Fの作曲家



ジェラルド・フィンジ Gerald Finzi (1901-1956)

イギリスの作曲家(フィンツィとも表記する)。ユダヤ系。ミドルネームはラファエル(Raphael)。1901年7月14日,ロンドンのイタリア系ユダヤ人の家庭に,5人兄弟の末子として生まれる。1909年に父が他界。さらに大戦中,兄弟のうち3人が他界したため,母子はロンドンを離れハロゲイト(Harrogate)へ移住。1915年から,スタンフォードの弟子でハロゲイトの聖キリスト教会オルガニストだったアーネスト・ファーラー(Ernest Farrar)に就き最初の音楽教育を受け。1917年にファーラーが従軍した後は,ヨーク・ミンスター教会のオルガニスト,エドワード・ベアストウ(Edward Bairstow)に師事した(ファーラーは戦死)。1922年グロースターシャーに転居,次いで1925年から,ボールトの勧めでエドムンド・ラッブラの師でもあるR. O.モリスに師事し,その後ロンドンに移り住んでブリスやラッブラと交流した。1930年には王立音楽学校でも教鞭を執ったものの,1933年に女流芸術家ジョイス・ブラック(1907-1991)と結婚。1935年にはロンドンを離れてウィルトシャー州アルドボルン(Aldbourne)に居を構え,さらに1937年にニューベリー近郊のアシュマンズワースへ隠棲。林檎の品種改良をする傍ら,1940年に設立したニューベリー弦楽奏団に携わり,マイペースの音楽活動を続ける生涯を送った。作風はロマンティックかつ素朴な旋律美と穏健な叙情に富む。1956年9月27日オックスフォードで死去。


主要作品

※Banfield, S. 1998. Gerald Finzi: an English composer. Faber and Faber. 入手。作品表改訂作業に入りました。ちと待ってね。

管弦楽曲 ・簡素な狂詩曲 a severn rhapsody in D minor, op.3 (1923), {chamber /fl, ob (e-hrn), cl (b-cl), hrn, strings}
・新年の音楽:夜想曲 New Year music: nocturne in C minor, op.7 (1926/1945-1946)
・25の前奏曲 25 preludes for string orchestra in F minor, op.25 (192-) {strings}
・ロマンス ホ長調 romance in E major, op.11 (1928/1951) {strings}
・哀歌【秋の葉】 elegy 'the fall of the leaf' in D minor, op.20 (1929/1939-1941) ...
H. Fergusonにより管弦楽版補完
・放送用付帯音楽【恋の骨折り損】 love's labour's lost, op.28 (1946) {small-orch} ...
W. Shakespeare原作
・組曲【恋の骨折り損】 love's labour's Lost suite, op.28a (1952-1955)
 1) introduction, 2) moth, 3) nocturne, 4) the hunt, 5) dance, 6) quodlibet, 7) soliloquies I-III, 10) finale
協奏曲 ・ヴァイオリン協奏曲 violin concerto (1925-1927) {vln, orch} ... のち削除され,入祭曲に抜粋編曲
・6つの入祭曲 six introit in F major, op.6 (1925/1935/1942) {vln, fl, ob, e-hrn, 2cl, bssn, 2hrn, strings}
・エクローグ eclogue in F major, op.10 (192-/194-) {p, strings}
・クラリネット協奏曲 clarinet concerto in C minor, op.31 (1948-1949) {cl, strings}
・大幻想曲とトッカータ grand fantasia and toccata in D minor, op.38 (1928/1953) {p, orch}
 1) 大幻想曲 grand fantasia
 2) トッカータ toccata

・チェロ協奏曲 cello concerto in A minor, op.40 (1951-1955) {vc, orch}
器楽曲 ・間奏曲 interlude in A minor, op.21 (1932-1936) {ob, 2vln, vla, vc}
・前奏曲とフーガ prelude and fugue in A minor, op.24 (1938) {vln, vla, vc}
・エレジー elegy in F major, op.22 (1940) {vln, p}
・5つのバガテル five bagatelles, op.23 (1941-1943) {cl, p}
歌曲
ピアノ伴奏
・星たちが色褪せる前に before the paling of the stars (1920) ... C.Rossetti詩
・典礼 ceremonies (1920) ... R.Herrick詩
・妖精 the fairies (1921) ...
Herrick詩
・カップボード the cupboard (1922) ...
R. Graves詩
・ある詩人に to a poet, op.13a (1920s) {alto(btn), p} ...
J.E. Flecker詩
・親の膝の上で on parent knees, op.13a (1935) ...
W. Jones詩
・イントラータ intrada, op.13a (1935) ...
Traherne詩
・誕生の夜 the birthnight, op.13a (1956) ...
W. de la Mare詩
・キャッスル・ヒルの六月 june on Castle Hill (1940) ...
F.L. Lucas詩
・聖チェチリアの拒絶への頌歌 ode on the rejection of St Cecilia, op.13a (1948) ...
G. Barker詩
・オー・フェア・トゥ・シー oh fair to see, op.13 (1921) ...
Rossetti詩
・朝の光に身を任せ as I lay in the early sun, op.13 (1921/1956) ...
E. Shanks詩
・ただ流離う者だけが only the wanderer (1925) ...
I. Gurney詩
・オー・フェア・トゥ・シー oh fair to see, op.13 (1929/195-) {sop(tnr), p} ...
Hardy詩
・悦びに to joy, op.13 (1931) ...
Blunden詩
・収穫 harvest, op.13 (1956) ...
Blunden詩
・私たちが相愛してから since we loved (1956) ...
Bridges詩
・ある若者の訓戒 a young man's exhortation, op.14 (1926) {tnr, p} ...
Hardy詩
 1) 小曲 ditty (1928)
 2) バドムースのいとし子 Budmouth dears (1929)
 3) 彼女のこめかみ her temple (1927)
 4) イェーラムの帚星 the comet at Yell'ham (1927)
 5) 短縮された日々 shortening days (1928)
 6) 溜息 the sigh (1928)
 7) かつての美女 former beauties (1927)
 8) 変想曲 transformations (1929)
 9) 続けられる踊り the dance continued (-)

・地球,空気そして雨 earth and air and rain, op.15 (1932-1935) {btn, p} ... Hardy詩
 1) リヨネーズへの旅立ち when I set out for Lyonnesse (1932-1935) {btn, p(small-orch)}
 2) お互いを待って waiting both (1929)
 3) 幻影 the phantom (1932)
 4) だから私は出かけた so I have fared (1928)
 4) ローリクム・ロールム rollicum-rorum (-)
 5) リズビー・ブラウンに贈る to Lizbie Browne (-)
 6) 時代の時計 the clock of the years (-)
 7) 教会の庭で in a churchyard (1932)
 8) 誇り高き歌い手 proud songsters (1932?)

・夏の始めと終わりに before and after summer, op.16 (1932-1949) {btn, p} ...
Hardy詩
 1) 夏の始めと終わりに before and after Summer (1949)
 2) the self-unseeing (1949)
 3) 川を臨んで overlooking the river (-)
 4) channel firing (1940)
 5) 心の眼で in the mind's eye (1949)
 6) 余りにも短すぎる時 the too short time (1949)
 7) epeisodia (1932?)
 8) アナベル Amabel (1932)
 9) he abjures love (1938)

・我らに花環を let us garlands bring, op.18 (-) {btn, p} ...
Shakespeare詩
 1) come away, death (1938)
 2) who is Sylvia? (1938)
 3) fear no more the heat o'the sun (1929)
 4) o mistress mine (1942)
 5) it was a lover (1940)

・地球が朽ちるまで till earth outwears, op.19 (-) {sop(tnr), p} ...
Hardy詩
 1) let me enjoy the earth, before (1936)
 2) in years defaced (1936)
 3) the market girl (1927/1942)
 4) I look into my glass (1937?)
 5) it never looks like summer here (1956)
 6) at a lunar eclipse (1929)
 7) life laughs onwards (1955)

・ I said to love (-) {btn, p} ...
Hardy詩
 1) I need not go, before (1936)
 2) at middle-field gate in February (1956)
 3) two lips (1928)
 4) in five-score summers (1956)
 5) for life I never cared greatly (-)
 6) I said to love (1956)
歌曲
管弦楽付帯
・小径と踏み段を通って by footpath and stile, op.2 (1921-1922/1941) {btn, 2vln, vla, vc} ... Hardy詩,1, 3を1941年に改訂
 1) I went by footpath and by stile
 2) Where the picnic was
 3) the oxen, the master and the leaves
 4) voices from things growing in a churchyard
 5) exeunt omnes

・ ディエス・ナタリス dies natalis, op.8 (1925-1939) {sop(tnr), strings} ...
Traherne詩
 1) 入祭曲 intrada
 2) 狂詩曲 rhapsody
 3) the rapture
 4) wonder
 5) the salutation

・別離 farewell to arms, op.9 (1944) {tnr, small-orch(strings)} ...
R. Knevet,G. Peele詩
 1) 序奏 introduction (1944)
 2) アリア aria 'his golden locks' (1926)

・2つのソネット two sonnets, op.12 (1926-1928) {tnr(sop), small-orch} ...
J. Milton詩
 1) when I consider
 2) how soon hath time

・我らに花環を let us garlands bring, op.18 (1929-1942) {btn, strings} ...
歌曲(ピアノ伴奏)の編曲版
・【恋の骨折り損】のための音楽 music for 'love's labour's lost', op.28a (1946) {vo, small-orch} ...
Shakespeare詩,不詳詩
 1) songs of hiems and ver
 2) songs for moth
合唱曲 ・10の子どもの歌 ten children's songs, op.1 (1920-1921/1940) {sop, 2sop, p} ... C. Rossettiの詩集より
・ up to those bright and gladsome hills (1922) {choir, org} ...
H. Vaughan詩
・この日の煌めき the brightness of this day (1923) {btn, choir orch (org)} ...
Vaughan詩
・室内レクイエム requiem da camera (1923-1925) {btn, choir, chamber}
 1) 前奏曲 prelude (J. Masefield) ... 1914年8月の署名
 2) in time of 'the breaking of nations' (T. Hardy) ...
2つの版がある
 3) 悲曲 lament (W. Gibson)

・復活 the recovery (1925) {choir, orch(org)} ...
T. Traherne詩
・3つの短いエレジー three short elegies, op.5 (1926) {sop, alto, tnr, bass} ...
W. Drummond詩
 1) life a right shadow is
 2) this world a-hunting is
 3) this life, which seems so fair

・ブリッジズによる7つの詩 seven partsongs, op.17 (1934-1937) ...
R. Bridges詩
 1) たおやかな花を讃え I praise the tender flower {sop, alto, tnr, bass}
 2) 愛した花々は萎れ I have loved flowers that fade {sop, alto, tnr}
 3) 我が魂は終日歌う my spirit sang all day {sop, alto, tnr, bass}
 4) 清く穏やかな流れ clear and gentle stream {sop, alto, tnr, bass}
 5) うぐいす nightingales {2sop, alto, tnr, bass}
 6) haste on, my joys! {2sop, alto, tnr, bass}
 7) wherefore tonight so full of care {2sop, alto, tnr, bass}

・ lo, the full, final sacrifice, op.26 (1946) {choir, org (orch)}...
R. Crashaw, after T. Aquinas,1947年に管弦楽配置
・3つのアンセム three anthems, op.27
 1) my lovely one (1948) {sop, alto, tnr, bass, org} ... E. Taylor詩
 2) 神は召された god is gone up (1951) {sop, alto, tnr, bass, org (strings)} ...
Taylor詩
 3) welcome sweet and sacred feast (1953) {sop, alto, tnr, bass, org} ...
Vaughan詩
・永久の親交 ode: intimations of immortality, op.29 (1936-1938/1949-1950) {tnr, choir, orch}...
W. Wordsworth詩
・典礼頌歌:聖チェチーリアのために for St Cecilia, op.30 (1947) {tnr, choir, orch} ...
E. Blunden詩
・ thou didst delight my eyes, op.32 (1952) {tnr, 2bass} ...
Bridges詩
・この夜一晩 all this night, op.33 (1951) {sop, alto, tnr, bass} ...
W. Austin詩
・ muses and graces, op.34 (1951) {sop(tnr), choir, p (strings)} ...
U. Wood詩
・高名なる彼等を讃え let us now praise famous men, op.35 (1951) {tnr, bass, p} ...
Apocrypha: Ecclesiasticus
・マグニフィカト:聖母マリアのカンティクム magnificat, op.36 (1952) {choir, org} ...
1956年に管弦楽配置
・白い花咲く日々 white-flowering days, op.37 (1952-1953) {sop, alto, tnr, bass} ...
Blunden詩
・地に平和を in terra pax, op.39 (1951-1954) {sop, btn, choir, strings, hrp, cymb} ...
Bridges詩, 「ルカ伝」より。1956年に管弦楽配置


フィンツィを聴く


★★★★★
"Clarinet Concerto / Five Bagatelles / Three Soliloquies from 'Love's Labours Lost' / A Severn Rhapsody / Romance / Introit" (Naxos : 8.553556)
Howard Griffiths (cond) Robert Plane (cl) Northern Sinfonia
後期ロマン派らしいロマンティックな旋律美といえば,一般にはショパンやフォーレなどの名前が挙がるでしょう。しかし,前者はポーランド人らしく,ロマン派にしては土臭く,荒々しいところがあり,また後者はロマン派といっても,かなり甘美な方向に流れています。フィンジの作品はちょうどこの2者の中間あたりと考えていただけると宜しいでしょう。イギリスものらしい上品な佇まい,アイリッシュ系の作家に見られる影のある曲想,そして都会暮らしが肌に合わなかった作者の人柄そのままの旋律美は,時に紳士面が気になるイギリスものの作品として稀な「地に足のついた」作風そのものです。決して多くない彼のCDで一枚をと言うなら,まずはこれを。廉価盤でありながら,弦の響きが素晴らしく,グリフィスの共感溢れる指揮に,感動必至。イギリスものの奥の深さを感じずにはおれない,隠れた名品です。

★★★★☆
"Suite from 'Love's Labours Lost' / Clarinet Concerto / Prelude for String Orchestra / Romance" (Nimbus : NI 5101)
William Boughton (cond) Alan Hacker (cl) English String Orchestra
ナクソスが光を当てる遙かに前,海外でいち早くフィンツィ再評価のきっかけを作ったのが,ニンバスでした。本盤はその最も早い時期の作品で,管見の限り,無名の人フィンツィ再評価の嚆矢となった一枚ではないかと思います。レーベルが倒産してしまったので,入手は少し難しくなってしまいました。代表作『クラリネット協奏曲』を始め,フィンツィの入門編ともいうべき選曲です。ここでも,題過度な甘美さを排しながらも,高められたリリシズムのそこここから滲み出るような悲壮的叙情に涙を誘われます。ウィリアム・ボートンが1980年に設立したイギリス弦楽オーケストラは,精力的にイギリス近代の無名作家の作品を発掘している素晴らしい楽団です。ロンドン交響楽団の主席クラリネット奏者アラン・ハッカーの演奏も良好。シェークスピアの同名の脚本に着想した『恋の骨折り損』が全曲版で聴けるのも大きな魅力といえましょう。

★★★★
"Concerto for Cello / Eclogue / Grand Fantasia and Toccata" (Naxos : 8555766)
Howard Griffiths (cond) Tim Hugh (vc) Peter Donohoe (p) Northen Sinfonia
イギリスの作曲家ジェラルド・フィンジは王立音楽学校の教職に就きながら,僅か3年でその職を辞し,妻とともに田舎に隠棲してしまった作曲家です。そんな控えめな人柄を反映した作風は,民謡を思わせる,飾らない感傷的な旋律が印象的。ショパンのワルツ(後年)や夜想曲あたりが持っている,あの後ろ髪を引かれるような旋律美に心動かされる人なら,一聴の価値がある作曲家と言えましょう。本盤はナクソスから出たフィンツィ作品集の第2弾。『チェロ協奏曲』や『大幻想曲』などという仰々しい素材からでしょうか。ベタ誉めした第1弾に比べると,形式がやや前面に出た印象。そのぶん詩人然とした彼の魅力は減じてしまいますけれど,緩楽章で現れるナイーブで感傷的な曲想は紛れもなく彼のもの。思わずもらい泣きしてしまいそうにロマンティックな『協奏曲』の2楽章などは,紛れもなくイギリス屈指のロマンティスト,フィンツィならではのものでしょう。フォーレの『バラード』を思わせる『エクローグ』はこれまで,倒産してしまったニンバス盤でしか聴けませんでしたので,ナクソス盤で簡単に聴けるようになったのは嬉しい限りです(ただし,演奏はちょっと劣ります)。第一集では恐ろしく高度な作品への共感を示したグリフィス/ノーザン・シンフォニアの演奏は良好。音量が上がると弱さがちらつくものの,弱音における透明度の高さは流石です。

★★★★
"Dies Natalis / When I Set Out for Lyonnesse / Interlude / Farewell to Arms / Two Sonnets / Let Us Garlands Bring" (Conifer : 75605 51285 2)
Rebecca Evans (sop) Toby Spence (tnr) Nicholas Daniel (ob) Michael George (b-btn) Vernon Handley (cond) Bournemouth Symphony Orchestra
イギリス楽壇の大物がぞろぞろ集まって制作したフィンツィの歌曲集。フィンツィの作品で有名なのは『クラリネット協奏曲』ですが,その一方彼はあのイギリス最高の宗教音楽家ラッブラとも師匠つながりで親しく交流があり,イギリスの民謡を収集するなど,もともと歌曲にも並々ならぬ情熱を注いでいました。このCDはそうした彼の側面に光を当てたものとして,それなりに興じ入っていただけるものといえましょう。ただ,ここから先は個人的見解なのですが,作者の静謐な美意識に,やはり言葉は要らないという気がします。どこか,詩に音楽が寄りかかって上記盤に感じられるほどのリリシズムは,この盤からは感じられないような気がします。

★★★☆
"God is Gone Up / Magnificat / My Lovely One / Welcome Sweet and Sacred Feast / Thou Didst Delight my Eyes / Let us now Praise Famous Men / 7 Unaccompanied Partsongs / Lo, the Full, Final Sacrifice" (Naxos : 8.555792)
Christopher Robinson (dir) Christopher Whitton (org) Choir of St. John's Colledge, Cambridge

『クラリネット協奏曲』ばかりが有名なイギリス近代屈指のロマンティスト,フィンツィは,ショパンにも匹敵するくらい涙腺を刺激するのが巧い作曲家。ソロのいる協奏曲などのジャンルでは,そのナイーブな美旋律家ぶりも遺憾なく発揮されますから,彼の協奏曲にスポットが当たるのは良く分かるところです。ただ,彼は実際には歌曲や合唱曲のレパートリーで最も数多くの作品を書いた人。それらを聴く機会がほとんどない状況の中で彼を評価しなければならない現状は不合理と言わなくてはなりますまい。このCDはなぜかあまり日の当たらないフィンツィの合唱ものにスポットを当てた,痒いところに手の届く企画作品。発掘あるある大事典のマルコと結託するナクソスの面目躍如と言うべきものです。しかし,残念ながら演奏陣は格落ち。セント・ジョンズ・カレッジの合唱隊は初めて聴きますが,いわゆる一般的な印象としての「大学サークルの合唱団」レベルに留まっており,プロとして録音するにはキメが粗すぎるようです。他にラッブラやハウエルズの録音もあるみたいですが,お金に余程困っている方でない限り私は他盤をお薦めします。

★★★★☆
"Hymnus Paradisi (Howells) Dies Natalis (Finzi)" (EMI : CDM 7 63372 2)
David Willcocks, Christopher Finzi (cond) Heather Harper (sop) Robert Tear, Wilfred Brown (tnr) The Bach Choir : Choir of King's College, Cambridge : New Philharmonia Orchestra : English Chamber Orchestra
かたや合唱曲に特化して,大衆的な人気と隔絶してしまったハウエルズに,此方リンゴ農園で農作物と向き合って暮らす生活を選んで下向し,表舞台から消えたフィンジ。英国近代にひっそりとその足跡を残した2名の作曲家が書いた,管弦楽付帯の合唱曲としては代表作といえる2品を併録した本盤は,前者が1970年に,後者が1963年に録音されたもの。前者は作曲者自身が録音に立ち会い,後者は作曲者の肉親が指揮棒を執る。近年シャンドスによる再発掘が進む中でも,古典的録音としての存在価値は不動と言えるでしょう。1950年に作曲者自身の指揮で初演された『イムヌス・パラディシ』は,宗教音楽の大家ハウエルズの残した作品中でも代表作とされるもの。作曲者は1935年に,最愛の息子を亡くします。失意の中,深く打ちひしがれた自らの心を慰め解放すべく,作曲活動に救いを求めたと,作曲者も後年述懐している通り,全体を包む重く荘厳な空気と,十全に抑制された曲想の端々から滲み出す情念の陰影は,他の宗教作品と比べても格段に深い。紳士然としたナルシシズムとスノビズムが,どうしても素材の先に立ってしまう英国近代の宗教作品において,これだけ知性の空々しさを感じさせない真摯な作品は希少。宗教曲としては,英国近代屈指の名品ではないかと感服しました。合唱隊は弱いものの,旧録音とは思えぬほど肌理が揃い,荘厳で繊細に鳴る演奏も良好です。フィンジの作品は,やはり作曲者の嗜好を反映して,全体に儚げな情緒が漂うものの,ハウエルズよりもロマン派情緒が濃い。既にハンドリー盤でも聴け,同作は確かにオケの性能も抜群に良いのですが,やはり肉親には敵わない・・と,こちらも感服する美演。大きな振幅をとって,速めのテンポを情感豊かに聴かせ,しかも甘さを適度に抑制する。さすが肉親,説得力豊かです。

★★★★
"Eclogue (G. Finzi) Sir Roger de Coverley / An Irish Melody (F. Bridge) An English Suite (H. Parry) There is a Willow Grows aslant a Brook / Two Entr'actes / Two Old English Songs (F. Bridge)" (Nimbus : NI 5366)
William Boughton (cond) Martin Jones (p) English String Orchestra
前述のウィリアム・ボートンが,手兵だった英国弦楽オーケストラを率いて,3人のマイナー系英国近代作曲家をとりあげたコンピもの。イギリス版ブラームスとして知られ,優れた教育者として活躍したパリーの擬古典的な疑似宮廷音楽『英国組曲』は意外な拾いものですし,時に無調趣味も見せるカメレオン作家ブリッジも,ここでは人当たりの良い表情の数品ばかりにスポットを当てられています。フィンツィの作品は僅かに『エクローグ』ただ1曲なのですが,わざわざご紹介するのは,何をおいてもこの秘曲の素晴らしさと,演奏の出来の良さです。デリケートな単音主体のピアノと,控えめな弦部が織りなす簡素で無垢な響きは,ケックランやフォーレの『バラード』に匹敵する佇まいを備えており,埋もれるには惜しい逸品。ピアノを弾くマーティン・ジョーンズは近代物に関心が深く,このレーベルにドビュッシーの全集録音もあるお方。正直なところソリストとしては今ひとつな彼。しかし,ここでは単音主体でぽつりぽつりと語られる秘めた叙情を,巧みに捉えたタッチが素晴らしい。競合するナクソス盤よりも良いのではないでしょうか。既にニンバスは倒産してしまいましたので,中古盤中心に探すことになるかと思いますけれど,見つけたらお手にとって見てください。

(2001. 6. 18 upload)