Pの作曲家



マヌエル・ポンセ Manuel Ponce (1882-1948)

メキシコ近代を代表する作曲家。本名マヌエル・マリア・ポンセ。1882年ツァカテカス(Zacatecas)生まれ。生後まもなく一家はオーガスカリエンテス(Augascalientes)へ転居。5歳で作曲をするなど早くから音楽的才能に恵まれ,教会オルガニスト,ピアノ教師,批評家として活躍。22歳ごろ,メキシコ・シティへ出てメキシコ国立音楽院へ進んだのち,1904年自分のピアノを売って自費で渡欧。ボローニャとベルリンで学んだ。 1908年に帰国。翌年メキシコ音楽院でピアノ教師に就任。メキシコ民謡に強い関心を示し,それらを既存の音楽様式と融合させて,メキシコ国民楽派の開祖となる。1915年からキューバへ渡って多くの作品を書き,1917年に帰国して結婚。メキシコ音楽院教授に就任後,メキシコ国立交響楽団の音楽監督にも就任した。1923年にギタリストのアンドレ・セゴビアと出会い,彼の依頼で『ソナタ・メキシカーナ』を作曲。これで欧州で知られるようになった彼は,1929年再びフランスに渡り,1932年までパリ音楽院でポール・デュカに師事(この当時の級友にはヴィラ=ロボスやロドリーゴがいる)。深い薫陶を受け,後年はフランス印象主義に傾倒し近代的な書法を採り入れた作風をとるようになった。その後1933年にメキシコへ帰国して,翌年にメキシコ国立音楽院の院長に就任。『カルチュラ・ミュージカル』紙の編集委員も務める。1948年4月24日に尿毒症のため死去。(関連ページ: マヌエル・ポンセ国際財団


主要作品 
※Otero, C./ Roberts, J.D. trans. 1994. Manuel Ponce and the guitar. The Bold Strummer.
Corvera, J.B. 2004. Manuel Maria Ponce: a biobibliography. Praeger. 入手。作品表時間が取れ次第,完全版移行。

管弦楽曲 ・ chapultepec (1922)
・ ferial (1940)
・ガヴォット gavota (-)
・古代メキシコの舞曲 danza de los antiguos mexicanos (-)
協奏曲 ・ピアノ協奏曲 piano concerto (1910) {p, orch}
・南国協奏曲 concierto del sur (1941) {g, orch}
・ヴァイオリン協奏曲 concerto for violin and orchestra (1943) {vln, orch}
・メキシコ風バラード balada mexicana para piano y orquesta (-) {p, orch}
室内楽 ・ピアノ三重奏曲 piano trio (1911) {vln, vc, p}
・3つの前奏曲 three preludes (1930) {vc, p}
・ギター・ソナタ guitar sonata (1931) {g, p}
・ソナタ・メキシカーナ sonata Mexicana (-) {g}
・ギターとハープシコードのための前奏曲 prelude for guitar and harpsichord (-) {g, hpcd}
・ソナティナ sonatina (-) {g}
・トロピコ tropico (-) {g}
・ギターと弦楽のための四重奏曲 quartet for guitar and strings (-) {g, vln, vla vc}
・主題,変奏とフィナーレ thème varié et final (-) {g}
・トレモロ練習曲 tremolo study (-) {g}
・ギター・ソナタ sonata for guitar and harpsichord (-) {g, hpcd}
・ガレガの民謡集 canción popular Gallega (-) {g}
・3つのメキシコ民謡のカンツォーネ tres canciones populares Mexicanas (-) {g}
ピアノ曲 ・キューバ狂詩曲 rapsodia Cubana (1915-1917?)
・キューバ組曲 suite Cubana (1915-1917?)
・ピアノ・ソナタ sonata (1918?)
・前奏曲集 preludios encadenados (1927)
・2つの練習曲 deux études (1930)
・4つのメキシコ風舞曲 cuatro danzas Mexicanas (1930's)
歌曲 ・エストレリータ estrellita (1912)


ポンセを聴く


★★★★
"Concierto para Piano y Orquesta en Mi Menor / Gavota / Poema Elegiaco / Balada Mexicana para Piano y Orquesta / Danza de Los Antiguos Mexicanos / Chapultepec" (Luzam : EB-2003-4)
Enrique Batiz (cond) Jorge Federico Osorio, Eva Maria Zulc (p) Orquesta Sinfónica del Estado de México
密かにメキシコ国内で流通していた本盤は,ポンセの管弦楽作品ばかりを集めた,辺境印象派フリークには垂涎の一枚。辺境だけにメヒコ語しかない解説は完全に私ども余所者の存在を抹消なさってますし,録音も演奏も細かいこと言わずざっくばらんに演って録りました感満載の放埒な仕上がりです。管弦楽のみで演奏される『ガヴォット』は穏健なロマン派宮廷音楽。『哀歌調の詩曲』はシベリウス風と,いずれもロマン派的。後者は厳しい佇まいもあり,なかなか良く書けていると思うものの,それほど目立つところはありません。しかし,ピアノが入るや様相は一転。見る見る演奏の表情が野性味を帯び,体毛も濃くなって参ります。これらも一聴,後期ロマン派的な書法が基調。しかし,恭しく入場してくるピアノは,装飾音とラテン乗りごってりのバタ臭い主旋律で,ファリャやトゥリーナに通じるヒスパニック臭を赤裸々アピール。協奏曲の第三楽章ではさらに臆面もなくラテン色が加えられ,ドンファン踊る舞踏会へと雪崩れ込みます。あくまでロマン派の品位を壊すことなく,随所に旋法基調のエキゾチックな装飾音や和声を用いる彼の音楽的な美意識は,(メキシコ人であるがゆえ,援用した民謡がモロ・ヒスパニックだったという点が異なるだけで)ポスト・フランキスト的なのかも知れません。そんな中,異彩を放つのが,邦訳も良く分からない【chapultepec】。どういうわけか,第一楽章だけがモロにドビュッシアン。断片化された動機が平行和音に乗ってドビュッシーの『海』と『映像』そしてラヴェルの『夜明け』と,メヒコ音楽の間を行きつ戻りつするこの作品。どっぷり被れてますし,良く書けている。印象派度は『南国協奏曲』よりも上で,これを聴いただけでも買った甲斐はありました。指揮者のバティスは爆演指揮者として知られる人物。くだんのドビュッシー被れもお構いなくザクザク気っ風良く描く様子に,片鱗を伺えます。

★★★★☆
"Piano Concerto / Concierto del Sur / Concerto for Violin and Orchestra" (ASV : CD DCA 952)
Jorge Federico Osorio (p) Alfonso Moreno (g) Henryk Szeryng (vln) Enrique Batiz (cond) Royal Philharmonic Orchestra : The State of Mexico Symphony Orchestra
ポンセは近代メキシコ音楽の開祖として簡単にかたづけられてしまうため,後年の印象主義的性格に焦点が当たることは殆どありません。そんな中,ほとんど唯一,彼の管弦楽入り作品に着目し,その優れたオーケストレーション能力を堪能させくれるこのCDは,ポンセの印象主義的側面を十全に堪能できる,大変有り難いCD。分けても素晴らしくカラフルでいて,ギターはモロにフラメンコ風という凄い取り合わせの『南国協奏曲』には腰を抜かします。まるで寿司をチーズ・フォンデュにして食っている気分になること請け合いの怪作ですが,ウォルトンやハンソン,ジョン・ウィリアムスあたりでも大丈夫だという方なら,かなり嵌ってしまうことでしょう。そんな下品でバタ臭い作品は御免だという方もご安心を。より凝った管弦楽書法の『ヴァイオリン協奏曲』が,巨匠シェリング晩年の危なかしくも甘美なヴァイオリンと王立フィルの重厚な伴奏であなたを待っています。豪華ソロ陣に比して,メキシコ響の伴奏はお世辞にも洗練されているとは言い難いものですが,ご愛敬ご愛敬。(注:その後,2000年にメキシコのみで流通しているらしい上記盤の存在を知りました。オリジナルは上記ルザムのシリーズで,それをASVが買い叩いて再版しているというのが真相のようです。入手の平易さを考えると,ASV仕様で買っても問題ないのではないかと思います

★★★★☆
"Ballada Mexicana /Arrulladora / Tema Mexicano Variado / Romanza de Amor / Preludio Y Fuga Sobre / Mazurkas / Scherzino Mexicano / Gavota / Intermezzo No.1 / Rapsodia Cubana No.1" (ASV : CD DCA 874)
Jorge Federico Osorio (piano)
音楽的には縁辺部に過ぎなかった20世紀初頭のメキシコに,ヨーロッパの新しい風を送り込んだ先兵がポンセです。開拓者である=依拠しうる先例のない状況下で,きっと右顧左眄しながらの生涯だったんでしょう。同じレーベルの協奏曲集と並べて聴くにつけ,妙に感傷的になって参ります。本盤の曲構成は,ほぼ全て作曲者のデュカ詣で(1929年)以前のもの。当然ながら,作品は保守的な色合いが濃くなります。企画色の濃い『ハイドンの主題による前奏曲とフーガ』で,ノリノリのラテン系バロック書法を展開する他は,基本的にシューマンとリスト周辺を徘徊。当然の如くショパンを採り入れる『マズルカ』では,これまた原曲に比べバタ臭い他は相当器用に模倣している。明瞭な主題と,かっちりした形式感。模範的なロマン派書法を踏まえ,あくまでもその枠の中で民謡起源の主旋律と,メキシカンなリズムを使って自己主張します。いわゆるドビュッシアンなポンセの色合いはほとんどなく,その意味では個人的にやや落胆せざるを得なかったんですけど,ロマン派音楽もまるで大丈夫と仰る皆さんであれば,メキシコに株分けされたロマン派音楽として,充分愉しんでいただけるのでは。本盤の美点は演奏。ポンセ作品集ではお馴染みの独奏者オソリオ氏は,メキシコシティ生まれ。高名な女流ピアノ弾きルース・プエンテを母に持つ恵まれた環境のもと,メキシコ音楽大学で学び,16才でマータと共演してプロ入り。その後パリ音楽院でモニク・アースに,モスクワ音楽院でヤコブ・ミルシュテインに師事し,その後はるばるイタリアへ渡って,ケンプにも就いていたとか。その後ロードアイランド国際での入賞や,ダラス響ジーナ・バッカウアー賞の受賞経験があります。壮麗かつど派手なアルペジオが横溢する毛深いロマン派独奏曲『メキシコ風バラード』を,煌びやかに弾き仰せる技量はさすが。保守的な作品でも大丈夫なあなたなら,面白く聴いていただけるのではないでしょうか。

★★★★
"Scherzino Maya / Arulladora Mexicana / Scherzino / Intermezzo / Piano Trio / Three Preludes / Guitar Sonata" (ASV : CD DCA 1053)
Leslie Enlow, Carlo Pezzimenti (g) Marta Urrea (p) Trio Tulsa
ポンセ贔屓のASVから出た本盤は,室内楽数点を収録。ギター二重奏のための数品は,禁じられた遊びをブロック・コードで弾いているような,長閑な風合いの曲が並びます。いっぽう『ピアノ三重奏』は異名が「ロマンティックな三重奏」だけに,ショーソンの室内楽のような教条的後期ロマン派書法。当時のメキシコでは,まだ足下を見ずヨーロッパのほうばかり向いていたわけですねと納得すれば充分で,正直さしたる面白みはありませんでした。近代愛好家にとってのクライマックスは,やはり1930年代に書かれたチェロ・ソナタとギター・ソナタです。機能を離れた分散和音の透明感とポスト・ロマンティックな曲形式,控えめな旋法性に則ったチェロ・ソナタは,非常に趣味が良く,バタ臭いラテン臭はほとんどなし。ロパルツのそれをすら思わせる。メキシコの看板楽器ギターをピアノ伴奏で聴かせるギター・ソナタはさらにエキゾチック。ラテンのリズムを生かすべく全体に躍動感が加わり,ラヴェルの影すら仄見えるカラフルな伴奏と,『ギター協奏曲』そのままのギターが絡む。この2品のために財布を開けられる方には,ちょっぴり素敵なレパートリーが加わることでしょう。ギターの二名は師弟関係。師匠のペッツィメンティ氏は,モルラッチ音楽院を出たのちダラスへ移り,現在はブルックヘイブン大学教員。テクニックは安定しているものの,お弟子さんと合わせるのが大変だったのか,そろそろ石橋を叩いて渡る扁平な演奏に終始し,今ひとつ密度不足なのは残念。後半に登場する三重奏団はイーストマン校やマンハッタン音楽院の卒業生の混成ながら,音色もピッチもおっかなびっくりで,こちらも昼行灯。ということで,演奏の方も後半二品がクライマックスになってます。チェロ・ソナタの演奏は,やはりメリハリがないものの,三重奏よりはずっとましですし,ギターのカルロさんとダラスで仲良くなったピアノのウレア女史が伴奏するギター・ソナタは,彼女の控えめで誠実なお人柄が滲む。メリハリこそないものの一音ずつ確かめるように音を置いていく律儀なタッチ。おかげで,聴くに堪える演奏となっています。ありがたや。

★★★☆
"Prelude for guitar and harpsichord / Sonatina / Tropico / Quartet for guitar and strings / Thème varié et final / Tremolo study / Sonata for guitar and harpsichord / Canción popular Gallega / Tres canciones populares Mexicanas" (Ottavo : OTR C59867)
Enno Voorhorst (g) Rob Nederlof (hpcd) Heleen Hulst (vln) Edith van Moergastel (vla) Hans Woudenberg (vc)
このCDは,最も種類の多いギター作品に焦点を当てた,典型的な一般のポンセCDの一例。ポンセはアンドレ・セコビアと非常に近しい関係にあり,彼のために多くのギター曲を書きました。カンツォーネや民謡の標題が踊るタイトルからもお察しの通り,ポンセのギター作品は,素朴で具象的な民謡旋律をそのままギターの装飾音に乗せたような平明な作風。スペイン系のエキゾチックな作品をお好みの方はきっと溜飲が下がるでしょう。もちろん,一般的な印象主義ファンには物足りないのも事実。その点このCDは脇役入りのため,この手のCDには珍しく,ステレオタイプなポンセの作風の陰に隠れた部分も垣間見ることができるのが魅力です。ハープシコードが入り,モロにオットリーノ・リエティを思わせる新古典派書法の『前奏曲』や,微妙に印象主義の影響が入るモーダルな『トロピコ』,ロマン派的な『ギター四重奏曲』などで,メキシコ臭に隠された彼の欧州趣味を味わえます。ギターは少し表情が硬いものの好演です。

★★★★
"Rapsodia Cubana / Suite Cubana / Deux Etudes / Cuatro Danzas Mexicanas / Sonata" (Urtext : JBCC 019)
Edison Quintana (piano)
メキシコ国民学派の開祖として,マニアックな近代ファンには名前を知られているポンセは,パリから遠く離れたメキシコの作曲家ということで見逃しがちですが,パリ音楽院に留学してポール・デュカに師事した経験を持ち,作風は意外にも色彩的。印象主義ファンには見逃せない作曲家の一人です。杓子定規に「メキシコの作曲家」と括ってしまう方が分かりやすいからか,はたまた本当にお国柄なのか。少ないながら出ている彼の作品集はほとんどがギターのための独奏もの。その面でもこのピアノ作品集は,属国のステロタイプで安易に理解しないでちゃんと聴いてくださる音楽そのもののファンには得難い一枚。一聴,基調はロマン派の書法ですが,サロン系というよりは,やはりトゥリーナやファリャなど,スペイン系の作曲家に近い。装飾音にてんこ盛りにされるフラメンコ臭いリズムはキューバンな作家ならではのもの。ピアノ曲だけに後年の作品には印象主義的な和声感覚もそこここに表れており,スペイン近代ものがお好きな方には溜飲が下がる出来と言えるのではないでしょうか。少なくともファリャのピアノ曲よりは印象主義・ロマン派度が高く,数段スムーズに聴けます。ピアノも好 演奏。

(2002. 2. 1)