Mの作曲家



フランク・マルタン Frank Martin (1890-1974)

スイスの作曲家。1890年9月15日ジュネーヴ生まれ。9歳で作曲をするなど幼少期から神童ぶりを発揮。両親を安心させるため,一旦はジュネーヴ大学で2年間数学と物理学を専攻したが,同時にジョセフ・ローバーに作曲法とピアノを師事。元々はバッハに傾倒,次いで1918年にアンセルメと会って印象主義の技法に傾倒し,1926年まで自費でチューリヒ,ローマ,パリへ移住した。1926年に帰国すると「ジュネーヴ室内楽協会(Société de Musique de Chambre de Genêve)」を設立。テクニトゥム・モデルヌの音楽監督(1933年-1940年)をはじめ,ジュネーヴ音楽院およびジャック・ダルクローズ(Institut Jacques Dalcroze)研究院で即興演奏,室内楽およびリズム科の教鞭を執るとともにスイス音楽家協会の理事長を1942年から1946年まで務め,スイス楽壇の中心的な存在となる。その後,1946年には作曲に専念すべくオランダへ渡り,アムステルダムへ10年間居住。ついでナールデン(Naarden)へ転居。この間1950年から1957年までコローニュの国立音大で作曲法の教鞭を執った。作風は当初印象主義的であったが,移住先でシェーンベルクやオネゲルらの新しい音楽傾向に触れ,1932年頃からは次第に無調や十二音階技法を導入。ドイツ音楽の持つ堅牢な様式美の上にそれら近現代の書法を織り交ぜ,独自の思索的で深い叙情をたたえた語法を完成させた。1974年11月21日死去。(関連ページ:Frank Martin, Swiss Composer


主要作品 

舞台作品 ・付帯音楽【エディプス王】 Oedipe-roi (1922) {choir, insts} ... SophoclesをもとにJ. Lacroix脚本
・付帯音楽【コロンヌのエディプス王】 Oedipe à Colone (1923) {sop, btn, small-choir, small-orch} ...
SophoclesをもとにA. Secretan脚本
・付帯音楽【別離】 le divorce (1928) {fl, sax (cl, basset-hrn), p, perc, strings} ...
J.-F. Regnard脚本,未出版
・付帯音楽【ロメオとジュリエット】 Romeo et Juliette (1929) {alto, choir, fl, bsst-hrn, vln, b-vla, b, perc} ... ShakespeareをもとにR. Morax台本
・悪魔の鍵っ鼻 la nique à satan: spectacle populaire (1930-1931) {btn, child-choir, f-choir, m-choir, winds, 2p, b, perc} ...
A. Rudhardt台本
・バレエ【】 die blaue blume (1935) ...
管弦楽配置されず,未出版
・バレエ【シンデレラ】 das märchen vom aschenbrödel (1941) {sop, msp, alto, tnr, small-orch} ...
Grimm童話をもとにM-E.Kreis台本
・付帯音楽【】 la voix des siecles (1942) {choir, wind (band)}
・死せるバーゼルの踊り ein totentanz zu Basel im jahre (1943) {ch-choir, strings, jazz-ensble, basle-ds} ...
未出版,M. de Meyenbourg台本
・付帯音楽【アタリー】 Athalie (1946) {alto, 2f-choir, small-orch} ...
J. Racine台本,未出版
・歌劇【嵐】 der sturm (1952-1955) {3act} ...
ShakespeareをA.W. von Schlegelが翻訳し台本にした
・オラトリオ【降誕の神秘】 mystère de la natavité (1957-1959) {sop, alto, 3tnr, 2btn, 2bas, 2choir, orch} ...
Greban: Le mystère de la Passionが原作
・プルソニャック頌 monsieur de Pourceaugnac (1960-1962) {2sop, 1alt, 5tnr, 2btn, 6bas, orch}
管弦楽曲 ・18世紀の3つの歌 trois chansons du XVIII siecle (1911) ... 未出版
・管弦楽のための組曲 suite pour orchestre (1913)
・おどけた交響曲 symphonie burlesque sur des mélodies populaires savoyardes (1915)
・交響的素描 ésquisse pour orchestre (1920)
・間奏曲 entr'acte (1924) ...
未出版,原曲は「序曲とフォックストロット」
・3楽章の拍動 rythmes (1924-1926)
・ギター guitare (1934) ...
ギター独奏のための「4つの短い小品」を編曲
・交響曲 symphonie pour grand orchestre (1936-1937)
・ライン地方のローヌ河 du Rhône au Rhin (1939) {band/orch} ...
もとはスイス万博のために書かれた吹奏楽作品
・協奏的小交響曲 petite symphonie concertante (1944-1945) {hrp, hpcd, p, 2strings}
・協奏的交響曲 symphonie concertante pour grand orchestre (1945) ...
上記小交響曲を編曲
・アタリー序曲 ouverture pour Athalie (1946) ...
同名の付帯音楽より
・弦楽のための練習曲 études pour orchestre à cordes (1955-1956) {strings}
・モーツァルトを讃える序曲 ouverture en hommage à Mozart (1956)
・輪舞曲形式の序曲 ouverture en rondeau (1958)
・インテル・アルマ・カリタス inter arma caritas (1963) ...
単一楽章。第三楽章が「エラスミ・モメントゥム」になった。
・四元素 les quatres éléments (1963-1964)
協奏曲 ・ピアノ協奏曲第1番 premier concerto pour piano et orchestre (1933-1934) {p, orch}
・怖れの舞曲 danse de la peur (1935) {2p, orch} ...バレエ「Die blaue Blume」より
・サクソフォーンと打楽器,弦楽のためのバラード ballade pour saxophone alto et orchestre (1938) {as, strings, perc}
・クラヴサンと小管弦楽のための協奏曲 concerto pour clavecin et petit orchestre (1938) {hpcd, orch} ...
典拠不詳,1951年版?確認中
・ピアノと管弦楽のためのバラード ballade pour piano et orchestre (1939) {p, orch}
・フルート,ピアノと弦楽のためのバラード ballade pour flûte et orchestre à cordes et piano (1941) {p, fl, strings} ...
1939年のバラードより
・7つの吹奏楽,ティンパニ,パーカッションと弦楽のための協奏曲 concerto (1949) {tp, tb, 5winds, timp, perc, strings}
・ヴァイオリン協奏曲 concerto pour violon et orchestre (1950-1951) {vln, orch}
・クラヴサン協奏曲 harpsichord concerto (1951-1952) {small-orch}
・チェロ協奏曲 concerto pour violoncelle et orchestre (1965-1966) {vc, orch}
・ピアノ協奏曲第2番 second concerto pour piano et orchestre (1968-1969) {p, orch}
・エラスミ・モニュメントゥム erasmi monumentum (1969) {org, orch}
・3つの舞曲 trois danses (1970) {ob, hrp, 5strings, strings}
・ヴィオラと吹奏楽のためのバラード ballade pour alto et orchestre à vents (1972) {vla, winds}
・ヴィオラ,吹奏楽,クラヴサン,ハープと打楽器のためのバラード
 ballade pour flûte, orchestre à vent, harp, clavecin, timbales et batterie (1972) {vla, winds, perc, hpcd, hrp}
・ポリプティーク polyptyque: six images de la Passion du Christ (1973) {vln, 2strings}
器楽曲 ・ヴァイオリン・ソナタ第1番 sonate No.1 pour violon et piano, op.1 (1913) {vln, p}
・ピアノ五重奏曲 quintette avec piano (1919) {2vln, vla, vc, p}
・時の光彩のパヴァーヌ pavane couleur du temps (1920) {5strings /2p} ...
1954年に管弦楽配置
・アイルランド民謡による三重奏曲 trio sur des mélodies populaires Irlandaises (1925) {vln, vc, p}
・ヴァイオリン・ソナタ第2番 sonate No.2 pour violon et piano (1931-1932) {vln, p}
・ギターのための4つの短い小品 quatre pièces brèves pour guitare (1933/1955) {g} ...
ピアノ版1933年,管弦楽配置1934年
・狂詩曲 rhapsodie (1935) {2vln, 2vla, b}
・弦楽三重奏曲 trio à cordes (1936) {vln, vla, vc}
・教会ソナタ sonata da chiesa (1938) {vla-d'amur (ob, fl), org} ...
フルート版1941年,管弦楽配置1952年
・フルートとピアノのためのバラード ballade pour flûte et piano (1939) {fl, p} ...
管弦楽配置1941年
・トロンボーンとピアノのためのバラード ballade pour trombone et piano (1940) {tb(ts), p} ...
管弦楽配置1941年
・ローヌ河からライン川へ du rhône au rhin (1939) {brassband/winds/orch}
・小さな嘆き petite complainte (1941) {ob, p} ...
バレエ【シンデレラ】より
・ marche des 22 cantons and marche de Genava, (1942) {wind/band} ...
「La voix des siecles」より
・小ファンファーレ petite fanfare, (1945) {2tp, 2hrn, 2tb} ...
未出版
・チェロとピアノのためのバラード ballade pour violoncelle et piano (1949) {vc, p (orch)} ...
小管弦楽配置1949年
・短い小品 pièce brève (1957) {fl, ob, hrp} ...
オラトリオ【降誕祭の神秘】より
・弦楽四重奏曲 quatuor à cordes (1966-1967) {2vln ,va, vc}
オルガン曲 ・パッサカリア passacaille (1944/1952) {org /strings /orch} ... 弦楽配置1952年,管弦楽配置1962年
・アニュス・デイ agnus dei (1966) {org/alto, org} ... 【二重唱ミサ】の同名曲を編曲したもの
ピアノ曲 ・パパのために pour papa: deux ocarinas (1900) ... 未出版
・ピアノの小品 pièce en ut mineur (1902) ...断片のみ,未出版
・フォックストロットと序曲 ouverture et foxtrot (1924) {2p} ...
1924年にピアノと管楽器版へ編曲,また間奏曲を管弦楽配置
・ les grenouilles, le rossignol et la pluie (1937) {2p} ... 未出版
・白鍵小行進曲と黒鍵三重奏曲 petite marche blanche et trio noir (1937) {2p} ...
未出版
・ダンス・グラーヴェ danse grave (1941) ...未出版,バレエ【シンデレラ】より
・8つの前奏曲 huit préludes (1947-1948)
・月の光 clair de lune (1952)
・月の光より3つの変奏曲 au clair de lune: trois variations (1955) {2p} ...
未出版
・練習曲集 études pour deux pianos (1956-1957) {2p} ...
1955年から1956年の弦楽版から編曲
・ダルクローズを讃えるリズムの練習曲 étude rythmique en hommage a Jaques-Dalcroze (1965)
・講義用練習曲の素描 ésquisse 'étude de lecture' (1965)
・フラメンコのリズムによる幻想曲 fantaisie sur des rythmes flamenco (1973) ... 踊り手が即興で踊る
歌曲 ・ tête de linotte (1899) {vo, p} ... 未出版
・ An* (1909) {vo, p} ...
N. Lenau詩,未出版
・異教徒の詩 trois poèmes païens (1910) {btn, orch} ...
Leconte de Lisle詩
・ le roy a fait battre tambour (1916) {alto, small-orch} ...
民謡
・カサンドラに捧げる4つのソネット quatre sonnets à Cassandre (1921) {msp, fl, vla, vc} ...Ronsard詩
・ムゼッタンの歌 chanson de Mezzetin (1923) {sop, ob (mdrin), vln, vla} ...
P. Verlaine詩,未出版
・マルボロ Malborough (1928) {vo, fl, wind, perc, p (hpcd)} ...
M. Achard詩,未出版
・旗手:クリストフ・リルケの愛と死の歌 der cornet (1942-1943) {alto, small-orch}
・【イェーダーマン】の6つの独白 6 monologe aus 'Jedermann' (1943-1944) {btn, p} ...
H. von Hofmannsthal詩, 管弦楽配置1949年
・捧げもの dédicace (1945) {tnr, p} ...
Ronsard詩
・3つのクリスマスの歌 trois chants de Noël (1947) {sop, fl, p} ...
A. Rudhardt詩
・ quant n'ont assez fait do-do (1947) {tnr, g, 2p} ...
C.d'Orleans詩,未出版
・【嵐】組曲 der sturm: suite (1952-1955) {btn, orch}
・3つのミンネリート drey minnelieder (1960) {sop, p /sop, fl, vla, vc} ...
第1曲は不詳詩,D. von Eist詩, W. von der Vogelweide詩
・マリア三部作 Maria-triptychon (1968-1969) {sop, vln, orch}
・死の詩 poèmes de la mort (1969-1971) {tnr, btn, bss, 3eg} ...
F. Villon詩
・アニュス・デイ agnus dei (1971-1972) {alto, org} ...
「レクイエム」から編曲
合唱曲 ・モテット motet (1907) {choir, orch} ... Pauline Martin詩,未出版
・聖書のモテット【】 pourquoi voient-ils le jour? (1909) {choir, orch} ...
ヨブ記三章20-23項,ショート・スコアのみ現存
・オードとソネット ode et sonnet (1912) {3f-vo, vc} ...
P. de Ronsard詩,チェロは即興
・オラトリオ【】 les dithyrambes (1915-1918) {4vo, choir, child-choir, orch} ...
Pierre Martin詩
・ chantons, je vous en prie (1920) {choir} ...
Greban: Le mystère de la Passionより,未出版
・二重唱のためのミサ曲 mass pour double choir (1922/1926) {choir}
・ローヌの戯れ jeux du Rhône (1929) {choir, winds} ...
R.-L. Piachaud詩,未出版
・降誕祭の時節のカンタータ cantate pour le temps de noël (1929-1930) {8vo, child-choir, choir, 2b-vla, org, hpcd, strings} ...
聖書
・カノン【かっこう】 le coucou (1930) {7f-vo} ...
P.J. Toulet詩
・歌 chanson (1930) {4f-vo} ...
C.F. Ramuz: Le petit villageより
・カノン形式の歌 chanson en canon (1930) {choir} ... C.F. Ramuz: Le petit villageより。上記の混声合唱版?
・ est ist ein Schnitter, heisst der Tod (1935) {choir} ...
未出版,民謡
・オラトリオ【魔法の酒】 le vin herbé (1938-1941) {12vo, 2vln, 2vla, 2vc, b, p (hpcd)} ...
J. Bédier: Le roman de Tristan et Iseutより
・ cantate pour le premier août (1941) {4vo (choir), org (p)} ...
C. Clerc詩
・3つの合唱曲 trois pièces pour choir (1943-1934) {m-choir} ...
明確な標題は無い。第三曲は女声合唱でも良い
 1) Janeton (R. Stahli), 2) Si Charlotte avait voulu (Stahli), 3) Petite eglise (H. Devain)

・ラインハルトのためのカノン canon pour Werner Reinhart (1944) {8vo} ...
Ronsard詩,未出版
・オラトリオ【地に平和を】 in terra pax (1944) {sop, alto, tnr, btn, bss, 2choir, orch} ...聖書
・ à la foire d'amour (1945) {m-choir} ...
F. Bourquin詩,未出版
・ chanson des jours de pluie (1945) {m-choir} ...
R. Stahli詩,未出版。Bourquinの「泉にて」に同じ曲を充てたものもある。こちらも未出版
・オラトリオ【ゴルゴダの丘】 Golgotha (1945-1948) {sop, alto, tnr, btn, bss, choir, org, orch} ...
聖書
・アリエルの5つの歌 cinq gesänge des Ariel (1950) {4sop, 4 alto, 4 tnr, 4bss} ...
Shakespeare「テンペスト」より
・ジュネーヴ詩編 psaumes de Genève (1958) {choir, child-choir, org, orch} ...
C. Marot, T. de Bèze詩
・音楽へのオード ode à la musique (1961) {tp, 2hrn, 3tb, b, p, choir} ...
G. de Machaut詩
・ verse à boire (1961) {choir} ...
民謡
・オラトリオ【ピラト】 pilate (1964) {msp, tnr, btn, bss, choir, orch} ...Greban: Le mystère de la Passionより
・レクイエム requiem (1971-1972) {sop, alto, tnr, bss, org, choir, orch}
・カンタータ【】 et la vie l'emporta (1974) {alto, btn, choir, 2fl, ob, ob-dmr, hpcd, hrp, org, strings}
典拠 Billeter, B. 1999. Frank Martin. Schott.
Billeter, B. 2004. Frank Martin. In Sadie, S. ed. New Grove online. Oxford Univ.Press.
Martin, B. 1968. Frank Martin. Neuchâtel: Langages.


マルタンを聴く


★★★★★
"Symphonie / Symphonie Concertante / Passacaglia" (Chandos : CHAN 9312)
Matthias Bamert (cond) The London Philharmonic
無調から十二音階まで幅広い語法を掌中に収めながらも,それらに溺れることなく,あくまで自己の語法を拡張する手管として,自在に使いこなした孤高のスイス人作曲家。幸運にも彼が残した管弦楽作品は,マシアス・バーメルトとロンドン・フィルハーモニックの一連のシャンドス吹き込みによってかなり集大成された形で発掘が進んでいます。幸運にも,このコンビとマルタンの作品との相性は抜群の一語。いずれの盤も,数少ないマルタン管弦楽を聴く上で基準点にしうる,ハイレベルな演奏で,近年希にみる大成功のシリーズとなりました。そんなバーメルトのマルタン録音でも,この交響曲集は頂点をなすであろう大傑作。ドイツ音楽の様式美に立脚しつつ,先鋭的な語法を自在に取り込んで得た,深い内省性と叙情性。その密度がピークをなす交響曲を,マルタン作品へ深い共感を披瀝する名匠バーメルトのバランスの良いタクトが的確に再現前。優秀なオーケストラも,作品の持つ透徹した叙情を見通しよく描出する。作曲家,演奏家の叡智が最高点で和合した金字塔です。晦渋でも結構。マルタンの実力を一枚で・・そう仰るあなたには,避けて通ることのできぬ名録音として推薦致します。

★★★★★
"Der Cornet :
Die Weise von Liebe und Tod des Cornets Christoph Rilke"
(Cascavelle : VEL 1020)

Jesus Lopez Cobos (cond) Brigitte Balleys (msp) Orchestre de Chambre de Lausanne
1663年にハンガリーで戦死した詩人,クリストフ・リルケの詩集に霊感を得て作曲されたと思われるこの歌曲集は,マルタンとしては珍しいほどの力感とダイナミズムに溢れた作品です。しかし,躍動する拍節を低層で緊密に支える独特の思索的な響きと圧倒的な構成力は些かも揺るぐことはありません。歌曲という性格もあってか,全体に3分前後の小品が並び,マルタンを初めて聴くという方にも,格好の一枚ではないかと思います。しかし,この盤の魅力は何をおいても,全編に異様な生気が充満した演奏でしょう。レスピーギ『リュートのための古風なアリアと舞曲』の名録音もあるロペス・コボスとローザンヌ室内が生み出す,怒濤のドライブ感が素晴らしいのはもちろん,ソプラノのブリジット・バレーズが凄まじいの何の。恥も外聞もかなぐりすてて,なりふり構わぬ怪唱を披露。これほどの熱演,滅多なことで聴けるものではありません。

★★★★★
"Les 2 Concertos et la Ballade pour Piano et Orchestre :
Premier Concerto / Ballade pour Piano et Orchestre / Second Concerto"
(Claves : CD 50-8509)

Jean-François Antonioli (p) Marcello Viotti (cond) I Filarmonici di Torino

マルタンはピアノ協奏曲を2つと,「バラード」と題されたピアノと管弦楽のための作品を遺しました。その全てを収めたのがこのCD。指揮者としての活躍も見せるアントニオリが,トリノ響を迎えて制作したものです。指揮者としても一流の彼ですが,やはりこの人の本分はピアニスト。彼の豊富な録音の中でも,本盤はドビュッシーの前奏曲集と並んでクライマックスの一つじゃないでしょうか。全く表情の乱れない,円みを帯びた冷徹なタッチが,マルタンの思索的な世界を完璧に描出。例えトリノ響が些か粗かろうと,吸い込まれそうなピアノの素晴らしさは他盤を遙かに見下ろす孤高の次元に到達し,本盤の価値を不動にしています。後年,次第に表現が晦渋となり,狂気じみてくるマルタン。この盤においても,第2番あたりになるとやや常軌を逸し,ヒステリックに。しかし一転,第1番とバラードの冷徹な響きの美しいこと!近代以降の音楽家の多くは無調や十二音技法の渦に飲み込まれましたが,それを咀嚼した上で,自分のものとして使いこなすことができた作曲家は僅かです。マルタンはまさしくそうした作曲家だったのだと痛感させられる,素晴らしい録音です。甲種大推薦。

★★★★☆
"Petite Symphonie Concertante / Sechs Monologue aus Jedermann / Concerto pour Sept Instruments à Vent" (Cascavelle : VEL 3026)
Armin Jordan (cond) Eva Guibentif (hrp) Christiane Jaccottet (hpcd) Ursula Ruttimann (p) Gilles cachemaille (btn) Orchestre de la Suisse Romande et al.
有名な『7つの管楽器のための協奏曲』を収めた本盤は,もと1991年に出たもの。1985年,長いドイツ人指揮者の統治下から離れ,同郷のジョルダンを迎えた老舗の楽団。もともとアンセルメからの伝統を誇るスイスの代表的なオケだけに,くだんの大指揮者と親交の深かった故国の大作家の再評価を見て,他国人に負けないだけのものを作っておこうと考えたのかも知れません。そのせいか内容は,余りいい印象を持っていなかったこのオケの録音では初めて溜飲が下がった気さえする見事なものです。ジョルダンの指揮は全体にテンポ速め。過度な表情をつけず,すっきりと明晰な輪郭をとるよう意識してまとめられており,全編に渡って,高レベルに安定している。『小交響曲』はその狙いが幸福に曲想と和合。しなやかに背筋の伸びた美演です。個人的にはピエール・カシュメーユを独唱者に迎えた『イェーダマンの6つの独白』が嬉しい。ウィルソン=ジョンソンが歌うバーメルト盤もあり,同盤中ではウィルソン=ジョンソンの持ち味が生きた秀演と思ったものでしたが,この演奏を聴いてしまうと,独唱に関してはカシュメーユが圧勝的に上。全域に渡って甘く張りがあり,良く通る声楽家としての資質はもちろんのこと,バーメルトに比してかなり速めのテンポにも拘わらず,むしろ細部に渡り懇切に情感をコントロールしてみせる技量は素晴らしいの一語。国際級の歌手はこうも違うのだと改めて感服しました。選曲も良く,立派に入門盤の責も果たすと思います。欲を言えば,和声精妙なマルタンだけに,もう少し細部(弦部によるビブラートや音の掉尾)で統率されていても良い箇所が残されている気はしますけれど,これは贅沢というものでしょう。

★★★★
"Polyptique / Etudes pour Orchestre à Cordes / Sonata da Chiesa" (Koch Schwann : 3-6732-2)
Hans Stadlmair (cond) Gottfried Schneider (vln) J.Rieber (vla-amore) Münchener Kammerorchester
1994年に,恐らくは作曲者の没後20年を記念して作られた本盤は,スイス近代楽壇の重鎮マルタンが残した弦楽協奏曲を三品収録。『練習曲』以外の品は録音も少なく,ドイツ屈指の楽団で聴けるのは有り難いの一語につきましょう。『教会ソナタ』は1938年,『練習曲』は1955年から1956年,そして『ポリプティーク』は死の前年に書かれたもの。バランスのいい選曲じゃないでしょうか。マルタンは後年作風が晦渋になる作家。制作者はその最もおっかない曲を冒頭に据えて,危機感を煽ります。しかし,メニューインから依頼を受けたとき,バッハが同じジャンルでもう凄いのを書いてるから・・と引き気味で,最初から小品を書くつもりだったからでしょうか。気むずかしさは『嵐』を,少し捻った程度。弦部が叙情性をとどめながらの無調性に留まります。楽曲としては,やはり初期の『教会ソナタ』が聴きやすいですか。前半生マルタンの特徴モロに表出。ロマンティックな曲形式に,無調突入一歩前の旋律が絡み,思索性豊かな世界を描く。緻密な彼としては珍しく構成に甘さが残り,そこが演奏機会の少なさにも繋がっているんでしょうけれど,『バラード』や『モノローグ』の緩楽章がお好きな方なら頬が緩むことでしょう。独奏のゴットフリート・シュナイダーは,オーストリアのバドガシュタイン生まれ。ザルツブルク,ベルン,ニューヨークでヴァイオリンを学び,カルル・フレシュ,ロンドン,ベルグラード若年,ブッシュの各国際コンクール入賞。デュッセルドルフ音楽大学で教鞭を執る人物。彫りの深い演奏ながら,少々ビブラートが不安定に掛かり,少しだけピッチも緩み,音色もやや艶を失っているなど,お年を感じさせる面も。しかし,これをミュンヘン室内管弦楽団演奏が充分に補填。高性能の演奏と持ち前のドイツ気質が,明瞭な拍節構造をもつ曲想と幸福に和合する『練習曲』で,見事に本盤のクライマックスを作ります。

★★★★☆
"Ballades :
Ballade for Piano and Orchestra / Ballade for Trombone and Piano / Ballade for Cello and Small Orchestra / Ballade for Saxophone and Orchestra / Ballade for Viola, Wind, Harp, Harpsichord, and Percussion / Ballade for Flute, String Orchestra and Piano"
(Chandos : CHAN 9380)

Matthias Bamert (cond) Roderick Elms (p) Ian Bousfield (tb) Peter Dixon (cllo) Martin Robertson (as) Philip Dukes (vla) Celia Chambers (fl) The London Philharmonic
マルタンは1930年代の終わり頃から,様々な楽器をソロに仕立てて,「バラード」と呼ばれる作品を量産しました。その全てを集大成して録音したのが,管弦楽作品の全集化に燃えていたバーメルトによる,この「バラード集」。いずれも中期の熟達した書法が遺憾なく発揮された,マルタンらしい瞑想的な秀作揃いです。企画自体も大変に素晴らしい上,演奏も高レベルに安定。記憶が確かならペンギン・ガイド(英国)誌で三つ星を獲りました。確かに,アントニオリの名演奏があるピアノ協奏曲を聴き比べするにつけ,もう少しテクスチャが深くても良かった気はしますけれど,あくまでこれはアントニオリを聴いたが故の贅沢。他の演奏者も破綻はありませんし,冒険を避け,中庸に徹しているぶん,曲想の破綻もない。また,冷徹な弦の響きは特筆すべきものです。

★★★★
"Suite from 'Der Sturm' / Maria-Triptychon / Sechs Monologe aus Jedermann" (Chandos : CHAN 9411)
Matthias Bamert (cond) David Wilson-Johnson (btn) Duncan Riddell (vln) Lynda Russell (sop) The London Philharmonic
私事で恐縮なんですが,小生がたまたま最初に購入したマルタンはこのCDでした。もし最初に聴いたのが『交響曲』辺りだったら,今より遙かに偏狭な耳しか持っていなかった当時の私は,「うっへ〜前衛かヨ」と辟易して,まずその後,きちんと耳を貸す気にはならなかったでしょう。運が良かったのだと思います。組曲『嵐』は,標題からも明らかなとおり,ご存じシェイクスピアの「テンペスト」をもとにした,3幕歌劇の付帯音楽として書かれた作品。マルタンの作品の中でも,最も晦渋度が低く,叙情性の高い部類に入るのではないでしょうか。併録された『モノローグ』のほうも3分前後の小品集で,比較的聴きやすい部類に属する。バーメルトによる連続録音のひとつだけに,本盤もやはりオーケストラの響きが抜群に良い。管弦楽団の演奏と指揮のバランス感覚は大変高水準です。欲を言えば,バリトンのデヴィッド・ウィルソン=ジョンソンでしょうか。鼻声で低域がくぐもってしまい,特に『嵐』のほうで少々足を引っ張り気味なのが惜しいです。ちなみに「イェーダーマン」とは英語に直すと「市井の人(Everyman)」のことで,1901年に出版された,ヒューゴ・ホーフマンスタールという人物の風刺劇が元ネタになっているようです。

★★★★
"Les Quatres Éléments / In Terra Pax" (Chandos : CHAN 9465)
Matthias Bamert (cond) Della Jones (alto) Martyn Hill (tnr) Roderick Williams (btn) Stephen Roberts (bass) Brighton Festival Chorus : The London Philharmonic
SFものの映画音楽のように壮大で神秘的な『四元素』が良い。アンセルメの80才記念祭のために書かれた最晩年の作品なんですが,事実上マルタン語法の集大成。過去にあちこちで使われたモチーフや技法が,作品中に次々と立ち現れます。同じ最晩年の『レクイエム』とは大違い。清明で厳粛な響きに参りました。上記『嵐』や,初期のピアノ協奏曲などを聴いて,マルタンの冷徹な響きに惹かれた方は,間違いなくお気に召すでしょう。相変わらずマルタンとの相性抜群なバーメルトの演奏も素晴らしいです。反面,残念なのが,歌唱陣が大勢加わる『地に平和を』。重々しい曲想のせいか,ソリストが力みすぎです。冒頭,長いソロをとるマーティン・ヒルもさることながら,彼に続く歌い手(ステフェン・ロバーツでしょうか?)はヒドイ。メロディの音程が強すぎるビブラートで分からない体たらくではお話になりません。これが無ければ,星あと半分足しても良かったんですけどねえ(苦笑)。

★★★★
"Le Mystere de la Nativite / Pilate" (Cascavelle : VEL 2006-2CD)
Ernest Ensermet (cond) Elly Ameling, Aafie Heynis, Louis Devos, Hugues Cuenod, Eric Tappy, Pierre Mollet, Derrik Olsen, André Vessieres, Charles Clavensy, Jean-Christophe Benoit, Eugenia Zareska, Arlette Chedel (vo) Orchestre de la Suisse Romande : Choeur des Jeunes de l'Eglise Nationale Vaudoise : Choeur PRO ARTE de Lausanne
スイスの大作曲家マルタンが最晩年に作曲した2つのカンタータ作品。余り録音がないだけに,本場スイスを代表する顔触れによるこの初演版は嬉しいCD化と申せましょう。ご存じスイスの至宝アンセルメ/スイス・ロマンド管による演奏です。後年のマルタンは死期が近づいたのを悟ったからなのか,或いはオネゲルにでも傾倒したのか,激情的な傾向が強まり,初期・中期には見られた,あの冷徹で知的な佇まいは見る影もなくなります。演奏は好いので,後年の彼の特徴である脱調性・脱叙情的傾向を試してみたいという方にはどうぞ。

★★★☆
"Requiem pour Quatuor Vocal Solo, Choeur Mixte, Orchestre et Grand Orgue" (Jecklin-Disco : JD 631-2)
Frank Martin (dir) André Luy (org) Elisabeth Speiser (sop) Ria Bollen (alto) Eric Tappy (tnr) Peter Lagger (bss) Groupe Vocal 'Ars Laeta' : Orchestre de la Suisse Romande
マルタンが死の前年に遺した,自作の『レクイエム』の初演(=ライヴ録音)をCD化したもの。彼の老年期の作品として,大曲『レクイエム』は重要曲。録音も幾つか選択肢があります。ただなあ・・曲そのものについては,何だか彼らしくないなとの思いを禁じ得ない。彼の作風は,晩年になるほど狂気じみて来ますが,自らの死期が近いことを予期したか,死の前年に録音されたこのレクイエムは,阿鼻叫喚の修羅場です。死を前にして,諦観の先に忘我と至福の世界を現出させたフォーレの『レクイエム』を一方に置くと,このレクイエムはまさに,最も人間くさいレクイエムといえるのかも知れません。ひとりの人間が死に瀕したとき。五感を突き動かすような懼れ。死にたくないという渇望と諦め。その全てがヒステリックに混一体となって押し寄せる作品です。正直,あまり愛聴したくなるようなものではありません。

★★★★
"Concerto for 7 Wind Instruments, Timpani, Percussion and String Orchestra / Études for String Orchestra / Petite Symphonie Concertante / Passacaglia / Concerto for Violin and Orchestra / In Terra Pax" (London-Decca : 448 264-2)
Ernest Ansermet (cond) Karl Münchinger (cond) Wolfgang Schneiderhan (vln) Ursula Buckel (sop) Marga Höffgen (alto) Ernest Haeflinger (tnr) Pierre Mollet (btn) Jakob Stämpfli (bss) Stuttgart Chamber Orchestra / Orchestre de la Suisse Romande
マルタンの作風に,手っ取り早く触れたいという方には,かつて自身も作曲者と交流のあった重鎮アンセルメが,じきじきにタクトを振ったこの2枚組(で,価格は一枚盤並み)がお薦めです。ミュンヒンガー指揮:シュットガルト室内の演奏はモノラルですが,他に大きな問題は見あたりませんし,演奏陣は豪華。何より,最も有名で録音も多い『7つの吹奏楽器とティンパニ,パーカッションと弦楽オーケストラのための協奏曲』が入っています。マルタンの管弦楽作品では,おそらく最も聴きやすいキャッチーな主題を持っており,競合盤が多いのもそのためでしょう。デッカの安売りシリーズにつきお安いですし,これで相性が良さそうなら次々聴いてみる,というのがよろしいのでは。

★★★★★
"Mass for Double Choir / Passacaille (Martin) Messa di Requiem (Pizzetti)" (Hyperion : CDA67017)
James O'Donnell (cond, org) The Choir of Westminster Cathedral
本盤は,スイスの冷徹な狂人マルタンと,イタリアの中世音楽オタことピゼッティのミサ曲を,仲良くカップリングするという,玄人好みな一枚。マルタンのミサ曲は恐らく,彼が生涯に書いた曲の中でも,3本の指に入るくらい穏健で,かつ旋法美に富んだ名品。しかし録音は少なく,かつてウエストミンスター聖歌隊がBBCに吹き込んだ駄盤しか録音を見かけませんでした。もし本当に素晴らしい演奏なら願ってもないことです。しかし本盤,あろうことか歌唱を担当するのが,性懲りもなく同じ合唱隊。ラングレの合唱曲集(ハイペリオン)やデュパルクのミサ曲(BBC)など,累々と駄盤の屍を晒してきたこの合唱隊が,なんと一度大ヘマをやらかしているにもかかわらず,マルタンを再録するというこの趣向。一体どういう神経してるんだ・・との怒りは,一聴した途端驚愕へと変わりました。細かいパッセージにも一糸乱れぬ統率と,細部に至るまで肌理の揃った歌唱が,高密度にバランスした素晴らしい合唱隊に大変身!この合唱団が,あの酷いラングレを歌っていたとは,殆ど想像だにできません。実際,グラモフォン誌選定の年間最優秀作品と合唱賞をダブル受賞(1998年)したそうですが,いやあ確かにこれだけ素晴らしく歌えてたら賞あげるでしょう・・。合唱指揮を担当するオドネル氏は,記憶が確かならラングレ盤でもオルガンを弾いていたはず。この人が指揮を担当してから,よほど締め上げたんでしょうか。いや,そうとしか思えない・・でなかったら嘘だ(苦笑)。凝った近代の和声と対位法表現が絡む,無伴奏合唱の秘曲をお探しの方。甲種推薦です。

★★★★★
"Messe Für Doppelchor (Martin) / Messa di Requiem (Pizzetti)" (Proprius : PRCD 9965)
Anders Eby (cond) Mikaeli Kammarkör
マルタンなのにとっても穏健な『二重唱ミサ』と,イタリアの中世教会音楽オタことピゼッティの『レクイエム』を仲良くカップリング。ベタ誉めしたハイペリオン盤(ウエストミンスター聖歌隊)と全く同じ選曲で競合している本盤は,タクトを振っているアンデシュ・エビー氏によって1972年に創設された,スウェーデンのミカエリ室内合唱団による吹き込み。いかにも出来の悪そうなジャケットに加え,聞いたこともないお名前の合唱隊。エビさんなどという,駄目っぽいお名前の指揮者。・・済みません。完全にネタ目的の購入でしたと,のっけからお詫び申し上げます。裏ジャケットに写る「ちゅ〜してください」とでも言いたげな表情の指揮者をニヤニヤ眺め,「さてコイツらはどう失笑させてくれるかな」と期待半分,怖いもの聴きたさの好奇心半分,耳に入れた瞬間です。こちらの邪心を見透かすかのごとき敬虔な響きが,あっしの薄汚い煩悩を完璧にノック・アウト。透明度高く,アーティキュレーションの揃った,第一級の美声。抑揚をたっぷり聴かせた,ドラマチックな指揮。立体感のある録音も含めて,びっくりするほど素晴らしい。スラーで細かいパッセージを歌わなくてはならないГ覆匹任蓮い瓦細かい乱れもちらつきますけれど,完全に贅沢レベル。この出来なら,ハイペリオン盤と並べても引けを取らぬどころか上回る水準ではないでしょうか。子ども入りのやや甲高い声と滑らかな活舌で,淡泊に流れるウエストミンスター聖歌隊を水彩画と喩えるなら,さしずめこちらは油彩の筆致。重厚で彫りの深い歌い回し。選ぶあなたがこってり好きかあっさり好きかで贅沢を言って宜しいと思います。嬉しいですねえ。こんな辺境の合唱曲に,立派な選択肢があるというのは。それにしてもこの合唱団。1984年に本盤を録音後も,あまり知名度は上がっていないようですけれど,どうなんでしょう?これだけ歌えるのに。勿体ないじゃありませんか。

★★★★
"Trois Poèmes (Ravel) Chanson Perpétuelle (Chausson) Trois Chants de Noël (Martin) Quatre Poèmes Hindous (Delage) Une Flûte Invisible (Saint-Saëns) Rapsodie Nègre (Poulenc) La Bonne Chanson (Fauré)" (Grammophon : 447 752-2)
Anne Sofie Von Otter (msp) Bengt Forsberg (p) Nils-Erik Sparf, Ulf Forsberg (vln) Matti Hirvikangas (vla) Mats Lindström (vc) Tomas Gertonsson (b) Andreas Alin, Peter Rydström (fl) Ulf Bjurenhed (ob) Lars Paulsson, Per Billman (cl) Lisa Viguier (hrp)
グラモフォンから精力的にCDを発表しているフォン・オッター女史と,ハイペリオンから出たピエルネのチェロ・ソナタ集で美しいタッチの伴奏を披露していたフォルベリ氏のピアノが目を引く本盤は,オッター女史には珍しいフランス歌曲選。居並ぶ仏近代作家の中で唯一,スイス人ながら加わっているのがマルタンの歌曲です。『降誕祭唱歌』は3曲からなる小品。フルートを加えたピアノ伴奏という編成は,カプレの【ヴィクトル・ユゴーの歌】と同じ。この編成からも想像できるとおり,管弦楽などに聴ける,先鋭的で冷徹な作曲家のイメージは,驚くほどに希薄。唯一,やや無調の表情が覗く第1曲を除くと,レイナルド・アーンや初期ケックランと見紛うほどに穏健で瀟洒なサロン歌曲の気分をとどめたものです。マルタンの前衛的な表情が苦手な方は,合唱曲や歌曲から入ると良いのかも知れません。これってデュティーユもそうですよね(ちなみに彼は器楽から)。現代メゾの第一人者だけに,演奏技術が的確なのも嬉しい。少しフルートの音が硬いのは気になりますが,好演だと思います。