Fの作曲家



ガブリエル・フォーレ Gabriel Fauré (1845-1924)

フランスの作曲家,教育者。正式名はユルバン(Gabriel Urbain Fauré)。1845年5月12日南仏アリエージュ県パミエ(Pamiers, Ariège)に生まれる。デュフォー・ド・ソビアック(Dufaur de Saubiac)の勧めで,9歳からパリのニデルメイエール古典宗教音楽学校(Ecole de Musique Classique et Religieuse)に入学し,オルガンをクレマン・ロレ(Clément Loret),和声法をルイ・ディエッチュ(Louis Dietsch),対位法をザビエル・ワッケンターラー(Xavier Wackenthaler),ピアノと作曲法,歌唱法をルイ・ド=ニデルメイエールに師事。1861年3月ニデルメイエールの他界に伴って招聘された師サン=サーンスと出会う。作曲法と対位法科で一等を得たほか,1857年にソルフェージュ科,1860年に和声法科で賞を得た。1865年7月に卒業。ただちにレンヌの聖ソヴェル教会(St. Sauveur, 1866-1870),オノーレ教会(St Honoré d'Eylau, 1871)パリの聖シュルピス教会(1871-1874),マドレーヌ教会(1874-1877)のオルガニスト及び音楽監督を歴任。1896年よりマドレーヌ教会の正オルガニストとなり,同年マスネーの後任としてパリ国立音楽院作曲法科教授に就任。1905年には(デュボワの後任として)同院長となり,1920年の引退まで職責を全うした。1871年の国民音楽協会の創設に参画,1909年には独立音楽協会会長にも選ばれるなど,新旧世代の分水嶺的存在としてフランス近代音楽界に巨大な影響を与え,1909年にはフランス学士院会員にも任命されている。1903年から1921年には批評家としても,フィガロ誌で健筆を揮った。作品は禁欲的な中にも甘美さをたたえた宗教音楽・合唱曲・歌曲を中心に多数。1924年11月4日パリにて死去。(関連ページ:Gabriel Fauré Chez Pierre内。日本語)


主要作品

歌劇 ・悲劇【プロメテウス】 tragedie lyrique 'Prométhée' (1900) {3act} ... J. LorrainとA.-F. Herold台本
・歌劇【ペネロープ】 drame lyrique 'Pénélope' (1907-1913) {3act} ...
R. Fauchois台本。
宗教曲 ・ super flumina (1863) {choir, orch}
・ラシーヌの讃歌 cantique de Jean Racine, op.11 (1865/1876/1866) {choir, org(p) /choir, hmn, 2vln, 2vla, vc} ...
管弦楽配置(1906年)。
・聖ヴァンサン・ド・ポール頌歌 cantique à St Vincent de Paul (1868) ...
紛失
・ヴレヴィユの漁師達のミサ
 messe des pêcheurs de Villerville (1881) {f-choir, fl, ob, cl, 2vln, vla, vc, b, hmn} ...
メサージェと共作。小ミサ曲に改作。
・アヴェ=マリア Ave Maria (1871) {3m-vo, org} ... 同名曲(op.93)と区別するため「遺作」と呼ばれる。
・頌歌 cantique pour la fête d'un supérieur (1872) ... 紛失
・アヴェ=マリア Ave Maria, op.93 (1871) {2sop, org}
・リベラ・メ libera me, op.48 (1877) {btn, org} ...
原典版は紛失したが,のち『レクイエム』へ転用。
・オ・サルタリス o salutaris, op.47-1 (1878) {sop, org} ...
紛失
・ベネディクトゥス benedictus (1880) {4vo, choir, org} ...
J.-M.Nectoux編(1999)
・汝はペテロなり tu es Petrus (1872) {btn, choir, org}
・2つの奉献曲 deux offertorium, op.47 (1887) {2vo, org}
 
47-1 O salutaris, (1887-1888) {btn, org} ... 1878年の同曲より一部転用。自筆譜には弦5,ハープ,ホルン2が付く。
 
47-2 Maria Mater gratiae, (1888) {tnr, btn, org}
・レクイエム requiem (1877/1887-1893) {sop, btn, choir, org, chamber} ...
ネクトゥ=ドラージュ版(2校:1995)とフルオケ版(3校:1900)が有名。
・見よ忠実なしもべを ecce fidelis servus, op.54 (1889) {sop, tnr, btn, org} ... 自筆譜には弦楽五重奏も付く。
・タントゥム=エルゴ tantum ergo, op.55 (1890) {alto, tnr, 5vo, org, hrp} ...
自筆譜には弦楽五重奏も付く。
・2つの奉献曲 deux offertorium (1894) {2f-vo/3f-vo, choir, org}
 65-1 Ave verum (1894) {sop, alto(f-choir), org}
 65-2 tantum ergo, (1894) {choir, 3child-vo, vo, org}

・サンクタ・マーテル Sancta mater (1894) {tnr, choir, org}
・2つの奉献曲 deux offertorium (1895) {sop/btn, org}
 67-1 salve regina (1895) {sop(tnr), org}
 67-2 ave Maria (1894) {alto, msp, org /btn, org}

・タントゥム=エルゴ tantum ergo (1904) {sop, choir, org} ... 自筆譜には弦楽五重奏も付く。
・小ミサ曲 messe basse (1881/1882/1907) {3f-vo, org} ...
上述の単品を付け外しし,編成を変えた複数の版がある。
合唱曲 ・2つの二重唱曲 deux duos, op.10 (1863-1873) {2sop, p} ... V. Hugo,M. Monnier詩
 10-1 Puisqu'ici bas
 10-2 Tarentelle

・鬼神 les djinnes, op.12 (1875) {choir, p(orch)} ...V. Hugo詩
・ il est né le divin enfant (1888/1923) {child-choir, ob, vc, b, org /choir, org}
・小川 le ruisseau, op.22 (1881) {2f-choir, p} ...詩は作者不詳。
・ヴィーナスの誕生 la naissance de Venus, op.29 (1882/1883/1895) {vo, choir, org} ...
P. Collin詩,管弦楽配置1895年。
・マドリガル madrigal, op.35 (1883) {choir, orch /sop, alto, tnr, bass, p}... A. Silvestre詩,1891年に管弦楽配置。
・子どものクリスマス noël d'enfants: les anges dans nos campagnes (1890/1921) {choir, org}
・アポロン讃歌 hymne à Apollon, op.63bis (1894/1914) {vo, hmn /vo(fl, 2cl, hrp), p} ...
紀元前2世紀のギリシャ神話が元
・金の涙 pleurs d'or, op.72 (1896) {msp, btn, p} ...
Samain詩
付帯音楽 ・カリギュラ Caligula, op.52 (1888) {f-vo, orch} ... A. Dumas台本。原典は舞台作品で,演奏会用にしたもの。
・シャイロック Shylock, op.57 (1889/1897) ...
Shakespeareを基にE. de Haraucourt台本。組曲版6曲(Chanson, Entr'acte, Madrigal, Epithalame, Nocturne, Final)。
・受難 la passion (1890) ...
未出版,Haraucourt台本。
・町人貴族 le bourgeois gentilhomme (-) ...
1893年に出版。Molière台本。
・ペレアスとメリザンド Pelléas et Mélisande, op.80 (1898/1890) ...
M. Maeterlinck台本。組曲版4曲(Prelude, Fileuse, Sicilienne, Molto Adagio),作者編。
・幸福のヴェール le voile du bonheur, op.88 (1901) ...
G. Clemenceau台本。
・喜劇【マスクとベルガマスク】 masques et bergamasque (1919) ...Fauchois台本。純粋な劇作品ではないが,comedie musicaleと副題が付く。
管弦楽曲 ・組曲ヘ長調 suite, op.20 (1865-1874) {orch /strings, org}... 4曲(Allegro, Andante, Gavotte, Finale)。1,3楽章は弦楽・オルガン版あり
・交響的アレグロ allegro symphonique, op.68 (1875/1895) {orch /2p} ...
「組曲」第一楽章。4手版はボエルマン編
・交響曲 symphonie, op.40 (1884) ...3曲(Allegro deciso, Andante, Final)。自筆譜は第一Vln譜を除き破棄。1,2楽章の主題はソナタ(op.108-9)へ転用。
・パヴァーヌ 嬰ヘ短調 pavane, op.50 (1887) {orch, choir} ...
R. de Montesquiou詩。P伴奏版1889年,4声版1891年,オケ1901年版。合唱は付外し可。
・メヌエット ヘ長調 menuet (?-1893) ...
Le bourgeois gentilhomme(1893)のために。
・組曲【マスクとベルガマスク】 masques et bergamasque, op.112 (1919) ...
4曲(Ouverture, Menuet, Gavotte, Pastorale)。4以外は転用。
協奏曲 ・ヴァイオリン協奏曲ニ短調 concerto pour violon et orchestre, op.14 (1878-1879) {vln, orch} ... 3曲(Allegro, Andante, Final)。
・ピアノと管弦楽のためのバラード 嬰ヘ長調 ballade pour piano et orchestre, op.19 (1881/1901) {p, p(orch)} ... 原典はピアノ独奏版。
・幻想曲 ト長調 fantaisie, op.111 (1918) {p, orch}
室内楽曲 ・ヴァイオリン・ソナタ第1番 イ長調 sonate pour violon et piano No.1, op.13 (1875-1876) {vln, p}
・ピアノ四重奏曲第1番 ハ短調 quatuor pour cordes et piano No.1, op.15 (1876-1879) {vln, vla, vc, p}
・子守歌 berceuse, op.16 (1879/1880) {vln, p /orch}
・ロマンス ロ長調 romance, op.28 (1883) {vln, p} ...
P. Gaubert(1913)により管弦楽配置
・エレジー élégie, op.24 (1883) {vc, p/orch}
・小品 petit pièce, op.49 (1888) {vc, p} ...
紛失
・ピアノ五重奏曲第1番 ニ短調 quintette pour cordes et piano No. 1 (1887-1895/1903-1905) {2vln, vla, vc, p}
・シシリエンヌ Sicilienne, op.78 (1898) {vc, p} ... Le bourgeois gentilhomme(1893)より。『ペレアスとメリザンド』用に管弦楽配置。
・ロマンス romance, op.69 (1894) {vc, p}
・アンダンテ andante, op.75 (1897) {vln, p}...「ヴァイオリン協奏曲」第2楽章(op.14)を抜粋改訂したもの。
・講義用小品 morceau de lecture (1897) {2vc} ...R. Howat編(London, 2000)。
・講義用小品 morceau de lecture (1898) {fl, p} ...
R. Howat編(London, 1999)。
・蝶 papillon, op.77 (?-1885) {vc, p}
・ピアノ四重奏曲第2番 ト短調 quatuor pour cordes et piano No.2, op.45 (1885-1886) {vln, vla, vc, p}
・幻想曲 fantaisie, op.79 (1898) {fl, p(orch)} ...
ルイ・オベールにより管弦楽配置(1957)。
・オルガンのための即興曲 improvisation (1900) {org} ...
詳細不詳,作曲年も疑わしい。
・講義用小品 morceau de lecture (1903) {vln, p} ...
R. Howat編(London, 1999)。
・即興曲 impromptu, op.86 (1904) {hrp} ...即興曲第6番に編曲。
・講義用小品 morceau de lecture (1904) {hrp} ...
自筆譜現存。
・コントラバス二重唱のための小品 pièce (1905) {2b}
・セレナード sérénade, op.98 (1908) {vc, p}
・ヴァイオリン・ソナタ第2番 ホ短調 sonate pour violon et piano No.2, op.108 (1916-1917) {vln, p}
・チェロ・ソナタ第1番 ニ短調 sonate pour viloncelle et piano No.1, op.109 (1917) {vc, p}
・塔の中のお姫さま une châtelaine en sa tour, op.110 (1918) {hrp}
・ピアノ五重奏曲第2番 ハ短調 quintette pour cordes et piano No.2, op.115 (1919-1921) {2vln, vla, vc, p}
・葬送の歌 chant funéraire (1921) {cl, winds, orch} ....
G. Balayにより管弦楽配置。チェロ・ソナタ二番のアンダンテへ転用。
・チェロ・ソナタ第2番 ト短調 sonate pour violoncelle et piano No.2, op. 117 (1921) {vc, p}
・ピアノ三重奏曲 ニ短調 trio pour violon, violoncelle et piano, op.120 (1922-1923) {vln, vc, p}
・弦楽四重奏曲 ホ短調 quatuor à cordes, op.121 (1923-1924) {2vln, vla, vc}
ピアノ曲 ・3声のフーガ ヘ長調 fugue à trois parties (1862)
・ピアノ・ソナタ ヘ長調 sonate pour piano (1863)
・3つの無言歌 変イ長調 trois romances sans paroles, op.17 (1863) {p /2p}
・庭の歌 la chanson dans le jardin (1864) ... のち『ドリー』の「子守歌」として転用。
・マズルカ 変ロ長調 mazurke (1865)
・ガヴォット 嬰ハ短調 gavotte (1869) ...
のち『交響曲』(op.20)および『マスクとベルガマスク』(op.112)へ転用。
・小フーガ イ短調 petite fugue, op.84-3 (1869)
・前奏曲とフーガ ホ短調 prélude et fugue (1869)
・8つの短い小品 huit pièces brèves, op.84 (1869) ...
作曲者の意向に反し,出版社がこの標題を付けた。
 1) カプリッチョ capriccio en mi bemol majeur
 2) 幻想曲 fantaisie en la bemol majeur
 3) フーガ fugue en la mineur
 4) アダージェット adagietto en mi mineur
 5) 即興曲 improvisation do diese mineur
 6) フーガ fugue en mi mineur
 7) アレグレッス allegresse en do majeur
 8) 夜想曲第8番 nocturne No.8 en ré bemol majeur

・交響的間奏曲 intermède symphonique en fa majeur (1869) {2p} ...
『マスクとベルガマスク』(op.112)の「序曲」へ改作。
・マズルカ 変ニ長調 mazurka en ré bemol majeur, op.32 (1875)
・夜想曲第1番 nocturne No.1 en mi bemol mineur, op.33-1 (1875)
・バラード 嬰へ長調 ballade, op.19 (1877-1879) ...
1881年に管弦楽配置。
・即興曲第1番 変ホ長調 impromptu No.1 en mi bemol majeur, op.25 (1881)
・舟歌第1番 イ短調 barcarolle No.1 en la mineur, op.26 (1881)
・夜想曲第2番 ロ長調 nocturne No.2 en ré majeur, op.33-2 (1881)
・ヴァルス=カプリス第1番 イ長調 valse-caprice No.1 en la majeur, op.30 (1882)
・即興曲第2番 ヘ短調 impromptu No.2 en fa mineur, op.31 (1883)
・夜想曲第3番 変イ長調 nocturne No.3 en la bemol majeur, op.33-3 (1883)
・即興曲第3番 変イ長調 impromptu No.3 en la bemol majeur, op.34 (1883)
・ヴァルス=カプリス第2番 変ニ長調 valse-caprice No.2 en ré bemol majeur, op.38 (1884)
・夜想曲第5番 変ロ長調 nocturne No.5 en si bemol majeur, op.37 (1884) ...
8月の署名があるので,作曲年を4番の前とする場合が多い
・夜想曲第4番 変ホ長調 nocturne No.4 en mi bemol majeur, op.36 (1884)
・舟歌第2番 ト長調 barcarolle No.2 en sol majeur, op.41 (1885)
・舟歌第3番 変ト長調 barcarolle No.3 en sol bemol majeur, op.42 (1885)
・舟歌第4番 変イ長調 barcarolle No.4 en la bemol majeur, op.44 (1886)
・バイロイトの土産 souvenirs de Bayreuth: fantaisie en forme de quadrille sur les thèmes favoris de la tétralogie de R.Wagner (1888) {2p}
・ドリー Dolly, op.56 (1894-1896) {2p} ...
第6曲は1906年に管弦楽配置(H. Rabaud)。
 1) 子守歌 berceuse
 2) ミー=アー=ウー Mi-a-ou [orig. Messieu Aoul!]
 3) ドリーの庭 le jardin de Dolly
 4) 子猫のワルツ kitty-Valse [orig. Ketty]
 5) やさしく tendresse
 6) スペイン風 le pas espagnol

・ヴァルス=カプリス第3番 変ト長調 valse-caprice No.3 en sol bemol majeur, op.59 (1887-1893)
・ヴァルス=カプリス第4番 変イ長調 valse-caprice No.4 en la bemol majeur, op.62 (1893-1894)
・夜想曲第6番 変ニ長調 nocturne No.6 en ré bemol majeur, op.63 (1894)
・舟歌第5番 嬰ヘ短調 barcarolle No.5 en fa diese mineur, op.66 (1894)
・舟歌第6番 変ホ長調 barcarolle No.6 en mi bemol majeur, op.70 (1895)
・主題と変奏 嬰ハ短調 thème et variations en do diese mineur, op.73 (1895)
・前奏曲 ハ長調 prélude en do majeur (1897) ...
作品番号なし。I. Philip編《オクターブの練習曲集(Etudes d'octaves)》所収。
・夜想曲第7番 嬰ハ短調 nocturne No.7 en do diese mineur, op.74 (1898)
・夜想曲第8番 変ニ長調 nocturne No.8 en ré bemol majeur, op.84-8 (1898) ...上述《8つの短い小品》所収。
・舟歌第7番 ニ短調 barcarolle No.7 en ré mineur, op.90 (1905)
・即興曲第4番 変ニ長調 impromptu No.4 en ré bemol majeur, op.91 (1905-1906)
・舟歌第8番 変ニ長調 barcarolle No.8 en ré bemol majeur, op.96 (1906)
・夜想曲第9番 ロ短調 nocturne No.9 en si mineur, op.97 (1908)
・夜想曲第10番 ロ短調 nocturne No.10 en si mineur, op.99 (1908)
・舟歌第9番 barcarolle No.9 en la mineur, op.101 (1908-1909)
・即興曲第5番 嬰ヘ短調 impromptu No.5 en fa diese mineur, op.102 (1908-1909)
・9つの前奏曲 neuf préludes, op.103 (1909-1910)
 1) 変ニ長調 en ré bemol majeur
 2) 嬰ハ短調 en do diese mineur
 3) ト短調 en sol mineur
 4) ヘ長調 en fa majeur
 5) ニ短調 en ré mineur
 6) 変ホ短調 en mi bemol mineur
 7) イ長調 en la majeur
 8) ハ短調 en do mineur
 9) ホ短調 en mi mineur

・夜想曲第11番 嬰ヘ短調 nocturne No.11 en fa diese mineur, op.104-1 (1913)
・舟歌第10番 イ短調 barcarolle No.10 en la mineur, op.104-2 (1913)
・舟歌第11番 ト短調 barcarolle No.11 en sol mineur, op.105 (1913)
・舟歌第12番 barcarolle No.12 en mi bemol mineur, op.106bis (1915)
・夜想曲第12番 ホ短調 nocturne No.12 en mi mineur, op.107 (1915)
・舟歌第13番 ハ長調 barcarolle No.13 en do majeur, op.116 (1921)
・夜想曲第13番 ロ短調 nocturne No.13 en si mineur, op.119 (1921)
歌曲
・蝶と花 le papillon et la fleur, op.1-1 (1861) ...Hugo詩
・五月 Mai, op.1-2 (1862) ...
Hugo詩
・ l'aube nait (1862) ...
Hugo詩
・ puisque j'ai mis ma lèvre (1862) ...
Hugo詩
・愛の夢 rêve d'amour, op.5-2 (1865) ...Hugo詩
・オリンピオの悲しみ tristesse d'Olympio (1865) ...Hugo詩
・ある僧院の廃墟にて dans les ruines d'une abbaye, op.2-1 (1866) ...
Hugo詩
・船乗りたち les matelots, op.2-2 (1870) ...
T. Gautier詩
・リディア Lydia, op.4-2 (1870) ...
Leconte de Lisle詩
・オーロラ l'aurore (1870) ...
Hugo詩
・讃歌 hymne, op.7-2 (1870) ...
C. Baudelaire詩
・ただひとり seule!, op.3-1 (1871) ...
Gautier詩
・君なくて l'absent, op.5-3 (1871) ...
Hugo詩
・罪の償い la rançon, op.8-2 (1871) ...
Baudelaire詩
・秋の歌 chant d'automne, op.5-1 (1871) ...
Baudelaire詩
・船乗りの悲歌 la chanson du pêcheur: Lamento, op.4-1 (1872) ...
Gautier詩
・奉献曲 aubade, op.6-1 (1873) ...
L. Pomey詩
・悲しみ tristesse, op.6-2 (1873) ...
Gautier詩
・舟歌 barcarolle, op.7-3 (1873) ...
M. Monnier詩
・現世 ici-bas, op.8-3 (1874) ...
S. Prudhomme詩
・川のほとりで au bord de l' eau, op.8-1 (1875) ...
Prudhomme詩
・夢のあとに après un rêve, op.7-1 (1877) ...作者不詳(R. Bussine訳)
・トスカナのセレナード sérénade Toscane, op.3-2 (1878) ...作者不詳(R. Bussine訳)
・シルヴィ Sylvie, op.6-3 (1878) ...
P. de Choudens詩
・ネル Nell, op.18-1 (1878) ...
Leconte de Lisle詩
・旅人 le voyageur, op.18-2 (1878) ...A. Silvestre詩
・秋 automne, op.18-3 (1878) ...
Silvestre詩
・ある日の詩 poème d'un jour,op. 21 (1878) ...
C. Grandmougin詩,3曲
 1) めぐりあい rencontre
 2) いつの日も toujours
 3) さらば adieu

・ゆりかご les berceauxop.23-1 (1879) ...
Prudhomme詩
・私達の愛 notre amour, op.23-2 (1879) ...Silvestre詩
・秘め事 les secret, op.23-3 (1881) ...Silvestre詩
・愛の歌 chanson d'amour, op.27-1 (1882) ...
Silvestre詩
・歌う妖精 la fée aux chansons, op.27-2 (1882) ...
Silvestre詩
・夜明け aurore, op.39-1 (1884) ...
Silvestre詩
・捨てられた花 fleur jetée, op.39-2 (1884) ...
Silvestre詩
・夢の国 le pays des rêves, op.39-3 (1884) ...Silvestre詩
・イスファハンの薔薇 les roses d'Ispahan, op.39-4 (1884) ...
Leconte de Lisle詩
・クリスマス noël, op.43-1 (1885) ...
V. Wilder詩
・夜想曲 nocturne, op.43-2 (1886) ...Villiers de l'Isle Adam詩
・贈り物 les présents, op.46-1 (1887) ...
Villiers de l'Isle Adam詩
・月の光 clair de lune, op.46-2 (1887) ...
P. Verlaine詩
・涙 larmes, op.51-1 (1888) ...Richepin詩
・墓地にて au cimetière, op.51-2 (1888) ...
Richepin詩
・憂鬱 spleen, op.51-3 (1888)
・シャンソン/マドリガル chanson / madrigal, op.57 (1889) ...
『シャイロック』より。E. Haraucourt詩
・ばら la rose, op.51-4 (1890) ...
Leconte de Lisle詩
・祈りに en prière (1890) ...
S. Bordèse詩
・5つのヴェニスの歌 cinq mélodies de Venise, op.58 (1891) ...
Verlaine詩,5曲
 1) マンドリン mandoline
 2) ひめやかに en sourdine
 3) 緑 green
 4) クリメーヌに a Clymène
 5) やるせない夢心地 : c'est l'extase langoureuse

・セレナード sérénade du Bourgeois gentilhomme (1893) ...
Molière詩
・やさしい歌 la bonne chanson, op.61 (1892-1894) ...
Verlaine詩,9曲
 1) 後光を背負った聖女 une sainte en son auréole
 2) 暁の光は広がり puisque l'aube grandit
 3) 白き月影は森に照り la lune blanche luit dans les bois
 4) 私はつれない道を歩む J'allais par des chemins perfides
 5) 私は本当に恐ろしいほど J'ai presque peur, en verité
 6) 暁の星よ,お前が消える前に avant que tu ne t'en ailles
 7) それはある夏の暑い日 donc ce sera par un clair jour d'été
 8) そうでしょう? n'est-ce pas?
 9) 冬が終わって l'hiver a cessé

・アポロンの讃歌 hymne à Apollon (1894)
・牢獄 prison,op.83-1 (1894) ...
Verlaine詩
・夕べ soir, op.83-2 (1894) ...
A. Samain詩
・消え去らぬ香り le parfum impérissable, op.76-1 (1897) ...
Leconte de Lisle詩
・アルペジョ aprège, op.76-2 (1897) ...
Semain詩
・メリザンドの歌 Mélisande's song (1898) ...
英題。M. Maeterlinckの原詩をMackailが訳したもの(『ペレアスとメリザンド』の英国公演用か)。
・9月の森で dans la forêt de septembre (1902) ...C. Mendès詩
・水に漂う花 la fleur qui va sur l'eau, op.85-2 (1902) ...
Mendès詩
・伴奏 accompagnement, op.85-3 (1902) ... Semain詩
・光の空へ dans le ciel clair (1902) ...
スケッチのみ。Leconte de Lisle詩
・もっとも心地よい道 le plus doux chemin, op.87-1 (1904) ... Silvestre詩
・山鳩 le ramier, op.87-2 (1904) ...
Silvestre詩
・無言の贈り物 le don silencieux, op.92 (1906) ...
J. Dominique(M. Closset)詩
・歌 chanson, op.94 (1906) ...
H. de Régnier詩
・ヴォカリーズ vocalise-étude (1906)
・イヴの歌 la chanson d'eve, op.95 (1906-1910) ...
C. Van Lerberghe詩,10曲
 1) 楽園 paradis
 2) 最初の言葉 prima verba
 3) 燃えるばら roses ardentes
 4) 神の輝きのように comme dieu rayonné
 5) 夜明け l'aube blanche
 6) 流れる水 eau vivante
 7) 目覚めているか,太陽の香り veilles tu, ma senteur de soleil?
 8) 白いばらの香りの中で dans un parfum de roses blanches
 9) たそがれ crépuscule
 10) おお死よ,星くずよ o mort, poussière

・閉ざされた庭 le jardin clos, op.106 (1914) ...
Van Lerberghe詩,8曲
 1) 聞き入れ exaucement
 2) あなたの目が私の目を見つめるとき quand tu plonges tes yeux dans mes yeux
 3) 使いの女 la messagère
 4) あなたの心を支えとして Je me poserai sur ton coeur
 5) ニンフェ洞にて dans la nymphée
 6) 薄明かりの中で dans la pénombre
 7) 私にとって大切な愛 il m'est cher, amour
 8) 砂に書いた文字 inscription sur le sable

・幻影 mirages, op.113 (1919) ...
Baronne A. de Brimont詩,4曲
 1) 水に浮かぶ白鳥 cygne sur l'eau
 2) 水に映る影 reflets dans l'eau
 3) 夜の庭 jardin nocturne
 4) 舞姫 danseuse

・それこそ平和 c'est la paix!, op.114 (1919) ...
G. Debladis詩
・幻の水平線 l'horizon chimérique, op.118 (1921) ...
J. de la Ville de Mirmont詩,4曲
 1) 海は果てなく la mer est infinie
 2) 私は船に乗って Je me suis embarque
 3) 月の女神セレネ Diane, Sélènê
 4) わたしたちの愛する船よ vaisseaux, nous vous aurons aimés
典拠 Nectoux, J-M. 2004. Gabriel Fauré. In Sadie, S. ed. Grove Music Online. Oxford University Press.


フォーレを聴く


★★★★★
"Requiem / Messe des Pêcheurs de Villerville" (Harmonia Mundi : HMC 901292)
Philippe Herreweghe (dir) Agnès Mellon (sop) Peter Kooy (btn) Jean-Philippe Audoli (vln) La Chapelle Royale les Petits Chanteurs de Saint-Louis : Ensemble Musique Oblique
フォーレは『レクイエム』を,自らの悦びという個人的な動機で作曲したため,もともと出版するつもりはなく,管弦配置も行っていませんでした。このため,同曲はフォーレの代表作でありながら,演奏する際にどの版を使うかで意見が割れる困った作品になってしまいます。本職は古楽指揮者であるヘレヴェッヘの盤は,一般的に演奏されるオケ版(ロジェ=デュカス編曲による第3稿:1990年版)ではなく,アンサンブルがやや小編成な1893年版(ネクトゥー/ドラージュ版:第2稿)をもとにしたもの。本盤最大の美点は,透徹した譜読みにより,細部に至るまで丁寧に推敲された指揮の見事さでしょうが,幸運なことに演奏も高水準。きめの細かい弦部は見事ですし,細部に粗が出るのを覚悟の上で,ボーイ・ソプラノを加えた合唱隊も静謐。また,大人の女性らしくピッチの確かな歌声と,ボーイ・ソプラノかと見まがうほど無垢な響きを持つアニュス・メロン女史が,女声盤の欠点にもなりかねない艶めかしさを極限まで抑制することに成功し,人選に関して言えば,完璧に近いのでは。ほぼ文句のないこの盤に疑問符が付くとすれば,ヘレヴェッヘのテンポ取りくらい。これはクリヴィヌのレクイエムにも感じたことなのですが,近年の『レクイエム』は,極限までデリカシーを追求するからか,妙にテンポの遅い断章がある。ぁ4:28)をコルボ盤(3:13)と比べれば一目瞭然でしょう。この点を留保した上でなら,総合点で恐らく本盤辺りがファースト・チョイスなのでは。

★★★★★
"Requiem (Fauré) Quatre Motets / Cum Jubilo (Duruflé) O Sacrum Convivium (Messiaen)" (Conifer : 74321 153512)
Camilla Otaki (sop) Mark Griffiths (btn) Briony Shaw (vln) Richard Pearce (org) David Marlow (dir) The Choir of Trinity Colledge : London Musici
プーランクの合唱曲集の録音もあるデヴィッド・マーロウ指揮トリニティ・カレッジ合唱団による一連のコニファー録音,今度はフォーレ,デュリフレ,メシアンの合唱曲集です。フォーレのレクイエムなどを聴くと,指揮はそれほど細部にこだわりなく割にあっさりとインテンポに振っていて,ヘレヴェッヘほどには透徹していませんし,コルボほどの重厚さや安定感もないのですが,何しろ素晴らしいのが合唱隊の力量。器楽陣も含めてアンサンブル自体の力量はむしろヘレヴェヘ盤を凌ぐんじゃないでしょうか。トリニティ教会の聖歌隊は,同じ首都圏にある(私の中では悪名高い)ウェストミンスター教会とは月とスッポンな優秀合唱団。この盤でも安定した歌声を披露しており,嬉しいことに今までこれといった演奏のなかったデュリフレの無伴奏『4つのモテット』を録音してくれた。そんなに聴いてる訳じゃありませんけど,本盤の『モテット』は目下,聖歌隊の肌理が粗くざらざらした風合いになってしまったピクマル盤(ナクソス)や,そもそも男声がモロに力不足な自作自演盤を明瞭に凌駕する内容だと思います。メシアンの宗教作品はこの併録で初めて聴きますけれど,かなり良くてびっくり。無調マンは,そもそもの動機が脱調性だから宗教音楽と相性がいいのかなあ?なんて思ってしまいました。

★★★★☆
"Requiem / Cantique de Jean Racine / Masques et Bergamasques" (Denon : COCQ-85170)
Emmanuel Krivine (cond) Gaële Le Roi (sop) François Le Roux (btn) Choeurs et Orchestre National de Lyon
エマニュエル・クリヴィヌは,1976年に就任したフランス放送新管弦楽団の指揮者業で評価を確立したのち,1987年にセルジュ・ボードの後任として国立リヨン管の指揮者へと就任しました。余程このオケと馬が合ったんでしょう。その後の活躍と来たらまさに八面六臂。ドビュッシーにジャン・フロレンツ,ピエール・フェルーの管弦楽作品集を次々と吹き込み,それが揃いも揃って,オケを生き物のように操った魔術的な名盤。文句なしに,1990年代以降のフランスで一番創造的な指揮者は彼でしょう。この録音は,彼が就任後間もない1989年のものですが,飴のように柔和な弦あしらいが十全に発揮されたオーケストラの水準の高さと,合唱団のきめの揃った歌唱に圧倒されます。最近の録音らしくテンポは遅め。人によっては違和感を感じるかも知れませんし,ソリストの表情が少し硬いのが気になるのも確か。しかし,全体的な仕上がりの良さは,数多ある録音の中でもトップ・クラスではないでしょうか。それにしても,クリヴィヌにせよ合唱指揮のベルナール・テツ(カプレ盤の録音でお馴染み,リヨン合唱団の指揮者)にせよ,呼んだのはセルジュ・ボードなんですよね。慧眼だったんですなァ。彼って,どうも過小評価され過ぎてやしませんか?

★★★★☆
"Requiem / Élégie / Messe Basse" (Erato : 2292-45116-2)
Michel Corboz (dir) Alain Clément (boy-sop) Philippe Huttenlocher (btn) Philippe Corboz (org) Maîtrise saint-Pierre-Aux-Liens de Bulle : Orchestre Symphonique de Berne / Frédéric Lodéon (vc) Armin Jordan (cond) Orchestre Philharmonique de Monte-Carlo / Jean Sourisse (dir) Arlette Steyer (sop) Marie-Claire Alain (org) Ensemble Vocal 'Audite Nova' de Paris
いわずとしれた代表作『レクイエム』の,これまた言わずと知れた古典的名盤がこのコルボ録音。最近まで,フォーレの『レクイエム』はクリュイタンス盤とコルボ盤が双璧。どちらを取るかは,批評家の間でも喧々囂々。意見が割れてきました。オケの専門化が進んだ現代でこそ,この図式は些か時代錯誤になってしまいましたけれど,当時としては,それくらいこの録音の仕上がりの良さは破格のものだったのです。この2盤の対立の1つの軸になったのが,「女声かボーイ・ソプラノか」という命題。これは,フォーレが管弦楽配置をした譜面が完全には現存していないことに起因します。この盤の最大のセールスポイントは,第4曲に女声ではなく,ボーイ・ソプラノを持ってきたことでした。これで一気に静謐さ,禁欲的美意識が増したのです。フォーレが仮に意図しなかったことでも,こういう工夫はあって良いものでしょう。この図式は廃れたようでも今なお立派に生きており,例えばヘレヴェッヘ盤では合唱隊にボーイ・ソプラノが入っている。清らかで無垢な少年の声で世俗の匂いを徹底して廃そうというコルボのイデアは,今もって傾聴すべきものを多く含んでいるということでしょう。

★★★★☆
"Requiem (version 1893) / Messe Basse" (Camerata : 25CM-563)
Jean Fournet (cond) Naoyoshi Kamata (btn) Tadasuke Mizutani (b-sop) Tatsuya Yabe (vln) Yoshiko Kawamoto (vla) Takaaki Kondo (timp) Naoko Yoshino (hrp) Mitsuyo Kinumura (org) Ensemble Concert C: Orchestra and Male Chorus org. Japan Fauré Society: The Little Singers of Tokyo
都響の名誉指揮者であり,日本フォーレ協会の名誉会員でもある長老フルネは,日本とは浅からぬ縁のある人物。本盤は日本基督教大学の協力を得て日本フォーレ協会が企画した,フルネ4度目の『レクイエム』。オリジナルの意匠に近いとされる1893年版を敢えて使う姿勢からもご想像の通り,全面に渡ってフルネの学究意識が先に立った,大変に禁欲的な『レクイエム』です。生き生きと音楽を語らせるため,多くの録音は思い思いの場所でテンポを揺らし,科を利かせ,抑揚たっぷりに演奏する。その傍らで,頑ななまでにテンポを崩さず,抑揚において独善性の抑えられた彼のタクト捌きは,良くも悪くも,可能な限りフィルターを通すことなく作品を再現前しようとする,生真面目な至誠に裏打ちされたものといえるでしょう。ジャズを好んで聴く小生にとっては,こうしたクラシックの「真正性」への渇望は,プルーラルな作品解釈上の美学の一翼を担う側面でのみ魅力的に映るものですから,行き過ぎた滅私奉公ぶりが,皮肉にも却って音楽としてのバランスを欠く結果を導いたようにも映りますし,極めて誠実そうではあるけれど,反面発見や面白みに乏しい,地味な『レクイエム』かも知れません。全体に漂う襟の整った指揮を,的確に描出するに足るだけの力量を備えた楽団は全く予想外。合唱隊がもう一歩で,『小ミサ曲』ではややボロが出るものの,総じて高い技量で丁寧に作られており驚きました。これがもし,霊感で振っているかの如く官能的で抑揚豊かなクリヴィヌのタクトで録音されていたら。おそらくここまで肌理の揃った演奏は無理だったでしょう。仏人の感覚的な演奏は不得手でも,こうして丁寧に音符をなぞっていく場合であれば,緻密な日本人気質がプラスに作用するのかも知れません。フルネが日本で本国より余程重用されるのも,この辺りに理由の一端があるのかも知れませんねえ。

★★★★
"Requiem / Cantique de Jean Racine" (EMI : TOCE-9841)
Louis Frémaux (cond) Norma Burrows (sop) Braian R.Cook (btn) City of Birmingham Symphony Orchestra & Chorus
余り目立たないながら,上品かつ典雅な指揮で玄人受けする名匠フレモーのフランス近代物は,意外に出回っておらず,国内版でめぼしいところといえば,このフォーレ盤くらいしか浮かんできません。その意味で,本録音を含む東芝EMIの『フランスのエスプリ』シリーズの国内版は,安価で古い好録音を拾ってくれる有り難いものです。恥ずかしながらこのフォーレも,さほど期待せず手にしましたが,聴いてみて吃驚の内容でした。テンポ取りは遅めで,昨今の『レクイエム』録音全般に聴ける傾向の先鞭を付けたとも臆断可能な,慎みのある清明な曲解釈は,実に好ましいものです。さすがに,魔術的な艶や膨らみなどは,アニマの魔術師クリヴィヌには遠く及びませんけれど,弦部は繊細で抜群に良く響き,デリカシー豊か。ややビブラートの大仰なノーマ・バロウズには疑問符が付きますし,抑揚に欠ける嫌いもありますけれど,これで新譜1500円というのは,充分にバーゲン品なのでは。それだけに,つくづく分からないのが,このシリーズの外装!おエライ前衛芸術家なのかどうか,そんなのあっしにゃキョーミない事でござんすがね。ご覧ください!こんなヒドイデザインのジャケットに惹かれてこの盤を手にする人なんて,居るんでしょうかねえ?

★★★
"Requiem - version originale (Fauré) Pie Jesu (Boulanger)" (Adès : 204782)
Jean-Paul Salanne (cond) Antoine Brouquet (sop) Jean-Marc Fremeau (btn) Robert Gendre, François Brunet (vln) Stefan Kamasa, Sandrine Guedras (vla) Anna Orkisz (vc) Nathalie Weber (hrp) Gérard Seel (org) Choeur Henri Duparc : Orchestre du Domaine Musical
ジャン・ポール・サランヌなる人物の監修した第2校版。CD時代以降の録音としては,確かにかなり早い時期のものではないかと思います。監修者自身がライナー中で制作の動機を「のちの典拠を意図」と述べていることからもお察しの通り,音楽的な意匠よりは,学究的な目途をもって吹き込まれたものではないでしょうか。しかし,同じ版で既にヘルヴェッヘの秀抜録音があるのをご承知の向きにはこの試み,今一歩遅きに失している感も拭えない。この辺りが,斯界の第一人者とそれ以下の人物との違いになるのかと思わずには聴けません。こう書かせてしまうこの録音,目途のゆえでしょうか。遅めのテンポを取りながら,各種の音楽的な装飾を過酷なまでに廃し,素っ気なく,のっぺりとした輪郭どりに終始する。演奏陣も最近年の録音群に比べるといかにも格落ち。特にソプラノのアントワヌ・ブルケは典型的な喉締め歌手で,ブーランジェ瀕死の絶唱が音に刻印されている遺作『哀れみ深きイエス』では,曲想も手伝って絞められる直前の鶏みたいでいかにも聴き苦しいですし,デュパルク合唱団は,女声こそ良いものの男声の肌理が粗いなど難点だらけ。曲として独自に解釈し,サランヌ盤として首尾一貫した演奏を作り上げることには神経を配らなかったと言わざるを得ません。作品を曲と読んで美麗に飾り,音楽的なものに昇華する贅沢は,敢えて後代の録音に譲り,「もっとこうできるのに」的余地をたっぷり含ませることによって,自らを殺して参照枠に徹した録音・・と,好意的に聴くべきものなのでしょう。

★★★★★
"Pelléas et Mélisande / Pavane* / Fantasie / Masques et Bergamasque" (London : POCL-5181)
Neville Marriner (cond) William Benett (fl)* Academy of St.Martin-in-the-Fields & Chorus
アカデミー室内と長年苦楽を共にしているネヴィル・マリナーのフォーレ。フォーレの管弦楽作品における代表作『ペレアスとメリザンド』や『マスクとベルガマスク』の組曲版が入っており,手軽に楽しめる一枚です。それにしてもマリナーのフォーレは蓋し,過小評価され過ぎ。粗忽な指揮のアンセルメ盤などより,余程丁寧に推敲され,出来がよいと思うのですが,批評家筋にはまるで逆の評価だから不思議でなりません。確かに普段のマリナーの演奏は退屈で,おまけに室内オケのせいか線が細く力感にも欠けることが多いのですが,そういういつもの演奏へのイメージやネーム・バリューだけで,何でもかんでも聴く前からステロタイプに決めつけるのはいけません。このフォーレは上述したマリナー/アカデミー室内の欠点が全ていい方に転化した畢生の名演。力感不足は反転,デリケートな筆致に,退屈な演奏は中庸で穏健な知性溢れる演奏に,見事なまでに反転。少々粗目のオケも何のその。余り感心したことのなかったマリナーの魅力を初めて得心させてくれました。デリカシー溢れる歌い回しに瞠目必至の一枚です。

★★★★☆
"Musique de Chambre vol.1" (EMI : 7243 5 69261 2 7)
Jean-Philippe Collard (p) Augustin Dumay (vln) Michel Debost (fl) Frédéric Lodéon (vc)
フランスの若手中堅名手が集まって制作した室内楽曲集。フォーレの室内楽は多いので,CDにしても4枚ほどになりますが,それが僅か2000円ほどで全部揃ってしまうこのシリーズ,かつてこの倍以上のお高い値段で不承不承揃えていたファンには,到底許し難い代物でありましょう。逆に言えば,これだけ叩き売りにしても商売になるくらい,CDは安くできる代物だということ。廉価盤のナクソスがあれだけ成功を収めなかったら,いまだ大きい顔してこれを数千円で売っていたのかと思うと,貧乏人の小生はむかついてなりませんな〜。この第1集は主にソロ楽器のための器楽作品を集めたもの。近代もののファンでフォーレの室内楽をこれから聴くという方は,ぜひこちらを先にお求めください。ソロ楽器なぶん,旋律のフットワークが軽く,フォーレの持つ甘美で禁欲的なロマンティシズムをより純化させた形で味わえます。コラールのピアノがさすがに粒立ち抜群でまず素晴らしい。ソリストをぐいぐい引っ張って実力以上の秀演を引き出している。前半のデュメイのヴァイオリンは少し粗いところもありますが,フランス人らしくハスキーな音色で,一見さらりと軽やかな中に,からっとしたラテン系の抑揚を利かせた演奏。宮廷貴族のように典雅なグリュミオーの魅力はありませんが,代わりに下町のジゴロの持つ,伊達男らしい健康な色気を存分にたたえた演奏と言えましょう。メンバー豪華で,以下の演奏も外れなし。安心してどうぞ。

★★★★
"Musique de Chambre vol.2" (EMI : 7243 5 69264 2 4)
Jean-Philippe Collard (p) Augustin Dumay (vln) Bruno Pasquier (vla) Frédéric Lodéon (vc) Quatuor Parrenin
パレナン四重奏団を迎えて制作された,こちらはフォーレの中規模編成の室内楽を集めた作品集で,2つのピアノ四重奏曲,1つの弦楽四重奏曲,2つのピアノ五重奏曲を含みます。こちらもフォーレらしい旋律美に溢れる作品集で,後期ロマン派作品を愛好する方なら,広く溜飲を下げて聴けることでしょう。ただ,個人的には,フォーレの四重奏や五重奏曲は,ソナタ集に比べると,幾分見劣りするような気がします。分散和音を効果的に使った,キラキラとデリケートな和声の煌めきの中を,甘美な旋律がスイスイと泳いでいくような作風がフォーレの持ち味であり,それは,極力和声のバタ臭さを排除しつつ,豊かな色彩感を得ようと言う,彼一流の配慮ではないかと思います(ラヴェルがアルペジオ芸術ともいうべき「水の戯れ」の作曲前に2度もフォーレのクラスを受講したのは,この辺りの匠の技を学びたかったのかも知れない)。そんなフォーレの作風にとって,どうしても主旋律がバタ臭く,重くなってしまう四重奏や五重奏では,ピアノも音負けしないようにユニゾンで弾くことが多くなりますし,その結果フォーレの持つ陶酔感は薄れてしまうように思います。パレナン四重奏団はパリ楽壇らしく,ややくぐもった音色で,合奏ではやや厚ぼったく聞こえてしまいます。

★★★★
"Quatuor No.2 / Piano Trio" (Erato : B18D-39022)
Jean Doyen (p) Jean Pasquier (vln) Pierre Pasquier (vla) Etienne Pasquier (vc)
パスキエ三重奏団を従えたご存じフォーレ名人ジャン・ドワイヨンが,パスキエ三重奏団と組んで残したピアノ三重奏曲・四重奏曲です。既に故人となられたドワイヨン氏だけに,疑似ステレオかと錯覚しそうな録音はかなり古いらしく,はっきり言って音質は到底誉められたものではありません。しかし,この盤。好いのですよ,演奏が。確かに現代の演奏に比べると,「しな」を作るところはないので素っ気なく聞こえますけれど,鞭のような弾力性とメリハリを有し,主役・脇役共々一体となって曲のうねりを再現前していく。同じエラートにあるヴィア・ノヴァ四重奏団やジャン・ユボーの有名盤の陰に隠れてしまっている一枚ですが,勿体ない。恐らくこの盤がユボー他の盤に比べ知名度落ちなのは,録音が悪いせいでしょう。この2曲がお好きな方なら,既に幾つか演奏をお聴きになっており,録音の悪さも「メタ表象」によって補えることでしょう。そんな方にはお薦めです。この2曲を好きでこの盤を未聴の方というのはあまりいないかも知れませんが,もしおられたら,ぜひ手に取ってみてください。

★★★
"Pelleas et Melisande / Masques et Bergamasques / Shylock" (EMI : CE33-5136)
Michel Plasson (cond) Orchestre du Capitole de Toulouse et al.
トゥルーズ市立管を長年に渡って引率し,見事に国外でも通用する一流のオケにした仕事人プラッソンのフォーレ。少し前に彼が残したフォーレ管弦楽作品集は全集盤(ただし『ドリー』はセルジュ・ボード指揮だったはず)となってEMIから再発されました。これは,その全集を分売したもので,古いプレスということになります。トゥルーズ・カピトールというオケ,仏人らしく案外ムラっけが多い。ミヨーやオネゲルなど,秀抜な演奏のものもあるいっぽうで,ドビュッシーなど醜悪としか言いようのないヒドイオケの響きで興ざめするものも少なくありません。残念ながら彼のフォーレは,典型的な失敗作。何よりもオケの演奏がてんでバラバラ。きめの粗いこと粗いこと。弦の響きなんて,ザラザラしていて深夜放送終了後の砂嵐みたい。フォーレの甘美なデリカシーが台無しです。これじゃ二流オケ。テンポ取りも速すぎたり遅すぎたりチグハグで,抑揚も乏しくマリナー盤の足下にも及ばない。残念ながら凡庸以下のCDに他なりません。全集買わないで好かった・・(爆)。

★★★
"Complete Works for Violin and Piano" (Decca : 436 866-2)
Pierre Amoyal (vln) Pascal Rogé (p)
ジネット・ヌヴー及びパガニーニ国際の優勝者でもあるフランスの中堅アモワイヤルと,伴奏に掛けては抜群に上手い名手ロジェのコラボレーションによるフォーレのヴァイオリン曲集。一言で言えば,不健康な中年太りのような演奏です。アモワイヤルはスラー多めで,おそらくは典雅で抑揚のある演奏を意図したのでしょうが,それにしてはフレーズが痩せすぎている。スラー弾きの割にグリサンド控えめで一本調子なのが原因なようですけれど,最大の原因は彼のタイム感にあるような気がします。簡単に言えば,彼は前乗りなのです。注意して聞くと,ごく僅かではありますが,常に各フレーズの頭が,前へつんのめるように入っている。このため,その直後の一音の乗りがその分間延びしてしまい,全体のリズムが痩せてしまう(死んでしまう)わけです。そこへ無理矢理直線的なスラー弾きをするものですから,デブなんだけど色つやのない中年のオヤジのようになってしまう。ロジェの伴奏だけ取り出して聴くと,大変伸びやかに抑揚の利いた伴奏なだけに惜しい。しかも,ロジェはやや後乗りなんですね。これで却って両者のリズム感のギャップが助長されている。そもそも相性が余り良くないように聴きました。

★★★★★
"Sonate pour Violon et Piano No. 1 / Sonate pour Violon et Piano No. 2 (Fauré) / Sonate pour Violon et Piano (Franck)" (Philips : 432 707-2)
Arthur Grumiaux (vln) Paul Crossley, Gyorgy Sebok (p)
フォーレが残した2編の美しいヴァイオリン・ソナタを収めたこのCDの魅力は,何といってもヴァイオリンのアルテュール・グリュミオーの気品と艶に溢れた美音でしょう。ベルギー出身の彼は,こうした優美な仏近代ものになるとまさしく独壇場的な魅力を発揮します。そんな彼に相応しい選曲で,その魅力を余すところなく発揮させることに成功した企画の勝利でしょう。さらにこの盤を価値高いものにしたのが,カップリングのフランク。正直,フランクの作品はあまり熱心に聴くこともないのですが,晩年の彼は解脱の境地に達したか,後期ロマン派の美意識が極限にまで高まり,圧倒的な傑作を書き遺します。ヴァイオリン・ソナタはその頂点をなす大傑作。その後イザイ,ルクー,フレム,ジョンゲンらが,皆同じヴァイオリン・ソナタでこの後に続こうとしたことからも,いかにこれが図抜けた傑作かご想像いただけましょう。同じベルギー出身だけにグリュミオーのフランクはまさに水を得た魚。優美かつ品格豊かな演奏で,これら名作が全て楽しめるこの盤は,まさしく贅沢の極みです。

★★★★
"Orchestral Works :
Masques et Bergamasques / Ballade for Piano and Orchestra / Pavane / Prelude to Pénélope / Fantasie / Élegie / Dolly Suite" (Chandos : CHAN 9416)

Yan Pascal Tortelier (cond) BBC Philharmonic
BBCフィルの指揮者としてフランスものを続々録音,まさにフランス音楽の出城的役割を果たしつつあるトゥルトゥリエのフォーレ録音です。この人はフランスものを演る割に,あまり感情移入せず,どんな曲も素っ気なくパッパッと振ってしまうようなところがあり,演奏内容はマリナー辺りに比べるとやや落ちる気がするのですが,このCDの魅力は,フォーレの主立った管弦楽作品がほとんど全部一枚で聴けてしまう便利さにあります。素っ気ない指揮ぶりはともかく,BBCフィルは流石イギリスのトップ・オケ。いつも乍ら弦の響きが良く,分けても,フォーレのピアノ作品集(ハイペリオン)の録音が非常に評価の高いキャサリン・ストットを迎えた名曲『バラード』は白眉とも言うべき仕上がり。この演奏に関しては名演と申し上げましょう。

★★★★★
"Mélodies :
Sérénade Toscane / Nocturne / Barcarolle / Spleen / Larmes / Au Cimetière / Chanson de Shylock / Le Don Silencieux / Nell / Automne / Fleur Jetée / La Rose / Soir / Après un Rêve / Clair de Lune / Les Berceaux / Lydia / Sylvie / Le Voyageur / Mirages / L'Horison Chimérique" (EMI : TOCE-3160)

Gérard Souzay (btn) Dalton Baldwin (p)
『ビロードの美声』と謳われた名バリトン歌手スゼーは,ステレオ勃興期にドビュッシーとデュパルクの名録音を残してくれましたが,彼の最も幸福な産物はフォーレの歌曲集でした。本盤はその中から,彼自身が「自分で上手く歌えたと自信がある」ものを再編した抜粋盤。仏ディスク大賞受賞盤で,もちろん全集もあります。これだけで,もう余計なコメントは要らない気がしますが,どこか田舎臭い香りの漂うピアノ曲に比べ歌曲は良いですよ。フォーレらしい甘美な旋律美が横溢。スゼーの歌唱も情感豊か。到底同じ人間とは思えない多彩な表情が曲想を的確に捉え,真に迫るものがあります。

★★★
"Cantique de Jean Racine / Messe Basse / Maria Mater Gratiae / Salve Regina / Ecce Fidelis Servus / Madrigal / Pleurs d'or / Le Ruisseau / Tantum Ergo / Ave Verum" (EMI : 7243 5 6556 2 5)
John Alldis (dir) François-Henri Houbart (org) Michel Tranchant (p) Fabrice Pierre (p) Groupe Vocal de France
フォーレの真骨頂と言えばやはり合唱曲や宗教音楽です。しかし,フォーレと言えば『レクイエム』なためか,それ以外の作品にはなかなか日が当たりません。そんな中,この録音は,フォレが山と書いた合唱曲を,かなりまとまった形で聴くことのできる貴重な一枚です。本家『レクイエム』にも負けず劣らず美しい小品『小ミサ曲』を始め,敬虔な美しさを湛えたフォーレの音世界が横溢します。ただこの盤,惜しむらくは演唱が宜しくない。いずれも手練れな筈の伴奏陣。その足を引っ張るのがフランス合唱団という,耳馴染みのない合唱隊。テノールはピッチが不安定だし,ソプラノはやや声が盛りを過ぎてたるみ気味。曲が曲だけにそのくたびれ具合が場違いなこと。これさえなければ最高のCDなんですがねえ。ちなみに,フォレのマイナー合唱曲選には,他にカプレの名録音があるベルナール・テツとリヨン合唱団のものもあるとか。聴いたことはないんですけど,競合盤がこんな体たらくなら,そちらにしたほうが・・(禁句)。

★★★★★
"Dolly Suite (Fauré) Six Épigraphes Antiques (Debussy) Ma Mere l'oye (Ravel)" (Erato : WPCC-3327)
Gereviève Joy, Jacqueline Robin-Bonneau (piano)
全く期待していなかったこの録音。しかし聴いてみて吃驚。驚くほどの秀逸盤でした。連弾チームと言えば,フランスにはベロフとコラールのデュオやカサドシュ夫妻のデュオなどがいましたが,同じデュオでもこちらはひと味違い,得意分野は現代音楽。第1ピアノのジュヌヴィエーヴ・ジョワはデュティーユ夫人でしたから,同時代人に造詣が深いのも当然でしょう。彼女らはコンスタンやオアナらマイナー(&ハゲシイ)前衛作家の連弾曲ばかりを採り上げた姉妹盤を,本盤と同じエラートに吹き込み済み。現代ものの演奏では大変高名で,多くの現代音楽の作曲家から献呈も受けているコンビです。『ドリー』は子どもを題材にした一見平易な曲ですが,平易な分,雰囲気作りは難しい曲で,テンポ取りやタッチを推敲し損ねると,忽ち神経質なヒステリックママや育児放棄のボンヤリ母が登場して,子どもをせかしたり泣かせたりしているような演奏になってしまいます。このデュオの演奏は女性らしく大変デリケートな指運びと,ふくよかな丸みを帯びたタッチの美しさが特に光ります。数多い競合盤中でも原曲の持つ柔和な表情がこれほど上手く捉えられた演奏はそうないのでは。余計なエフェクトを通さなかった録音も素晴らしい。ドビュッシーこそやや甘さに流れるものの,併録『マ・メール・ロワ』の出来は秀抜の一語です。

★★★★☆
"Nocturnes, Nos. 1, 2, 4, 6, 10 / Ballade / Trois Romances sans Paroles / Barcarolles, Nos. 1, 2, 3, 4 / Préludes, Nos. 3, 5, 7 / Impromptu Nos, 1, 3 / Valse-Caprises, No. 1, 2, 3, 4 / Mazurka / 8 Pièces, No. 7 / Nocturne No. 8" (Erato : WPCS-4625/6)
Jean Doyen (piano)
フランスの名手ジャン・ドワイヨンは,程なく教育に身を捧げてしまったせいで録音こそ多くありませんでしたが,ラヴェルやロパルツら近現代にもお優しく,幾つかエポックメイキングな名演奏を残していってくれました。彼のフォーレのピアノ曲録音は,仏ディスク大賞を受賞した名盤で,ここで紹介しているのは抜粋盤(全集もあります)。小生はフォーレのピアノ曲にはそれほど入れ込んでいないので抜粋盤をご紹介しますが,彼のピアノ曲をお好みの方は全集を買っても損はしますまい。昔のピアノ弾きらしく,解釈は決して奇を衒うところがないいっぽう,打鍵の佇まいは質実剛健で,ゴツゴツとしたテクスチャをふんだんに盛り込んで起伏を作っていきます。フォーレのピアノ曲は,管弦楽作品と比べると意外に素朴でサロン音楽的,でありながらどこか農耕民族的な香りがするのが特徴。ショパンのあの土臭さが感じられ,室内楽や宗教曲のイメージとはかなり違います(ロパルツなんかもそうですね)。レクイエムのイメージが強い彼ですが,若い頃は結構ブイブイ言わせていたそうで,相当な女たらしだったとか(失礼)。独立音楽協会系の作家からも一目置かれたその進取の気性が,ピアノ曲のプロレタリア臭に思わざる形で投影されているのかも。ドビュッシー的な和声の魅力は余りないものの,特に後年の作品を中心に,彼らしい美旋律が散りばめられた佳作揃い。