Bの作曲家



ウジェーヌ・ボザ Eugène Bozza (1905-1991)

フランスの指揮者,作曲家,ヴァイオリン奏者。1905年4月4日,ニースでイタリア人とフランス人の両親の間に生まれる。幼少期からヴァイオリンを学んだのち,パリ音楽院へ進んでアンリ・ビュセール,ジャック・イベール,アンリ・ビュセール,アンリ・ラボー,リュシアン・カペ,エドゥアール・ナドーにそれぞれ師事。ヴァイオリン(1924年),指揮法(1930年),作曲法(1934年)の各科でプルミエ・プリを獲得して卒業した。1934年にカンタータ『ルクマニの伝説(La légende de Roukmani)』で,ローマ大賞を獲得。さらに1939年から1948年まで,パリ・オペラ・コミークの常任指揮者を務めたのち,1951年からはエコール・ノルマルのヴァランシエンヌ校で校長を務めた。これらの功績で,1956年にはレジオン・ドヌール騎士章も受賞している。作曲家としては多作。印象主義の薫陶を得た色彩的な和声を用いながらも,著名な作品や自作からの引用,転用に基づく息の長いクロマティックな旋律に特徴づけられた器楽的傾向の小品を数多く遺す。しかし,現在では吹奏楽のための小品によってのみ名前を知られており,その他の作品は滅多に演奏されず,ほぼ忘れられたままの存在と言わねばならない。1991年9月28日,ヴァランシエンヌにて死去。(関連ページ:ウジェーヌ・ボザ情報ページ


 主要作品 ※2006年3月11日改訂。なおも詳細不明多数。編曲多数につき,重複があるかも知れません。

舞台作品 ・バレエ【ローマの祝祭】 fêtes romaines (1939)
・バレエ【海原の戯れ】 ballet 'jeux de plage' (1945) {1act}
・歌劇【レオニーダ】 Léonidas (1947/1974) {3 actes}
・喜劇【ベッポ】 opéra bouffe 'beppo: ou le mort dont personne ne voulait' (1963) {1act}
・歌劇【公爵夫人】 la duchesse de langeais (1967) {4acte}
管弦楽曲 ・ニース風狂詩曲 rapsodie Niçoise (1944) {orch (cl, p)}
・交響詩【勝者に平和を】 pax triumphans poème symphonique (1945)
・前奏曲とパッサカリア prélude et passacaille (1947)
・交響曲 symphonie (1948) {p, strings, perc}
・子どもたちの序曲 childrens ouverture (1964)
・交響曲 symphonie mimée (-)
・マロールカ mallorca (-)
・組曲【海原の戯れ】 Jeux de plage (-)
・組曲 suite pour un vaudeville (-)
・組曲【航海】 voyages, suite pour orchestre et piano conducteur (-)
・17の器楽ソリストのための小交響曲 mikrophonie pour 17 instruments solistes (-)
・音の形 figures sonores pour neuf instruments (-)
・ロッシーニを讃えて hommage à Rossini (-)
協奏曲 ・サクソフォーン協奏曲 concerto pour saxophone et orchestre (1937) {sax, orch}
・ヴァイオリン協奏曲 concerto pour violon et orchestre (1937) {vln, orch}
・序奏とトッカータ inroduzione et toccata (1938) {p, orch}
・バラード ballade (1944) {tb, orch}
・トランペットと室内楽のための小協奏曲 concertino (1949) {tp, chamber}
・ピアノ協奏曲 concerto pour piano (1955) {p, orch}
・弦楽三重奏,吹奏楽,ハープとコントラバスのための協奏曲 concerto (1955) {vln, vla, vc, winds, hrp, b}
・8つの楽器のための室内小協奏曲 concertino da camera pour 8 instrements (1964) {fl, strings}
・5つの動き cinq mouvement (1970) {strings}
・チューバ,打楽器と管弦楽のための小協奏曲 concertino (-) {tba, 2perc, 2timp, orch}
・ピアノと木管楽器のための小協奏曲 concertino (-) {p, winds}
・バスーンのための小協奏曲 concertino pour basson (-) {orch, 2perc, celesta, 2timp}
・聖女セシーユの荘厳ミサ messe solennel de Ste Cécile (-) {brass, timp, org, hrp}
・ギターと弦楽四重奏のための室内小協奏曲 concertino (-) {g, 2vln, vla, vc}
・小協奏曲 concertino (-) {tba (saxhorn-basse), p}
吹奏楽 ・三部作集 trilogies (-) {brass}
・冬季オリンピックの荘厳行進曲 marche solennelle des x jeux olympiques d'hiver (-)
・ヴァランシエンヌの子どもたち es enfants de Valenciennes (-)
・リズミックな序曲 ouverture rythmique (-)
・勝利者たち pax triumphans - transcription pour harmonie (-)
・英雄的ファンファーレ fanfare heroïque (-) {winds}
・儀式への序曲 ouverture pour une ceremonie (-) {winds}
オラトリオ ・聖アントワーヌの誘惑 tentation de Saint Antoine (1948) {orch, recitant, choir}
・イエスの受難 passion de Jesus (1963) {recit, choir, orch}
・鉱山の歌 le chant de la mine (-)
カンタータ ・ルクマニの伝説 la légende de Roukmani (1934) {3vo, narr, 4timp, perc, strings, clsta, 2glockenspiel, hrp}
・詩篇 psaumes pour choeurs, orchestre orgues et fanfare (1938) {choir, org, orch}
・100周年のカンタータ cantate du centenaire -rattachement de Nice a la France (-)
その他
合唱
・レクイエム requiem (1950) {sop, tnr, btn}
・12教皇聖下へのミサ曲 messe de sa Sainte té Pie XII (1955) {sop, al, tnr, btn}
・鎮魂ミサ曲 messe de requiem (1971) {choir, orch}
・三声のミサ messe à trois voix a capella (-) {3vo}
・讃歌 hymne -aussi avec orchestre (-) {sop, msp, tnr, btn, p}
・風車の道へ sur le chemin du moulin (-) {4vo, p}
室内楽 ・ブールジェの湖による夜想曲 nocturne sur le lac du Bourget (1923) {vln, p}
・アリア aria (1936) {cl (fl/as), p/vln}
・フルートとバスーンのためのソナチヌ sonatine (1938) {fl, bssn}
・弦楽四重奏曲第1番 quatuor à cordes No.1 (1939) {2vln, vla, vc}
・映像 image (1939) {fl}
・森にて en forêt: aussi avec orchestre (1941) {hrn, p}
・アグレスティド agrestide (1942) {fl, p}
・自由な主題による変奏曲 variations sur un thème libre (1943) {fl, ob, cl, bssn, hrn}
・アンダンテとスケルツォ andante et scherzo (1943) {4sax}
・即興曲風カプリース caprice improvisation (1944) {cl, p}
・プルチネッラ Pulcinella (1944) {cl, p}
・エドゥアル・ナニの名による小品 pièce sur le nom d'Edouard Nanny (1946) {p, b}
・小協奏曲 concertino (1949) {hrn/tp, p} ...
管弦楽版あり(上記)
・ソナティナ sonatina (1951) {2tp, tba, tb, hrn}
・ロンド ronde (1953) {4fl}
・夏山の或る一日 jour d'été a la montagne (1953) {5fl}
・夜の音楽のための小品集 pièces pour une musique de nuit (1954) {fl, ob, cl, bssn}
・14のアラベスク風練習曲 14 études arabesques (1960) {fl}
・室内交響曲 symphonie da camera (1960) {2ob, 2cl, 2bssn, 2hrn}
・ルチェルカーレ ricercare (1964) {vln, vc}
・フランス組曲 suite française(1967) {2tp, hrn, tb, tba}
・フリガリアーナ frigariana (1968) {tp, p}
・2部作 diptyque (1970) {as, p}
・祝婚歌 épithalame (1971) {cl, p}
・オーボエ・ソナタ sonate pour haubois et piano (1971) {ob, p}
・2つの素描 deux esquisses (1972) {4fl}
・カルナティック旋法による11の練習曲 11 études sur des modes karnatiques (1972-1973) {tp, tb}
・組曲 suite No. 6 (1973) {cl, p}
・筆跡 graphismes (1975-1976) {fl, ob, cl, bssn, hrn, tp, tb}
・筆跡 graphismes (-) {p, tp ,hrn, tb}
・筆跡 graphismes (-) {cl, bssn, fl, ob}
・3つの小品 trois pièces (1979) {4fl}
・3つの小品 trois pièces (-) {4tb, bass-tb, tuba}
・3つの小品 trois pièces (-) {2tp, hrn, 3tb, tuba}
・3つの小品 trois pièces (-) {4fl}
・3つの小品 trois pièces (-) {2tp, hrn, tb}
・フルートとオーボエのための3つの小品 trois pièces (-) {fl, ob}
・フルートとギターのための3つの小品 trois pièces (-) {fl, g}
・音楽の夜より3つの小品 trois pièces pour une musique de nuit (-) {fl, ob, cl, b}
・4つの小品 quatre pièces faciles (-) {fl, p}
・三重奏のための小さな小品 suite brève en trio (-) {ob, cl, b}
・協奏的小品 pièce concertante (-) {ts, p}
・小さな小品 pièce brève (-) {sax}
・4つの素描 quatre esquisses (-) {tp, tb}
・3つの日本風の素描 trois esquisses Japonaises (-) {4perc}
・3つの印象 trois impressions (-) {fl, p}
・3つのエッセイ trois essais (-) {tb, perc}
・4つの断章 quatre mouvements (-) {fl, ob, cl, bssn, hrn, tp, tb}
・3つの断章 trois mouvements (-) {cl, fl}
・2つの印象 deux impressions (-) {fl, hrp}
・3つのエヴォカシオン trois evocations (-) {2fl}
・4本のクラリネットのためのソナチヌ sonatines (-) {4cl}
・ヴィエールのアリア air de vielle (-) {p, fl/ob}
・田園風のアリア air pastoral (-) {p, fl/ob}
・5つの日本風の主題による詩 cinq chansons sur des thèmes Japonais (-) {fl, p}
・子守歌 berceuse (-) {fl, p}
・田園恋愛詩 idylle (-) {cl, p}
・あやし歌 chanson à bercer (-) {as, p}
・イングリッシュ・ホルンのための歌曲 lied pour cor anglais (-) {e-hrn, p}
・森の歌 le chant de forêts (-) {fls}
・遙かな歌 chant lointain (-) {hrn, p}
・牧歌 bucolique (-) {cl, p}
・リート lied (-) {tp, p}
・叙唱,シシリエンヌとロンド recit, sicilienne et rondo (-) {bssn, p}
・ブルレスク burlesque (-) {bssn, p}
・カデンツァ cadenza (-) {bssn, p}
・メヌエット menuet des pages (-) {as, p}
・ダルヴァンクルの名による狂詩曲 cappricio pour douze instruments à vent sur le nom de C.Delvincourt (-)
・乙女たちのガヴォット gavotte des demoiselles (-) {as, p}
・小さなガヴォット petite gavotte (-) {as, p}
・スカラムーシュ scaramouche (-) {as, p}
・3本のファゴットのための喜遊曲 divertissement (-) {3bssn}
・喜遊曲と前奏曲 prélude et divertissement (-) {cl (as), p}
・前奏曲とシャコンヌ prélude et chaconne (-) {winds}
・即興曲と舞曲 impromtu et danse (-) {bs, p}
・2つの即興曲 deux impressions (-) {fl, hrp}
・奇想曲 caprice No.1 et No.2 (-) {tp, p}
・イタリア幻想曲 fantaisie Italienne (-) {cl, p}
・日本風のアリアによる狂詩曲 rapsodie sur des airs Japonais (-) {5timb, xylophone, vib, perc, executant}
・狂詩曲 rapsodie (-) {tp, p}
・幻想曲 fantaisie (-) {bssn, p}
・幻想パストラール fantaisie pastorale (-) {ob, p}
・夜想曲と舞曲 nocturne-danse (-) {bssn, p}
・アレグロと終奏 Allegro et finale (-) {tba, sax, p}
・前奏曲とアレグロ prélude et allegro (-) {tba, sax, p}
・変奏曲 thème varié (-) {tba, sax, p}
・間奏曲 interlude (-) {fl}
・子守歌とセレナード berceuse et sérénade (-) {fl, g}
・セレナード sérénade (-) {fl, ob, cl, b}
・セレナード sérénade (-) {fl, ob, cl, b, hrp, hrp}
・スケルツォ scherzo (-) {fl, ob, cl, bssn, hrn}
・スケルツォ scherzo (-) {fl, ob, cl, b}
・フォルベア phorbea (-) {fl}
・フルートとピアノの対話 dialogue (-) {fl, p}
・2本のトランペットのための対話 dialogue (-) {2tp}
・対話 entretien (-) {hrn, p}
・対比 contraste I (-) {fl, bssn}
・対比 contraste II (-) {bssn, ob}
・対比 contraste III (-) {cl, bssn}
・対比 contraste IV (-) {hrn, tp}
・即興曲の形式による18の練習曲 18 études en forme d'improvisation (-) {p, hrn}
・16の練習曲 16 études (-) {p, tp}
・13のカプリース風練習曲 treize études caprices (-) {tb}
・14の練習曲 14 études de mecanisme (-) {cl}
・12の狂想練習曲 douze études caprices (-) {sax, p}
・12の練習曲 douze études (-) {cl}
・11の練習曲 onze études sur des modes karnatiques (-) {cl, bssn}
・14の練習曲 14 études sur des modes karnatiques (-) {ob}
・18の練習曲 18 études (-) {ob}
・15の練習曲 15 études journalieres (-) {bssn}
・12の練習曲風カプリース 12 études caprices (-) {sax}
・8重奏のための室内交響曲 symphonie de chambre (-) {fl, ob, cl, b, hrn, hrp, celesta, p}
・ホルン四重奏のための組曲 suite (-) {4hrn}
・五重奏曲 quintettes (-)
・吹奏三重奏曲 trios d'anches (-) {3wind}
・急流の淵にて aux bonds du torrent (-) {fls}
・アイルランドにて en Irlande (-) {hrn, p}
・山頂に向かって sur les cimes (-) {hrn, p}
・冗談 badinage (-) {tp, p}
・コルネッティーナ cornettina (-) {cornet, p}
・田舎風 rustique (-) {tp, p}
・バッハ礼讃 hommage à Bach (-) {tb, p}
・シャコーナ ciaccona (-) {tb, p}
・ニュー・オリンズ New-Orleans (-) {tba, sax, p}
・回転運動 giration (-) {p, 3tp, hrn, tb, tba}
・クラリベル claribel (-) {cl, p}
・アグレスティド agrestide (-) {fl, p}
・悪戯っ気 espièglerie (-) {bssn, p}
・子どもの夢 rêves d'enfant (-) {as, p}
・山の夕暮れ soir dans la montagne (-) {fl, p}
・田園風の物語 conte pastoral (-) {ob, p}
・オーボエとピアノのための田園詩曲 pastorale (-) {ob, p}
・フルートのための田園詩曲 pastorale (-) {fls}
・ラ・カンパネラ la campanile (-) {as, p}
・シバ神 Shiva (-) {bssn, p}
・繰り返し 'bis' (-) {p, 2tp, 2hrn, tb, tba}
・雲 nuages (-) {4sax}
・アトモスフェール atmosphere (-) {4fl, strings}
・音が協調する時 quand les muses collaborent (-) {fl, bssn, cl, b, hrn}
・蛍 luciolles (-) {6cl}
・八重交響曲 octanphonie (-) {2ob, 2cl, 2b, 2hrn}
・五重交響曲 pentaphonie (-) {fl, ob, cl, bssn, hrn}
・多声の全音階による交響曲 polydiaphonie (-) {fl, g}
・二重奏で duettino (-) {2bssn}
・ラグ・ミュージック rag music (-) {5timb, glokenspiel, xylophone, mrba, vib, perc, executant}
・ vanaspati (-) {12 perc, xylophone}
歌曲 ・5つのニース風の歌 cinq chansons Niçoises (-) {vo, p}
・感情的な議論 colloque séntimental (-) {vo, p}
・ヴォーカリーズ vocalise (-) {female-vo, p}
・5つのフロレンス風の歌 cinq chansons florentines (-) {female-vo, p}

※山田伊津美女史より一点,誤謬の訂正を頂きました(2006. 6. 10)


 ボザを聴く


★★★★★
"Aria / Prélude et Divertissement / Pulcinella / Caprice-Impromptu / Épithalame / Claridel / Idylle / Fantaisie Italienne / Boucolique / Suite / Rhapsodie Niçoise" (Hungaroton : HCD 32114)
Csaba Klenyán (cl) Maki Yamamoto (p)
同じレーベルから出たカルク=エレルトのフルート作品集にも顔を覗かせていたチャバ・クレニアン氏は1969年ヴァク生まれのハンガリアン。フラグスタッフ及びコンスタンツァ国際クラリネット・コンクールの優勝者です。伴奏者の山本女史はリスト音楽院で学んだ人だそうなので,恐らく2人が知り合ったのもブタペスト界隈でしょう。本盤は2003年に出た,管見の限り世界初(というより唯一)のボザ作品集。「アリア」,「前奏と喜遊曲」と,味も素っ気もない音楽形式の名前が乱舞する冒頭の2品は,古風な標題そのまま,ボザの作品は思えないほどリズムが平坦なうえ,かなり保守的で擬古典的。こんなもんが2曲も並ぶ冒頭に落胆した貴兄は,目まぐるしく移調する息の長い,弾むような主旋律が全面展開される「プルチネルラ」から後をぜひ。臆面もなくいつものボザです。擬古典版シュミットとでも呼びたくなるような,変拍子と細かく躍動感のあるリフに快哉必至でしょう。演奏は東欧人らしく,やや硬い乗りではあるものの,技量確か。極めて稀な機会に,この水準の演奏で録って貰えたのは幸運でした。ボザを聴こうとお考えの方には,ファースト・チョイスとしてお薦めできます。

★★★★
"Le Tombeau de Mireille (Tomasi) Pièce (Franck) Lamento (Ropartz) Adagio (Ladmirault) Aria (Roussel) Maneh (Bréville) Fantaisie Pastorale / Air de Vielle / Conte Pastorale / Aria (Bozza) Chant de la Solitude (Hugon) Capriccio (Murgier) Rondo (Tailleferre) Trois Pièces Brèves (Durey) Impromptu (Auric)" (Audite : 97.502)
Lajos Lencsés (ob) François Killian (p)
ドイツにいながらフランスものが大好きで,自らケックランのオーボエ作品集を録音してしまうラヨシュ・レンチェス氏は,かつての敵国に潜伏し,内側からフランス近代音楽好きを増やそうと画策する素晴らしいお方。そんな救世主様が録音した本盤は,この人のフランス趣味が筋金入りであったことを雄弁に物語る選曲に唖然呆然。ロパルツ,ラドミロー,ブレヴィユ以下マイナー作家てんこ盛りの選曲で,商売を成り立たせるのは到底無理。それでも我が儘を押し通してくださった彼にゃただただ感謝の言葉しかございません。収録曲は,どれも穏健な佳品揃い。滅多に聴けないユゴンやミュルギエなんて,どなたも垂涎じゃないでしょうか。最近はラドミロー界隈まで発掘が進んだんですし,そろそろこういう作家も再評価されていいんじゃないでしょうか。作家の力量も自体も充分そうされるだけの価値はあると思います。レンチェスさんの演奏はそう悪くないですけど,以前に比べると音が硬く痩せちゃいました。跳躍や強音なんかかなりキツイです。もうお年なんでしょうかねえ。

★★★★
"Andante et Scherzo (Bozza) / Quatuor pour Saxophones (Desenclos) / Petit Quatuor pour Saxophones (Françaix) / Grave et Presto (Rivier) / Quatuor pour Saxophones (Schmitt) / Introduction et Variations sur une Ronde Populaire (Pierné)" (Etcetera : KTC 1104)
Aurelia Saxophone Quartet
幸か不幸か,クラシックへの理解がドイツに偏っている我が国でフランス近代の作品が最も好く紹介されているのは,吹奏楽。吹奏楽部や若手ソリストのコンクールなどでは,いち早く近代的な楽器を採り入れ,近代的な奏法と書法で書かれたフランス近代の作品が頻繁に採用されるためです。ボザも例外ではなく,おそらく最も頻繁に演奏されるボザの代表作はこの『アンダンテとスケルツォ』でしょう。ビョルンキャンプのサックスで密かに人気のあるオーレリア・サックス四重奏団のこの盤は極めて生き生きと,精気溢れる演奏に心配った快演奏。技術的にはおそらく,まだ優れたものがあるでしょうが,音楽を音楽として「鳴らす」ことに掛けては,決定版に近いのでは。仏近代らしい典雅な古典趣味を,色彩的な和声に乗せた作品の出来も,言うまでもなく良いです。

★★★★
"Trois Pièces Brèves (Ibert) : Printemps (Tomasi) : La Cheminée du Roi René (Milhaud) : Septuor (Koechlin) : Quintette no.1 (Françaix) : Scherzo (Bozza)" (BIS : CD-536)
Berlin Philharmonic Wind Quintet
ベルリン・フィルハーモニーの構成員5人が集まって組織されたこの楽団,言うまでもなく通常は古典や前期ロマン派などがレパートリー。彼らゲルマン人の音楽史観では印象派なんぞワグナーからシェーンベルクへと移行する途上に咲いた突然変異の仇花に過ぎないわけで,滅多に録音してくれるはずもありません。このCDはそんな楽団が残してくれた,非常に珍しいオール・フランス・プログラム。選曲もトマジにボザ,ケックランと,つまみ食い企画のわりにはかなり硬派でマニアックなうえ,天下のベルリン響の構成員らしく演奏技術が素晴らしいです。じゃァどうして4つ星なんですか?と仰るあなたは鋭い。選曲をみても,彼らの仏ものに対する知識はかなりのものでしょう。そんな彼らが選んだゆえにこそその選曲が,却って彼らの音楽観を反映しているのですね。和声は希薄で,細かいリフが交錯する対位法様式のものばかりなんですよ。古楽通のケクランにロマン派回帰のミヨー,通俗的ながらやはり懐旧的なフランセという人選,そして,トマジとは思えないほど擬古典的な『春』・・一見無作為なようでいて,実はかなり意図的なものだと思った次第です。演奏は(アルバン・ベルク四重奏団のドビュッシーがそうだったように)技術的には大変高水準。でありながら,どこか無機質な響きが特徴です。

★★★☆
"Die Kammermusikensembles : Fuge d-moll (J.S.Bach) : Frühling (W.Fr.Bach) : Presto (Beethoven) : Presto (Mendelssohn) : ballet der Küchlein (Mussorgski) : die wunderlocke (W.Schabata) : triptel (Kerschbaum) : sinfonia (L.de Lorenzo) : allegro non tanto / allegro con moto (F.Kuhlau) : jour d'été a la montagne (E.Bozza)" (Koch : 310 027 H1)
Mallet - Trio / Die Fünf Flötisten der Wiener Symphoniker
シロフォン,鉄琴,マリンバの三重奏(マレット・トリオ)に,ウィーン交響楽団のフルート奏者5人組という風変わりな編成のオムニバス企画。前半カルシュバウムまでがトリオで,後半がフルート作品集。コッホはゲルマン系のレーベルなので,選曲もドイツ・セントリズム丸出し。印象主義ファンはまず触手が伸びないでしょう。ここで掉尾を飾っている唯一のフランスものが,過小評価の作曲家ボザのフルート五重奏曲。ボザはこういう器楽的な傾向の強い,擬古典様式と印象主義の書法を折衷した軽めの作風を得意とした人で,木管や金管を演奏なさる方にはお馴染み。しかし小品が中心なためか現在までロクに注目されたことがなく,こうしたオムニバスものの一部として僅かに聴けるばかりです。瀟洒ないい作品を書く人なので,浮かばれて欲しいもの。こうして古典派や前期ロマン派と並べて聞くと,和声的には近代でも,形式そのものは伝統的に則っている穏健さが見事に明らかとなり,印象主義が決して革新の音楽ではなく,拡張の音楽であったのだと分かる,という仕組みになっております。まさかそこまで考えて最後にボザを持ってきたわけでもないのでしょうが・・。選曲はともかく 演奏は良質です。

★★★☆
"French Recital Pieces : Pièces en Ré (Busser) Pour Diane (J.Charpentier) Scherzetto (J.de la Presle) Légende (Poot) En Irlande (Bozza) Pièce Mélodique No.8 (Vuillermoz) Le Rêve du Jeune Faon (de la Presle) Romance sans Paroles (P.M.Dubois) Poème Fantastique (Delerue) Sonatine (R.Guillou) Cantecor (Busser) Légende (Planel) Souvenir (Bonneau)" (Mark : 2611-MCD)
Robin Dauer (horn) Dennis Hay (piano)
アーカンソー州立大学助教授にしてホルン奏者のロビン・ダウアーと,ミシシッピー州ブライスビルでコミュニティ・カレッジの講師をしているデニス・ヘイという,普通なら手が出ない(失礼)顔触れによるこのCD,当然ながら購入動機は発掘精神に満ちた素晴らしい選曲です。ボザの作品は一曲のみ。ドビュッシー絡みで名前こそ良く知られているものの,作品となると滅多に聴けないビュセールは今回初めて聴きましたが,むしろ聴きものはモーダル度の高いその他の無名作家。いずれもよりかっちりした器楽的傾向の印象主義者といった佇まいで,分かりやすく言えばデュカをもう少しドビュッシーに近づけたような感じ。わけてもプレルとヴュイエルモーズは名前しか聞いたことがありませんでしたが,ピエール・ガベーユ的な平明さとモーダルでカラフルな色彩感覚があって,かなりいい仕事をする作曲家だという印象を持ちました。他の作品はないんでしょうか?勿体ないですねえ。演奏はローカルな人選ということもあって,音運びがかなり重そうですけど,あからさまなミスはそれほどなく,悪くないと思います。

(2001. 9.22 upload)