Fの作曲家




ジャン・フランセ Jean Françaix (1912-1997)

フランスの作曲家,ピアニスト。1912年5月23日,24時間耐久で有名なル・マンに生まれる。ル・マン音楽院の院長アルフレッドを父に,声楽家を母に持つ恵まれた音楽環境で育ち,父母から最初の音楽教育を受ける。9歳でサン=サーンスに傾倒し,作曲家への道を決意するなど早くから音楽的才能を発揮。父母は1922年に,彼の最初の作品(ジャクリーヌのために:Pour Jacqueline)をセナール社へ送った。同社で採用を担当していた作曲家のマルセル・ド・マンツィアーリ(Marcelle de Manziarly)がこれを評価。彼の紹介でナディア・ブーランジェと邂逅したフランセは,10歳から作曲を学び,1926年には14歳でパリ音楽院に進学。イシドール・フィリップ(Isidor Philipp)にピアノを学び,1930年に18歳でピアノ科一等を得た。その後はピアニストとして,モーリス・ジャンドロン(Maurice Gendron:チェロ奏者)やパスキエ三重奏団の伴奏を務める傍ら,作曲活動を継続。六人組の流れを汲む作風を得意とし,パリジャン気質の漂う軽妙なエスプリとコミカルな筆致で,200を超える作品を遺した多作家であった。1997年9月25日パリにて死去。フローレンス・グールド賞(1950年),SACEM賞(1992年),オネゲル賞グランプリ(1992年)の受賞がある(関連ページ:Site Officiel Jean Françaix 仏語)。


主要作品

歌劇 ・黙示録 l'apostrophe (1940) {tnr, btn, 2sop, recit, orch}
・栄光の手 la main de gloire (1945) {4act}
・クレーヴの女王 la princesse de Clèves (1961) {4act}
・びっこの悪魔 le diable boiteux (1937) {tnr, bass, small-orch}
・ふたりのパリ Paris à nous deux, ou le Nouveau Rastignac (1954) {3vo, choir, 4sax}
バレエ ・砂浜 beach (1933)
・スコラ・ディ・バロ scuola di ballo (1933/1950/1966) {? /orch /2p} ...
ボッティチェルリの主題による
・裸の王様 le roi nu (1935)
・ソフィーの不幸 les malheurs de Sophie (1935)
・魅入られた楽器商 la lutherie enchantée (1936)
・感傷的な遊戯 le jeu sentimental (1936)
・愚かな判断 le jugement du fou (1938)
・ヴェニスのガラス細工 verreries de Vénise (1938)
・夜の娘たち les demoiselles de la nuit (1938)
・カメリア die Kamelien (1950)
・ア・ラ・フランセ à la Francaix (1951)
・ミダの王 le roi Midas (1952)
・月の婦人 la dame dans la lune (1957)
・諺と派生語 adages et variations (1965)
・恋の博打打ち le croupier amoureux (1967)
・道化師,或いは夜の秘密 pierrot ou les secrets de la nuit (1980)
管弦楽 ・セレナード sérénade (1934) {orch /vc, p} ...チェロ版はMaurice Gendron編
・裸の王様 le roi nu (1935)
・ラ・ドゥース・フランス la douce France (1946)
・シテール島への切符 les bosquets de Cythère (1946)
・弦楽交響曲 symphonies d'archets (1948) {strings}
・海の男たち les zigues de mars (1950)
・交響曲ト長調 symphonie en sol majeur (1953)
・BEAのセレナード sérénade B E A (1955) {strings}
・グレヴァン博物館にて au musée Grévin (1956)
・カルメル派信者の対話 le dialogues des carmélites (1960)
・6つの前奏曲 six préludes/sei preludi (1963) {strings}
・主題と変奏 thème et variations (1971)
・神秘の街 la ville mystérieuse (1973)
・破棄 cassazione (1975)
・アナクレオン風の序曲 ouverture anacréontique (1978)
・愉しみの音楽 musique pour faire plasir (1984) {orch /2fl, 2ob, 2cl, 2hrn, 2bssn /2fl, 2ob, 2cl, 2bssn, 2hrn}
・自由への頌歌 ode à la liberté (1985) {orch /winds}
・パヴァーヌ pavane pour un génie vivant (1987)
・生ける才人へのパヴァーヌ pavane pour un genie vivant (1987)
・管弦楽のための悲歌 élégie (1990) {fl, a-fl, ob, e-hrn, b-hrn, b-cl, bssn, c-bssn, 2hrn /orch}
・85の小節と1つのダカーポ quatre-vingt cinq mesures et un da capo (1991)
・欧州風行進曲 marche Européenne (-) {winds}
・素朴な行進曲 marche solennelle (-) {winds}
協奏曲 ・ピアノと管弦楽のための小管弦楽曲 concertino (1932) {p, orch}
・ヴァイオリンと管弦楽のための組曲 suite (1934) {vln, orch}
・チェロと管弦楽のための幻想曲 fantaisie (1935) {vc, orch}
・弦楽三重奏と管弦楽のための喜遊曲 divertissement (1935) {vln, vla, vc, orch}
・四重独奏の協奏曲 quadruple concerto (1935) {fl, ob, cl, bssn, orch}
・ピアノ協奏曲 concerto pour piano et orchestre (1936) {p, orch}
・宮廷の音楽 musique de cour (1937) {fl, vln, orch(p)}
・ファゴットと弦楽のための喜遊曲 divertissement (1942) {bssn, 5strings(strings)}
・ヴィオラと管弦楽のための狂詩曲 rhapsodie (1946) {vla, orch}
・コンセール形式の変奏曲 variations de concert (1950) {vc, orch}
・ホルンと管弦楽のための喜遊曲 divertimento (1959) {hrn, orch}
・花時計 l'horloge de flore (1959) {ob, orch}
・クラブサン協奏曲 concerto pour clavecin et orchestre (1959) {hpcd, orch}
・2台のピアノと管弦楽のための協奏曲 concerto pour deux pianos et orchestre (1965) {2p, orch}
・フルート協奏曲 concerto pour flûte et orchestre (1966) {fl, orch}
・クラリネット協奏曲 concerto pour clarinette et orchestre (1967) {cl, orch}
・六楽章の吟遊 jeu poétique en six mouvements (1969) {hrp, orch}
・ヴァイオリン協奏曲第1番 concerto No.1 pour violon et orchestre (1970) {vln, orch}
・コントラバス協奏曲 concerto pour contrebasse et orchestre (1974) {b, orch}
・フルートと室内管弦楽のための喜遊曲 divertimento (1974) {fl, chamber}
・即興曲 impromptu (1974) {fl, chamber}
・陽気なパリ le gai Paris (1974) {3tp, fl, 2ob, 2bssn, hrn, c-bssn}
・前奏曲,サラバンドとジグ prélude,sarabande et gigue (1975) {tp, orch}
・コンチェルト・グロッソ concerto grosso (1976) {fl, ob, cl, orch}
・シャコンヌ chaconne (1976) {hrp, strings}
・歓喜の主題による変奏曲 variations sur un thème plaisant (1976) {tp, 2fl, 2ob, 2cl, b-cl, c-bssn}
・主題と変奏 tema con variazioni (1978) {cl, orch (p)}
・2台のハープと弦楽のための協奏曲 concerto pour deux harpes et orchestre (1978) {2hrp, strings}
・ファゴット協奏曲 concerto pour basson et orchestre (1979) {bssn, 11strings (p)}
・欧州風小ワルツ petite valse européenne (1979) {tba, 5brass}
・ヴァイオリン協奏曲第2番 concerto No.2 pour violon et orchestre (1979) {vln, chamber(16inst)}
・モーツァルトへの新たな視角 Mozart new-look (1981) {b, 2fl, 2ob, 2cl, 2bssn, 2hrn}
・ギター協奏曲 concerto pour guitare et orchestre (1982) {g, orch}
・トロンボーン協奏曲 concerto pour trombone et orchestre (1983) {2tp, tb, 2p-fl, 2ob, 2cl, b-cl, c-bssn}
・畏友パパゲーノ礼讃 hommage à l'ami Papageno (1984) {2tp, 2p-fl, e-hrn, b-cl, b, p}
・15人の独奏者のための協奏曲 concerto pour quinze solistes (1988) {3inst (incl.ob), orchestre}
・ダブル・コンチェルト double concerto (1991) {fl, cl, orch}
・アコーディオン協奏曲 concerto pour accordéon et orchestre (1993) {acdn, orch}
室内楽 ・弦楽三重奏曲 trio à cordes (1933) {vln vla, vc}
・ピアノ四重奏曲 divertissement pour trio à cordes et piano (1933) {vln, vla, vc, p}
・木管四重奏曲 quatuor à vents (1933) {fl, ob, cl, bssn}
・七重奏曲 septett (1933)
・ヴァイオリンとピアノのためのソナチヌ sonatine pour violon et piano (1934) {vln ,p}
・サクソフォーン小四重奏曲 petit quatuor de saxophones (1934/1992) {4sax /2cl, b-hrn, b-cl} ...編曲版は「小四重奏曲」
・フルート,ハープと弦楽三重奏のための五重奏曲第1番 quintette No.1 (1934) {fl, vln, vla, vc, hrp}
・弦楽四重奏曲 quatuor à cordes (1938) {2vln, vla, vc}
・ファゴットと弦楽五重奏のための喜遊曲 divertissement (1942) {bssn, 2vln, vla, vc, b}
・無窮動 mouvement perpétual (1944) {vln, p} ...
"l'Arlequin blanc"よりMaurice Gendron編曲
・吹奏三重奏のための喜遊曲 divertissement ou Trio d'anches (1947) {ob, cl, bssn}
・恋人の時間 l'heure du berger (1947) {2vln , vla, vc, b, p /ob, bssn, hrn, tb, p /fl, 2ob, 2cl, 2bssn, hrn, tb, p} ...九重奏版(1972)はF.K. Wanek編
・吹奏五重奏曲第1番 quintette à vent No.1 (1948) {fl, ob, cl, hrn, bssn}
・夜想曲 nocturne (1951) {vc, p} ...
バレエ"Les Demoiselles de la nuit"よりMaurice Gendron抜粋編曲
・オクターブのカノン canon à l'octave (1953) {hrn, p}
・フルートとピアノのための喜遊曲 divertimento (1953) {fl, p}
・スタッカートによるロンディーノ rondino - staccato (1953) ... ※詳細記述なし,ただしPierreVerany盤で分かる模様
・子守歌 berceuse (1953) {vc, p} ...喜劇"L'Apostrophe"よりMaurice Gendron編曲
・休暇 les vacances (1953) {vln, vc, p}
・ホルンとピアノのための喜遊曲 divertimento (1959) {hrn, p}
・スコラ・ディ・チェリ scuola di celli (1960) {10vc}
・5つの異国趣味の舞曲 cinq danses éxotiques (1961) {sax, p}
・フルート独奏のための組曲 suite pour flûte seul (1962) {fl}
・イングリッシュ・ホルン四重奏曲 quatuor avec cor anglais (1970) {e-hrn, vln, vla, vc}
・フルート,ハープとチェロのための三重奏曲 trio pour flûte, harpe et violoncelle (1971) {fl, vla, hrp}
・7つの舞曲 sept danses (1971) {2fl, 2ob, 2cl, 2hrn, 2bssn}
・八重奏曲 octuor (1972) {fl, cl, ob, hrn, bssn, 2vln, vla, vc, b}
・9つの個性的な小品 neuf pièces caractéristiques (1973) {2fl, 2ob, 2cl, 2hrn, 2bssn}
・奉献曲 aubade (1974) {12vc}
・5つの小さな二重奏曲 cinque piccoli duetti (1975) {fl, hrp}
・前奏曲,サラバンドとジグまたはソナチヌ prélude, sarabande et gigue, ou sonatine (1975) {tp, p}
・変奏された主題 thème varié (1976) {b}
・即興的な7作品 sept impromptus (1977) {fl, bssn}
・クラリネット五重奏曲 quintette avec clarinette (1977) {5cl, 2vln ,vla, vc}
・セレナータ serenata (1978) {g}
・ハープ独奏のための組曲 suite pour flûte seul (1978) {hrp}
・疑似即興曲 quasi improvisando (1978) {tp, 2p-fl, 2ob, 2cl, 2hrn, 2bssn}
・ファゴットとピアノのための協奏曲 concerto pour basson et piano (1979) {bssn, p}
・小パガニーニ les petits Paganini (1979) {5vln} ...ソロと弦楽四重奏
・バロック二重奏曲 duo baroque (1980) {b, hrp}
・主題と8つの変奏 tema con 8 variazioni (1980) {vln}
・8つのバガテル huit bagatelles (1980) {2vln, vla, vc, p}
・異国趣味の舞曲 danses éxotiques (1981) {2p-fl, 2ob, 2cl, 2bssn, 2hrn, tp, perc} ... サックス独奏曲(1961)と異曲かは不詳
・2本のギターのための喜遊曲 divertissement pour deux guitars (1982) {2g}
・11の変奏曲集 onze variations (1982) {tp, 2ob, 2cl, 2hrn, 2bssn, b}
・シャブリエのハバネラ Emanuel Chabrier, Habanera (1985) {vc, p}
・ピアノ三重奏曲 trio pour violon, violoncelle et piano (1986) {vla, vc, p}
・夜想曲と喜遊曲 notturno e divertimento (1987) {4hrn}
・吹奏五重奏曲第2番 quintette à vent No.2 (1987) {fl, ob, cl, hrn, bssn}
・十重奏曲 dixtuor (1987) {2vln, vla, vc, b, fl, ob, cl, hrn, bssn}
・降誕祭ノヴェレット noël nouvelet et "il est ne, le divin enfant" (1987) {12vc}
・フルートとギターのためのソナタ sonate pour flûte et guitare (1988) {fl, g}
・五重奏曲 quintette avec flûte àbec et clavecin (1988) {fl, 2vln, vc, hpcd}
・つがいのオウムの対話 le colloque des deux perruches (1989) {fl, a-fl}
・フルート,ハープと弦楽三重奏のための五重奏曲第2番 quintette No.2 (1989) {fl, vln, vla, vc, hrp}
・クラリネット,ヴィオラとピアノのための三重奏曲 trio pour clarinette, alto, et piano (1990) {cl, vla, p}
・エレジー élégie (1990) {fl, a-fl, ob, e-hrn, b-hrn, b-cl, bssn, c-bssn,2hrn}
・六重奏曲 sixtuor (1991) {fl, ob, cl, b-cl, hrn, bssn}
・オーボエ,ファゴットとピアノのための三重奏曲 trio pour hautbois, basson et piano (1994) {ob, bssn, p}
・三管とピアノのための三重奏曲 quatuor pour clarinette, cor de basset, clarinette basse et piano (1994) {cl, b-hrn, b-cl, p}
・聴衆への感謝のために pour remercier l'Auditoire (1994) {fl, cl, hrn, vln, vc, p}
・フルート,チェロとピアノのための三重奏曲 trio pour flûte, violoncelle et piano (1995) {fl, vc, p}
・九重奏曲 nonetto (1995)
・2つの小品 deux pièces (1996) {bssn, p}
・フルート・ソナタ sonate pour flûte et piano (1996) {fl, p}
・シューベルト風チェレスタ célestes Schubertiades (1996) {2fl, p-fl, 2ob, 2e-hrn, 2hrn, 2cl, 2b-cl, 2bssn, 2b}
・パッサカリア passacaille (-) {g}
・勝利の行進 marche triomphale (-) {4tp, org}
鍵盤曲 ・ジャクリーヌのために pour Jacqueline (1922) {p}
・スケルツォ scherzo (1932) {p}
・5つの若い娘たちの肖像 cinq portraits de jeunes filles (1936) {p}
・礼讃の踊り eloge de la danse (1947) {p}
・昆虫館 l'insectarium (1953) {hpcd}
・もしヴェルサイユが語りかけるなら si Versailles m'était conté (1953/1954) {2p /orch}
・ナポレオン Napoléon (1954) {2p}
・素朴な行進曲 marche solennelle (1956) {org}
・8つの異国趣味の踊り huit danses exotiques (1957) {2p}
・6つの偉大な歩み six grandes marches (1957) {2p /orch}
・3人のアルルカンの踊り danse des trois arlequins (1958) {p}
・ピアノ・ソナタ sonate pour piano (1960) {p}
・カルメル派の組曲 suite carmélite (1960) {org}
・5つの反復記号 cinq 'Bis' (1965) {p}
・ルノワールによる15の子どもの肖像画 quinze portraits d'enfants d'Auguste Renoir (1971) {2p /strings}
・まず音楽ありき de la musique avant toute chose (1975) {p}
・2つの小品 deux pièces (1977) {hpcd}
・グーテンベルクの名による8つの変奏 huit variations sur le nom de Johannes Gutenberg (1982) {p}
・3つの素描 trois esquisses sur les touches blanches (1983) {p}
・若いピアニストの注意を促す教程 de difficulté progressive à l'attention des jeunes pianistes (1983) {p}
・世俗的な組曲 suite profane (1984) [org}
・散歩道 la promenade d'un musicologue éclectique (1987) {p}
・黙示録より抜粋した組曲 suite tirée de l'Apocalypse, par Jurgen Essl (1994) {2tp, org}
・勝利の行進 marche triomphale (-) {4tp, org}
・婚儀のミサ messe de mariage (-) {org}
合唱曲 ・子らのための5つの歌 cinq chansons pour les enfants (1932) {2sop, p}
・聖ジャンの黙示録 l'apocalypse selon St. Jean (1939) {sop, c-alto, tnr, bass, choir 2orch}
・幼きころの juvenalia (1947) {sop, alto, tnr, bass, 2p}
・美食家のオード l'ode à la Gastronomie (1950) {16vo-choir}
・雄牛のようになりたい蛙 la grenouille qui se veut faire aussi grosse que le boeuf (1963) {4m-vo, p /sop (tnr, p)}
・雄鶏ときつね le coq et le renard (1963) {4m-vo, p}
・ヴェルサイユの散歩道 la promenade à Versailles (1976) {4m-vo, 12strings}
・ポール・ヴァレリーの3つの詩 trois poèmes de Paul Valéry (1982) {8vo /vo, p}
・永久の三人 triade de toujours (1991) {choir}
・9つの博物誌 neuf historiettes (1997) {choir}
・3つの二重唱 trois duos (-) {2sop, 2vln, vla, vc}
歌曲 ・3つの碑文 trois epigrammes (1938) {sop, c-alto, tnr, bass, 5strings (orch) /sop (tnr), p}
・クレマンティヌの恋の季節 l'adolescence Clémentine (1941) {btn, p}
・愉悦の祈願 invocation à la volupté (1946) {btn, orch}
・シャルル・ドルレアンの3つの詩 cinq poèmes de Charles D'Orléans (1946) {btn, p}
・夕べの祈り prière du soir: chanson (1947) {tnr, g (p)}
・シャンフォールの8つの逸話 huit anecdotes de Chamfort (1949) {btn, p}
・メフィストのカンタータ la cantate de méphisto (1952) {bass, strings /btn, 2vln, vla, vc, b}
・叔父の嘆き:犬の運命 deploration de tonton: hien fidèle (1956) {msp, strings}
・白の雌猫 chatte blanche (1957) {tnr, p}
・ガルガンチュラの巨人 les inéstimables chroniques du bon géant Gargantua (1971) {recit, strings}
・老いた者たちのカンタータ la cantate des vieillards (1978) {tnr, bass, 12strings}
・プシュケ Psyché (1981) {recit, orch}
・3人の盟友 triade de toujours (1991) {sop, btn, 5winds, 5strings, hrp}
・9つの物語 neuf historiettes (1997) {btn, ts, p}
・即興的スケルツォ scherzo impromptu (-) {btn (bass), p}
オルガン ・素朴な行進曲 marche solennelle (1956) {org}
・婚儀のミサ messe de mariage (-) {org}
・カルメル派の組曲 suite carmelite (1960) {org}
・世俗的な組曲 suite profane (1984) [org}
編曲等 ・シャブリエ:ミュンヘンの想い出 Emanuel Chabrier, Souvenir de Munich (1960) {chamber}
・プーランク:子象ババールの冒険 Francis Poulenc, l'histoire de Babar, le petit elephant (1962) {recit, orch}
・ウェーバー:前奏とカプリチョーソ Carl Maria von Weber, Préludio et momento capriccioso (1964) {2vln, vla, vc, hrp}
・ショパン:24の前奏曲 Frédéric Chopin, 24 préludes op. 28 (1967) {chamber}
・シューベルト:即興曲と音楽的楽章 Franz Schubert, Six impromptus et moments musicaux (1973) {fl, vln, vla, vc, p}
・スカルラッティ:5つのソナタ Domenico Scarlati, cinq sonates (1975) {fl, vln, vla, vc, hrp}
・シャブリエ:8つの音画 Emmanuel Chabrier, huit pièces pittoresques (1984) {orch /2p-fl, ob, e-hrn, cl, b-cl, bssn, cot-bssn,, 2tp}
・シャブリエ:哀歌 Emmanuel Chabrier, élégie (1985) {2vln, vla, vc, b}
・シューベルト:3つの軍隊行進曲 Franz Schubert, trois marches militaires (1987) {orch /2fl, 2ob, 2cl, 2hrn, 2bssn}
・ショパン:3つの民謡と変奏 F. Chopin, trois écossaises et variations sur un air populaire allemand (1989) {orch /2p-fl, 2ob, 2cl, 2hrn, 2bssn}
・シャブリエ:ブルレスク付曲 Emanuel Chabrier, cortège burlesque (1989) {orch /p-fl, fl, ob, e-hrn, cl, b-cl, bssn, c-bssn, 2hrn}
・ショパン:序奏と華麗なるポロネーズ Frédéric Chopin, introduction et polonaise brillante (-) {vc, orch}
・ショパン:夜想曲とポロネーズ Frédéric Chopin, nocturne et polonaise (-)


フランセを聴く


★★★★
"Sérénade de BEA / Symphonie d'Archets / Portraits d'enfants / Six Préludes" (Pierre Verany : PV 79410 3)
Alain Moglia (cond) Orchestre de Chambre National de Toulouse
ピエール・ヴェラニーは,その後他のレーベルの傘下へと吸収合併されてしまったようですが,吹奏楽関係の音盤には殊の外強いレーベルで,1990年代には数多くのマニアックな録音を世に送り出し,全国の小中学校にブラスバンド部があるためか吹奏楽ファンの裾野が広い日本では,知る人ぞ知る存在でした。現在も細々ながらラドミローの管弦楽を出すなど,定見のあるレーベルです。どういう経緯からなのか,このレーベルが1990年代に殊の外力を注いでいたのがフランセの室内楽作品。本人の全面的な協力のもと,数枚の録音が日の目を見ています。このCDは日本にしょっちゅうやってきてファンも多いミシェル・プラッソンが長く音楽監督をしているトゥルーズ管の構成員が,当時コンサートマスターだったアラン・モグリアを仕立てて残した管弦楽作品集。ラヴェルの室内歌曲やルムランの協奏曲を助演するなど,見識は高いグループです。複数の旋律がお喋りするように交錯する,軽妙なパリジャン気質の作風は編成が変わろうとおかまいなし。ただ,編成のためか旋律の機動性がやや低いのも確か。和声フェチの私にとっては,フランセのCD中でも最も和声感を感じられるこのCDは聴きやすいんですが,フランセの軽やかさを好む向きには他盤をお薦めします。演奏もややまとまりを欠き,芯が抜けているのは残念です。

★★★★☆
"Concerto No.1 / Les Malheurs de Sophie / Symphonie en Sol Majeur" (Erol : ER 97002)
Jean Françaix (cond) Yukiko Naganuma (vln) Orchestre Philharmonique de Monte-Carlo
あまり真面目に聴いたことのなかったフランセ。最大の原因は,器楽作品ばっか聴いてきたお陰で,「こいつはミヨーと並ぶ金太郎飴ヤロー」だとのイメージが,すっかり脳内に定着してしまったせいです。彼自身のタクトで,管弦楽ばっかりまとめて聴ける本盤は,私と同様金太郎飴傾向がピンと来ない和声フェチの方には,彼の再評価をする上で得難いリファレンスといえましょう。1997年9月に世を去った御大。或いは自らの死を予感したのでしょうか。死を4ヶ月後に控えた1997年5月に,自らの希望で本盤を吹き込み。期せずしてこれがフランセの遺言状になってしまいました。もちろん本盤でも,パリ娘が小躍りしているような主旋律とリズムはたっぷりと聴けます。しかし,管弦楽として聴くと,実は楽しげな主旋律を周囲から盛り立てる弦部の肉付けは,驚くほど精妙です。先だっての『クレーヴの女王』でも現れてこちらを驚かせた,緩楽章での甘美な弦あしらいが,さらに純化した形で本盤にも出現。ヴァイオリン協奏曲なら二楽章,『ソフィーの不幸』ならレント。『交響曲』ならアンダンテ。イベール周辺のオーケストレーションから立ちのぼる,霧の如く淡い香気をそのまま,いっそう軽妙洒脱な庶民的リズムの中で,照れ気味に華開かせる。主旋律の軽やかさを損なわないよう,注意深く和声をちぎり絵にして,主旋律の輪郭を縁取っていく達者な筆運びには感心しきり。「楽しいから」器楽でばっか聴かれるこの人。しかし過度な「パリジャン」イメージは,この人の評価を誤らせることにもなりかねません。優秀なソリストと,天下のモンテカルロ管の助演を得て,優美な主旋律もふくよかに現前されている。多いとは言えないフランセ管弦楽の選択肢の中でも,演奏的にはピカイチの部類。最後の最後に,自分の手でこういう録音を残せたのは,作曲者自身にとってもこの上ない僥倖だったのではないでしょうか。

★★★★
"Parade (Satie) Le Boeuf sur le Tout (Milhaud) Ouverture (Auric) Concertino (Françaix) Contrasts (Fetler)" (Mercury : 434 335-2)
Antal Dorati (cond) Claude Françaix (p) Minneapolis Symphony Orchestra : London Symphony Orchestra
持ち前の軽妙瀟洒なエスプリ漂う作風が,最も端的にあらわれたものの1つ『コンチェルティーノ』は,フランセの代名詞とも言うべき初期代表作。演奏は幾つもありますが,ここではストラヴィンスキー『春の祭典』でお馴染みドラティとロンドン交響楽団を向こうに回し,作曲者の娘がピアノを弾いたCDを。娘さんはフランセに付いて音楽を学び,のちピアニストとして父と長年共演した人物。ここでも父のコンチェルティーノの録音に起用され,父娘鷹な自作自演をやっている。親の七光りなのか親馬鹿なのか。しかし,父フランセ御大の威光に守られているとはいえ,本人もナディア・ブーランジェに師事した経験もあるくらいですから,無能ではありません。軽やかなアルペジオで書かれ比較的明快なピアノ譜に比して,細かいリフが続くぶんオケは重要。後ろにロンドン響が回ったこのCDは演奏も好く出来たもの。ティボーデとデュトワ〜モントリオール響の録音よりも,軽やかな筆致でさすがは作曲者の身内です。本盤は六人組の音楽が主題とあって,併録もコクトー絡み。滅多に聴けないオーリックの管弦楽は嬉しい録音といえましょう。

★★★★
"Trois Pièces Brèves (Ibert) Printemps (Tomasi) La Cheminée du Roi René (Milhaud) Septuor (Koechlin) Quintette no.1 (Françaix) Scherzo (Bozza)" (BIS : CD-536)
Berlin Philharmonic Wind Quintet
ベルリン・フィルハーモニーの構成員5人が集まって組織されたこの楽団,言うまでもなく通常は古典や前期ロマン派などがレパートリー。彼らゲルマン人の音楽史観では印象派なんぞワグナーからシェーンベルクへと移行する途上に咲いた突然変異の仇花に過ぎないわけで,滅多に録音してくれるはずもありません。このCDはそんな楽団が残してくれた,非常に珍しいオール・フランス・プログラム。選曲もトマジにボザ,ケックランと,つまみ食い企画のわりにはかなり硬派でマニアックなうえ,天下のベルリン響の構成員らしく演奏技術が素晴らしいです。じゃァどうして4つ星なんですか?と仰るあなたは鋭い。選曲をみても,彼らの仏ものに対する知識はかなりのものでしょう。そんな彼らが選んだゆえにこそその選曲が,却って彼らの音楽観を反映しているのですね。和声は希薄で,細かいリフが交錯する対位法様式のものばかりなんですよ。古楽通のケクランにロマン派回帰のミヨー,通俗的ながらやはり懐旧的なフランセという人選,そして,トマジとは思えないほど擬古典的な『春』・・一見無作為なようでいて,実はかなり意図的なものだと思った次第です。演奏は(アルバン・ベルク四重奏団のドビュッシーがそうだったように)技術的には大変高水準。でありながら,どこか無機質な響きが特徴です。

★★★★☆
"La Princesse de Clèves (Françaix) Sarabande et Allegro (Glovlez) Adagio (Hugon) Pièce / Shylock (Fauré) Choral sur le Nom de Fauré / Vocalises (Koechlin) Pièce / Sérénade (Pierné) Aria (Bozza) 15 Portraits d'Enfants (Françaix)" (Capriccio : 67 064)
Lajos Lencsés (ob, e-hrn) Alain Moglia, Patrick Strub (cond) Orchestre de Chambre National de Toulouse : Radio-Sinfonieorchester Stuttgart des SWR
相変わらずフランス物にとってもお優しいシュトゥットガルト放送のオーボエ吹きレンチェーシュさん。2003年吹き込みの本盤でも,またまたフランスべったりプログラムを組みました。前作までとはうって変わって本盤では,トゥルーズ室内管とシュトゥットガルト放送管が,持ち回りで後ろを固めての協奏作品集。恐らく,選曲の段階から,ジャケットに象徴されるイメージの作品を作ろうと,明確な方針を立てていたのでしょう。どの曲をとっても,擬古典ベースの外連味のない曲構造の上で,極めて穏健かつ控えめな色気を放つ和声が花ひらく。喧噪の大都会を離れ,田園へと降り立ったモダニストたちが,かわるがわる,自らの大切に手入れしている田舎屋敷と秘密の花園を見せてくれるかのような,穏やかな曲がずらりと並ぶ選曲に快哉を叫びました。グロブレスやユゴンの秘曲に聞こえる,パスカルやティリエ彷彿の趣味の良さにも溜息を禁じ得ませんでしたが,何にも増して驚いたのは,標題にも選ばれたフランセの『クレーヴの女王』。ミヨー後年の緩楽章を,より外連味なくたおやかに校正したかの如く,穏やかな佳品。小人がぴょこぴょこ跳ね回るような,戯画的な曲ばかりしか書かないヤツだとタカをくくっていたこの作曲家が,これほど田園詩風の叙情性豊かな曲を書くとは。これを聴くだけでも,本盤を入手する価値は充分だと思います。少し音が硬くなり,細部のコントロールに少し不安を残すものの,緩やかな曲が揃う本盤では技巧もほぼ気にならないソリスト。背後を固める管弦楽。細かいアラを除けばいずれも好演。良い意味で,BGMにこれほど好適なCDもないでしょう。ジャケットが軟弱でも結構結構。後はこれを聴く機会さえ持たせることができれば,きっと仏近代を見直す部外者は,かなりの頻度で出現すると思います。

★★★★
"Fantaisie / Variations de Concert / Six Pieces / Scuola di Celli" (Pierre Verany : PV 794023)
Jean Françaix (cond) Henri Demarquette (vc) Orchestre de Bretagne
ジャン・フランセが当時若手有望株のチェリストだったアンリ・デマルケットをソリストに迎え,自らも指揮棒を執った自作自演集。オケはフレムの交響曲やラドミローの管弦楽を録音した仏地方オケ屈指の実力派。詳細なコメントは後日。

★★★★☆
"Octuor / Quintette / Divertissement" (Pierre Verany : PV 792102)
Jean-Louis Sajot (cl) Amaury Wallez (bssn) Ensemble Carl Stamitz
演奏はかなり良かった記憶。コメント後日。

★★★★
"Trio à Cordes / Le Colloque des Deux Perruches / Divertimento / Cantate de Méphisto" (Ottavo : OTR C109347)
Jean Françaix (p) Romain Bischoff (btn) Thies Roorda (fl) Rien de Reede (fl) Members of the Viotta Ensemble
もともとピアニストでもあり,軽妙洒脱な作風が象徴するように格式ばらないフランセは,次作自演も精力的に行っており,本人の自作自演がかなり残っています。このCDもそうした一枚で,フランセの自作自演もののひとつ。コメントは後日。


(2002. 2. 1)