Gの作曲家



アレクサンドル・ギルマン Alexandre Guilmant (1837-1911)

フランスのオルガン奏者,作曲家,教育者。本名フェリックス=アレクサンドル・ギルマン。1837年3月12日,ブローニュ=スュル=メール(Boulogne-sur-Mer)生まれ。聖ニコラス聖堂のオルガニストであった父に音楽教育を受け,12才で同聖堂の副オルガニスト,次いで1861年にはその後を継いで正オルガニストとなった。1871年にパリの聖トリニティ教会付のオルガニストとなり,以後亡くなるまでその座を務めてもいる。彼の最大の功績は教育畑のもので,1894年にヴァンサン・ダンディやシャルル・ボルドとともに,スコラ=カントールムの創設にあたって中心的な役割を果たしたことを挙げることができる。また,1896年からはシャルル・マリー・ウィドールの後を継いでパリ高等音楽院でオルガン奏法の教鞭を執り,マルセル・デュプレをはじめ,数多くの弟子を育成した。1911年3月29日,ムドン(Meudon)にて死去。作品の大半はオルガン曲で,形式的には保守的な傾向を示す。


主要作品

協奏曲 ・オルガンと管弦楽のための交響曲第1番 symphonie No.1 pour orgue et orchestre; ré mineur (1874) <org, orch>
・『スターバト・マーテル』による瞑想曲 méditation sur le 'Stabat mater' (1884) <org, orch>
・オルガンと管弦楽のためのアレグロ allegro pour l'orgue et orchestre (1894?) <org, orch>
・シューマンを讃えるフィナーレ final alla Schumann (1893) <org, orch/p, hrmn>
・トロンボーンと管弦楽のための交響的断章 morceau symphonique pour trombone et piano (1902) <tb, orch>
・オルガンと管弦楽のための交響曲第2番 symphonie No.2 pour orgue et orchestre; la majeur (1906) <org, orch>
室内楽/器楽 ・祈り prière pour violoncelle et piano (1866-1869?) <vc, p>
・パストラール pastorale; la majeur (1870) <hrmn, p>
・スケルツォ・カプリチョーソ scherzo capriccioso (1873) <hrmn, p>
・6つの小さな小品 six petites pièces (1875-1876) <2p>
・子守歌 berceuse pour flûte et piano : élégie ; ut-dieze mineur (1894) <fl, p>
・ロマンスの言葉 romance sans paroles pour flûte et piano (-) <fl, p>
オルガン曲 ・2つの断章 deux morceaux pour harmonium (1866-1869?) <hrmn>
・異なる形式の小品集第1巻 pièces dans different styles, livraison 1 (1865) <org>
・異なる形式の小品集第2巻 pièces dans different styles, livraison 2 (1865) <org>
・異なる形式の小品集第3巻 pièces dans different styles, livraison 3 (1865) <org>
・異なる形式の小品集第4巻 pièces dans different styles, livraison 4 (1866) <org>
・異なる形式の小品集第5巻 pièces dans different styles, livraison 5 (1866) <org>
・異なる形式の小品集第6巻 pièces dans different styles, livraison 6 (1866) <org>
・異なる形式の小品集第7巻 pièces dans different styles, livraison 7 (1869) <org>
・祈りと子守歌 prière et berceuse (1870) <org>
・異なる形式の小品集第8巻 pièces dans different styles, livraison 8 (1870) <org>
・カンツォネッタ canzonetta (1870/71?) <hrmn>
・コンセールのフゲッタ fughetta du concert pour harmonium (1871) <hrmn/org>
・神への望み aspiration religieuse (1871/72?) <hrmn>
・スケルツォ scherzo (1872?) <hrmn>
・2つの小品 deux pièces (1872?) <hrmn>
・異なる形式の小品集第9巻 pièces dans different styles, livraison 9 (1872) <org>
・2つの断章 deux morceaux (1872) <org>
・サロン用マズルカ mazurka de salon (1873?) <hrmn>
・オルガン奏者の水先案内第1集 l' organiste pratique livraison 1 (1873-1874) <reed-org>
・異なる形式の小品集第10巻 pièces dans different styles, livraison 10 (1873-1874) <org>
・オルガン奏者の水先案内第2集 l' organiste Pratique livraison 2 (1874) <reed-org>
・オルガン・ソナタ第1番 sonate No.1 pour orgue ; ré mineur (1874) <org>
・異なる形式の小品集第11巻 pièces dans different styles, livraison 11 (1874-1875) <org>
・異なる形式の小品集第12巻 pièces dans different styles, livraison 12 (1874-1875) <org>
・オルガン奏者の水先案内第3集 l' organiste pratique livraison 3 (1876) <reed-org>
・オルガン奏者の水先案内第4集 l' organiste Pratique livraison 4 (1876) <reed-org>
・オルガン奏者の水先案内第5集 l' organiste pratique livraison 5 (1876) <reed-org>
・オルガン・ソナタ第2番 deuxième sonate pour orgue; ré majeur (1876/1883) <org>
・オルガン奏者の水先案内第6集 l' organiste Pratique livraison 6 (1877) <reed-org>
・オルガン奏者の水先案内第7集 l' organiste Pratique livraison 7 (1877-1878) <reed-org>
・交響的カンタータ『アリアーヌ』 symphonie-cantate 'Ariane' (1879) <org/p, hrmn>
・カンタータとフレドリク・ソヴァージュを讃える作品 cantate et l'honneur de Frederic Sauvage (1881)
・オルガン奏者の水先案内第8集 l' organiste pratique livraison 8 (1881) <reed-org>
・オルガン奏者の水先案内第9集 l' organiste pratique livraison 9 (1882) <reed-org>
・オルガン・ソナタ第3番 troisième sonate pour orgue; ut mineur (1881) <reed-org>
・前奏曲 preludio : Allegro maestoso e con fuoco (1876-1881) <org>
・オルガン奏者の水先案内第10集 l' organiste pratique livraison 10 (1876-1881) <reed-org>
・オルガン奏者の水先案内第11集 l' organiste pratique livraison 11 (1875-1883) <reed-org>
・オルガン奏者の水先案内第12集 l' organiste pratique livraison 12 (1878-1883) <reed-org>
・オルガン・ソナタ第4番 sonate No.4, ré mineur (1884) <org/hrmn>
・ノエルと4つの作品集第1集 noëls et quatre livraisons, livraison 1 (1884)
・ノエルと4つの作品集第2集 noëls et quatre livraisons, livraison 2 (1886)
・ノエルと4つの作品集第3集 noëls et quatre livraisons, livraison 3 (1886)
・ノエルと4つの作品集第4集 noëls et quatre livraisons, livraison 4 (1886)
・オルガン奏者の典礼と10の作品集第1集 l' organiste Liturgiste and dix livraisons, livraison 1 (1886) <org>
・オルガン奏者の典礼と10の作品集第2集 l' organiste Liturgiste and dix livraisons, livraison 2 (1886) <org>
・グレゴリオ期の旋法による間奏曲 soixante interludes dans les tonalitées Gregoriennes (1884-1911) <org?>
・異なる形式の小品集第13巻 pièces dans different styles, livraison 13 (1867/1880/1888) <org>
・異なる形式の小品集第14巻 pièces dans different styles, livraison 14 (1863/1881/1888) <org>
・異なる形式の小品集第15巻 pièces dans different styles, livraison 15 (1882/1886/1888) <org>
・オルガン奏者の典礼と10の作品集第3集 l' organiste Liturgiste and dix livraisons, livraison 3 (1888) <org>
・オルガン奏者の典礼と10の作品集第4集 l' organiste Liturgiste and dix livraisons, livraison 4 (1888) <org>
・オルガン奏者の典礼と10の作品集第5集 l' organiste Liturgiste and dix livraisons, livraison 5 (1889) <org>
・異なる形式の小品集第16巻 pièces dans different styles, livraison 16 (1889) <org>
・異なる形式の小品集第17巻 pièces dans different styles, livraison 17 (1887/1891) <org>
・オルガン奏者の典礼と10の作品集第6集 l' organiste Liturgiste and dix livraisons, livraison 6 (1891) <org>
・異なる形式の小品集第18巻 pièces dans different styles, livraison 18 (1886/92) <org>
・7つの断章 sept morceaux (1894-1899) <org?>
・オルガン・ソナタ第5番 sonate No.5 pour orgue; ut mineur (1894) <org>
・オルガン奏者の典礼と10の作品集第7集 l' organiste Liturgiste and dix livraisons, livraison 7 (1896) <org>
・オルガン奏者の典礼と10の作品集第8集 l' organiste Liturgiste and dix livraisons, livraison 8 (1897) <org>
・オルガン・ソナタ第6番 sonate No.6 pour orgue; si mineur (1897) <org>
・捧げもの offertoire (1898) <org>
・オルガン奏者の典礼と10の作品集第9集 l' organiste Liturgiste and dix livraisons, livraison 9 (1898) <org>
・オルガン奏者の典礼と10の作品集第10集 l' organiste Liturgiste and dix livraisons, livraison 10 (1899) <org>
・オルガン・ソナタ第7番 sonate No.7 pour orgue : suite pour orgue; fa majeur (1902)
・7集からなる18の新奇な小品 18 pièces nouvelles en sept livraisons (1902)
・オルガン・ソナタ第8番 sonate No.8 pour orgue : deuxieme symphonie; la majeur (1906)
・3つの神託 trois oraisons (1910) <org?>
歌曲/合唱曲 ・アヴェ・ヴェラム ave verum (-) <choir, org>
・オ・サルタリス・ホスティア o salutaris hostia (-) <choir, org>
・4声のミサ第1番 premièr messe à 4 voix (1855?) <choir, org, orch>
・カム・ディレクタ quam dilecta: psaume 84 (-) <choir, org>
・救われし子羊 o salutaris (1865?) <choir, org>
・オ・サルタリス o salutaris (1873?) <bass, btn, org, vln, hrp, choir>
・叙情的な風景『バルサザール』 scene lyrique "Balthazar" pour soli, choeur et orchestre (1879) <vo, choir, orch>
・ミサ曲 missa: Christus vincit (1886) <choir, org>
・エッス・パニス ecce panis (-) <(sop) tnr, choir, vln, hrp, org>
・哀れみ深きイエス Pie Jesu (1890?) <btn, choir>
詳細不明 ・2つのイギリス民謡による幻想曲 fantaisie sur deux melodies Anglaises; ré majeur (1875)
・コラール choral 'Was Gott thut dass ist wohlgethan' ; fa majeur (1908)
・ノエル noël pour le temps de l'avent ; re mineur (1886)
・コラール choral 'Nun lob, Mayn Seel, den Herren' ; la-bemol majeur (1908)
・ノエル noël alsacien 'Schlaff wohl, du Himmelsknabe, du' ; sol majeur (1896)


ギルマンを聴く


★★★☆
Alexandre Guilmant "Oeuvres pour Orgue" (Pan : 510 049)
Ursula Hauser (organ)
ギルマンは知名度殆ど皆無ですが,ダンディらとともにスコラ・カントールムの創設に関わった,フランス音楽の生みの親の1人です。しかし,今だにメジャー・オケがしょっちゅう録音してくれるダンディやフランクらに比べ,知名度はかなり割を食った感が強い。これは,同じスコラ・カントールム関係者,シャルル・ボルドにも言えることでしょう。このCDは滅多に聴くことのできないギルマンの2枚組作品集。何しろ生まれたのはフォーレよりも前ですから,作品は前近代臭が強い。色彩的な和声感も,冒険的な半音階進行も控えめで,調性安定和声機能的。ロマン派以前のファン向けで,近代ファンは些か退屈かも。それでも流石にオルガン作品。旋法表現は豊か。作品の出来そのものは職人気質溢れ,特に後年の作品(例えば『ソナタ第6番』など)はフランクなみの評価を受けて然るべきでは。余談ながら彼は後年,1900年代に入ってからもオルガン作品を遺しているのですが,ここに収められた作品は,最も後のものでも作品69。できれば,最晩年の作品も聴いてみたかったですねえ。フランクも最晩年のヴァイオリン・ソナタは名品でしたし,最晩年の作品なら,事情は違っていたのかも。独奏者はスイス人でチューリヒ音楽院教師。演奏,録音とも良いです。

(2002. 6. 28)