白柳淳 演奏活動追跡レポ〜ト

〜2003年2月1日(土) ライブハウスロフトにて〜

もう卒業シーズンですが、2月をふりかえりつつレポートです。 2月といえば、(菓子メーカーにダマされているようですが) バレンタインデー。ホントか嘘か神の愛を語り続けたバレンタイン司祭に ちなんでつけられた名前とか、、。 今では、恋人家族職場まで、女の子は気を使う行事です、、。
しかし、店頭でチョコを見た白柳殿は、「美味しそうなチョコやね、 これ××さんに買ってったら喜ぶかな?バレンタインデーは男の人が チョコあげるんやね?女の人があげるんやったかなぁ、、?」 って、大丈夫か?!白柳殿!それとも、これは大阪人のボケなのか? つっこむところなのか?それとも、それとも、、、、(哀)。
そんな、白柳殿ですが更にパワーアップしてライブに登場です! (ロフトライブレポート前半はファン2号にタッチ。)

と、いうわけでファン2号、白柳殿との秘策を抱えてロフトに参上!すると、ちょうど 白柳殿がリハーサルをおこなっています。今回のライブ出演者は、白柳殿のほかに3人。 そして全員白柳殿の知り合いだったのです! 今回のライブをプロデュースしたのが、赤猫トムさん。彼は一年半ほど前に白柳殿と 別のライブ会場で知り合い、それ以降、白柳殿をいろんなところに紹介してくれたり、 応援してくれています。ギターテクニックでは、白柳殿より上でしょう。フォークギター でソーラン節は、みものです。

次に登場したのが、長野から参加のうみんちゃん。彼女もまた一年ほど前に白柳殿と ライブで出会った癒し系シンガー。 今回は、出演者の仲を取り持つべく、白柳殿が入れ替えの合間にトークをします。 彼らを紹介したり、出会いのエピソードを語ったり。通常、このような対バン形式の ライブだと、出演者それぞれを応援する人達が見に来るのですが、観客同士の交流は ほとんどありません。が、今回は、出演者同士はもちろん、観客同士、横のつながりが でき、会場全体が一つの舞台として一体感が出るようにと、白柳殿がそのまとめ役を かって出たのでした。

その効果があってか、時間が進むにつれ、みなステージに集中していきます。 ・・・と、会場の隅で基礎練を始める白柳殿。3番目に登場の深井くんの演奏もそこそこに、 自ら集中をしていくようです。ちなみに、この深井くんも一年とちょっと前、 白柳殿が音楽活動を始めてすぐの頃に、また別のライブで知り合っています。 まるで、この日は、白柳殿の歩んできた歴史を紐解いていくよう・・・。

演奏は、30分程度のため、定番の「地球(ふるさと)への祈り」 「アルハンブラの思い出」のほかに、プロジェクトとして動き出した 「木もれ陽」コーラスを意識したのか、「木もれ陽」を演奏しました。 そしてまたもや、2枚目CD収録予定曲を全くやらずに、3枚目CD収録予定曲を 3曲演奏。そして・・・。(あとはニーナにバトンタッチ!)

*** 今回のピックアップ ***

大阪での練習の成果か、かなりパワーアップした白柳殿の演奏に指使いに、感動でした。 「上手になってる!」と。日々成長し続ける白柳殿です。演奏後、いつものように アンコールの声が。
ここで、なんと!演劇経験者のファン2号による蛍の詩の朗読と、白柳殿の伴奏 (曲はホタル)という2度と見ることが出来るかわからない素敵なステージが! 薄暗いライブハウスの空間。ミラーボールが(?)キラキラと蛍のように光り、 静かに曲が流れ出し、お腹からずっしりと響く低音で、誰かへ投げかけるように 訴えるようにそれでいて言葉が自分に戻るような、静かな中に生命の力強さを感じる朗読でした。 そして、白柳殿の伴奏がそのイメージに溶け込むような不思議な空気をつくり出していました。

やろうと思えば誰にでも出来るかもしれません。でも、中身(心)が何もなければ 感動はしないでしょう。演奏者演技者自身の心がどれだけ入りこめるか心が揺れるかが大事で、 それが私たちに何かを伝えるのだと思います。見られなかった方は残念。 ゲリラ的ステージだったのでまだまだチャンスはあるかも。

今後の活動に期待大の白柳殿です!それにしても、何かをやるのも、 見るだけもパワーがいりますね。舞台の上の人は客席からパワーをもらい 客は逆に元気をもらう。もちつもたれつ、、。皆様、白柳殿のコンサートに 行ったならば客席から白柳殿へパワーを送ってみて下さい。もしかしたらすごい パワーがかえってくるかもしれません!
でも、おかしなポーズとかしないでね、、、、。

レポート ニーナ&ファン2号

Copyright (C) 白柳ファン

最新レポート79

レポート71〜78

レポート1〜10

レポート11〜20

レポート21〜30

レポート31〜40

レポート41〜50

レポート51〜60

レポート61〜70