白柳淳 演奏活動追跡レポ〜ト

〜2003年3月15日(土)  「ひとときの会」にて〜

今日は、待ちに待った『ひととき会』の演奏の日。 開演は10時。リハーサルをしている白柳殿の様子をひと目見ようと、 私は、少々、早い目に会場に到着。 ホールの前で『ひととき会』と書いた紙を持って立たっていたご婦人に 『白柳さんに9時からリハやってるって聞いてきたんですけど』と まるで業界人のような口を利き、 『関係者の方でしたらどうぞ』と開場前に会場へ入ることに成功! ビデオ撮影ができる一番前の席を陣取り、本番の演奏を待ちわびておりました。

〜新進ギタリスト、白柳淳さんの弾き語り〜 という案内が流れていたひととき会の演奏会。 『僕、ギターを弾くだけなんで、歌を聴きに来られた方すみません』というところからスタートしました。 この日は、指がよく動くと絶好調の白柳殿。 パンフレットで曲目が紹介されていましたが、 開場の空気を感じ取りながら、少し変更をされていました。

会場に入られて、主催者の方にご挨拶をされている白柳殿のお母さま。

前半の演奏が終了し、開場を見渡してみると、雨にも関わらず、多くの方が来て下さってました。

*** MOTCHの心に響いた一曲 ***

〜地球への祈り〜
何度か聴かせて頂いていますが、この日の演奏は、何か一味違っていました。 白柳殿は、何を想いながら弾いておられたのでしょうか・・・

ホール入口で、和やかにお話をされている白柳殿。 実は、この紳士は、じろちょうさんの恩師の先生であられました。 とても熱心に聴いておられたそうです。先生は『天の贈りもの』がよかったと微笑みながら、 おっしゃっていました。

レポート MOTCH

Copyright (C) 白柳ファン

最新レポート79

レポート71〜78

レポート1〜10

レポート11〜20

レポート21〜30

レポート31〜40

レポート41〜50

レポート51〜60

レポート61〜70