Aの作曲家



ジャン・アプシル Jean Absil (1893-1974)

ベルギーの作曲家。本名ジャン・ニコラ・ジョセフ・アプシル(BはP音。アプジルとも読める)。1893年11月23日エノー県ボンスクール(Bonsecours, Hainaut)生まれ。生地のオルガン奏者アルフォンス・エーヤンにオルガン,ピアノと和声法を学び,次いでトゥルネの聖グレゴワール校へ進学。初リサイタルの翌1913年にブリュッセル音楽院へ入学し,オルガンをアロイス・デメ,和声法をエドゥアル・サミュエルとランセンスに師事した。1916年に両科で一等を獲得し,さらにポーラン・マルシャンに対位法,レオン・ドゥ・ボワにフーガを学ぶ。その後1920年にはポール・ジルソンの作曲法科へ進み,翌1921年に作曲した『交響曲第1番』でアニエス賞を,カンタータ『ラ・ゲール』でベルギー・ローマ大賞第2位を得た。1938年にはドトルモン,ライランとともに,『国際音楽批評』誌を創刊。1921年にエッテルビーク校の教員となり,1939年にはブリュッセル音楽院フーガ科,レヌ妃音楽堂(Chapelle Musicale Reine Elisabeth)で教授。1955年にはベルギー王立アカデミー委員を務めるなど,幅広く活躍。その後1964年にはベルギー政府5周年賞も受賞している。彼自身が受けた教育は保守的であったが,当時プロ・アルテ四重奏団がブリュッセルで行った演奏会に出席してミヨーやヒンデミットの作品を知り,深く私淑。作風は新古典主義への傾倒が著しい。1974年2月2日,ブリュッセルのウックル(Uccle)にて死去。(関連ページ:JEAN ABSIL ベルギー国立音楽資料センター)


主要作品

舞台作品 ・バレエ音楽【驢馬の皮】 peau d'âne, op. 26 (1937) {brass /vo, narr, orch /sop (msp /tnr /bass), orch (p)}...Henry Gheon台本。各種編曲あり
・歌劇【中国帽】 le chapeau chinois, op. 64 (1944) {sop, 2tnr, btn, bass, orch (p)}...
Franc-Nohain台本
・歌劇【海の呼び声】 les voix de la mer, op. 75 (1951) {vo, choir, narr-choir, orch (p) /f-choir}...
Rene Lyr台本
管弦楽曲 ・交響曲第1番ロ短調 symphonie No.1 en ré mineur, op. 1 (1920)
・タンタジルの死 la mort de Tintagiles, op. 3 (1926)
・フランドル狂詩曲 rhapsodie flamande, op. 4 (1928) {orch /brass}
・小組曲 petite suite, op. 20 (1935) {brass /chamber-orch}
・交響曲第2番 symphonie No.2, op. 25 (1936)
・狂詩曲第2番 rhapsodie No.2, op. 34 (1938)
・ギョーム・ルクー礼讃 hommage à Lekeu, op. 35/bis (1939)
・交響的変奏曲 variations symphoniques, op. 50 (1942)
・交響曲第3番 symphonie No.3, op. 57 (1943)
・ジャンヌ・ダルク Jeanne d'Arc, op. 65 (1945)
・パンの神の奇蹟 le miracle de Pan, op. 71 (1949) {orch /p}
・案山子 épouvantail, op. 74 (1950) {orch /p}
・流星群 les météores, op. 77 (1951)
・ブラジル風狂詩曲 rhapsodie bresilienne, op. 81 (1953) {orch /brass}
・神話学 mythologie, op. 84 (1954)
・序奏とワルツ introduction et valses, op. 89 (1955)
・小管弦楽のための組曲 suite, op. 92 (1956) {small-orch}
・牧歌組曲 suite bucolique, op. 95 (1957) {strings}
・ブルガリア風狂詩曲 rhapsodie bulgare, op. 104 (1960)
・2つの典礼舞曲 deux danses rituelles, op. 105 (1960) {small-orch}
・三部作 triptyque, op. 106 (1960) {small-orch}
・交響曲第4番 symphonie No.4, op. 142 (1969)
・交響曲第5番 symphonie No.5, op. 148 (1970)
・多神教の神々 déités, op. 160 (1972) {orch}
・(邦訳不詳) Colas Chacha (-) {orch}
協奏曲 ・子守歌 berceuse (1932) {as (vla/vc), small-orch (p)}
・ヴァイオリン協奏曲第1番 concerto, op. 11 (1933) {vln, orch (p)}
・ピアノのための協奏曲第1番 concerto, op. 30 (1937) {2p /p, orch}
・チェロのための小協奏曲 concertino op. 42 (1940) {vc, orch (p)}
・ヴィオラ協奏曲 concerto, op. 54 (1942) {vla, orch (p)}
・ルーマニア狂詩曲 rhapsodie roumaine, op. 56 (1943) {vln, orch (p)}
・コンチェルト・グロッソ concerto grosso op. 60 (1944) {5winds, strings}
・喜遊曲 divertimento op. 86 (1955) {4sax, orch}
・協奏的幻想曲 fantaisie concertante, op. 99 (1958) {vln, orch (p)}
・ヴィオラのための小協奏曲 concertino, op. 122 (1964) {vla, strings (p)}
・ヴァイオリン協奏曲第2番 concerto No.2, op. 124 (1964) {vln, orch (p)}
・ピアノのための協奏曲第2番 concerto No.2, op. 131 (1967) {p, orch /2p}
・華麗なアレグロ allegro brillante op. 132 (1967) {2p /p, orch}
・ギター協奏曲 concerto, op. 155 (1971) {g, orch}
・バラード ballade op. 156 (1971) {as, p, small-orch}
・ピアノのための協奏曲第3番 concerto No.3, op. 162 (1973) {2p /p, orch}
室内楽 ・弦楽四重奏曲第1番 quatuor à cordes No.1, op. 5 (1929) {2vln, vla, vc}
・ピアノ三重奏曲 trio, op. 7 (1931) {vln, vc, p}
・弦楽四重奏曲第2番 quatuor à cordes No.2, op. 13 (1934) {2vln, vla, vc}
・吹奏五重奏曲 quintette, op. 16 (1934) {fl, ob, cl, hrn, bssn}
・弦楽三重奏曲第1番 trio à cordes No.1, op. 17 (1935) {vln, vla, vc}
・弦楽四重奏曲第3番 quatuor à cordes No.3, op. 19 (1935) {2vln, vla, vc}
・狂詩曲風の幻想曲 fantaisie rhapsodique, op. 21 (1936) {4vc}
・チェロ四重奏曲 quatuor No.2, op. 28 (1937) {4vc}
・サクソフォーン四重奏曲 quatuor, op. 31 (1937) {4sax}
・ピアノ四重奏曲 quatuor à clavier, op. 33 (1938) {vln, vla, vc, p}
・四重奏の小品 pièces en quatuor, op. 35 (1938) {4sax}
・田園組曲 suite pastorale, op. 37 (1939) {fl, ob, cl, hrn, bssn /p}
・五声のコンセール concert a cinq, op. 38 (1939) {fl, vln, vla, vc, hrp}...
ハープは全音階
・弦楽三重奏曲第2番 trio à cordes No.2, op. 39 (1939) {vln, vla, vc}
・幻想曲 fantaisie, op. 40 (1939) {vln, vla, vc, p}
・弦楽四重奏曲第4番 quatuor à cordes No.4, op. 47 (1941) {2vln, vla, vc}
・組曲 suite, op. 51 (1942) {vc, p}
・シャコンヌ chacone, op. 69 (1949) {vln}
・シシリエンヌ sicilienne (1950) {fl (cl, sax), p (hrp)}
・物語 contes, op. 76 (1951) {tp, p}
・組曲 suite, op. 78 (1952) {tb, tba, vc, p}
・儀礼 rites, op. 79 (1952) {brass}
・スポーツの素描 croquis sportifs, op. 85 (1954) {brass}
・ルーマニア民謡の主題による組曲 suite sur des thèmes populaires roumains, op. 90 (1956) {4sax}
・伝説 légendes, op. 91 (1956) {brass}
・ルーマニア風 roumaniana, op. 92 (1956) {brass}
・影法師 silhouettes, op. 97 (1958) {fl, p}
・ブルレスク burlesque, op. 100 (1958) {ob, p}
・狂詩曲第5番 rhapsodie, No.5, op. 102 (1959) {brass}
・ブルガリア舞曲 danses bulgares, op. 103 (1959/1961){fl, ob, cl, hrn, bssn /p /brass}
・弦楽二重奏ソナタ sonate en duo, op. 112 (1962) {vln, vla}
・ファンタジー=ユーモレスク fantaisie-humorésque, op. 113 (1962) {cl, p (strings)}
・ギターのための組曲 suite, op. 114 (1963) {g}
・サクソフォン・ソナタ sonate, op. 115 (1963) {as, p}
・太鼓とピアノのための練習曲第3番 etude No.3 (1963) {p, ds}
・ファンファーレ fanfares, op. 118 (1963) {brass}
・ギター二重奏のための3つの小品 trois pièces, op. 119 (1963) {2g}
・狂詩曲第6番 rhapsodie No.6, op. 120 (1963) {hrn, p}
・バンドネオンのための3つの小品 trois pièces, op. 121 (1964) {bdn}
・オルガンのための3つの小品 trois pièces, op. 127 (1965) {org}
・クラリネット四重奏曲 quatuor, op. 132 (1967) {4cl}
・ヴァイオリン独奏のためのソナタ sonate, op. 134 (1967) {vln}
・ギター二重奏のための組曲 suite, op. 135 (1967) {2g}
・謝肉祭のためのスケッチ croquis pour un carnaval, op. 137 (1968) {5cl, hrp}...
ハープは全音階
・5つの易しい小品 cinq pieces faciles, op. 138 (1968) {cl (as), p}
・組曲第2番 suite No.2, op. 141 (1968) {vc, p}
・陰影 contrastes (1969) {g}
・神秘の組曲 suite mystique, op. 145 (1969) {4fl}
・ヴァイオリン・ソナタ sonate, op. 146 (1970) {vln, p}
・中国の衝立 sur un paravent chinois, op. 147 (1970) {g}
・トランペットとピアノのための組曲 suite, op. 149 (1970) {tp, p}...
トランペットはロ調またはハ調
・4つの小品 quatre pièces, op. 150 (1970) {g}
・小さな闘獣士 petit bestiaire, op. 151 (1970) {g}
・ファンタジー=カプリス fantaisie-caprice, op. 152 (1971) {as, brass (p)}
・4つの素描 quatre esquisses, op. 154 (1971) {fl, ob, cl, bssn}
・ピアノ三重奏曲第2番 trio No.2, op. 158 (1972) {vln, vc, p}
・星の印象 images stellaires, op. 161 (1973) {vln, vc}
・打楽器とピアノのための練習曲第11番 etude XI (-) {p, timp (ds)}
・前奏曲と舟歌 prélude et barcarolle (-) {g}
ピアノ曲 ・3つの即興曲 trois impromptus, op. 10 (1932) {p}
・ソナチヌ sonatine, op. 27 (1937) {p}
・3つの小品 trois pièces, op. 32 (1938) {p}...
右手版もあり。
・ソナチヌ第2番 sonatine No.2, op. 37 (1939) {p}
・海画 marines, op. 36 (1939) {p}
・5つのバガテル cinq bagatelles, op. 61 (1944) {p}
・壮麗な組曲 grande suite, op. 62 (1944) {p}
・ロベルト・シューマン礼讃 hommage à Schumann, op. 67 (1946) {p}
・七つの大罪への素描 ésquisses sur les sept péchés capitaux, op. 83 (1954) {p}
・変奏曲集 variations op. 93 (1956){p}
・失敗の数々 échecs op. 96 (1957) {p}
・パッサカリア passacaille, op. 101 (1959) {p}
・狂詩曲第5番 rhapsodie No.5, op. 102 (1959) {2p}
・複合拍子の鍛錬のための30の練習曲 trente etudes preparatoires a la polyrythmie, op. 107 (1961) {p}
・リズムの表現 du rythme a l'expression I, II, op. 108 (1961) {p}
・壮麗な組曲第2番 grande suite No.2, op. 110 (1962) {p}
・ユーモレスク humoresques, op. 126 (1965) {p}
・隻腕のピアニストのためのバラード ballade, op. 129 (1966) {p}...
左手のみで演奏
・交差 alternances, op. 140 (1968) {p}
・不均衡 asymétries, op. 136 (1968) {2p}
・妖精 féeries, op. 153 (1971) {p}

・詩情豊かに,急速調で poèsie et vélocité, op. 157 (1972) {p}
歌曲 ・墓地 cimetière (1927){vo, p}... Jean Marias詩
・逃走 évasion, op. 8 (1927) {f-vo, p}... Paul Brohee詩
・5つの歌 cinq melodies (1927) {vo, p}...
Cnilkin, Brohee, Hugo, Moreas, Klingsor詩
・5つの詩 cinq melodies (1930) {msp, 2vln, vla, vc}
・タイ=タオ Tahi-Taho, op. 8 (1932) {vo, p}...
Arthur Cantillon詩
・2つの歌 deux melodies (1933) {vo, p}
・アルコール alcools, op. 43 (1940) {4vo}...
Guillaume Apollinaire詩
・クランゾールの3つの詩 trois poèmes de Tristan Klingsor, op. 45 (1940) {vo, p (small-orch)}
・四元素の歌 chanson de quatre sous (1942) {vo, p}...
Paul Fort詩
・恩寵の時 henre de grâce, op. 98 (1958) {vo, p}...
Maurice Careme詩
・3つの無言歌 trois vocalises, op. 116 (1963) {vo, p}
・かくれんぼ cache-cache, op. 117 (1963) {vo, p}
合唱曲 ・5つの合唱曲 cinq choeurs (1930) {3p-f-choir, p}
・アルテュールカンティヨンの3つの詩 trois poèmes d'Arthur Cantillon, op. 9 (1932) {4vo}
・4つの詩曲 quatre poème, op. 12 (1933) {vo, p}...
Maurice Maeterlinck詩
・3つの合唱曲 trois choeurs, op. 15 (1934) {4m-vo}
・6つの合唱曲その1 six choeurs I, II, op. 18 (1935) {child-choir, p}...
第1集のピアノは単旋律
・ポール・フォルの5つの歌 cinq chansons de Paul Fort, op. 18 (1935) {2uni-vo, p}
・幻影 phantasmes (1936) {contralto, as, perc, p}
・ユリーズと海の精 Ulysse et les Sirènes, op. 41 (1939) {btn, 2narr, m-choir, f-choir, p (small-orch)}...
Jose Bruyr台本
・博愛主義 philatélie, op. 46 (1940) {sop, msp, tnr, bass, p (14inst.)}...
Thomas Braun詩
・受福式 les bénédictions, op. 48 (1941) {vos, choir, p (orch, org)}...
Thomas Braun詩
・上機嫌の歌 chansons de bonne humeur, op. 49 (1942) {2p-choir, orch} ...
Tristan Klingsor詩
・子どもらしさ enfantines, op. 52 (1942) {vo, p}...
Madeleine Ley詩
・2つの詩 deux poemes, op. 53 (1942) {sop, p}...
Francis Jammes詩
・死者の歌 les chants du mort, op. 55 (1943) {sop, alto, tnr, bass, orch (p)}
・闘獣士 bestiaire, op. 58 (1944) {choir}...
Guillaume Apollinaire詩
・春 printemp, op. 59 (1944) {child-vhoir, p}...
Maurice Careme詩
・動物園 zoo, op. 63 (1944) {4vo}...
Jean Sasse詩
・トゥレーヌ thrène, op. 66 (1945) {2p-choir, 2narr, org}...
Etienne de Sadeleer詩
・編曲のアルバム l'album a colorier, op. 68 (1948) {2p child-choir, p}...
Etienne de Sadeleer詩
・黄道十二宮 le zodiaque, op. 70 (1949) {choir, vos, orch, p /choir, vos, 2p}...
Thomas Braun詩
・いにしえのピエール・ブリューゲル Pierre Breughel l'ancien, op. 73 (1950) {vos, choir, p (org, orch, narr)}...
Rene Lyr詩
・夢 rêves, op. 80 (1952) {vo, p}...
Rene Lyr詩
・サーカスの曲芸 le cirque volant, op. 82 (1953) {2child-vo, narr, p}...
Etienne de Sadeleer詩
・コランダ colindas, op. 87 (1955) {3p-choir}
・愉快な歌第一集 chansons plaisantes, op. 88 (1955) {2child-vo}...
Jean Absil詩
・愉快な歌第二集 chansons plaisantes - 2e recueil, op. 94 (1956) {2p-child-choir, p}...
Jean Absil詩
・6つの詩 six poèmes de Maurice Careme, op. 109 (1961) {3vo}
・特徴的な小品 pièces caracteristiques, op. 123 (1964) {g}
・小さな多声合唱曲 petites polyphonies, op. 128 (1966) {2vo, p}
・精霊と牧神 nymphes et faunes, op. 130 (1966) {brass}
・鐘の銅 a cloche-pied, op. 139 (1968) {child-choir, p}...
Maurice Careme詩
・練習の歌 le chant à l'école, op. 144 (1969) {choir}
・デ・ジート de tijd (-) {child-choir, p}...
Willem Gijssels詩
典拠 De Guide, R. 1965. Jean Absil: vie et oeuvre. Tournai: Casterman.
Belgian Centre for Music Documentation (http://www.cebedem.be/)


アプジルを聴く


★★★★☆
"Concerto pour Piano / Andante / Sérénade en Cinq Mouvements / Symphonie No.2" (Cyprès : CYP 3602)
Fernand Quinet, Daniel Sternefeld, René Defossez (cond) André Dumortier (p) Orchestre National de Belgique
ベルギー近代の作曲家ジャン・アプシルは1893年ボンスクール生まれ。1913年にブリュッセル音楽院へ進み,その後ストラヴィンスキーやシェーンベルクに被れて近代化。1930年にブリュッセル音楽院の講師となり,1938年にはフーガ科の教授に就任するなど評価を確立しました。本盤の4品はいずれも,作曲者が順境の中で最も脂の乗っていた,1930年代半ばから1940年に掛けて書かれたもの。冒頭『ピアノ協奏曲』から,全編に渡ってかっちりとしたリフが交錯する典型的な多調・新古典派音楽。初期ミヨーの戯画的な曲想,シュミットの呪術性,バローの多調性と形式感を折衷したような書法には,フェルー繋がりで六人組界隈とも交流していた作曲者の人脈が,分かりやすい形で反映されているのでは。中でも,おどろおどろしいにも拘わらずエキゾチックな空気を保つ対位法表現には,シュミットの後ろ姿が色濃く浮かんでいる。彼はもともと『春の祭典』のベルギー初演を聴いて霊感を得たのが,近代音楽へと傾倒するきっかけになった人。恐らく同じ近代化推進者の集団でも,人を食ったような戯画様式の中でクラシックのお堅い品位を貶めていこうとする六人組よりは,脱西欧化の表出として,よりバーバルな方向からクラシックを脱構築しようとするストラヴィンスキーやシュミット,フェルーに近い流れへ乗ることになったのでしょう。同じレーベルから出ているジョンゲンの管弦楽作品集と同様,本盤も国営ベルギー放送の音源が出元。なにぶんピアノ協奏曲とアンダンテは1952年,セレナーデは1961年,交響曲は1958年と録音も古く,モノラル音源なのもジョンゲン盤と同じなわけですが,さすがは彼岸のNHK。演奏レベルは高水準。録音を除けば充分に満足できる次元の演奏と思います。

(2005. 3. 12 USW)