白柳淳 演奏活動追跡レポ〜ト

〜2003年10月5日山梨県高根町「森ぴか」にて〜

それは、月1回演奏に出かける神奈川県からの帰り道、 1軒のギャラリーに立ち寄ったのがはじまりでした。

白柳殿の目に止まったのは、そこに置かれていた一枚の案内状の「ホタル」の文字。 ふと目にしたその紙が今回の「森ぴか」での演奏につながりました。 それは、「ホタルと過ごす夕べ」と題した講演会のチラシでした。

自ら「蛍の星空」という曲をつくり、蛍が死なない石けんの開発者とも交流を持つ白柳殿。 この講演会に出かけたところ、主催の「八ヶ岳暮らしを見つめる小さな学校」の皆様と息投合し、 課外授業として演奏することになったのです。

コンサートはまず、演奏に入る前に「蛍の星空」を作るに至ったエピソードや蛍をめぐって できるところから活動している人たちのことを紹介し、そして「蛍の星空」を演奏しました。 すると、たちまち空気が変わり白柳淳の世界ができあがりました。

中休憩を入れて約2時間ほど演奏会は続きましたが、ギターの音に耳をすましたお客それぞれが、 ホタルが暗闇を舞う姿や静謐な水をたたえる鏡池を想像できたのではないかと思います。 ホタルの縁ではじまった今回のコンサート。次はどんな縁が白柳殿を待ち構えているのか、 楽しみです。

レポート キララ

Copyright (C) 白柳ファン

最新レポート79

レポート71〜78

レポート1〜10

レポート11〜20

レポート21〜30

レポート31〜40

レポート41〜50

レポート51〜60

レポート61〜70