Bの作曲家



シャルル・ボルド Charles Bordes (1863-1909)

フランスの作曲家,理論家,合唱指導者。本名シャルル・マリー・アンヌ・ボルド。1863年5月12日ブーブライ近郊のロシュコルボン(Rochecorbon)生まれ。ピアノをA.F.マルモンテル,作曲をセザール・フランクに師事。1887年からノジャン・シュル・マルヌ教会(Nogent-sur-Marne)付の合唱団長兼オルガニストとなり,文化省の委嘱を受けてバスク地方の民謡収集に従事。民謡の旋律を用いた作品を作曲した。1890年にパリの聖ジェルヴェ教会の合唱団長となり,「ジェルヴェ教会聖週間」と題して,ルネサンスや中世教会音楽を復活上演するなど,古典にも深い関心を示し業績を残した。1894年に,教会音楽の復権を目指し,ヴァンサン・ダンディ,アレクサンドル・ギルマンらとともにスコラ・カントールムの創設に貢献。1899年にはアヴィニョンに,1905年にはモンペリエに,それぞれスコラ・カントールムの分校を設立。のちモンペリエ校にモンペリエ民謡評議会(Congrès du Chant Populaire)を創設した。フランスの郷土民謡にも興味を示し,バスク地方の民謡収集に従事,著書も遺している。デュパルク同様,フランク門下特有の美意識を極限にまで高めた歌曲が優れる。1909年11月8日,ツーロンにて死去。現在まで過小評価の極みにあり,情報も極めて少ない。再評価を熱望したい。


主要作品

舞台作品 ・3つの波 les trois vagues (1898)
管弦楽曲 ・パストラール pastorale (1888)
・バスクの劇のための序曲 ouverture pour le drame basque Errege Jan (1888)
・3つのベアルン舞曲 trois danses béarnaises, op.11 (1888)
・エスカユ・ヘリア Eskual Herria, musique de fête pour accompagner une partie de paume au pays basque (1891)
 
1) barcus, 2 lequito, 3) fuentarabia
協奏曲 ・フルートと管弦楽のためのバスク組曲 suite basque, pour flute et orchestre, op.6 (1887) {fl, 2vln, vc}
・ピアノと管弦楽のためのバスク狂詩曲 rhapsodie basque, pour piano et orchestre, op.9 (1889) {p, orch}
・喜遊曲 divertissement, pour trompette et orchestre (1929) {tp, orch}
室内楽 ・フルートと弦楽四重奏のためのバスク組曲 suite basque pour flûte et quatuor à cordes (1887) {p, 2vln, vla, vc}
・4つのリズミカルな幻想曲 quatre fantaisies rythmiques, op.16 (1891) {p}
・5つの時のカプリース caprices à cinq temps (1891) {p}
・晩祷第2番 secondes vêpres de plusieurs martyrs: hors du Temps Pascal (1898) {org}
・子どものためのアルバム album pour enfants, petits et grands (1905)
歌曲
・四月 Avril (1883) ...A. Maudit詩
・歌 chanson (1883) ...
M. Bouchor詩。のちBréville編「Oeuvres vocales」(1921)へ採録
・外海 pleine mer (1880-1884) ...
V. Hugo詩。のちBréville編「Oeuvres vocales」(1921)へ採録
・冬の夜 soirée d'hiver (1883) ...
F. Coppée詩
・ amour evanoui (1883) ...Bouchor詩
・リラの花咲くとき le temps des lilas (1884) ...
Bouchor詩
・哀しき風景 paysages tristes (1886) ...P.Verlaine詩
 1) soleils couchants, 2) chanson d'automne, 3) l'heure du berger, 4) promenade sentimentale
・情緒的な議論 colloque sentimental (1884) ...Verlaine詩
・おお悲しき我が魂よ o triste, triste était mon âme (1886) {sop, p} ...Verlaine詩
・trois madrigaux amers, op.5 (1885) ...
L. Valade詩。のちBréville編「Oeuvres vocales」(1921)へ採録
 1) profonds cheveux, 2) le rire, 3) sur la mer
・憂鬱 spleen (1886) ...Verlaine詩
・グリーン green (1887) ...Verlaine詩
・祝婚歌 épithalame (1888) {tnr, p}
・3つの歌 trois mélodies, op.8 (1889) ...
J. Lahor詩
 1) chanson triste, 2) sérénade mélancolique, 3) fantaisie persane
・ pensées orientales (1889) ...
Lahor詩
・優しき歌 la bonne chanson (1889) ...Verlaine詩
・ジーグ形式の舞曲 dansons la gigue (1890) ...Verlaine詩
・森の角笛の音 Le son du cor s'afflige vers les bois (1888-1896) ...
Verlaine詩。のちBréville編{19 oeuvres vocales}(1914)へ採録
・緑の風景 paysage vert (1894) ...Verlaine詩
・古風なアリアに依って sur un vieil air (1895) ...Verlaine詩
・ promenade matinale (1896) ...Verlaine詩
・ la ronde des prisonniers (1899) ...Verlaine詩
・ mes cheveux dorment sur mon front (1901) ...
C. Mauclair詩
・4つの詩 quatre poèmes (1901) ...
F. Jammes詩
 1) la poussiere des tamis chante au soleil, 2) la paix est dans le bois silencieux,
 3) Oh! ce parfum d'enfant dans la prairie, 4) Du courage? mon ame eclate de douleur

・ petites fées, honnetes gnomes (1901) ...
J. Moreas詩
・おお我が死者たち ô mes morts, tristement nombreux (1903) ...Verlaine詩
・丁年の風景 paysage majeur (1908) ...
L. Payen詩
・冬 l'hiver, op.18 (1886) {2vo} ...Bouchor詩
・音楽のマドリガル madrigal à la musique (1895) {sop, alto, tnr, bass} ...
W. Shakespeare: Henry VIII。Bouchor訳
合唱曲 ・憐れみ深きイエス pie Jesu, op.10 (1889)
・オ・サルタリス o salutaris, op.12 (1889) {vo, choir}
・聖母の典礼 litanies de la très Sainte Vierge, op.17 (1891) {2f-vo, choir}
・タントム・エルゴ tantum ergo, motet, op.18 (1889) {tnr, org/sop, tnr}
・ le drapeau de Mazagran, chant de patronage (1895) ...
H. Hello詩
・ Mariale, cantique en l'honneur de la tres Sainte Vierge (1896)
・聖人頌歌 cantique aux saints (1897) ...Hello詩
・ cantique de pénitence (1897) ...
Le Dorz詩
・聖母を讃える古風な合唱曲 quatre antiennes à la Sainte Vierge (1898) {2vo}
 1) alma redemptoris, 2) ave regina, 3) regina coeli, 4) salve regina
・ beata viscera, antienne brève (-) {2vo}
・ faux bourdons (-) {3vo}
・聖サクルマンの挨拶 salut au saint sacrement (1900) {3vo}
 1) beata es, Virgo Maria, 2) laudate dominum, 3) o sacrum convivium, 4) tantum ergo
・ verbum caro factum est, response to Sacrement (1900) {4 m-vo}
・アヴェ・マリア ave maria, motet (1897) {4vo}
・ fili quid fecisti, dialogue spirituel (1899) {4vo} ...
アヴィニョン校の創設を記念して作曲。
・ domine, puer meus jacet, dialogue spirituel (1900) ...
スコラ・カントールム[for inauguration of new location]
・ヌンク・ディミッティス nunc dimittis, paraphrase of Cantique de Siméon (1909) {vo, org} ...
Hello詩
・ロレーヌの乙女 vierge Lorraine, cantique a Jeanne d'Arc (1920) ...
Virolet詩


ボルドを聴く


★★★★
Verlaine et ses Musiciens :
Debussy / Honegger / Tournemire / Fauré / Bordes (INA : 262024)

Teresa Stich-Randall, Suzanne Danco (sop) Bernard Kruysen (btn) Irma Kolassi (msp) Bernard Plantey, Jean-Paul Fouchéchourt (tnr) Hans Rosbaud, Françis Poulenc, Jean-Charles Richard, André Collard, Henriette Puig-Roget, Guido Agosti, Roger Boutry, Haridas Greif (p)
このCDは,フランス近代の作曲家の多くが影響を受けた象徴派詩人,ポール・ヴェルレーヌの詩による歌曲ばかりを集めた作品集。ジャケット内に彼の写真が載っていますが,詩のイメージからは信じられないほど豪胆そうなお方です(笑)。そしてこのCD,恐らく知る限りでは,唯一複数のシャルル・ボルド作品に焦点を当てたCDでもあります。リリー・ブーランジェの歌曲集で今を時めくジャン=ポール・フシェクールのテノールに,シュミットの器楽作品集で好いピアノを弾いていたアリダ・グレフのピアノで,しかも7曲も!いずれもフランク門下らしい,高められた後期ロマン派の美意識が溢れる内容。デュパルクを彷彿させる美旋律に酔います。さらなる発掘を熱望。


(2001. 8. 23)