Iの作曲家


チャールズ・アイヴズ Charles Ives (1874-1954)

アメリカの作曲家。ミドルネームはエドワード。1874年10月20日コネチカット州ダンブリー生まれ。ダンブリーの名士であり,作曲家でもあった父ジョージから基礎的な音楽教育を受けるとともに,地元の音楽教師数名からオルガンとピアノを学んだ。13才で地元紙から自作を絶賛され,14才の時には,当時全米最年少のプロの教会オルガニストとなる。1893年にニューヘイヴンのホプキンス・グラマー・スクールへ進み,1894年にエール大学へ進学。ウィリアム・リオン・フェルプス(William Lyon Phelps)に英米文学を師事したほか,政治学,数学,歴史学などを学び,作曲をホレイショ・パーカー(Horatio Parker:1863-1919=ドボルザークの弟子)に師事した。学生としては優秀でなかったが,社会的にも成功し信用もされていたことから,学内上流層の社交団体(Delta Kappa Epsilon)の団員に選任され,ここでの交流を通じてのちの妻と出会う。1898年の同校卒業後はニューヨークへ進出。父方の従兄弟を通じて【共済生命保険社】へ就職。次いで1899年始めに【レイモンド&カンパニー】社へ移り,保険外交員として勤務。1907年に独立し,自らの保険会社を創設して大きな成功を収めた。本業の傍ら音楽活動を継続。ニュージャージー州ブルームフィールドで,次いで1900年からニューヨークの長老派中央教会でオルガニストに就任。1902年以降はオルガン奏者の地位を辞し,作曲に専念。後年には,ヘンリー・カウエルが主催する【新音楽協会】の後押しを得て,自作がピュリッツァー賞を受賞(1947年)し,バーンスタインやストコフスキーが作品を採り上げるなど,晩年は徐々に作曲家としての評価も高まったが,自身は1918年以降心臓発作や糖尿病に悩まされ,1930年には保険会社の社長職を引退。徐々に健康を害して,1954年5月19日ニューヨークにて死去した。独学であったにもかかわらず,20世紀を席巻する多くの語法(多調,無調,四部音,クラスター和音など)をいち早く用い,現在ではアメリカ現代音楽の先駆者として評価されている。(関連ページ:アイヴズ協会


主要作品
※この人物は過去の自作の一部を組み直して「セット」や別名集成を多数作っていますのでご注意を。

管弦楽 ・行進曲第2番 march No.2, with 'son of a gambolier' (1892-1895) {small-orch}
・行進曲第3番 march No.3, with 'my old Kentucky home' (1895) {small-orch}
・ヘ調の後奏曲 postlude in F (1898-1899)
・サーカス・バンド行進曲 march: the circus band (1898-1899/1932-1933) {chamber, 2sop, alto, 2tnr, 2bass} ...
合唱は付け外し可
・交響曲第1番 symphony No.1 (1898-1901/1907-1908)
・序曲 ト短調 overture in G minor (1899)
・エール大学とプリンストン大学とのフットボール試合 Yale-Princeton football game (1899/1910-1911)
・交響曲第2番 symphony No.2 (1899-1902)
・ダンブリー・フェアの寸劇 skit for Danbury Fair (1902/1909)
・4つのラグタイム風舞曲 four ragtime dances (1902-1911/1915-1916/1920-1921) {small-orch}
・序曲とマーチ overture and march '1776' (1903-1904/1909-1910) {small-orch}
・スロッカム将軍 the general Slocum (1904/1909-1910)
・交響曲第3番【野外の伝道集会】 symphony No.3: the camp meeting (1904/1908-1911) {small-orch}
・カントリー・バンド行進曲 'country band' March (1905/1910-1911/1914) {small-orch}
・池 the pond (1906/1912-1913) {small-orch}
・闇のセントラル・パーク Central Park in the dark (1906-1909/1936) {small-orch}
・人真似 第7番 take-off No.7: Mike Donlin - Johnny Evers (1907)
・人真似 第8番 take-off No.8: Willy Keeler at Bat (1907)
・答えのない質問 the unanswered question (1908/1930-1935) {4fl (2fl, ob, cl), tp (ob/e-hrn/cl), strings(2vln, vla, vc)}
・エマーソン序曲 Emerson overture for piano and orchestra (1910-1914/1920-1921) {p, orch}
・ロバート・ブラウニング序曲 Robert Browning overture (1912-1914/1936-1942)
・オーケストラル・セット第1番 orchestral set No.1: three places in New England (1912-1917/1919-21)
・交響曲第4番 symphony No.4 (1912-1918/1921-1925) {p, orch, sop, alto, tnr, 2bass} ...
合唱は付け外し可
・虹 the rainbow (1914) {small-orch}
・劇場管弦楽団のためのセット set for theatre orchestra (1915)
・宇宙の交響曲 universe symphony (1915-1928)
・或る交響曲【ニューイングランドの祝祭】 a symphony: New England holidays (1917-1919)
・室内管弦楽のためのセット第1番 set No.1 (1915-1916)
・室内管弦楽のためのセット第2番 set No.2 (1916-1917)
・室内管弦楽のためのセット第3番 set No.3 (1919)
・オーケストラル・セット第2番 orchestral set No.2 (1919)
・オーケストラル・セット第3番 orchestral set No.3 (1921)
・ chromâtimelôdtune (1923) {small-orch}
・室内管弦楽のためのセット第4番 set No.4: three poets and human nature (1925-1930)
・室内管弦楽のためのセット第5番 set No.5: the other side of pioneering, or side lights on American enterprise (1925-)
・室内管弦楽のためのセット第6番 set No.6: from the side hill (1925-1930)
・室内管弦楽のためのセット第7番 set No.7: water colors (1925-1930)
・室内管弦楽のためのセット第8番 set No.8: songs without voices (1930)
・室内管弦楽のためのセット第9番 set No.9 of three pieces (1934)
・室内管弦楽のためのセット第10番 set No.10 of three pieces (1934)
・梯子と留め金の上の半鐘 the gong on the hook and ladder/firemen's parade on Main Street (1934) {small-orch}
・トーン・ローズそのほか tone roads et al. (-)
室内楽曲 ・行進曲【ホリデイ・クイックステップ】 holiday quickstep (1887) {piccolo, 2cor, 2,vln, p}
・ポロネーズ polonaise (1887-1889) {2cor, p}
・弦楽四重奏曲第1番 string quartet No.1: From the Salvation Army (1897-1900/1909) {2vln, vla, vc}
・教会の尖塔と山脈から from the steeples and the mountains (1901/1905-1906) {tp, tb, 4bells} ...
ベルは4セット分の意
・第1番の前のヴァイオリン・ソナタ pre-first sonata for violin and piano (1901-1903/1908-1913) {vln, p}
・前奏曲 prelude on 'eventide', (1902/1907-1908) {btn /tb, 2vln /echo-org, org}
・4つの調性によるフーガ【輝ける岸辺】 fugue in four keys on 'The Shining Shore' (1903) {fl, cor, strings}
・乱された古い歌 an old song deranged (1903) {cl(e-hrn/vo), hrp(g), vln(vla), vla, 2vc}
・弦楽四重奏のための習作 practice for string quartet in Holding Your Own! (1903) {2vln, vla, vc}
・弦楽四重奏のためのスケルツォ scherzo for string quartet (1904) {2vln, vla, vc}
・周りと背後の道 scherzo: all the way around and back (1907) {cl(fl), bugle(tp), bells(hrn), vln, 2p}
・典礼風ラルゴ第1番 largo risoluto No.1 (1908-1909) {2vln, vla, vc, p}
・人真似 第3番 take-off No.3: rube trying to walk 2 to 3!! (1909) {cl, bssn, tp, p}
・典礼風ラルゴ第2番 largo risoluto No.2 (1909-1910) {2vln, vla, vc, p}
・ピアノ三重奏曲 trio for violin, violoncello and piano (1909-1910/1914-1915) {vln, vc, p}
・舗道を超えて scherzo: over the pavements (1910/1926-1927) {piccolo, cl, bssn(bs), tp, 3tb, p, cymb, ds}
・梯子と留め金の上の半鐘 the gong on the hook and ladder/firemen's parade on Main Street (1912) {2vln, vla, vc (5strings), p}
・ハロウィン Hallowe'en (1911/1914) {2vln, vla, vc, p, b-ds (timp)} ...
太鼓は何でも良い。付け外し可
・弦楽四重奏曲第2番 string quartet No.2 (1913-1915) {2vln, vla, vc}
・イン・レ・コン・モート in re con moto et al. (1913/1915-1916/1923-1924) {2vln, vla, vc, p}
・ヴァイオリン・ソナタ第1番 sonata No.1 for violin and piano (1914/1917) {vln, p}
・ヴァイオリン・ソナタ第2番 sonata No.2 for violin and piano (1914-1917) {vln, p}
・ヴァイオリン・ソナタ第3番 sonata No.3 for violin and piano (1914) {vln, p}
・ヴァイオリン・ソナタ第4番 sonata No.4 for violin and piano: children's day at the camp meeting (1914-1916) {vln, p}
・戦没将兵記念日 Decoration Day (1919) {vln, p}
・ラルゴ largo for violin, clarinet and piano (1934) {vln, cl, p}
・3つの短い小品のセット a set of three short pieces (1935) ...
3曲を組み物として再編
吹奏楽 ・幻想曲【黄金のエルサレム】 fantasia on 'jerusalem the golden' (1888)
・大学間の行進曲 march 'intercollegiate' with 'Annie Lisle' (1895)
・ヘ調とハ調の行進曲 march in F and C with 'Omega Lambda Chi' (1895-1896)
・目抜き通りの馬追い runaway horse on Main Street (1907-1908)
ピアノ曲 ・行進曲第1番 march No.1 for piano, with 'year of Jubilee' (1890/1894-1895)
・行進曲第2番 march No.2 for piano, with 'son of a Gambolier' (1895)
・行進曲第3番 march No.3 for piano, with 'Omega Lambda Chi' (1895-1896)
・行進曲第5番 march No.5 for piano, with 'Annie Lisle' (1895)
・行進曲第6番 march No.6 for piano, with 'here's to good old Yale' (1895-1896)
・ト調とハ調の行進曲 march in G and C for piano, with 'see the conquering hero comes' (1896-1897)
・サーカス音楽隊の行進曲 march for piano: the circus band (1898-1899)
・ピアノ・ソナタ第1番 sonata No.1 for piano (1915-1916/1921)
・ピアノ・ソナタ第2番 sonata No.2 for piano: Concord, Mass., 1840-60 (1916-1919/1920s-1940s)
・3頁のソナタ three-page sonata (1905/1910-1911/1925-1926)
・3つの四部音の小品 three quarter-tone pieces (1923-1924) {2p}
オルガン曲 ・アデスト・フィデレ 'Adeste Fideles' in an organ prelude (1898/1903)
・ヘ調のカンツォネッタ canzonetta in F (1893-1894)
・ハ短調のフーガ fugue in C minor (1898)
・変ホ調のフーガ fugue in Eb (1898)
・讃歌のための間奏曲 interludes for hymns (1898-1901)
・アメリカの変奏 variations on 'America' (1891-1892/1909-1910/1949)
習作 ・習作第1番:アレグロ study No.1: allegro (1910-1911)
・習作第2番:アンダンテ・モデラートとアレグロ・モルト study No.2: andante moderato-allegro molto (1910-1911/1925)
・習作第5番:モデラート・コン・アニマ study No.5: moderato con anima (1912-1913)
・習作第6番:アンダンテ study No.6: andante (1912-1913)
・習作第7番:アンダンテ・カンタービレ andante cantabile (1912-1913)
・習作第8番:三重奏曲 study No.8: trio [allegro moderato-presto] (1912-1913)
・習作第9番:反奴隷解放主義者の暴動 study No.11: the anti-abolitionist riots in the 1830's and 1840's (1912-1913)
・習作第19番:アンダンテ・カンタービレ study No.19: andante cantabile (1914)
・習作第11番:アンダンテ study No.11: andante (1915-1916)
・習作第15番:アレグロ・モデラート study No.15: allegro moderato (1917-1918)
・習作第16番:アンダンテ・カンタービレ study No.16: andante cantabile (1917-1918)
・習作第20番:行進曲 study No.20: march [slow allegro or fast andante] (1917-1919)
・習作第21番:左腕投手の投球 study No.21: some southpaw pitching (1918-1919)
・習作第22番:アンダンテ・マエストーソとアレグロ・ヴィヴァーチェ study no.22: andante maestoso-allegro vivace (1918-1919/1922-1923)
・習作第23番:アレグロ study No.23: allegro (1920-1922)

声楽曲 ・復活祭のアンセム easter anthem (1890-1891) {sop, alto, tnr, bass, org}
・詩篇第42番 psalm 42 (1891-1892) {tnr, sop, alto, tnr, bass, org}
・その年の春に the year's at the spring (1892) {sop, alto, tnr, bass} ...
R.Browning詩
・ gloria in excelsis in A (1893-1894) {unison-vo, org}
・聖餐拝受祭の唱歌 communion service (1894) {sop, alto, tnr, bass, org}
・ベネディクトゥス benedictus in E (1894) {tnr(sop), sop, alto, tnr, bass, org}
・ crossing the bar (1894) {sop, alto, tnr, bass, org} ...
A. Tennyson詩
・ I think of thee, my god (1895-1896) {sop, alto, tnr, bass} ...
J.S.B. Monsell詩
・君と私のために for you and me! (1895-1896) {2tnr, 2bass/sop, alto, tnr, bass}
・セレナーデ serenade (1895-1896) {sop, alto, tnr, bass} ...
H.Longfellow詩
・ザ・ボーイズ・イン・ブルー the boys in blue (1895-1896) {2tnr, 2bass}
・復活祭のキャロル easter carol (1896/1901) {2sop, 2alto, 2tnr, 2bass, org}
・ turn ye, turn ye (1896) {sop, alto, tnr, bass, org} ...
J. Hopkins詩
・モリーの歌 a song of Mory's (1896) {2tnr, 2bass} ...
C.E.Merrill Jr.詩
・世界の聖体 bread of the world (1896-1897) {unison-vo, org} ...
R. Heber詩
・ I come to thee (1896-1897) {sop, alto, tnr, bass, org} ...
C. Elliott詩
・エール大学の鐘 the bells of Yale (1897/1900-1901) {btn, unison-m-vo, vln, p} ...
H.Mason詩
・感じられた光 the light that is felt (1898) {bass, sop, alto, tnr, bass, org} ...
J. Whittier詩
・詩篇第67番 psalm 67 (1898-1899) {2sop, 2alto, 2tnr, 2bass}
・詩篇第150番 psalm 150 (1898-1899) {2sop, 2alto, 2tnr, 2bass, child-choir, org} ...
オルガンは付け外し可
・全ては赦し all-forgiving, look on me (1898-1899) {sop, alto, tnr, bass} ...
R. Palmer詩
・天上の国 the celestial country (1898-1902/1912-1913) {tnr, btn, 8vo (SATB), SATB, tp, euph, timp, org, strings(2vln, vla, vc)} ...
H. Alford詩
・愛しのジャネット my sweet Jeanette (1900) {2tnr, 2bass}
・メイデン・フェア o maiden fair (1900) {btn, 2tnr, 2bass, p}
・ lord god, thy sea is mighty (1900-1901) {sop, alto, tnr, bass, org}
・詩篇第24番 psalm 24 (1901/1912-1913) {2sop, 2alto, 2tnr, 2bass}
・詩篇第25番 psalm 25 (1901/1912-1913) {2sop, 2alto, 2tnr, 2bass, org}
・ three harvest home chorales (1902/1912-1915) {sop, alto, tnr, bass, divisi, 4tp, 3tb, tba, org}
・詩篇第14番 psalm 14 (1902/1912-1913) {2sop, 2alto, 2tnr, 2bass}
・詩篇第54番 psalm 54 (1902) {2sop, alto, tnr, 2bass}
・詩篇第100番 psalm 100 (1902) {2sop, 2alto, 2tnr, 2bass, child-choir, 4bells, vlns (org)} ...
ベルとヴァイオリン群は付け外し可
・詩篇第135番 psalm 135 (1902/1912-1913) {2sop, 2alto, 2tnr, 2bass, tp, tb, timp, ds, org}
・ processional: let there be light (1902-1903/1912-1913/1930s) {2tnr, 2bass, 4tb /2sop, 2alto, 2tnr, 2bass, org /org, strings /4vln} ...
J. Ellerton詩
・キリスト教徒と異教徒 two slants: christian and pagan (1912-1914/1916-1917)
・十二月 december (1914/1934) {unison-m-vo, piccolo, 2cl, 2hrn, 3tp, 3tb, tba} ...
FolgoreによりD.G.Rossetti詩
・ sneak thief (1914) {unison-vo, tp, p} ... Ives詩
・ウォルト・ホイットマン Walt Whitman (1914-1915/1920-1921) {sop, alto, tnr, bass, orch} ...
Whitman詩
・決壊した河 the new river (1915) {unison-vo, orch} ...
Ives詩
・一般大衆 the masses: majority (1916/1920-1921) {unison-vo, orch} ...
Ives詩
・彼はそこに he is there! (1918-1921) {unison-vo, orch} ... Ives詩
・ an election (1920/1923) {unison m-vo, orch} ...
Ives詩
・リンカーン,偉大な解放者 Lincoln, the great commoner (1922-1923) {unison-vo, orch} ...
E.Markham詩
・詩篇第90番 psalm 90 (1923-1924) {2sop, 2alto, 2tnr, 2bass, 4bells, org}
・ジョニー・ポー Johnny Poe (1927-1929) {2tnr, 2bass, orch} ... B.Low詩
・天に召されたウィリアム・ブース将軍 general William Booth enters into heaven (1934) {unison-vo, chamber} ...
V.Lindsay詩
・彼らはそこに:戦争歌の行進曲 they are there!: a war song march (1942) {unison-vo, orch} ...
Ives詩
歌曲集
(出版年)
・114の歌 114 songs (1922/1975)
・50の歌 50 songs (1923) ...
「114の歌」からの抜粋を含む
・7つの歌 seven songs (1932)
・34の歌 thirty-four songs (1933)
・19の歌 nineteen songs (1935) ...
「18の歌」としても刊行
・4つの歌 four songs (1950)
・10の歌 ten songs (1953)
・12の歌 twelve songs (1954)
・14の歌 fourteen songs (1955)
・9つの歌 nine songs (1956)
・13の歌 thirteen songs (1958)
・12の聖歌集 [12] sacred songs (1961)
・11の歌と2つの編曲 eleven songs and two harmonizations (1968) ...
J. Kirkpatrick監修
・3つの歌 three songs (1968)
・初期の40の歌 forty earlier songs, crit. edn (1993) ...
J. Kirkpatrick監修
その他 ・メヌエット minuetto, op.4 (1886)
・新年の踊り New Year's dance (1887)
・ニ調のインヴェンション invention in D (1898)
・5つの人真似のセット set of five take-offs (1909)
・ワルツ=ロンド waltz-rondo (1911)
・多様なアリアと変奏曲 varied air and variations (1920-1922)
・天上の線路 the celestial railroad (1922-1925)
・【エマーソン】より4つの再配置 four transcriptions from 'Emerson' (1923-1924)
・3つの即興曲 three improvisations (1938)


アイヴスを聴く


★★★★
"Symphony No.3 'The Camp Meeting' / Orchestral Set No.2" (CBS : 32DC 446)
Michael Tilson Thomas (cond) Concertgebouw Orchestra
1985年に出たこの録音は,アイヴズの熱心な擁護者であるティルソン・トーマスが,コンセルトヘボウ管を率いて作った交響曲集の分売。1904年の『第3番』は,賛美歌の旋律を引用し1901年に書かれた,3つのオルガン曲をもとに作曲。1943年にピューリッツァー賞を獲る契機になりました。もとがオルガン曲だったせいもあるでしょうが,拍子抜けするほどオーソドックス。前衛ロシア系の移調感覚と明快な新古典的律動に立脚しつつ,オネゲルの『バーゼルの喜び』を思わせる穏やかな叙情が漂う。唯一,前後の脈絡を大胆に度外視するその移調感覚がのちの崩壊を予感させるくらいで,到底併録曲と同一人物が書いたとは思えないほど,穏健な調性音楽になってます。併録の「セット」は,さらに数年を経た1909年から1915年に掛けての作。シンプルな動機をミニマリスティックに鬱々と反復する1楽章,ミヨーのピアノ協奏曲がもつ多調・躍動感にメシアンの調性崩壊感を大きくミックス。そこにジャズの脳天気乗りを上乗せした第2楽章,有名な賛美歌の主旋律を鬱々とした前衛リハモで再現前し,それを1楽章と同じくミニマリスティックに反復する3楽章・・の3編から構成されます。こちらの響きは一転,相当に前衛的ですけど,良く聴くとその前衛感は主旋律と低奏部が各々奏でる声部の位相が歪んでいることによって生み出されており,頭の中で絶えず各声部を分離して聴けば,意外にオーソドックス。逆にいえば,意図的にか無意識的にか,声部の噛みあわなさが生み出すスキゾフレニー効果を,パーティ音楽として愉しめる人のための音楽。彼は現代音楽の主要な語法を期せずして先取りした音楽家だったそうですが,雑多な語法を張りぼてして作り出される歪みを無理なく愉しめるならお薦めですし,分裂病の如く不統一な複数の声部を追いかけるのに疲れる(あっしも含めた)人には,およそ好んで聴く気にはならない音楽となっているのではないでしょうか。1982年とやや古いこともあって,現代の録音に比べるとやや朴訥な音色ではあるものの,却ってそれが曲想に合致。演奏は高品位です。

(2006. 7. 21)