Bの作曲家



アーサー・ブリス Arthur Bliss (1891-1975)

イギリスの作曲家。本名アーサー・エドアルド・ドラモンド・ブリス。1891年8月2日ロンドン市内のホーソーンデン(Hawthornden)で,イギリス人の父とアメリカ人の母の間に生まれた。1910年から1913年まで,ケンブリッジのラグビー校およびペンブローク校でチャールズ・ウッドに対位法を学び,ここでエルガーと邂逅して深く影響を受けた。続く1913年から1914年に掛けては,王立音楽学校でチャールズ・スタンフォードに短期間(1セメスター)師事。大戦で学業の中座を余儀なくされ従軍し,帰還後の1921年に王立音楽学校作曲法科の教授に就任したが,同年ポーツマス管弦楽団の指揮者に就任して職を離れた。1923年から1925年に掛けては,カリフォルニア州サンタバーバラへ居住。渡米中に結婚した。1925年に帰国したが,1939年から1941年まで再度渡米。カリフォルニア州バークレーで教鞭を執る傍ら,作曲及び指揮活動を続ける。1941年に帰英。その後は,1942年よりBBC放送の音楽監督(1944年まで)などを歴任するとともに,1950年にサー(Sir)の称号を受け,1953年にはアーノルド・バックスの後任として王室専属音楽顧問に選任。亡くなるまでその地位を務めた(王室向けの吹奏楽が中心となったのはこのため)。ストラヴィンスキー及び六人組から影響を受けつつも,イギリスの後期ロマン派的様式とそれを折衷して,色彩感覚と躍動感に富んだ作風を展開。1975年3月27日ロンドンにて死去。(関連ページ:The Arthur Bliss Society 英語)


主要作品

歌劇 ・オリンピアの人々 the olympians (1949) {choir, orch}
・乞食のオペラ the beggar's opera (1952) {sop, msp, tnr, btn, choir, orch}
・トビアスと天使 Tobias and the Angel (1960) {choir, orch}
バレエ ・チェックメイト checkmate (1937)
・アダム・ゼロ Adam Zero (1946)
・シャーロットの淑女 the lady of Shalott (1958)
・ゴーバルズの奇蹟 miracle in the Gorbals (1944)
付帯音楽
映画・TV
音楽を含む
・お気に召すまま as you like it (1919)
・ソロモンの王 king Solomon (1924)
・来るべきもの things to come (1935) ...
Philip Lane編曲
・大空の覇者 conquest of the air (1937)
・シーザー王とクレオパトラ Caesar and Cleopatra (1944)
・2つの世界の男 men of two worlds (1945) {choir, orch}
・コロンブス Christopher Columbus (1949)
・英国の遺産 heritage of Britain (1950) ...
BBC放送の委嘱作
・ウェルカム・ザ・クイーン welcome the queen (1954)
・天空の戦い war in the air (1954)
・ABC放送の間奏音楽 ABC Television (1956)
・王侯たちの時代 an age of kings (1960)
・王宮組曲 the royal palace suite (1966)
管弦楽 ・2つの習作 two studies (1920)
・ミリー mêrée fantasque (1921/1937/1965)
・色彩交響曲 a colour symphony (1922)
・ワン・ステップ Bliss: one step (1923) {orch /p} ...
ピアノ独奏のための「2つの小品」より編曲
・幸福の家 twone, the house of felicity (1923)
・ポロネーズ Polonaise (1925)
・アポロへの賛歌 hymn to Apollo (1926/1965)
・序奏とアレグロ introduction and allegro (1926)
・弦楽のための音楽 music for strings (1935) {strings /ballet}
・【来るべきもの】の音楽 music from 'things to come' (1935) ...
行進曲版もある
・チェックメイト組曲 checkmate: concert suite (1937)
・【ゴーバルズの奇蹟】組曲 miracle in the Gorbals: concert Suite (1944)
・追悼コンセール memorial concert (1944)
・不死鳥:フランス讃歌 march: the Phoenix - homage to France, Aug.1944 (1945) {orch /brass} ...
行進曲版D.Wright編
・アダム・ゼロ組曲 Adam Zero: suite (1946)
・クリストファー・コロンブス Christopher Columbus: two extracts (1949) ...
Marcus Dodsにより編曲
・行列聖歌 processional (1953) {orch /org}
・ジョン・ブロウの主題による瞑想曲 meditations on a theme of John Blow (1955)
・誕生日の挨拶状 a birthday greeting for her majesty (1955)
・エディンバラ Edinburgh (1956)
・7つの波の彼方に seven waves away (1956)
・管弦楽のためのディスコース discourse for orchestra (1957/1965)
・トビアスと天使 Tobias and the Angel (1960)
・祝典前奏曲 ceremonial prelude (1965)
・王宮の音楽 royal palace music (1965)
・偉大なる人物を讃える行進曲 march of homage in honour of a great man (1965)
・ファンファーレ序曲 fanfare prelude for orchestra: Macclesfield (1966)
・2つの陰影 two contrasts for string orchestra (1970) {strings}
・交響的変遷 metamorphic variations (1972)
・スピリット・オブ・ジ・エイジ spirit of the age (1975) ...
遺作
協奏曲 ・協奏曲 concerto for piano, strings, tenor and percussion (1920-1923) {p, tnr, strings, perc}
・2台のピアノと管弦楽のための協奏曲 concerto for 2 pianos and orchestra (1924/1968) {2p, orch}
・ピアノ協奏曲 piano concerto in Bb major (1938) {p, orch}
・バラーザ baraza (1945) {p, orch}
・主題とカデンツァ theme and cadenzas (1945) {vln, orch}
・プロセッショナル processional (1953) {org, orch}
・ヴァイオリン協奏曲 violin concerto (1955) {vln ,orch}
・チェロ協奏曲 concerto for cello and orchestra (1970) {vc, orch}
・弦楽のための協奏曲 concerto for string orchestra (1972) {strings}
吹奏楽 ・英雄たちに fanfare for heroes (1930) {3tp,3tb, timp,cymb}
・統治の儀礼 dominion greetings (1935)
・歓喜と荘厳ファンファーレ three jubilant and three solemn fanfares (1935)
・4つの踊り checkmate: four dances (1937) {brass} ...
Eric Ball編
・3つの踊り checkmate: three dances (1937) {brass} ...
Gerrard Williams編
・荘厳ファンファーレ fanfare for a dignified occasion (1938)
・教書演説のために fanfare for a political address (1938)
・ヘンリー・ウッドの誕生日のために birthday fanfare for sir Henry Wood (1944) {3tp, 4tb(timp)}
・子らに平和を peace fanfare for children (1944) {2(4tp), 4tb, timp, perc}
・絵画への挨拶 a salute to painting (1953) {2(4tp), 4tb, timp, perc}
・第一衛兵団 first guards (1956)
・ service of the order of the Bath (1956)
・英国国歌の前奏 fanfare to precede the National Anthem in G (1960) {2(4tp), 4tb, timp, perc}
・人民に歌を let the people sing (1960) {2(4tp), 4tb, timp, perc}
・2つの王室ファンファーレ two royal fanfares (1960) {3tp, 3tb, tba}
・王室ファンファーレ royal fanfares (1960) {3tp, 3tb, tba, 2perc} ...チューバは即興演奏
・敬礼 salute (1960) {3tp, 3tb, timp, cymb, org}
・バッハの3つのコラール three chorales by J.S. Bach (1960) {3tp, 3tb, tba} ...
編曲作品
・挙りて歌わしめよ let the people sing (1960)
・ある街に送るファンファーレ greetings to a city (1961)
・祝典ファンファーレ gala fanfare (1961)
・冒険への招待 call to adventure (1962)
・ベルモント変奏曲 belmont variations (1963) {brass} ...
Frank Wright編
・保安官のファンファーレ high sheriff's fanfare (1963) {2{4tp), 4tb, timp, perc}
・シェークスピア礼讃 fanfare, homage to Shakespere (1964)
・リンバーンのアリア Linburn air (1965)
・コモンウェルス芸術祭のために fanfare for the Commonwealth arts festival (1965)
・典礼の列と前奏曲 ceremonial parade and prelude (1965) {4hrn, 3tp,3tb, tubl-chime, timp, org /brass, org, perc}
・王侯ファンファーレ royal fanfares (1965)
・ライト・オブ・ザ・ライン the right of the line (1965) {2(4tp), 4tb, timp, perc}
・偉大なるロンドン市長のために fanfare for the lord mayor of London (1967)
・レハイ大学への挨拶 salute to Lehigh University (1968)
・叙任式の交誦ファンファーレ investiture antiphonal fanfares for three brass choirs (1969) {brass} ...
Roy Newstone編
・ウェールズの王子の叙任式 Prince of Wales investiture music (1969) {3set(3tp, 3tb), 2set(tp, tb)} ...2群は間奏曲のみ
・クロイドン交響楽団の結成日を祝って birthday greetings for Croydon Symphony Orchestra (1971)
・来るべき時代のために fanfare for a coming of age (1973)
・8つのファンファーレ eight fanfares for brass ensemble (1973) {2(4tp), 4tb, timp, perc}
・ファンファーレの間奏曲 fanfare and interludes (1973) {3tp, side-ds}
・アン王女のために fanfare for Princess Anne (1973) {2(4tp),4tb, timp, perc}
・研究のために research fanfare (1973) {2(4tp, 4tb, timp, perc}
・障害者基金のために fanfare for the national fund for crippling diseases (1973) ...
「研究のために」と同一曲かも知れません。
・ランカスター前奏曲 Lancaster-prelude (1974)
室内楽 ・弦楽四重奏曲 string quartet in A major (1914) {2vln, vla, vc}
・ヴァイオリン・ソナタ sonata for violin and piano (1914) {vln, p}
・ピアノ四重奏曲 quartet for piano and string trio (1915) {vln, vla, vc, p}
・フーガ fugue for string quartet (1916) {2vln, vla, vc}
・小品 pieces (1916) {cl, p} ...
詳細不詳。「田園詩曲」のこと?
・田園詩曲 pastoral (1916) {cl, p}
・ピアノ五重奏曲 piano quintet (1919) {p, 2vln, vla, vc}
・会話 conversations (1920)
・弦楽四重奏曲 string quartet (1923) {2vln, vla, vc}
・アレグロ allegro (1927) {2vln, vla, vc} ...
未完
・オーボエ五重奏曲 oboe quintet (1927) {ob, 2vln, vla, vc}
・アンダンテ・トランクィーロ・エ・レガート andante tranquillo e legato (1926?)
・クラリネット五重奏曲 quintet for clarinet and string quartet (1931) {cl, 2vln, vla, vc}
・ヴァイオリン・ソナタ sonata for violin and piano (1933) {vln, p}
・ケニルワース組曲 suite 'Kenilworth' (1936) {brass}
・弦楽四重奏曲第1番 string quartet No.1 (1941) {2vln, vla, vc}
・夏の日の夢 summer day's dream (1949) {ob, p}
・弦楽四重奏曲第2番 string quartet No.2 (1950) {2vln, vla, vc}
・行列聖歌 processsional (1953) {org} ...
G.O'Brien編
・王室ファンファーレと間奏曲 royal fanfares and interludes (1960) {org}

・王室にトーストを toast to the royal household (1960)
・5人での重奏に play a penta (1971)
・前奏曲 praeludium (1971) {org, perc}
ピアノ曲 ・メイ・ゼー May Zeeh (1910)
・間奏曲 intermezzo (1912)
・幻想ワルツ valses fantastiques (1913)
・マスク mask: four pieces for pianoforte (1924)
・ピアノのための組曲 suite for piano (1925)
・トッカータ toccata (1925)
・2つの間奏曲 two interludes (1925)
・習作 study (1927)
・暴徒の小走り the rout trot (1927)
・2つの小品 two piano pieces (1927)
・チェックメイト checkmate (1937)
・カレンのために Karen's piece (1940)
・ピアノ・ソナタ sonata for piano (1952)
・シャロットの淑女 the lady of Shalott (1958)
・ミニアチュア・スケルツォ Miniature Scherzo (1969)
・愉しみとゲーム fun and games (1970) {2p} ...
3手
・3部作 triptych (1970)
・祝婚組曲 a wedding suite (1973)
歌曲 ・ウェンロックでの想い tis time I think by Wenlock town (1914) {vo, p}
・ハマーズ The Hammers (1915) {vo, p}
・放浪者たち the tramps (1916) {vo, p}
・マダム・ノワ Madam Noy (1918) {sop, fl, cl, bssn, hrp, vla, b}
・暴徒 rout for orchestra and soprano (1920) {sop, fl, cl, bssn, hrp, perc, 2vln, vla, vc, b}
・タンポポ the dandelion (1920) {sop, cl (vla), p}
・ラグウォルト the ragwort (1920) {sop, cl (vla), p}
・2つの童謡 two nursery rhymes (1920) {sop, cl(vla) /p}
・3つのロマンティックな歌 three romantic songs (1921) {vo, p}
・嵐 the tempest (1921) {tnr, bass, tp, tb /2timp, 3perc /p}
・四季のバラード ballads of Four Seasons (1923) {vo, p}
・ the women of Yueh (1923) {sop, orch}
・3つの歌 three songs (1923) {sop, p}
・3人の愉快な紳士 three jolly gentlemen (1923) {vo, p}
・わたしが120のとき when I was one and twenty (1923) {vo, p}
・黄褐色の鹿 the fallow deer at the lonely house (1924) {vo, p}
・窓辺にて at the window (1925) {vo, p}
・金持ちと貧者 rich or poor (1925) {vo, p}
・子どもの祈り a child's prayer (1926) {vo, p}
・9つの歌 nine songs (1926) {vo, p}
・4つの歌 four songs (1927) {vo, vln / vo, p}
・愛の海 sea love (1927) {vo /vln}
・セレナーデ serenade for orchestra and baritone (1929) {btn, orch}
・シンプルズ simples (1932) {vo, p}
・アメリカ詩集 American poems (1940) {vo, p}
・オーベルニュの歌 Auvergnat (1943) {vo, p}
・歌い手 enchantress (1951) {vo, orch}
・哀歌調のソネット elegiac sonnet (1954) {tnr, 2vln, vla, vc /tnr, p}
・謎の結び目 a knot of riddles (1963) {btn, 5brass, hrp, 2vln, vla, vc, b}
・心の天使 angels of the mind (1968) {sop, p}
・舵を取り,桿を取って sailing or flying (1970) {vo, p}
・チューリップ tulips (1970) {vo, p}
合唱曲 ・狂詩曲 rhapsody (1919) {msp, tnr, [e-hrn, 2vln, vla, vc, b /orch]}
・田園詩曲【羊の群れは野に安らぐ】 pastoral: lie strewn white flocks (1928) {sop, alto, tnr, bass, fl, timp, strings}
・羊の群は野に安らぐ:ナイアードの歌 the pastoral: lie strewn white flocks - the naiad's music (1928) {sop, alto, tnr, bass, p}
・朝の英雄たち morning heroes (1930) {sop, alto, tnr, bass, orch}
・オリンピアンズ組曲 the olympians: concert suite (1949) {sop, alto, tnr, bass, orch}
・キリストは生けり,歌え子羊たちよ Christ is alive! let christians sing (1949) {choir}
・【乞食のオペラ】より2つの歌 the beggar's opera: two songs for female voices (1953) {2sop, alto, orch (p)}
・【乞食のオペラ】より2つの歌 the beggar's opera: two songs for men's voices (1953) {2tnr, bass, orch (p)}
・奉献曲 aubade for Coronation morning (1953) {2sop, sop, alto, tnr, bass}
・歓迎の歌 a song of welcome (1954) {sop, btn, choir, orch}
・主を求めよ seek the lord (1956) {sop, alto, tnr, bass, org}
・王室の子の誕生日を祝う歌 birthday song for a royal child (1959) {sop, alto, tnr, bass}
・立ちて言祝げ主を stand up and bless the lord your god (1960) {sop, bass, choir, org}
・至福 the beatitudes (1961) {sop, tnr, choir, orch}
・マグダラの聖母マリア Mary of Magdala (1962) {cont-alto, btn, [sop, alto, tnr, bass /sop, alto], orch}
・嬰児の揺りかごの歌 cradle song for a Newborn child (1963) {sop, alto, tnr, bass, hrp /p)}
・黄金のカンタータ the golden cantata (1964) {tnr, sop, alto, tnr, bass, orch}
・主への感謝を o give thanks unto the lord (1965) {sop, alto, tnr, bass, org}
・主こそは道 he is the way (1967) {choir, org (p)}
・河の歌 river music (1967) {sop, alto, tnr, bass}
・この甘く快い日 sweet day, so cool (1967) {sop, alto, tnr, bass}
・少年または少女合唱のための3つの歌 three songs for girls' or boys' voices (1967) {2sop, alto, p}
・ lord, who shall abide in thy tabernacle (1968) {sop, alto, tnr, bass, org}
・ one, two, buckle my shoe (1968) {2sop, p}
・嬰児イエスの祈り手 a prayer to the infant Jesus (1968) {sop, alto, 2sop, 2alto}
・ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン god save the queen (1969) {sop, alto, tnr, bass, orch (small-orch)} ...
編曲作品
・ the world is charged with the grandeur of god (1969) {sop, lato, tnr, bass, 2fl (3tp, 4tb /org)}
・キリストは生けり,子羊たちを歌わしめよ Christ is alive! let Christians sing (1970) {choir}
・2つのバラード two ballads (1971) {sop, alto, orch}
・谷の花 flowers in the valley (1971) {sop, alto, orch (p)}
・山千鳥 the mountain-plover (1971) {sop, alto, p}
・アッシジの聖フランチェスコの祈り prayer of St. Francis of Assisi (1972) {2sop, 2alto}
・主への信心をもって put thou thy trust in the lord (1972) {2sop, 2alto, 2tnr, 2bass}
・ウィリアム・ウォルトン卿への頌歌 ode for Sir William Walton (1972) {choir}
・ mar portugues (1973) {sop, alto, tnr, bass}
・至誠の盾 shield of faith (1974) {sop, bass, sop, alto, tnr, bass, org}
・死すべき者よ歌え sing, mortals! (1974) {sop, alto, tnr, bass, org}
不詳 ・ナルシスとエコー Narcissus and Echo (1927)
・戦いへ向けて presense au combat (1945)
・王子に贈る music for a prince (1970)


ブリスを聴く


★★★★☆
"A Colour Symphony / Metamorphic Variations" (Nimbus : NI 5294)
Barry Wordsworth (cond) BBC Welsh Symphony Orchestra

これは彼に限らず,ほとんどの英国近代作家に言えることですけど,彼の管弦楽は,色彩感が強い割にリズムは拍に沿ってかっちりとしている。このため些か仰々しいというか,スカスカな印象を受けるところがあります。野人を紳士が真似ているようなその空々しさが,良くも悪くもイギリス近代を特徴づける傾向。この作品も,簡素な拍動が,やや分厚い和声とアンバランスに大人しい。そうした半獣神めいた中途半端さは好みが別れるところかも知れません。けれど,もし貴兄がそれを個性と割り切って聴けるなら,イギリス近代にはお宝が一杯です。作品表を一瞥して頂ければ一目瞭然なように,ブリスもシンフォニスト。ウォルトン同様,管弦楽で特に強みを発揮するタイプで,野蛮主義と極彩和声をイギリス訛りに融合する流儀の代表格です。『色彩交響曲』は,ブリスの作品中最も芳醇な色彩感を誇り,また有名で録音も多い作品。貴殿がイギリス近代と仲良くなれるか否かを判断するのに,ぴったりじゃないでしょうか。ちなみに,小生が所持しているのはワーズワース指揮盤ですが,他に推薦できそうなものに,カップリングが違うハンドレー指揮のシャンドス盤,ロイド・ジョーンズ指揮のナクソス盤があります。敢えてこのワーズワース盤を選ぶ魅力は,カップリングが世界初録音だという程度。指揮者とオケの組み合わせから見て,おそらくどれを買っても損することはないと思います。

★★★★☆
"Music for Strings / Cello Concerto / Two Studies" (Naxos : 8. 553383)
Tim Hugh (vc) David Lloyd-Jones (cond) English Northern Philharmonia

ナクソスはもともと廉価レーベルの筈ですが,どういうわけかイギリスものをイギリスのオケがやった盤に関しては,いずれも滅法演奏が良い。中でもこのイギリス北管弦楽団の演奏には駄演がありません。ブリスのオケ作品を集めたこのCDは,作曲者のロマン派的傾向に焦点を当てた選曲。当然,代表作は『弦楽のための音楽』なのですが,併録の『チェロ協奏曲』,『2つの習作』も負けていないどころか,いっそう心惹く甘美なロマンティシズムが横溢。イギリスものらしい高い品格と,ケルト風の旋律美。そして典雅で色彩感豊かな和声とが,非常に好ましく絡み合って,効果をあげています。ブリスは作品の多くを何度も改訂するような,生真面目な作曲家だったのですが,逆に言えばそれだけ当たり外れも大きい人で,作品も玉石混淆。しかし,他ジャンルに比べ不自然に多い作品数が示すとおり,こと管弦楽に関しては得意分野でした。そこへ行くと,この盤辺りは価格の面でも内容の面でも,安心してお薦めできる盤といえましょう。なかんずく『2つの習作』の「アダージョ・マ・ノン・トロッポ」の甘美極まりない美旋律はどうでしょう!昼メロも真っ青です。こういう品位高い曲想は,フランスの作曲家には真似できないものがあります。

★★★★
"Bliss Conducts Bliss :
Mêlée Fantasque / Rout / Adam Zero / Humn to Apollo / Serenade / The World is Charged with the Grandeur of God" (Lyrita : SRCD.225)

Arthur Bliss, Brian Prietman, Philip Ledger (cond) Rae Woodland (sop) John Shirley-Quirk (btn) Ambrosian Singers : London Symphony Orchestra
本盤は作者自身の指揮を含む,ブリスの管弦楽付帯の歌曲と管弦楽を集めたCD。作品解釈の美学を理解しようとする向きには,作った本人の指揮というだけで聴く意味が生じるでしょうし,オケもあのロンドン交響楽団。悪かろう筈はありません。素敵なことに,選曲も彼のウォルトン的な分かりやすさへ焦点を当てている。「クラシックは何となくムズカシイ感じがしてどうも・・」という向きには,この盤から入っていただくと良いのではと思います。イギリスものというと品位の高さばかりに目がいきますが,ヴォーン=ウィリアムスにしろアイアランドにしろ,実は意外にストラヴィンスキーからも(おそらくはラヴェル経由で)影響を受けています。ブリスの美点もこの流れ。躍動感に溢れ,カラフルで楽しく,しかし決して下品になりすぎない彼の魅力が堪能できる本盤は,そんな彼の良いところを摘み食いできる好盤なのではないでしょうか。

★★★★
"Welcome the Queen / Things to Come / The Royal Palaces Suite / Caesar and Cleopatra" (Chandos : CHAN 9896)
Rumon Gamba (cond) BBC Philharmonic
ブリスの音楽家としての評価や影響力は,後年になると地に落ちていたそうですが,それとは裏腹に,王室との関係を深めた彼の社会的地位は向上していきました。決して録音が多いとは云えない中で,イギリス国内に入るとこうしてしこたま録音してもらい,報われまくっているのも,英国のN響ことBBCフィルにばっか録音して貰っているのも,ひとえに彼が王室に認められた名誉高々な作曲家だからでしょう。幸運にも,BBCフィルは今や世界的にもトップ・クラス(多分英国内最強)の弦楽部隊を擁する楽団。内容以前に,相変わらず肌理の良く揃った弦の響きには感服します。映画音楽・・と言っても,よく見ると半分以上が王家絡み。自らも英国王室から爵位を貰った作曲家だけに,こういう題材を扱ったらどうなるかはある程度予想可能。擬古典的で平明な形式感と,明瞭な旋律線。いわゆるクラシックのイメージを模範的に踏襲しながら,和声面のみ近代的・・という,絵に描いたような疑似宮廷音楽になってます。通俗性の高いな作品群だけに,これで演奏が今ひとつだと本当にただの映画音楽になってしまうところ。飴色になるまで充分推敲された弦の鳴動が素晴らしいこの水準の演奏で録音されているから,座って耳を傾ける聴き方にも堪えるものになった・・という側面は間違いなくあるのではないでしょうか。こんな事情だけに,一番音楽として面白みがあるのは,曲想がぐっとロマン派的になり,ホルストの『惑星』を思わせる瞬間も漂う緩楽章。単にメランコリックなだけでなく,ちょっぴりミステリアスな底部が緊張感を持続する。その匙加減が絶妙なオーケストレーションに,純音楽家としての表情が覗けて安心します。

★★★
"Checkmate / Quintet for Clarinet and Strings / Hymn to Apollo / Music for Strings / Pastoral 'Lie Strewn the White Flocks' " (Chandos : CHAN 241-1)
Vernon Handley, Richard Hickox (cond) Janet Hilton (cl) Northern Sinfonia : The Sinfonia Chorus : Lindsay String Quartet

シャンドスから出ている,ブリスの2in1CD。価格は大体2700円ほどで2枚組。ブリス入門を目論んだ企画ものと申せましょう。ハンドレー,ヒコックスともにイギリス国内ではトップ・クラスの指揮者ですし,演奏も決して悪くないのですが,このCDの収録曲はあまり魅力的とは言えないような気がいたします。『チェックメイト』は有名曲で,録音も少なくありませんが,小生にはなぜこの曲が人気があるのかサッパリ理解できません。主題は曖昧模糊,ダラダラと大味で特徴がなく,特筆すべき色彩感も皆無。いたって凡庸だと思うのですがいかがでしょう?これは『五重奏曲』ほかにも言えることで,二枚組とした割にはブリスの中でも凡庸な作品ばかりを選んでしまった気がします。作品表を一瞥すれば明らかなように,彼はウォルトン同様シンフォニスト。小編成の曲で美旋律家ぶりを発揮するタイプではなかったんじゃないでしょうか。というわけで,ブリスをこれから聴こうという方には,あまりお薦めできません。

★★★
"Choral Works :
Shield of Faith / Mar Portugues / Birthday Song for a Royal Child / River Music / The World is Charged with the Grandeur of God" (Chandos : CHAN 8980)

Paul Spicer (dir) Andrew Lumsden (org) The Finzi Singers
ブリスの作品は玉石混淆と前述しましたが,実は最初にそれを思い知らされたのはこのCDです。合唱指揮を担当するスパイサーは,王立音大時代にブリスと同窓だったハウエルズのお弟子さんで,ハウエルズの素晴らしい合唱曲を吹き込んでいる。こちらもいいんじゃないか・・そんな目論見は大外れ。ブリスは少なからず無伴奏合唱のための作品があるようですが,合唱団に所属している,あるいは関係者であるという方を除くと,正直小生はあまりお薦めしません。何と申しますか,どろどろと抑揚がなく,教条的で,イギリスの長所である紳士然とした品位の高さが,裏を返すと頑迷で格式張った,退屈な親爺的音楽であることと紙一重であることを,こういう作品は良く教えてくれます。人間何事もバランスが大事と言うことでしょうか。歌唱も今ひとつ・・。

★★★★
"Piano Concerto in B flat (Bliss) Piano Concerto in F# minor (Scriabin) Hungarian Fantasia (Liszt)" (EMI : CDH 763821 2)
Solomon (p) Adrian Boult, Issay Dobrowen, Walter Susskind (cond) Liverpool Philharmonic Orchestra : Philharmonia Orchestra
普段は3Bものなどを録音しているらしいイギリスのピアノ弾き,ソロモン氏の残した珍しい近代ピアノ協奏曲集です。彼のフランスものを全く見たことがない小生にとってこの人物は彼岸の人。ファーストネームすら分かりません(笑)。しかしその手の音楽を愛でる人にとってはこの人物,かなりのブランドらしく,実際ここに収まった彼の演奏は,表情の整った丸いタッチと闊達な技巧とが好ましく同居した秀演で,大いに溜飲を下げることになりました。ピアノ協奏曲は,近代の作曲家にはどこか特別な思いを以て眺められているジャンルらしく,このCDも,鍵を握るのは最後に収まったリスト。ブリスやスクリャービンの協奏曲のいずれもショパンやリスト,チャイコフスキーなどを彷彿とさせる,技巧的なロマン派コンチェルトとなっており,印象派以降の近代的な作品を好む向きには少々物足りなく聞こえてしまいそうです。作品としての出来映えは異様なほど官能的なスクリャービンのそれが圧倒的な個性を放ち,優れていると聴きました。一方のブリスはやはり昼行灯。スクリャービンと比べてしまうと,見劣りする感は否めません。既に曲をご存じで,良演をお探しの方にのみ推薦します。