白柳淳 演奏活動追跡レポ〜ト

〜リバーサイド写真展・神奈川支部長編〜

「白柳プロジェクト」。 これが発足したのはいつか、というと、おそらく2001年9月、 神奈川支部長が白柳殿のもとを訪れた際におこなわれた会合(?)なのでしょう。 プロジェクトとは言っても、実際に活動しているのは白柳殿であり、 その周りに色々な人達がいて、そういう人たちを巻き込むと 勝手に「白柳プロジェクト」と名前がつくわけであります。
さて、現神奈川支部長が白柳殿と出会ったのは、2001年夏、スペイン旅行中でした。 たまたまあるレストランで向かいの席になり、声をかけたのがきっかけだったそうです。
お互い帰国し、白柳殿は神奈川支部長から送られてきたスペインの写真をみて驚きました。 「ええやんけ!」
白柳殿は、神奈川支部長がフィルムにおさめた写真を全て買い取り、 ことあるごとに、彼の撮った写真をたくさんの人に見せたり、セットで売ったりしていました。
彼の撮る写真は、透明で、すっきりした風景写真。 ついに、その写真たちが、写真展で陽の目をみることになりました!

丸子町にある、喫茶リバーサイド。ここでは、今まで多くの展示会を開いてきました。今回は、 わがプロジェクト において神奈川での白柳殿の活動をバックアップしている神奈川支部長が、写真展を開催。 はるばる神奈川から出向いて、写真展を見守ります。信毎をはじめとして、いくつかの新聞にも 掲載されました。

スペインで撮った風景の写真、カラー、モノクロ、スペインでの白柳殿を撮った写真、 廃校になった小学校の写真。リバーサイドの素敵な白壁に、写真たちが美しく映えます。
世の中の写真人口は多く、今やデジカメが台頭しつつある中、一眼レフ人口も増えていると 聞いています。写真は、見た景色をそのまま機械的に写し出すもの・・・でも、それだけで はないのだと実感します。
撮る側の心や、思い、「どう撮りたいのか」「何を伝えたいのか」そんなことも、写真は写し 出してくれます。 写真で見るとおり、神奈川支部長はとても素直で、まっすぐで、透明な心の持ち主なのです。

写真展を訪れた白柳殿。セッティングにも一役かっています。

神奈川支部長の背中!残念ながら、顔写真を撮影することはできませんでした。次回に期待、ですね。

喫茶リバーサイドは、白柳殿がよく訪れるお店のひとつ。自称「白柳淳の長野の母」、 リバーサイドのお母さんは、すでに「神奈川支部長の長野の母」にもなりつつありそうです。 そんな素敵なお母さんに会いたい人は、ぜひリバーサイドへどうぞ!運がよければ女優の お姉ちゃんにも会えるかも!?

写真展開催期間中、白柳殿をはじめとして、多くの人がリバーサイドを訪れました。 そんな人達に感謝しつつ、次回レポートは再び白柳殿のコンサート・すみれ屋編をレポート!! なんと、ひさびさにキララさんの単独レポートです。お楽しみに〜!

レポート ファン2号

Copyright (C) 白柳ファン

最新レポート79

レポート71〜78

レポート1〜10

レポート11〜20

レポート21〜30

レポート31〜40

レポート41〜50

レポート51〜60

レポート61〜70