Hの作曲家



ハーバート・ハウエルズ Herbert Howells (1892-1983)

イギリスの作曲家,教育者。本名ハーバート・ノーマン・ハウエルズ。1892年10月17日グロスターシャ近郊のリドニーで,六人兄弟の末子として生まれる。一家は貧しかったが,地元の地主の援助で,1910年からグロースターシャー聖堂のオルガニスト,ハーバート・ブリュワーに師事。次いで1912年に奨学金を得て王立音楽学校へ進み,チャールズ・スタンフォードに作曲法,チャールズ・ウッドに対位法を師事。1917年修了。同世代の音楽家の多くとは異なり,健康上の理由で兵役を免除された彼は,ただちに作曲活動に入る(『ドリア旋法のミサ』は王立音楽学校在学中にウェストミンスター聖堂で初演)。1916年にカーネギー賞,1918年にコベット賞を受賞するなど,早くから国際的に評価された。1920年に王立音楽学校で作曲法の教鞭を執るようになり,80才までその地位にあった。さらに1925年から1937年まではロンドン・モーリー・カレッジで和声法および対位法,1935年には聖ポール女子学校でも教鞭を執る。1952年にはロンドン大学音楽科の教授に就任。作風はヴォーン=ウィリアムス,ウォルトン,パリー,エルガーらの影響下に穏健な書法を堅持したが,自身も教会オルガニストであった彼は合唱曲および宗教音楽に優れ,旋法性の高い作風を得意とした。代表作『レクイエム』をはじめ合唱曲の分野で多数の作品を遺している。1983年2月23日,ロンドンで死去。


主要作品

舞台作品 ・付帯音楽【母はここに】 mother's here (1929) ... G. Jacobと共作,紛失
・バレエ【ペンギンスキ】 Penguinski (1933) ...
未出版
管弦楽曲 ・ザ・ビーズ the Bs suite (1914)
・パックのメヌエット Puck's minuet, op.20-1 (1917) {small-orch}
・弦楽のための組曲 suite, op.16 (1917) {strings} ...未出版
・舞踏曲 the dansant (1919) ...
紛失
・陽気な目 merry eye, op.20-2 (1920)
・行列 Procession, op.36 (1922)
・田園狂詩曲 pastoral rhapsody (1923) ...
未出版
・楽園のロンデル paradise rondel, op.40 (1925) ...
未出版
・ページェントリー組曲 pageantry suite (1934) {brass}
・王侯ヘラルドKing's Herald (1937) ...
未出版 [1st movt of Pageantry, arr. orch];
・民謡を基調に folk tune set (1940) ...
未出版
・弦楽のための第一組曲 first suite (1942) {strings}
・弦楽のための第二組曲 second suite (1942) {strings} ...
紛失
・弦楽オーケストラのための組曲 suit for strings (1942)
・皇太子のための音楽 music for prince (1948) ...
未出版
・コリドンの踊り Corydon's dance, scherzo in Arden (-)
・三部作 three figures: tryptych (1960) {brass}
協奏曲 ・ピアノ協奏曲第1番 piano concerto No.1 in C minor, op.4 (1913) {p, orch} ... 未出版
・3つの舞曲 three dances, op.7 (1915) {vln, orch}
・エレジー elegy, op.15 (1917) {vla, 2vln, vla, vc, strings}
・ピアノ協奏曲第2番 piano concerto No.2, op.39 (1925) {p, orch} ...未出版,1992年にCD化された
・幻想曲 fantasia (1936) {vc, orch}
・弦楽協奏曲 concerto for strings (1938) {strings}
・3つの舞曲 three dances (-) {vln, orch}
・テレノビー threnoby (193-) {vc, orch} ...C.Palmerにより管弦楽配置(1992)
・弦楽のための協奏曲 concerto for strings (1938) {strings}
・学校用ファンファーレ fanfare for schools (1943) {brass, timp, strings} ...未出版
・国歌演奏への入奏ファンファーレ fanfare to lead into the National Anthem (1977) {brass, perc, org}
室内楽曲 ・ヴァイオリン・ソナタ ロ短調 sonata in B minor (1911) {vln, p} ...未出版
・おどけた組曲 comedy suite, op.8 (1913) {cl, p} ... lost;
・11の器楽奏者のための変奏曲 variations for 11 solo insts, op.3 (1913) ...
紛失
・オードリ夫人の組曲 lady Audrey's suite, op.19 (1915) {2vln, vla, vc}
・前奏曲第1番 prelude No.1 (1915) {hrp} ...未出版
・ピアノ四重奏曲 piano quartet in A minor, op.21 (1916) {p, vln, vla, vc}
・3つの小品 three pieces, op.28 (1917) {vln, p}
・幻想四重奏曲 phantasy string quartet, op.25 (1916-1917) {2vln, vla, vc}
・狂詩的五重奏曲 rhapsodic quintet, op.31 (1919) {cl, 2vln, vla, vc}
・パストラール pastorale 'Chosen' tune, luchinushka; damsons (1917) {vln, p} ...未出版
・弦楽四重奏曲第3番【グロスターシャーにて】 in Gloucestershire (1916?/1920/193x-1935) {2vln, vla, vc}
・ヴァイオリン・ソナタ第1番 violin sonata No 1 in E major, op.18 (1917-1919) {vln, p}
・ヴァイオリン・ソナタ第2番 violin sonata No 2 in E flat, op.26 (1917) {vln, p} ...未出版
・ゆりかごの歌 cradle song (1918) {vln, p} ... unpubd
・ヴァイオリン・ソナタ第3番 violin sonata No 3 in E minor, op.38 (1923) {vln, p}
・田舎風の音楽 a country tune (1925) {vln, p}
・ア・クルーン a croon (1925) {vln, p}
・緩やかなアリア slow air (1927) {vln, p}
・ランバートのクラヴィコード Lambert's clavichord (1929) {vc, p} ...3曲,編曲作品か
・オールド・モール the old mole (1937) {2vln, vla, vc, p} ...未出版,民謡を編曲
・ハンスドンの家 Hunsdon house (1937) {2vln, vla, vc, p} ...未出版,民謡を編曲
・オーボエ・ソナタ oboe sonata (1942) {ob, p}
・メヌエット minuet: grace for a fresh egg (1945) {bssn, p}
・クラリネット・ソナタ clarinette sonata (1946) {cl, p}
・メヌエット風に(真夜中近く?) a near minuet (1946) {cl, p}
・2つの小品 two pieces (-) {fl, vln} ...未出版
・メヌエット形式のアリア air, alla menuetto (-)
・レント,アッサイとエスプレッシーヴォ lento, assai espressivo (-) {vln, p} ...未出版
チェンバロ ・ランバートのチェンバロ Lambert's clavichord, op.41 (1926-1927)
・ハウエルズのチェンバロ Howells' clavichord (1941-1961)
・ヘアウッド夫人のパヴァーヌ my lady Harewood's pavane (1949)
・ヘアウッド夫人のガリアード my lord Harewood's galliard (1949)
・ジェラルド・フィンツィ,安らかに Finzi: his rest (1956)
オルガン曲 ・オルガン・ソナタ第1番 sonata No.1 in C minor (1911)
・幻想曲 phantasy ground bass (1915) ...
紛失
・3つの詩篇への前奏曲−第1巻 three psalm-preludes set 1, op.32 (1915-1916)
・4つの狂詩曲第1番 rhapsody No.1, op.17-1 (1915)
・4つの狂詩曲第2番 rhapsody No.2, op.17-2 (1918)
・4つの狂詩曲第3番 rhapsody No.3, op.17-3 (1918)
・セイラムのスケッチ Sarum sketches (1917)
・オルガン・ソナタ第2番 sonata No.2 (1932)
・オルガン・ソナタ第2番 sonata No.2 (1933)
・3つの詩篇への前奏曲−第2巻 three psalm preludes, set 2 (1938-1939)
・フーガ,コラールと終曲 fugue, chorale and epilogue (1939)
・タリスの預言 master Tallis's testament (1940)
・名も無き前奏曲 preludio sine nomine (1940)
・感謝祭の朝のためのサラバンド saraband for the morning of easter (1940)
・喜びの歌 paean (1940)
・イントラータ第2番 intrata No.2 (1941)
・6つの小品 six pieces (1940)
・サラバンド saraband in modo elegiaco (1945)
・シチリアーノ siciliano for a high ceremony (1952)
・前奏曲【プロフンディス】 prelude 'de profundis' (1958)
・4つの狂詩曲第4番 rhapsody No.4, op.17-4 (1958)
・2つの小品 two pieces (1959)
 
1) Dalby's fancy, 2) Dalby's toccata
・ a flourish for a bidding (1969)
・パルティータ partita (1971-1972)
・エピローグ epilogue (1971)
・聖ルイ,クリフトンへ来る St. Louis comes to Clifton (1977)
・6つの短い小品 six short pieces (1987)
・2つの緩やかなアリア two slow airs (1987)
・ミニアチュール miniatures (1993)
ピアノ曲 ・4つのロマンティックな小品・four romantic pieces (1908) ... 未出版,現存するのは第二曲のみ
・行進の歌 marching song (1909) ... 未出版
・夏の牧歌 summer idylls (1911) ... 未出版
・メヌエット イ短調 minuet in A minor (1915) ... 未出版
・スナップショット snapshots, op.30 (1916-1918)
・幻想曲 phantasie (1917) ... 未出版
・セイラムの素描 Sarum sketches, op.6 (1917)
・行列聖歌 procession, op.14 No.1 (1918)
・幻想メヌエット phantasy minuet, op.27 (1919)
・ピアノラ pianola (1919)
・狂詩曲 rhapsody, op.14-2 (1919)
・きざな男 jackanapes, op.14-3 (1919)
・選ばれた旋律 the chosen tune (1920)
・組曲:昔語り suite: once upon a time (1920)
・ぶらぶらする人 gadabout (1922)
・メージー州の曲 a mersey tune (1924)
・2つの小品 two pieces (1926)
 1) slow dance, 2) cobler's hornpipe
・田舎のページェント country pageant (1928)
・小さな踊りの本 a little book of dances (1928)
・船乗りの歌 a sailor tune (1930)
・ o mensch bewein dein sunde gross (-) ...
バッハ【前奏コラール】(bwv 622)より編曲
・凱歌 triumph tune (1934) {p /2p} ...
1941年に2台ピアノ版に編曲,未出版
・男の子たちの散歩道 promenade for boys (1938)
・女の子たちの散歩道 promenade for girls (1938)
・メヌエット minuet (1939) ...
未出版
・ポルカ polka (1939) {2p}
・パックのメヌエット Puck's minuet (1941) {2p} ...
未出版,小管弦楽のための「2つの小品」op.20-1を編曲
・シネ・ノビネの音楽 musica Sine Nomine (1959)
・パヴァーヌとガリアード pavane and Galliard (1964) ... 未出版
・ et nunc et semper (1967) ... 未出版
・ペトロ組曲 Petrus suite (1967-1973) ... 未出版
・ H-plus-H gavotte (1970) ... 未出版
・ソナティナ sonatina (1971)
歌曲
管弦楽付帯
・猫が家に帰るとき when cats run home (1907) {2sop, orch}... A.L. Tennyson詩
・神は我が救い fugue 'the Lord shall be my help' (1914) {5vo, strings} ...
未出版
・パトリック・スペンス爵 Sir Patrick Spens, op.23 (1917) {btn, sop, alto, tnr, bass, orch} ...
民謡
・名も無きミサ sine nomine: a phantasy, op.37 (1922) {sop, tnr, sop, alto, tnr, bass, orch}
・イエスの審判 the trial of Jesus (1926) {vo, p, strings} ...
J. Masefield詩,未出版
・緑の道で in green ways, op.43 (1928) {sop, orch (p)}
 1) under the greenwood tree (W. Shakespeare), 2) the goat paths (J. Stephens), 3) merry margaret (J. Skelton),
 4) wanderer's night song (J.W.v. Goethe, trans. Howells), 5) on the merry first of May (Parker, Aveling)

・中世風の歌 a maid Peerless: medieval poem (1931/1951) {2sop, 2alto,, orch}
・ケント・ヨーマンの求婚歌 a Kent Yeoman's wooing song (1933) {sop, btn, sop, alto, tnr, bass, orch} ...
T. Vautor, T. Ravenscroft詩
・楽園讃歌(イムヌス・パラディシ) hymnus paradisi (1938/1950) {sop, tnr, sop, alto, tnr, bass, orch}
・見よ,我らの守護者を behold o god, our defender: psalm lxxxiv (1952) {sop, alto, tnr, bass, orch}
・心の家 the house of the mind (1954) {sop, alto, tnr, bass, org, strings} ...
J. Beaumont詩
・ミサ・サブリネシス missa sabrinensis (1954) {sop, alto, tnr, bass, sop, alto, tnr, bass, orch}
・英国風ミサ曲 an English mass (1955) {sop, alto, tnr, bass, orch}
・スターバト・マーテル stabat mater (1963-1965) {tnr, sop, alto, tnr, bass, orch}
・ミカエルのファンファーレ Michael: a fanfare setting (1970/1992) {vo, org, orch} ...
C. Palmerにより1992年に補完
・テ・デウム te deum: collegium regale (1977) {sop, alto, tnr, bass, orch} ...
1944年版のテ・デウムの編曲版
歌曲
ピアノ伴奏
・私の影 my shadow (1909) .... Stevenson詩,未出版
・希求 longing (1911) ...
Mcleod詩,未出版
・5つの歌 five songs (1911) {m-vo, p} ...
未出版
 1) the twilight people (O'Sullivan), 2) the devotee (Gore-Booth), 3) the waves of Breffny (O'Sullivan),
 4) the sorrow of love (Keohler), 5) the call (Roberts)

・5つの歌 five songs, op.7 (1913) ...
Mcleod詩,未出版
・日が暮れるとき the evening darkens over (1913) ...
Bridges詩,未出版
・3つのロンドー three rondeaux, op.12 (1915)
 1) roses (C. Tarelli), 2) a rondel of rest (A. Symons), 3) her scuttle hat (F. Sherman)
・乙女はここに there was a maiden (1915) ...
W.L. Courtney詩
・やもめの鳥 the widow bird (1915) ...
P.B. Shelley詩
・マドリガル a madrigal (1916) ...
Dobson詩
・娘の歌 girl's song (1916) ...
W. Gibson詩
・バビロンの水辺で by the waters of Babylon: psalm cxxxvii (1917) {btn, vln, vc, org} ...
未出版
・嘘の芽 here she lies a pretty bud (1917) ...
Herrick詩
・ある夏の日に upon a summer's day (1917) ....
M. Baring詩,未出版
・4つのフランスの歌 four French chansons, op.29 (1918-1919) ...
編曲作品
 
1) Sainte Cathèrine, 2) le marquis de Maine, 3) le petit coutourier, 4) Angèle au couvent
・マリー・オー Mally O! (1918) ...
民謡
・年老いたけちん坊 old skinflint (1918) ...
Gibson詩
・憩いの枝 the restful branches (1918) ...
W. Byrne詩
・石の炉辺で by the hearth-stone (1919) ...
H. Newbolt詩
・ガヴォット gavotte (1919) ...
Newbolt詩
・ダヴィデ王 king David (1919) ...
de la Mare詩
・気取り屋の歌 the mugger's song (1919) ...
Gibson詩
・孔雀のパイ peacock pie (1919) ...
de la Mare詩
 1) tired Tim, 2) alas alack, 3) Mrs. MacQueen, 4) the dunce, 5) Full moon, 6) Miss T.
・ド・ラ・メールの花飾り a garland for de la Mare (1919-1973) ...
de la Mare詩
 1) wanderers, 2) the lady Caroline, 3) before dawn, 4) the old stone house, 5) the three cherry trees
 6) the old soldier, 7) the song of the secret, 8) some one, 9) a queer story, 10) Andy Battle, 11) the old house

・夜の女神 goddess of night (1920) ...
Harvey詩
・扉の縁の花飾り o garlands, hanging by the door (1920) ...
Strettell詩,未出版
・消えた少年 the little boy lost (-1920) ...
Blake詩
・おお我が愛しい心 o my deir hert (1920) ...
民謡
・ blaweary (1921) ...
Gibson詩
・オールド・メグ old Meg (1923) ...
Gibson詩
・おいで,歌い踊ろう come sing and dance (1927) ...
民謡
・2つのアフリカの歌 two Afrikaans songs (1929) ...
Celliers詩,未出版
 
1) Vrijheidsgees, 2) Eensamheid
・3つの民謡 three folksongs (1931)
 1) I will give my love an apple, 2) the brisk young widow, 3) Cendrillon
・洪水 flood (1933) ...
J. Joyce詩
・失恋の歌 lost love song (-1934) ...
Chin原詩,C. Bax翻訳
・ Lethe (1936) ...
Doolittle詩,未出版
・スウィート・コンテント sweet content (-) ...
R. Greene詩,未出版
宗教作品
合唱曲
・名も無きミサ missa sine nomine: mass in the dorian mode (1912) {sop, alto, tnr, bass}
・ even such is time (1913) {sop, alto, tnr, bass, sop, alto, tnr, bass} ...
W. Raleigh詩
・シメオンのカンティクム nunc dimittis (1914) {2sop, 2alto, 2tnr, 2bass}
・4つの讃歌 four anthems to the blessed Virgin Mary, op.9 (1915) {sop, alto, tnr, bass} ...
Regina coeliとSalve Reginaのみ現存
・この日こそ haec dies (1918) {2sop, alto, tnr, bass}
・天の扉 here is the little door (1918) {sop, alto, tnr, bass} ...
F. Chesterton詩
・ザカリアとシメオンのカンティクム ト長調 magnificat/nunc dimittis in G major (1918) {sop, alto, tnr, bass, org}
・柄のない薔薇 a spotless rose (1919) {sop, alto, tnr, bass} ...
14世紀のカロルが原曲
・選ばれしものの死 blessed are the dead (1920) {sop, alto, tnr, bass, sop, alto, tnr, bass}
・子守歌を歌って sing lullaby (-1920) {sop, alto, tnr, bass} ...
F. Harvey詩
・創造主たる主よ Lord, who created man (1923) {3vo, p} ... G.Herbert詩
・主の庭 my master hath a garden (1923) {2sop, p} ...
不詳詩
・朝課 morning service in Eb major (1924) {unison-vo, org}
・晩課 evening service in Eb (1924) {unison-vo, org}
・テ・デウム 変ホ長調 te deum in Eb major (1924) {unison-vo}
・聖体拝領唱 変ホ長調 communion service in Eb major (1924) {unison-vo, org}
・ when first thine eies unveil (1925) {tnr, sop, alto, tnr, bass, org} ...
H. Vaughan詩
・麗しの松に my eyes for beauty pine (1925) {sop, alto, tnr, bass, org} ...
R. Bridges詩
・レクイエム requiem (1932) {sop, alto, tnr, bass, sop, alto, tnr, bass}
・ザカリアとシメオンのカンティクム magnificat/nunc dimittis (1935) {2tnr, 2bass, org}
・ザカリアとシメオンのカンティクム magnificat/nunc dimittis (1941) {tnr, bass, org}
・4つの頌歌 four anthems (1941) {sop, alto, tnr, bass, org}
 
1) o pray for the peace of Jerusalem, 2) we have heard with our ears, 3) like as the hart, 4) let god arise
・神は偉大なり great is the lord (1941) {sop, alto, tnr, bass, org} ...
未出版,1942年にSussex Mummers' Carolへ編曲(vo, strings, org)。
・神は召された god is gone up: psalm xxxxvii, (1944) {sop, alto, tnr, bass, org}
・テ・デウムとユビラーテ te deum and jubilate: collegium regale (1944) {sop, alto, tnr, bass, org}
・ザカリアとシメオンのカンティクム magnificat/nunc dimittis: collegium regale (1945) {sop, alto, tnr, bass, org}
・グロースター教会のザカリアとシメオンのカンティクム magnificat/nunc dimittis: Gloucester (1946) {sop, alto, tnr, bass, org}
・カンタベリー教会のテ・デウム:ベネディクトゥス te deum/benedictus: Canterbury (1946) {sop, alto, tnr, bass, org}
・カンタベリー教会のモテット where wast thou? : motet for canterbury (1948) {btn, sop, alto, tnr, bass, org}
・栄光の王 king of glory (1949) {sop, alto, tnr, bass. org} ...
Herbert詩
・ニュー・カレッジのザカリアとシメオンのカンティクム magnificat/nunc dimittis: New College, Oxford (1947) {sop, alto, tnr, bass, org}
・昔語り long, long ago (1950) {sop, alto, tnr, bass} ...
J. Buxton詩
・ウースター教会のザカリアとシメオンのカンティクム magnificat/nunc dimittis: Worcester (1951) {sop, alto, tnr, bass, org}
・聖ポール教会のザカリアとシメオンのカンティクム magnificat/nunc dimittis: St Paul (1951) {sop, alto, tnr, bass, org}
・聖ジョージ教会のテ・デウム:ベネディクトゥス te deum/benedictus: St. George's Chapel, Windsor (-1952) {sop, alto, tnr, bass, org}
・ザカリアとシメオンのカンティクム ロ短調 magnificat/nunc dimittis in B minor (1955) {sop, alto, tnr, bass, org}
・聖体拝領祭 office of holy communion: collegium regale (1956) {sop, alto, tnr, bass, org}
・聖ピーター教会のザカリアとシメオンのカンティクム magnificat/nunc dimittis: St Peter in Westminster (1957) {sop, alto, tnr, bass, org}
・ザカリアとシメオンのカンティクム magnificat/nunc dimittis Collegium Sancti Johannis Cantabrigiense (1957) {sop, alto, tnr, bass, org}
・ミサ・エディス・クリスティ missa Aedis Christi (1958) {sop, alto, tnr, bass}
・祝婚奉献曲 aubade for a wedding: Levavi oculos meos: Ps cxxi (1959) {sop, org} ...
未出版
・聖チェチーリアの讃歌 a hymn for St Cecilia (1960) {sop, alto, tnr, bass, org} ...
U. Vaughan Williams詩
・コヴェントリー・アンフィオン coventry antiphon (1961) {sop, alto, tnr, bass, org} ...
聖書(Isaiah, Haggai)より
・聖ミカエルへの続唱 a sequence for St Michael (1961) {sop, alto, tnr, bass, org} ...
Alcuin, trans. H. Waddell
・地よ,慈しみもてこの人を収め給え take him, earth, for cherishing (1964) {sop, alto, tnr, bass} ...
Prudentius, trans. Waddell
・神は我が中に god be in my head (1965) {sop, alto, tnr, bass} ...
Pynson詩,未出版
・テ・デウム te deum: St. Mary Redcliffe (1965) {sop, alto, tnr, bass, org}
・セイラム教会のザカリアとシメオンのカンティクム magnificat/nunc dimittis: Sarum (1966) {sop, alto, tnr, bass, org}
・テ・デウム te deum: Columbia University (1966) {sop, alto, tnr, bass, org}
・ベネディクトゥス・エス・ドミネ enedictus es Domine: Apocrypha (1967) {sop, alto, tnr, bass, org}
・ユビラーテ・デオ jubilate deo (1967) {sop, alto, tnr, bass, org}
・ウィンチェスター教会のザカリアとシメオンのカンティクム magnificat/nunc dimittis: Winchester (1967) {sop, alto, tnr, bass, org}
・チチェスター教会のザカリアとシメオンのカンティクム magnificat/nunc dimittis: Chichester (1967) {sop, alto, tnr, bass, org}
・オギュスタン教会のザカリアとシメオンのカンティクム magnificat/nunc dimittis: St. Augustine, Birmingham (1967) {sop, alto, tnr, bass, org}
・プリーシーズとリスポンス preces and responses (1967) {sop, alto, tnr, bass}
・我がただ一つの望み one thing have I desired: psalm xxvii (1968) {sop, alto, tnr, bass}
・コヴェントリーのミサ the coventry mass (1968) {sop, alto, tnr, bass, org}
・ヘレフォード教会のザカリアとシメオンのカンティクム magnificat/nunc dimittis: Hereford (1969) {sop, alto, tnr, bass, org}
・ザカリアとシメオンのカンティクム magnificat/nunc dimittis: Collegium Magdalenae Oxoniense (1970) {sop, alto, tnr, bass, org}
・ thee will I love (1970) {sop, alto, tnr, bass, org} ...
R. Bridges詩
・ウォルトンへの謝意 a grace for William Walton (1972) {sop, alto, tnr, bass} ...
R. Armstrong詩
・ now abideth faith, hope and charity (1972) {sop, alto, tnr, bass, org} ...
聖書(Corinthians)より
・来たれ我が魂よ come my soul (1972) {sop, alto, tnr, bass} ...
J. Newton詩
・ヨーク教会のザカリアとシメオンのカンティクム magnificat/nunc dimittis: York (1973) {sop, alto, tnr, bass, org}
・テ・デウム te deum (West Riding Cathedrals), SATB, org, 1974, unpubd;
・エクスルターデ・デオ exultate deo (1974) {sop, alto, tnr, bass, org} ... psalms of David
・ダラス教会のザカリアとシメオンのカンティクム magnificat/nunc dimittis: Dallas Canticles (1975) {sop, alto, tnr, bass, org}
・神への畏れ the fear of the lord (1976) {sop, alto, tnr, bass, org} ...
Apocrypha: Ecclesiasricusより
・限りなき甘さ sweetest of sweets (1976) {sop, alto, tnr, bass} ... Herbert詩
・アンティフォン Antiphon (1976) {sop, alto, tnr, bass} ... Herbert詩
・全ての美しきものを愛で I love all beauteous things (1977) {sop, alto, tnr, org} ... R. Bridges詩
・極北の丘 hills of the north, rejoice (1977) {3sop, org} ... Oakley詩
・哀しき降誕祭 tryste noel (1977) {sop, alto, tnr, bass, p} ... L.Guiney詩
・ I would be true (1978) {sop, alto, tnr, bass, org} ... H. Walter詩
・オ・サルタリス・ホスティア o salutaris hostia (1933) {sop, alto, tnr, bass}
・ワシントン教会のテ・デウム te deum: Washington Cathedral (-1991) {sop, alto, tnr, bass} ...
未完,作曲年不詳,J. Buttreyにより補完
・ remember O thou man (-) {sop, alto, tnr, bass} ... Ravenscroft詩
・テ・デウムほか te deum, benedictus, Jubilate and communion service in G major (-) {sop, alto, tnr, bass, org} ...
未完
讃歌 ・我らが国体の神 god of our England: hymn for the coronation: o god of Britain hear today (1911) ... 未出版
・聖ブリアヴェル讃歌 St. Briavel's: my god, I thank thee who hast made the earth so bright (1925)
・我らの父 father of men: a hymn for Charterhouse (1930)
・ミカエル讃歌 Michael: all my hope on god is founded (1930)
・セヴェルン讃歌 Severn: my god, I thank thee who hast made the earth so bright (1931)
・ダヴィデ讃歌 David: hills of the north, rejoice (1937) ...
未出版
・トゥイグワース讃歌 Twigworth: god is love, let Heav'n adore Him (1937)
・聖母を讃え love divine, all loves excelling (1962) ...
未出版
・ニューナム讃歌 Newnham: lord Christ when first thou cam'st to men (1962)
・サリスベリー讃歌 Salisbury: holy spirit, ever dwelling (1962)
・サンクタ・シヴィトゥス Sancta civitas: o holy city seen of John (1962)
・エルヴィン讃歌 Erwin: lord by whose breath (1966)
・イン・マヌス・トゥアス in manus tuas: this world, my god, is held within your hand (1968)
・ノーフォーク讃歌 Norfolk: with wonder, Lord, we see your works (1968)
・ケンジントン Kensington: to the name of our salvation (1970)
・イエス・ドュルシス・メモリア Jesu dulcis memoria: Jesu, the very thought is sweet (-) ... 未出版
・イエス,我らが導き手 Jesu, guide our way (-) ...
未出版
・ウルブス・ベアータ,祝福された街 urbs beata: blessed city, heavenly Salem (-) ... 未出版
・9つの英国聖公会の二重唱歌 nine Anglican double chants (-)
合唱曲
宗教曲以外
・フクロウに to the owl (1909) {2sop, p} ...Tennyson詩
・5つの合唱曲 five partsongs, op.5 (1914) {m-vo, 2tnr, 2btn, p} ... 第一曲と二曲は紛失
 1) love's secret (W. Blake), 2) is the moon tired? (C. Rossetti), 3) weep you no more (J. Dowland),
 4) the winds whistle cold (D. Terry), 5) a dirge (Shakespeare)

・下手な修理屋の歌 the tinker's song (1916) {2sop, p} ...民謡
・若きは喜び in youth is pleasure (1915) {2sop, alto, tnr, bass} ...
R. Wever詩
・5つの合唱曲 five partsongs, op.11 (1915-1917) {f-vo, sop, alto, p}
 
1) the shepherd (Blake), 2) the pilgrim (Blake), 3) a croon (trad.), 4) a sad story (trad.), 5) come all ye pretty fair maids (trad.)
・ひばり the skylark (1916) {2sop, p}...
J. Hogg詩
・老人の子守歌 an old man's lullaby (1917) {2sop, p} ...
T. Dekker詩
・3つの歌 three songs, op.24 (1917) {f-vo, 2sop, p}
 
1) under the greenwood tree (Shakespeare), 2) a north-country song (trad.), 3) a true story (T. Campian)
・我が前に before me, careless, lying (1918) {2sop, alto tnr, bass} ...
A. Dobson詩
・黄金の子守歌 a golden lullaby (1920) {2sop, p} ...
T. Dekker詩
・決闘 the duel (-1922) {2sop, p} ...
E. Field詩
・ワンダフル・ダービー・ラム the wonderful Derby ram (1922) {unison-vo, p} ...民謡
・快い夕べの全て all in this pleasant evening (1923) {union-vos, p} ...民謡
・ creep afore ye gang (1923) {sop, alto, tnr, bass} ...
J. Ballantine詩
・シャドウズ the shadows (1923) {sop, alto, tnr, bass} ...
S. O'Sullivan詩
・スペインの子守歌 Spanish lullaby (1923) {unison-vos, p} ...民謡
・鐘 bells (-1924) {2sop, p} ...民謡
・庭で最初の first in the garden (1924) {2sop, p} ...民謡
・聖なる歌 holly song (1924) {unison-vos, p} ...民謡
・アイルランドのミソサザイの歌 Irish wren song (1924) {2sop, p} ... 民謡
・母よ母 mother mother (-1924) {unison-vos, p} ...民謡
・ロビン・フッドの歌 Robin Hood's song (1924) {2sop, p} ...
A. Munday詩
・シング・アイビー sing ivy (1924) {2sop, p} ... 民謡
・シング・リュリ・バイ・リュリ singe lully by, lully (-1924) {2sop, p} ... 民謡
・スウェーデンの五月 Swedish May song (1924) {2sop, p} ...民謡
・日々澄み切って the days are clear (1925) {unizon-vos, p} ...
C. Rossetti詩
・郵便配達夫のノックは八時 eight o'clock the postman's knock (1925) {unison-vos, p} ...
C. Rossetti詩
・母はさくらんぼの木を揺らす mother shake the cherry tree (1925) {unison-vos, p} ...
C. Rossetti詩
・船乗りの歌 the saylor's song (1927) {2sop, p} ...民謡
・音合わせ tune thy music (1927) {unison-vos, p} ...
Campion詩
・良き顧問 good counsel (1928) {unison-vos, p} ...
G. Chaucer詩
・優美に delicates so dainty (1931) {unison-vos, p} ... 民謡
・心ゆくまで甘く sweet content (1931) {unison-vos, p} ...
R. Greene詩
・ぶどうの房 bunches of grapes (1933) {unison-vos, p} ...
W. de la Mare詩
・曲がった曲 to music bent (-1933) {2sop, p} ...
Campion詩
・海の腕白小僧 sea urchins: song set for children (-1935) {2sop, p} ...
G. Balcomb詩
・歓迎の歌 a song of welcome (1935) {unison-vos, p} ...
F. Harvey詩
・谷を下る笛の音 piping down the valleys wild (1939) {2sop, p} ...
Blake詩
・或る午後の歴史 the history of an afternoon (1939) ... {3vo} ...
Howells詩
・新年のカロル a new year carol (1939) {2sop, p} ...民謡
・影のマーチ shadow march (1939) {2sop, p} ...
R.L. Stevenson詩
・王室の鍵 the key of the kingdom (-1948) {2sop, p} ...
de la Mare詩
・雪の中を walking in the Snow (1950) {sop, alto, tnr, bass} ...
Buxton詩
・インヘリタンス inheritance (1953) {2sop, 2alto, 2tnr, 2bass} ...
de la Mare詩
・四匹の馬 four horses (-1954) {unison-vos, p} ... 民謡
・律法学者 the scribe (1957) {sop, alto, tnr, bass} ...
de la Mare詩
・婚儀は日曜に I mun be married a sunday (1957) {unison-vos, p} ...
N. Udall詩,未出版
・新たな開花 new brooms (1957) {unison-vo, p} ...
A. Wilson詩,未出版
・ピンクのアーモンド pink almond (1957) {2sop, p} ...
K. Tynan詩
・クリスマス・カロル a christmas carol (-1958) {unison-vos, p}...
G. Wither詩
・夏は来た the summer is coming (1964) {sop, alto, tnr, bass} ...
B. Guinness詩
・詩人の歌 the poet's song (-) {2sop, p} ...
Tennyson詩,未出版


ハウエルズを聴く


★★★★★
Herbert Howells "Choral Works : Behold, O god our defender / Three Carol-Anthems / Te Deum / The Scribe / Thee will I love / Blessed are the dead / Even such is time / Inheritance / Haec dies / God is gone up" (Chandos : CHAN 9458)
Paul Spicer (dir) Andrew Lumsden (org) The Finzi Singers
過小評価の極みにあるイギリスの作曲家ハウエルズは,多くがカップリングでしか聴けません。このCDはそんな浮かばれない作曲家の数少ない作品集です。しかし,内容は無名とは信じがたいほど秀逸で,まさしく息を飲むほど美しい。彼は宗教音楽(合唱曲)を得意としましたが,このあたりの事情は,同じく合唱曲を得意としたもう1人の浮かばれない名匠エドムンド・ラッブラや,ラッブラと反対に現代イギリス宗教音楽の人気者となったラッターに相通じるところがあります。学究肌であり,旋法を駆使して晦渋な音響構造へと向かって世間から隔絶していったラッブラと,通俗的な方向へと向かったラッター。ハウエルズの作風は,ちょうどこの2者の中間あたりと考えていただけると宜しいと思います。ラッブラより穏健で,くっきりと具象的な旋律美と穏健な和声感覚を持ちながら,ラッターの通俗的な安っぽさは配した,非常に好ましい聖歌の美学があります。イギリスもの好きの方,合唱曲の愛好家の方はもちろん,色彩感溢れる近代音楽を愛好される方に広くお薦めしたい。タクトを振るスパイサーはハウエルズの弟子だけに,演奏は共感に富み,ブリスの合唱曲集ではゲンナリさせられたフィンジ・シンガーズの歌唱も良くできています。

★★★★☆
"Concerto for String Orchestra / Three Dances for Violin and Orchestra / Piano Concerto No.2 in C Minor" (Hyperion-Helios : CDH55205)
Vernon Handley (cond) Kathryn Stott (p) Malcolm Stewart (vln) Royal Liverpool Philharmonic Orchestra
合唱曲以外になると,極端に録音が少ないハウエルズ。協奏作品三編を併録した本盤は,数少ない例外を提供している得難いディスクです。リヴァプール管のコンサートマスターと,ケックランの好録音を出したストットを独奏に迎え,ご存じ英国近代の重鎮ハンドレーが指揮棒を振ります。『弦楽協奏曲』は,小児麻痺で息子を亡くして僅か三年後の作品。なのに,一世代前の英国作家を思わせる擬古典ベースの形式感が絶えず下支え。どこかオネゲルめいた切迫感と,バックスやモーランに通じる荒涼とした佇まいの和声が和合した第一楽章の筆致は,消え入りそうなロマンティシズムに当時の彼の心模様が反映されていた『楽園讃歌』とは随分印象を異にします。というのも,この作品はエルガーに捧げることを意図したもので,第一楽章は学生時代の習作を改訂編曲。彼自身も,エルガーとヴォーン=ウィリアムスと並んでヘンデルの名を挙げており,半ば意図的な擬古典書法だったのでしょう。同じく学生時代に書かれた『舞曲』にも類似の趣向が。こちらはヴァイオリンが独奏なぶん,英国民謡を援用。エルガー風の保守ロマン派的形式感と素朴主義的リージョナリズムの折衷書法が展開されます。そんな習作期の2品と,ある意味強烈に違和感を放つのが,王立フィルの委嘱で書かれた1925年の『ピアノ協奏曲第二番』。どこから受けた影響なのでしょうか。ハウエルズとは思えないほど躍動的で,シュミットやミヨーの香りが。素っ頓狂な開放感と,躍動リズム。熟達した管弦楽法。極力多調を使わず,仏情緒を醸し出す編曲の妙。新大陸の香り漂う,良い意味でキッチュさに富んだこの協奏曲は,5年後に書かれるアイアランドの協奏曲を一歩も二歩も先んじており,この一曲で買った甲斐はありました。リヴァプール管は,大手楽団からするとやや格落ち。速いパッセージで細かく間違え,不揃いであったり,音の粒がやや不均一かつざらっとした鳴動なのは,ご愛敬でしょうねえ。

★★★★★
"Te Deum & Jubilate / Office of Holy Communion / Psalm Prelude / Preces & Responses I, II / Psalm 121, 122 / Magnificat &Nunc Dimittis / Take Him Earth for Cherishing / Rhapsody for Organ" (Argo : 430 205-2)
Stephen Cleobury (cond) Gregory Moore (cant) Simon Williams (tnr) Peter Barley (org) Choir of King's Colledge, Cambridge
山のように合唱曲を書き,おまけにどれもグレゴリオ聖歌集の如く禁欲的な旋律と,近代の精妙な和声が合体した佳品揃い。合唱団の選択さえ誤らなければ,まず外すことはないハウエルズ。1992年に出た本盤は,作曲者の本分が最も発揮される,比較的小編成の合唱小品を集めたもの。冒頭『テ・デウム』と『聖体拝領』,『ザカリアとシメオンのカンティクム』の3曲に,わざわざ「コレギウム・レギエ」の副題がつきます。各地の大学で教えてきた作曲者は,生涯に渡って(大学付属を含む)教会のために合唱小品を書きましたから,それをキングズ・コレッジ(ラテン語で読むとコレギウム・レギエ)が歌うのは,意に叶っているのでしょう。指揮のクレオブリーは1982年から同合唱団長をなさる傍ら,1995年から非常勤でBBCシンガーズの首席指揮者を務める人物。王立音楽院でも客員教授をなさってます。個人的な話で恐縮なんですけど,実はこの合唱団,以前『楽園讃歌』を初めて聴き,すっかりその曲想に感銘を受け,演奏で騙されたときの合唱団でして(苦笑)。実はくだんのEMI盤へのリベンジを兼ねての購入でした。しかし,クレオブリさんが鍛えたのか,10年のうちに,随分と上手くなっている。少し低域のビブラートが気にはなるものの,声質も相当に揃ってますし,アーティキュレーションも高精度。「やっぱあの堕盤は指揮者のせいだったんだナ」と納得するほどに,本盤の歌唱は良い。惜しむらくは声質から判断するに,少年合唱団と思しき歌唱部隊が一部投入されていること。幾ら英国屈指でも,所詮は年端も行かない子どもです。喉の筋力不足で微妙に音程がぶれてしまい,それが蝋燭の炎が揺らめくような揺らぎを与えてしまう。あどけない透明感があって雰囲気自体は良い反面,各小節の導入音で,時折大人と子どもの筋力差が出てしまうのが,ちょっぴり勿体なかったですねえ。けれど,それは些末なこと。何より曲が良いですし,集音も歌唱も大変宜しいと思います。

★★★★
"Hymnus Paradisi (Howells) Dies Natalis (Finzi)" (EMI : CDM 7 63372 2)
David Willcocks, Christopher Finzi (cond) Heather Harper (sop) Robert Tear, Wilfred Brown (tnr) The Bach Choir : Choir of King's College, Cambridge : New Philharmonia Orchestra : English Chamber Orchestra
かたや合唱曲に特化して,大衆的な人気と隔絶してしまったハウエルズに,此方リンゴ農園で農作物と向き合って暮らす生活を選んで下向し,表舞台から消えたフィンジ。英国近代にひっそりとその足跡を残した2名の作曲家が書いた,管弦楽付帯の合唱曲としては代表作といえる2品を併録した本盤は,前者が1970年に,後者が1963年に録音されたもの。前者は作曲者自身が録音に立ち会い,後者は作曲者の肉親が指揮棒を執る。近年シャンドスによる再発掘が進む中でも,古典的録音としての存在価値は不動と言えるでしょう。1950年に作曲者自身の指揮で初演された『イムヌス・パラディシ』は,宗教音楽の大家ハウエルズの残した作品中でも代表作とされるもの。作曲者は1935年に,最愛の息子を亡くします。失意の中,深く打ちひしがれた自らの心を慰め解放すべく,作曲活動に救いを求めたと,作曲者も後年述懐している通り,全体を包む重く荘厳な空気と,十全に抑制された曲想の端々から滲み出す情念の陰影は,他の宗教作品と比べても格段に深い。紳士然としたナルシシズムとスノビズムが,どうしても素材の先に立ってしまう英国近代の宗教作品において,これだけ知性の空々しさを感じさせない真摯な作品は希少。宗教曲としては,英国近代屈指の名品ではないかと感服しました。合唱隊は弱いものの,旧録音とは思えぬほど肌理が揃い,荘厳で繊細に鳴る演奏も良好です。フィンジの作品は,やはり作曲者の嗜好を反映して,全体に儚げな情緒が漂うものの,ハウエルズよりもロマン派情緒が濃い。既にハンドリー盤でも聴け,同作は確かにオケの性能も抜群に良いのですが,やはり肉親には敵わない・・と,こちらも感服する美演。大きな振幅をとって,速めのテンポを情感豊かに聴かせ,しかも甘さを適度に抑制する。さすが肉親,説得力豊かです。

★★★★☆
"Mass / Te Deum (V-Williams) Requiem / Take him, Earth, For Cherishing (Howells)" (Hyperion : CDA66076)
Matthew Best (cond) Janet Coxwell (sop) Michael Chance (c-tnr) Philip Salmon (tnr) Jonathan Best (b) Thomas Trotter (org) Corydon Singers
イチロー並みの高精度・高打率で英国近代の歌唱界に君臨するコライドン・シンガーズは,マシュー・ベストが1973年に結成した合唱団。いらい四半世紀,驚くほどに高精度なアンサンブルを利して,数々の名盤を残してきました。本盤は1983年に録音されたもので,知名度においてはかなり分の悪いハウエルズが,英国近代の大ボスを,自らの本分たる無伴奏合唱曲で迎え撃つ体裁になっています。もちろん,ヴォーン=ウィリアムスだって好い曲でしょう。しかし,合唱曲が本分のハウエルズは,軽々と御大を食ってしまう。前年の息子の死を受けて書かれた『レクイエム』は1936年,『イムヌス・パラディシ』の僅か二年前。実際,『イムヌス』は『レクイエム』の管弦楽付帯拡張版であり,より原型に忠実なのが,レクイエムになっている。これ見よがしにグレゴリオ聖歌を引用しつつ,本体に入るとやっぱり俗っぽい御大に比べ,遙かに敬虔な精神性をその透明感溢れる響きに讃えつつ,昇天しそうなほど繊細かつ精妙に和声を調合する。俗世の無駄を削ぎ落とした響きの妙には溜息しか出ません(特に中ほどの人智を超えた移調感覚は失禁もの)。合唱曲に特化したハウエルズが,楽器演奏家とその周辺のファンが大多数を占めるクラシックの世界で辺境に追いやられているのは,仕方ないのかも知れません。しかし,作曲家としての能力は決して御大に引けを取るものではないと思います。再評価されて欲しいですねえ。合唱隊は曲のせいもあるのでしょうが,昨今の録音と比べると遙かに若々しく,きびきびとしたテンポ取りと明瞭な滑舌が印象的。細部に時折アラがちらつくものの,高い精度はさすが。水準は遙かに超えていると思います。

★★★★
"Sonata (Howells) Sonata in C (Rubbra) Three Pieces (Harty) Somerset Pastoral (Boughton)" (Helios : CDH 55008)
Sarah Francis (ob) Peter Dickinson (p) The Rasumovsky Quartet
ハウエルズは合唱曲や管弦楽はだいぶんCDになっている割に,器楽作品などは手つかずのものが多いようです。ここに紹介するオーボエ・ソナタ集はその中でも極めつけの一枚かも知れません。懐古的なハーティも英国版エマニュエルなラッブラも珍しいながら,圧巻はハウエルズのソナタ。1942年作のこのソナタはオーボエ奏者レオン・グーセンスに献呈されかかったものの,肝心の彼が作品の形式に難癖をつけたため「じゃ他の人に上げちゃう」と作曲者が引き上げてしまい,それ以降初演もせぬまま放置。しかもオリジナルの草稿は作曲者の死とともに行方不明に。たまたま1978年,有名な批評家のクリストフ・パーマー氏がハウエルズ研究の資料としてこの草稿を作曲者から借り出した際にコピーを取っていなかったら,永遠にその正体は謎のままに終わっていたかも知れなかったんだそうです。1984年,このソナタはついに初演されたのですが,実はこの時の初演者が本盤の主役サラ・フランシスさん。きっと近代ものに造詣のある方だったんでしょうねえ。その翌年にすぐさまこのCDを録音。まさに本品のクライマックスと呼ぶに相応しいでしょう。確かにこの作品は8分の7拍子が頻出し,構造は複雑で長い。しかし,それだけかなり凝った作品でもある。大いに溜飲を下げて聴けました。英国にもまだこういう作品が,同じように数奇なドラマを抱えて沢山眠ってるんでしょうなと感慨に耽らせずにはおかない一枚です。

(2002. 5. 30 uploaded)