Eの作曲家



ジョルジュ・エネスコ George Enescu (1881-1955)

ルーマニアのヴァイオリン奏者,作曲家,指揮者,教育者。1881年8月19日リヴェニ(Liveni)生まれ。ジョルジュ・エネスコ(Georges Enesco)は仏語表記,ジョージ・エネスク(George Enescu)が英語表記。4才でヴァイオリンを取り,5才には作曲を始めるなど幼少期から才能を発揮し,1888年に7才でウィーンへ出て,ウィーン音楽院へ進学。ヨゼフ・ヘルメスベルガーにヴァイオリン,ロベルト・フックスに作曲法を師事し,1893年に一等を得て卒業。次いでパリ音楽院へ進み,ジョセフ・ホワイトとマルタン・ピエール・マルシックにヴァイオリン(1898年に2等,翌年に1等)を学ぶとともにジュール・マスネーに作曲法(1892年に1等)を,アンドレ・ジェダルジュに対位法(1897年に2等)を師事した。在学中から既に,自作を含む演奏でパリにおける評価を確立し,1902年にはベルリンでもデビュー。1903年には自己の三重奏団,1904年に四重奏団を結成し,国際的なヴァイオリン奏者として評価を確立するに至る。いっぽう,1912年にはルーマニアの若手作曲家の育成を意図してエネスコ賞を創設し,1917年には自らの名前を冠した管弦楽団を創設するなど,故国の音楽文化の振興に尽力した。教育者としても優れ,メニューイン,グリュミオー,ギトリスらを輩出。ラヴェルとは親交が深く,作曲家としても影響を受け,初期には後期ロマン派,のちにはさらに近代的な書法を採り入れながらルーマニアの音楽性に根ざした作品を執筆した。1955年5月4日パリにて死去。彼の死後,故郷リヴェニは村名をエネスコに改めた。(関連ページ:George Enescu 英語)


主要作品
 ※何語やねん・・(-_-;) 一部和訳は後日

舞台音楽 ・歌劇 drame lyrique (1895-1899) ... 第一幕のみ現存。「青の蓮(le lotus bleu)」か?
・悲劇【エディプス王】 Oedipe, op.23 (1922/1931) {4act} ...
Edmond Freg台本,1922年11月29日付ピアノ独奏譜完品現存
管弦楽曲 ・3つの序曲 [three overtures] (1891-1894)
・学生時代の交響曲 ニ短調 [first 'school' symphony] (1895)
・悲劇的序曲 tragic overture (1895)
・学生時代の交響曲第三番 ヘ長調 [second 'school' symphony] (1895)
・アンダンティーノ andantino (1896)
・学生時代の交響曲第三番 ヘ長調 [third 'school' symphony] (1896)
・勝利の序曲 triumphal overture (1896)
・4つの喜遊曲 divertissements (1896)
・2つのルーマニア組曲 two Romanian suites (1896-1897) ...
未完
・ルーマニア詩曲 poème Roumain, op.1 (1897)
・学生時代の交響曲第四番 変ホ長調 [fourth 'school' symphony] (1898)
・幻想牧歌 pastorale-fantaisie (1899)
・東洋組曲 suite orientale (1900) ...
断片
・ルーマニア狂詩曲第1番 イ長調 première rapsodie Roumaine, op.11 (1901)
・ルーマニア狂詩曲第2番ニ長調 seconde rapsodie Roumaine (1902)
・弦楽のための間奏曲第1番 ニ長調 intermède, op.12-1 (1902) {strings}
・弦楽のための間奏曲第2番 ト長調 intermède, op.12-2 (1903) {strings}
・組曲第1番ニ長調 première suite en ut majeur, op.9 (1903)
・交響曲第1番 変ホ長調 première symphonie, op.13 (1905)
・女城主の組曲 suite châtelaine (1911) ...
未完。第一楽章「導入曲」と「(chasse)」の断片のみ
・交響曲第2番イ長調 seconde symphonie en la majeur, op.17 (1912-1914)
・組曲第2番 ハ長調 deuxième suite en ut majeur, op.20 (1915)
・交響曲第3番ハ長調 troisième symphonie en ut majeur, op.21 (1916-1919/1921) {orch, choir} ...
終章は4部合唱付帯
・交響曲第4番 quatrième symphonie (1934) ...
一楽章草稿,二楽章の断片のみ現存
・組曲第3番 ニ長調【村人たち】 trosième suite 'sateasca (villageoise)', op.27 (1938)
・演奏会用序曲 イ長調 ouverture de concert sur des thèmes dans le caractère Roumain, op.32 (1948)
・交響詩【海の声】 ト長調 vox maris, op.31 (1954) {tnr, 3-choir, orch} ...
最初の草稿(完品)は1929年。
・室内交響曲 ホ長調 symphonie de chambre, op.33 (1954) {fl, ob, e-hrn, cl, bssn, hrn, tp, vln, vla, vc, b, p}
・交響組曲【自然の呼び声】 voix de la nature (-) ... 日付記述なし(不詳),「森の秋雲」と題された断片が現存する
・アレグロ allegro (-) {chamber} ...
日付記述なし(不詳)
協奏曲 ・ヴァイオリン協奏曲 イ短調 [violin concerto No.1] (1896) {vln, orch}
・幻想曲 fantaisie (1896) {p, orch}
・ピアノ協奏曲 ニ短調 [piano concerto] (1898) {p, orch} ...
一楽章の部分草稿のみ
・ピアノ協奏曲 ホ短調 [piano concerto] (1898) {p, orch} ...
一楽章の部分草稿のみ
・協奏的交響曲 ロ短調 symphonie concertante, op.8 (1901) {vc, orch}
・ルーマニア奇想曲 caprice roumain (1928) {vln, orch} ...
草稿のみ,未完
・協奏的交響曲 ハ長調 symphonie concertante (1932) {vln, orch} ... 草稿のみ,未完
器楽 ・歌劇 opera (1886) {vln, p}
・ピアノ四重奏曲 [piano quartet] (1893) {vln, vla, vc, p} ...
断片のみ
・弦楽四重奏曲 ハ長調 [string quartet in C major] (1894) {2vln, vla, vc} ...断片のみ
・弦楽四重奏曲 ニ短調 [string quartet in D minor] (1894) {2vln, vla, vc} ...
断片のみ
・ヴァイオリン四重奏曲 [quartet for four violins] (1894) {4vln}
・変奏組曲 [suite of variations] (1894) {2vln}
・タランテラ tarantelle (1895) {vln, p}
・ヴァイオリン・ソナタ sonate pour violon et piano (1895) {vln, p}
・バラード ballade (1895) {vln, p (orch)}
・4声のフーガ fugue en quatre parties (1895-1896) ...
ジェダルジュ「フーガの技法」に採録された。
・弦楽四重奏曲 [string quartet] (1896) {2vln, vla, vc} ...
未完
・ピアノ四重奏曲 [piano quintet] (1896) {2vln, vla, vc, p}
・ヴァイオリン・ソナタ第1番 ニ長調 sonate pour violon et piano No.1, op.2 (1897) {vln, p}
・夜想曲とサルタレラ nocturne et saltarello (1897) {vc}
・弦楽四重奏曲 [string quartet] (1897) {2vln, vla, vc} ...一楽章のみ。未完
・叶わぬ思い pensée perdue (1898) {vln, p}
・前奏曲 prélude (1898) {vln, vc, 2p}
・弦楽八重奏曲 ニ長調 octuor pour cordes (1898) {4vln, 2vla, 2vc} ...
断片のみ
・モデラート ヘ短調 moderato (1898) {vln, p} ... 断片のみ
・チェロ・ソナタ第1番 ヘ短調 sonate pour violoncelle et piano No.1, op.26 (1898) {vc, p}
・音のないセレナード sérénade en sourdine (1899) {vln, p}
・弦楽三重奏曲 trio (1899) {2vln, vc}
・5つの弦楽四重奏曲 [5 string quartets] (1895-1899) {2vln, vla, vc} ...
時期は不詳だが五編の習作がある。
・奉献曲 aubade (1899) {vln, vla, vc}
・ヴァイオリン・ソナタ第2番 ヘ短調 sonate pour violon et piano No.2, op.6 (1899) {vln, p}
・宗教的なアンダンテ andante religioso (1900) {2vc, org}
・牧歌, 悲しきメヌエット, 夜想曲 pastorale, menuet triste et nocturne (1900) {vln, 2p}
・七重奏曲 [septet] (1900) {fl, ob, 2hrn, cl, bssn, p}
・弦楽八重奏曲 octuor pour cordes, op.7 (1900) {4vln, 2vla, 2vc}
・協奏的即興曲 変ト長調 impromptu concertant (1903) {vln, p}
・カンタービレとプレスト cantabile et presto (1904) {fl, p}
・演奏会形式のアレグロ allegro de concert (1904) {hrp}
・吹奏十重奏曲 ニ長調 dixtuor pour vents, op.14 (1906) {2fl, ob, e-hrn, 2cl, 2bssn, 2hrn}
・伝説 légende (1906) {tp, p} ...
1904年とする資料もあります。作曲年1904年,初演1906年か?
・演奏会用の小品 concertstück: pièce de concert (1906) {vla, p}
・夕べに au soir (1906) {4tp} ...
トランペット4本のための「詩曲」とも呼ばれる
・弦楽四重奏曲 ハ長調 [string quartet] (1906) {2vln, vla, vc} ...
一楽章のみ
・アリアとスケルツィーノ aria et scherzino (1909) {vln, vla, vc, b, p}
・ピアノ四重奏曲第1番 ニ長調 [piano quartet No.1, op.16] (1909-1911) {p, vln, vla, vc}
・ヴァイオリン・ソナタ【遺作】 sonate pour violon 'torse' (1911) {vln, p}
・ピアノ三重奏曲 ハ短調 [piano trio] (1916) {vln, vc, p}
・(邦訳不詳) hora unirei (1916) {vln, p} ...
Flechtenmacherをもとに作曲
・弦楽四重奏曲第1番 変ホ短調 quatuor à cordes No.1, op.22-1 (1920) {2vln, vla, vc}
・ヴァイオリン・ソナタ第3番 イ短調 sonate pour violon et piano No.3, op.25 (1926) {vln, p}
・チェロ・ソナタ第2番ハ長調 ハ長調 sonate pour violoncelle et piano No.2, op.26-2 (1935) {vc, p}
・子どもの心象 ニ長調 impressions d'enfance, op.28 (1938) {vln, p}
・ピアノ五重奏曲 イ短調 quintette pour piano et quatuor à cordes, op.29 (1940) {p, 2vln, vla, vc}
・ピアノ三重奏曲 [piano trio] (1942) {vln, vc, p} ...
断片のみ
・ピアノ四重奏曲第2番 ニ短調 quatuor pour piano No.2, op.30 (1944) {p, vln, vla, vc}
・弦楽四重奏曲第2番 ト長調 quatuor à cordes No.2, op.22-2 (1951-1952) {2vln, vla, vc} ...
1926年説もあるのは7訂まであるため。
・夜想曲 nocturne 'ville d'avrayen' (-) {vln, vla, vc, p} ...
断片,未完
ピアノ曲 ・ワルツ [waltz] (1887)
・教会用小品 pièce d'église (1889)
・ロンドと変奏 [rondo and variations] (1893)
・バラード ballade (1894)
・序奏,アダージョとアレグロ introduction, adagio and allegro (1894)
・ピアノ・ソナタ [piano sonata] (1894)
・管弦楽のためのソナタ sonata for orchestra (1894) ...
自筆譜所在不明。ピアノ譜を作曲者が初演した
・ポルカ [polka] (1894-1895) {2p}
・ソナティナ [sonatina] (1894-1895) {2p}
・ロマンス romance (1894-1895) {2p}
・前奏曲とスケルツォ prélude, scherzo (1896) ...
Aronovici夫人に献呈された
・舟歌 barcarolle (1897)
・紡ぎ女 la fileuse (1897)
・古風な形式による組曲 suite dans le style ancien, op.3 (1897)
・独自主題による変奏曲 variations for two pianos on an original theme, op.5 (1898) {2p}
・悔悟 regrets (1898)
・即興曲 impromptu (1898)
・組曲 [suite] (1898) {2p}
・中庸な速さで modérément (1898)
・アルマンド allemande (1899)
・変奏曲 variations (1899) {2p}
・即興曲 impromptu (1900)
・ピアノのための組曲第二番 ニ長調 suite No.2, op.10 (1903)
・前奏曲とフーガ prelude and fugue (1903)
・夜想曲 変ニ長調 nocturne (1907)
・ピアノ・ソナタ [piano sonata] (1912) ...
単一楽章。自筆譜は紛失
・ピアノのための組曲第三番《即興小品集》 suite No.3 'pièces impromptus' (1916) ...
7曲
・フォーレの名による小品 pièce sur le nom de Fauré (1922)
・ピアノ・ソナタ第1番 嬰ヘ短調 sonate pour piano No.1, op.24-1 (1924)
・ピアノ・ソナタ第2番 sonate pour piano No.2, op.24-2 (1926-1931)
・ピアノ・ソナタ第3番 ニ長調 sonate pour piano No.3, op.24-3 (1934)
歌曲 ・讃えるは神なり si j'étais dieu (1897-1898) {vo, p} ...S.Prudhomme詩
・3つの歌 trois mélodies (1897) {vo, p}
・4つの歌 quatre mélodies (1897)
・ der bläser (1898) {vo, p} ... C.Sylva詩
・3つの歌 three songs, op.4 (1898) ...
J.Lemaîre, S.Prudhomme詩
・ zaghaft (1898) {vo, p} ...
C.Sylva詩
・ armes mägdlein (1898) {vo, p} ... C.Sylva詩

・ der schmeltterlingskuss (1898) {vo, p} ... C.Sylva詩
・ reue (1898) {vo, p} ...
C.Sylva詩
・ schlaflos (1898) {vo, p} ...
C.Sylva詩
・ frauenberuf (1898) {vo, p} ... C.Sylva詩

・ wüstenbild (1898) {vo, p} ...
A.Roderich詩
・スフィンクス sphinx (1898) {vo, p} ...
C.Sylva詩
・インドの歌 chant indou (1898) {vo, p} ... Mlle Géraldine Rolland詩
・ maurerlied (1899) {vo, p} ... C.Sylva詩
・ königshusarenlied (1899) {vo, p} ... ... C.Sylva詩
・奉献曲 dédicace (1899) {vo, p}
・四旬節 quarantaine (1899) {vo, p} ...
Enescu詩
・ souhait (1899) {vo, p} ...
Enescu詩
・ de ziua (1900) {vo, p}
・ mittagsläuten (1900) {vo, p} ...
C.Sylva詩
・ prinz waldvogelsgesang (1901) {vo, vc, p}
・ ein sonnenblinck (1901) {vo, p}
・笛か角笛か de la flûte au cor (1902) {vo, p} ...
F.Gregh詩
・ regen (1903/1936) {vo, p} ...C.Sylva詩
・静寂 silence (1905) {vo, p} ...
A.Samain詩
・ doina (1905) {btn, vla, vc} ...
V.Alecsandri編の民謡集より
・ entsagen (1907) {vo, p} ...
C.Sylva詩
・クレマン・マロの7つの詩 sept chansons de Clément Marot, op.15 (1908) {tnr(sop), p}
・ morgenhebet (1908) {vo, p} ...
C.Sylva詩
・フェルナン・グルグの3つの詩 trois mélodies sur des poèmes de Fernand Gregh, op.19-1 (1915-1916) ...
「4つの詩」(1965)として再版
・我は去り,森は残る eu ma duc, coldrul ramîne (1917)
合唱曲 ・カンタータ【ザウールの幻想】 vision de Saül (1895)
・カンタータ【】 ahasvérus (1895) ...
序章のみ
・ junge schmerzen (1898) {msp, bass, p} ...
C.Sylva詩
・ waldegesang (1898) {choir} ...
C.Sylva詩
・カンタータ【オーロラ】 l'aurore (1898)

・カンタータ【ジュフテの娘】 la fille de Jephthé (1895-1899)
・カンタータ【アンティゴーヌ】 Antigone (1895-1899)
・カンタータ【ダフネ】 Daphne (1895-1899) ...
上記三編は何れも習作期の作品。他に五編ある。
・ die nächetliche herschau (1900) {btn, choir, orch} ... J.C. Zedlitz詩
・ plugar (1900) {4vo (choir)}
・オード oda (1904) {choir, p, org} ...
I Soricu詩
・ die kirschen (1904) {sop, btn, vc, p} ...
C.Sylva詩
・喜びの讃歌 hymn jubiliar (1906) {choir, hrp, band}
・カンタータ cantate pour la pose de la 1ère Pierre du pont à transbordeur de Bordeaux (1908) {btn, vc, choir, 2hrp, band, strings}
・ strigoii (1916) {sop, tnr, btn, choir, orch} ...
Eminescu詩,草稿段階のもの
・交響曲 ヘ短調 [symphony] (1917) {btn, choir, orch} ...
詩は「詩篇第86番」,断片のみ
・交響曲第5番 ニ長調 cinquième symphonie (1941) {tnr, f-choir, orch} ...草稿のみ,未完。終楽章Eminescu詩
・静寂 liniste (1946) {3vo} ...
A.T.Stamatiad詩
典拠 Malcolm, N. 1990. George Enescu: his life and music. Toccata Press.

※ぴよぴよ,シュウシュウ氏より「カンタービレとプレスト」情報(2003.12.30),たーこ氏より誤謬訂正(2006. 3. 31)を頂戴しました。


エネスコを聴く


★★★★
"Romanian Rhapsodies No.1, No.2 / Suite No.3 'villageoise' / Suite No.1, No.2 / Symphonie Concertante" (Erato : 3984-24747-2)
Lawrence Foster (cond) Jean-Paul Barrellon (ob) Franco Maggio-Ormezowski (vc) Orchestre Philharmonique de Monte-Carlo
これは,敢えて今回キーを明記した作品表を見ていただくと如実に分かりますが,彼は初期と後期で長調と短調の比率が全然違うんですよ。同じ東欧圏出身だったショパンのワルツ集を聴くと,初期の作品ほど舞踏用を意図した受け狙いの作品が多いですが,エネスコもまさにそれ。作品11の狂詩曲第1番はチャイコフスキの弦楽セレナーデとヨハン・シュトラウスを足して二で割ったような明るい色調のロマン派音楽。良く聴くと確かにルーマニア風の旋律やリズムが随所に聴かれはするものの,どちらかというと田舎を出てきた青年が都会に浮き浮きしているような,お上りさん気分の社交界音楽。このCDは比較的初期のものを中心に編纂されているため,同類の浮ついた音楽ばかりが入っています。生涯順境だったマスネーが惚れ込んだのも分かる気がしますねえ。そんな彼が,真に音楽的な深みを増すのはショパン同様やはり後年。誰の耳にも明らかなルーマニアの主旋律が,近代的な和声法と重厚な対位法の盾に守られながら,哀しくも美しき故郷への郷愁を歌い上げる『組曲第3番』第1楽章の深みと素晴らしさはどうでしょう。チェコの大作曲家ノヴァークに通じる畢生の名品であると思います。演奏は優美で端正。少なくともここに挙げたものの中では,ダントツのグレードです。

★★★☆
"Symphonie de Chambre / Deux Intermèdes pour Cordes / Dixtuor pour Instruments à Vent" (Claves : CD 50-8803)
Lawrence Foster (cond) Orchestre de Chambre de Lausanne
ルーマニア出身の作家エネスコは,パリに留学しモダンな作曲法を学びつつ,出自ルーマニア民謡のモチーフと近代的な作曲法を巧みに融合して作曲しました。『室内交響曲』は晩年に書かれたもので,全体に無調・新古典的傾向が強い。激情性のないオネゲル,神秘的ではないマルタンみたいで,個人的にはもう一つ楽しめませんでした。むしろ一般に聴いて心地よいのは,比較的初期の作品である併録のほうでしょう。『十重奏曲』はサロン音楽の先達である師匠筋(エミール・ペッサールあたりか)の影響が顕著。いっぽう『2つの間奏曲』は,香り立つ仏後期ロマン派の流儀に則った佳品。ブラームスやフランキズムなどの懐旧的なロマン派音楽から抜け切れてはいないものの,既にモダンな和声が要所要所にさりげなく挿入されて適度な含みを与えています。マルタンやレスピーギの名演奏もあり,個人的にはロマンド管より好いかも知れないと思っているローザンヌ室内と,名匠ロレンス・フォスターの演奏は適度に共感を帯びた好演。ただ,機材のせいなのか,オケの性能が落ちたのかは分からぬものの,少々集音が悪い。弦部の響きがケバだってサンド・ペーパーのようにとげとげしく響くような音はいただけません。折角数少ないまともなオーケストラと指揮者による録音なのになあ。

★★★★
"Violin Sonata No.2 / Violin Sonata 'Torso' / Violin Sonata No.3" (Hyperion : CDH55103)
Adelina Oprean (vln) Justin Oprean (p)
ヴァイオリン奏者として著名な彼の本分であるヴァイオリン・ソナタは3つあり,これはそのうち2,3番と,世界初録音の【遺作】を収めたCD。『2番』はフランク最晩年のヴァイオリン・ソナタが持つ高雅な佇まいを基調としつつ,刻々半音階的に推移する調性,風に舞う木の葉の如く自由に遊ぶ主旋律などに,フォーレの影響が顕著。さらに年代が進んだ『3番』と【遺作】は,彼の個性が色濃く出て,調性が霧散し東欧的な旋法性が増す。和声はそれほど色彩的ではないものの,主旋律が強烈な個性を放つ。ラヴェルがエネスコと親交が深かったのも道理。『ツィガーヌ』を彷彿させるそのエキゾチズム,仏人には見あたらないものです。おそらく彼の2つの個性が最もバランス良くブレンドされた【遺作】は,一楽章だけ書いたものの放置されてしまったという,まるでラヴェルのソナタ【遺作】を思わせるエピソードを秘めた佳品。奇しくも同曲の初演者がエネスコであったことを思い起こさせます。演奏陣は同じルーマニア出身の夫婦。コルマー国際優勝,ヨアヒム国際入賞を経て,1982年にカール・フレシュ国際で優勝して評価を確立したヴァイオリンのアデリナ女史。夫のジュスティンはブカレスト音大を一等で卒業した人物だそうです。

★★★☆
"Symphony No.1 / Vox Maris" (Ottavo : OTR C59346)
Alexander Lascae (cond) Marius Budoiu (tnr) The Gavril Musicescu Choir : Philharmonia Moldva
このCDは,モルドバ管弦楽団によって制作された5枚からなるエネスコ作品集の第3作。1906年に書かれた『交響曲第1番』に,1929年作の『夫たちの声』を併録したものです。耳馴染みのない楽団は,エネスコ自身も1917年から2年間に渡って指揮者として客演したこともあるとか。ルーマニアでは由緒ある楽団のようです。『交響曲・・』はブルックナー趣味の擬古典音楽。同様の傾向は,有名な『ルーマニア詩曲』などにも見受けられる,初期エネスコの特徴ですが,他の曲が,20世紀初頭のパリを思わせる明るく軽い色調の,洒脱なロマン派音楽なのに比して,こちらはぐっと構築的で懐旧的。近代ファンに聴き映えするところは殆ど皆無じゃないでしょうか。ということで,近代ファンにとってこの盤の聴きものは,後年に書かれた『海の声』のほうでしょう。土着民謡の土臭い節回しを主旋律および装飾音へ巧みに織り込み,細部はゴツゴツと武骨でありながら,抽象化されたエキゾチックな節回しが呪術的な流動感もたらします。冒頭の緩奏部の筆致はかなり印象派的でいい感じなんですが,いっぽうで無調色もやや強め。激情的な急奏部はストラヴィンスキーやオネゲルのオラトリオ風ですし,おどろおどろしい作風はムソルグスキーっぽいでしょうか。やはりエネスコは個人史の中で,ワグナーから仏後期ロマン派を経て無調へ至った作家なのだと再確認しました。この作品はさしずめ,無調に片足入った頃だったんでしょう(その証拠に「室内交響曲」になると,さらに無調度が上がる)。細かいパッセージでは弦部を中心にアラの出る楽団の力量は,B級。マルコのA級楽団(ラインラント管やスロヴァク放送管)あたりを想像なさると,たぶん一番近いでしょう。

★★★☆
"Octet in C Major / Dectet in D Major" (Electrecord : ELCD 122)
Constantin Silvestri (cond) Lucien Savin, Mircea Saulescu, Mendi Rodan, Henri Brendier (vln) Wilhelm Georg Berger, George Popovici (vla) Alfons Capitanovici, Serafim Anthropov (vc) : Nicolae Alexandru, Mihai Teodorescu (fl) Pavel Tornea (e-horn) Constantin Ungureanu, Constantin Cernaianu (cl) Constantin Iliuta (ob) Emil Biclea, Gheorghe Popa (bssn) Ion Badanoiu, Paul Staicu (hrn)
本盤は,エネスコの比較的初期に書き残した弦楽八重奏曲と,吹奏十重奏曲をカップリングした作品。ドビュッシーの録音もあるシルヴェストリが指揮棒を振ってます。前者は1900年に書かれ,彼自身も「自分の作曲者としての能力が急速に成長しているのを感じる」とコメントを残したことからも推察できるとおり,まだ修学期の録音。循環形式で書かれており,和声は旧態然。のちに顔を出してくる近代の香りは,まだほとんど感じ取ることができません。独ロマン派の影響を露骨に感じさせる,ひたすらに懐旧的な作品です。しかも歴史的録音なのか,いまどきモノラル。聴いて得することはほとんどないでしょう。従って,本CDに近代ファンが価値を見いだすとすれば,併録の十重奏曲くらいか。こちらも同じくロマン派書法で書かれていますが,筆致は格段に達者。ルーマニア民謡を思わせる朴訥な旋律も『オクテット』に比べると,かなり好く馴染み,田園詩風ののどかな世界を作っていますし,対位法的に展開される複数の旋律の随所に調性を拡張する試みが潜んでいる。近代ファンにも,「東欧臭がして和声朴訥なオネゲル『夏の牧歌』」の体で,比較的耳馴染み好く聴いていただけるのではないでしょうか。

★★★★
"La Trompette Française :
Intrada (Honegger) / Concerto pour Trompette (Bacri) / Semaine Sainte à Cuzco (Tomasi) / Élégie (Escaich) / Étude No.2: No.12 (Charlier) / Suite en Trois Parties (Schmitt) / Concerto pour Trompette et Orchestre à Cordes (Delerue) / Légende (Enesco)" (Pierre Verany: PV 798011)

Eric Aubier (tp) François-Xavier Bilger (cond) Orchestre de Bretagne
現代フランスを背負う気鋭のラッパ吹きオービエの仏近代トランペット作品集です。ただ,近代とはいえここに収められた作品は,より現代音楽に近い難解な作風を誇る作家のが中心。狭義の印象主義的な作品を期待してこのCDを買うと,目を白黒させることになります。しかし,そんなCDの掉尾を飾るのがエネスコの珍曲。1904年に,彼が自己の四重奏団を結成したときに書いたものだそうです。ルーマニア出身の彼らしい,マイナー調の切々とした節回し。悲しみにうち沈むかのように厳かな序奏が,やがて激情的なクライマックスへと高まりを見せ,心に突き刺さるかのよう。パリのロマンティックな衣にうっすらと包まれながらもショパンに通じる東欧ならではの節回しは彼ならではのもの。22才の若さでこんなものを書くなんて,凄い才能だったんですな〜。

(2002. 11. 26 / Amendment of works list : 2006. 4. 3-21)