車を飛ばし、一路栃木へ。お盆の最終日と あって、東京まわりの道は混雑が予想されました。 一日を移動日にして、なんとその翌日は、栃木でのコンサートだったのです!
迷子の常習者である白柳殿は、果たして時間内に栃木に着いたのか!? 栃木でのコンサートはどうだったのか!?栃木レポートは、栃木のみなさんに託したいと思います。 乞うご期待!!

レポート ファン2号

Copyright (C) 白柳ファン

最新レポート79

レポート71〜78

レポート1〜10

レポート11〜20

レポート21〜30

レポート31〜40

レポート41〜50

レポート51〜60

レポート61〜70