白柳淳 演奏活動追跡レポ〜ト

〜2003年7月5日(土) 赤坂・BOB’S LOUNGE〜

きらきらと星の代わりにネオンが輝く夜景、四角い空、高いビル 今回の会場はそんな 都会の中にあって、とってもアットホームな感じのお店です。 ここで月に一度行われているabe gakk杯という名のマンスリーライブに 出演することになった白柳殿。

白柳殿の演奏は3番目。マイクで音合わせなどをして、「さて」 と思ったら、 トイレに行ってしまいました。相変わらずマイペース(笑)
自己紹介などをして、1曲1曲丁寧に説明をしていきます。「アルハンブラの思い出」 「アストゥリアス」今までザワザワしていた店内が静まり、みんなが曲にひきこまれていく。
そして、「朝陽のように」「追想」「天からの贈り物」「地球への祈り」。 30分はあっという間で、気づいたら残り3分! 最後は「雅歌」。 お客さんにギターケースを持ってもらい、みんなでそこに白柳殿が模写したモローの絵を見る。 「OH〜!!」と歓声が上がります。
不思議と白柳殿の演奏が始まると、煙草やお酒を口にする人がいなくなり、もくもくしていた 店内に、さわやかな風が流れていました。おそるべし天然空気清浄器!?
演奏が終わると、あたたかい声をお客さんがかけてくれて、丁寧に答える白柳殿。 「演奏活動を始めた頃を思い出した。」と感慨深げかと思いきや、「うまなったやろ〜」と 無邪気に笑い、「終電、終電。」といそいそと神奈川支部長の家に帰る白柳殿でした。 
どんな場でも、目の前にいる人に、懸命に何かを伝える姿勢は変わらない。きっとまた 次へつながっていくのですね。次回も楽しみにしています!

********************************************

さて、今回のレポートは、たまたまこのライブを見に来てくださった方に、 ご好意でレポートを寄せてもらいました。なんといっても今回は、ざわざわしていた会場も、 白柳殿の演奏が始まった途端、シ〜ン・・・となったというほどの、名演だったということがわかります。
しかし、主催の方が掲載してくださった白柳殿の写真を見ると、ずいぶんとラフな格好 だったことが、「白柳殿らしいな〜」と思わずにはいられませんでした。 プロジェクトメンバーには常に、「演奏前に、髪を切るように」とか 「シャツのシワをどうにかしなさい」「スボンの裾は、両方下げる様に」などと言われ続ける 白柳殿。でも、演奏は服装では決まらない、大切なのは、その音に向かう気持ちなのだ、 と体験できるライブとなったようです。

最後に、レポートをくださったつかまきさん、ご協力ありがとうございました。 次回は、掲示板をにぎわせた、「静岡乗り込みイベント」の様子をお届けします。お楽しみに〜。

レポート つかまき
コメント ファン2号

Copyright (C) 白柳ファン

最新レポート79

レポート71〜78

レポート1〜10

レポート11〜20

レポート21〜30

レポート31〜40

レポート41〜50

レポート51〜60

レポート61〜70