Rの作曲家



オットリーノ・レスピーギ Ottorino Respighi (1879-1936)

イタリアの作曲家,ヴィオラ奏者,教育者。1879年7月9日ボローニャ生まれ。ピアノ教師の父から8歳で初めての音楽教育を受ける(ヴァイオリン)。1891年にボローニャ音楽大学(Liceo Musicale, Bologna)へ進学し,ヴァイオリン及びヴィオラ奏法をフェデリコ・サルティ(Federico Sarti)に,次いで作曲をトルチ(Torchi)に学んだほか,卒業年度には,同校の校長だったジュゼッペ・マルトゥッチにも作曲法を師事した。1901年に卒業。1900年12月から翌年に掛けて,ロシアのサンクト・ペテルブルク王立歌劇場の主席ヴィオラ奏者となり,さらに1902年から3年に掛けても数ヶ月と,断続的に3年間その地位を務めたが,このときリムスキー=コルサコフから私的に作曲を学んで,強い影響を受けた。また,1902年にはベルリンでマックス・ブルッフにも師事している(1908年とする書籍があるが,これは誤り)。1903年から1908年まではムジェリーニ五重奏団の一員として活動するなど,演奏家としても高名。1913年にローマへ移住し,同年1月からローマの聖チェチーリア音楽院作曲法科教授に就任。1923年には院長も務め,ピゼッティやペトラッシらを育成するなど,教育者として活躍。その傍ら,マリピエロらとともにイタリア復古主義を代表する作曲家の一人として活躍した。書法はリヒャルト・シュトラウスやラヴェルの影響のもと多岐に渡るが,保守的なロマン派様式のなかに色彩感溢れるオーケストレーションを伴った作風を展開した。1936年4月18日ローマにて死去。(関連ページ:レスピーギ協会


主要作品

歌劇 ・喜劇【エンツォ王】 re Enzo, op.55 (1904-1905) {3act} ... A. Donini台本
・アル・ミュラン al mulin, op.76 (1908) {2act} ...
Donini台本,未出版,未上演
・喜劇【セミラーマ】 Semirâma, op.94 (1908-1910) {3act} ...
A. Cerè台本
・マリー=ヴィクトワール Marie-Victoire, op.110 (1912-1914) {4act} ...E.Guiraud台本,未上演
・眠りの森の美女 fiaba musicale 'la bella addormentata nel bosco', op.134 (1916-1921) {3act} ...
G. Bistolfi, after C. Perrault, 未出版
・喜劇【ベルファゴール】 commedia lirica 'belfagor', op.137 (1921-1922) {2act, 4tb} ... C. Guastalla, after E.L. Morselli
・沈鐘 la campana sommersa, op.152 (1923-1927) {4act} ...
G.Hauptmann 'Die versunkene Glocke' をもとにGuastalla台本
・神秘劇【エジプトのマリア】 mistero 'Maria Egiziaca', op.170 (1929-1931) {3 episodes} ...
D. Cavalca 'Le vite dei santi padri' をもとにGuastalla台本
・メロドラマ【炎】 melodramma 'la fiamma', op.175 (1931-1933) {3act} ...
H. Wiers-Jenssen 'Anne Pedersdotter' をもとにGuastalla台本
・眠りの森の美女 la bella dormente nel bosco, op.176 (1933) ...
同名の歌劇(op.134)を改訂したもの。人形劇,子どもの無言劇版がある
・ルクレチア Lucrezia (1935) {1act} ...
Shakespeare: 'the rape of Lucrece & Livy' よりGuastalla台本,E. RespighiとE. Porrinoにより管弦楽譜を補完(1936年)
バレエ ・風変わりな店 la boutique fantastique, op.120 (1919) ... L. Massine振付
・セーヴル焼のフランス老婦人 Sèvres de la vieille France, op.128 (1920) ...
I. Leonidov台本, M.A. de Camargo振付
・魔法の鍋 la pentola magica, op.129 (1920) ...
Leonidov振付
 
1) La pirrica, 2) Fantasia indiana, 3) Canzoni arabe, 4) L'autunno, 5) Fiori di mandorlo
・ヴェネツィアの冗談 scherzo Veneziano: le astuzie di Colombina, op.130 (1920) ...
Leonidov振付
・即興曲 impromptu, op.130a (1921) ...
Massine振付,ショパンの「即興曲」をもとに作曲したが,紛失。未出版,未上演。
・シバの女王ベルキス Belkis, regina di Saba, op.171 (1930-1931) ...
Guastalla台本
管弦楽曲 ・習作 [juvenilia], op.1, op.2 (1893-1894) ... 未出版の習作。無題,2曲
・交響的変奏 variazioni sinfoniche, op.28 (1900)
・前奏曲,コラールとフーガ preludio, corale e fuga, op.30 (1901)
・交響曲 ト長調 sinfonie, op.34 (1901) ... 未出版,のち1903年に「組曲」(op.51)へ編曲
・子守歌 berceuse, op.38 (1902) {strings} ... 未出版,のち「6つの小品」(op.31)第1曲へ編曲
・組曲 suite, op.41 (1902) {strings}
・メヌエット minuetto, op.47 (1903) {strings} ...
未出版,「6つの小品」(op.44)第4曲から編曲
・組曲 ホ長調 suite, op.51 (1903) ...
未出版,交響曲(op.34)から編曲
・セレナータ serenata, op.54 (1904) {small-orch}
・夜想曲 notturno, op.74 (1904-1905) ...
のち改訂され,「セミラーマ」の一部に使われた
・ブルレスク burlesca, op.59 (1906)
・オーロラの舞い danza dell'aurora, op.94b (1912) {vln, orch} ...
のち歌劇《セミラーマ》とバレエ《ベルキス》に使われた
・カルナヴァル風序曲 ouverture carnevalesca, op.99 (1913) ...
未出版
・劇的交響曲 sinfonia drammatia, op.102 (1913-1914)
・交響詩【ローマの泉】 fontane di Roma, op.106 (1916) {orch /2p}
・リュートの為の古風なアリアと舞曲第1集 antiche arie e danze per liuto, primo serie, op.109 (1917) {small-orch} ... 16世紀リュート曲を編曲
・組曲【風変わりな店】 la boutique fantasque: suite, op.120a (1918) ...
同名のバレエ作品から編曲
・地の精のバラード ballata delle gnomidi, op.124 (1919)
・リュートの為の古風なアリアと舞曲第2集 antiche arie e danze per liuto, second serie, op.138 (1923) {small-orch}
・ベルファゴール序曲 Belfagor, ouverture, op.140 (1924) ...
同名の歌劇から編曲
・交響詩【ローマの松】 pini di Roma, op.141 (1923-1924) {orch /2p}
・ロッシニアーナ組曲 Rossiniana, op.148 (1925) ...
ロッシーニの曲を編曲
・交響的印象【教会のステンドグラス】 impressioni sinfonico 'vetrate di chiesa' (1925-1926) ...
最初の3曲は「・・前奏曲」(op.131)から編曲
・ボッティチェルリの三枚折絵 trittico Botticelliano, op.151 (1927) {small-orch}
・ブラジルの印象 impressioni brasiliane, op.153 (1928)
・組曲【鳥】 suite 'gli uccelli', op.154 (1928) {small-orch} ...
スカルラッティ,ラモー他の鍵盤曲を編曲した。バレエ音楽として1933年に初演
・交響詩【ローマの祝祭】 feste romane, op.157 (1928) ...
第一部は,1926年作の未完の管弦楽曲(Nerone)をもとに作られた。
・第十二旋法によるメタモルフォーゼ metamorphoseon modi XII, op.169 (1929-1930)
・リュートの為の古風なアリアと舞曲第3集 antiche arie e danze per liuto, terzo serie, op.172 (1931) {small-orch}
・狩り場の櫓 huntingtower, op.173 (1932) {large-winds}
・組曲【シバの女王ベルキス】 Belkis, regina di Saba: suite, op.177 (1934) ...
同名のバレエ音楽から編曲
協奏曲 ・アリア ト長調 aria, op.32 (1901) {org, strings} ...のち組曲第2番(op.57a),ト長調の組曲(op.58),室内楽「6つの小品」(op.31)へ編曲
・ピアノ協奏曲 イ短調 concerto per pianoforte ed orchestra, op.40 (1901) {p, orch}
・伝説 leggenda, op.36 (1902) {vln, orch} ...
「6つの小品」(op.31)第三曲として編曲
・チェロ協奏曲 ホ長調 concerto, op.40a (1902) ...
未出版。一部紛失したが,第2楽章がアダージョと変奏(op.133)へ編曲された。
・ユーモレスク humoreske, op.45 (1903) {vln, orch}
・組曲 ト長調 suite (1902-1905) {org, strings}
・夕べ di sera, op.48 (1903) {2ob, strings}
・ヴァイオリン協奏曲 イ長調 concerto, op.49 (1903) ...
1993年に第一,第二楽章が出版された
・スラヴ風幻想曲 ト長調 fantasia slava, op.50 (1903) {p, orch}
・組曲 suite, op.57 (1905) {fl, triangle, strings} ...未出版
・組曲第2番 suite No.2, op.57a (1905) {fl, sistro, strings}...
アリア{op.32)「エンツォ王」の間奏=セレナータ(op.55)などから抜粋
・組曲 ト長調 suite, op.58 (1901-1905) {org, strings} ...
アリア(op.32)からの編曲も含む
・幻想曲 fantasia (1907) {p, orch} ...
詳細不詳,上記「スラブ風幻想曲」と同じか?
・古風な協奏曲 concerto all'antica, op.75 (1908) {vln, orch}
・アダージョと変奏 adagio con variazioni, op.133 (1921) {vc, orch} ...
チェロ協奏曲(op.40a)第二楽章を改訂編曲
・グレゴリオ聖歌調の協奏曲 concerto Gregoriano, op.135 (1921) {vln, orch}
・ミクソリディア旋法による協奏曲 concerto in modo misolidio, op.145 (1925) {p, orch}
・秋の詩 poema autunnale, op.146 (1925) {vln, orch}
・トッカータ toccata, op.156 (1928) {p, orch}
・五声の協奏曲 concerto à cinque, op.174 (1933) {ob, tp, vln, b, p, strings}
室内楽曲 ・ヴァイオリン・ソナタ ニ短調 sonata, op.15 (1897) {vln, p} ... 未出版。サラバンド(sarabanda)とジーグ(giga)の2曲
・弦楽四重奏曲第一番 ニ長調 quartetto per archi No.1, op.18 (1897-1898) {2vln, vla, vc}
・弦楽四重奏曲第二番 変ロ長調 quartetto per archi No.2, op.20 (1897-1898) {2vln, vla, vc}
・吹奏五重奏曲 quintetto, op.21 (1897-1898) {fl, cl, ob, hrn, bssn?}
・二群の弦楽四重奏曲 ニ短調 [double string quartet], op.27 (1900)
・弦楽四重奏曲 変ロ長調 quartetto per archi, op.33a (1901) {2vln, vla, vc}
・ピアノ五重奏曲 ヘ短調 quintetto, op.35 (1902) {2vln, vla, vc, p}
・6つの小品 sei pezzi, op.31 (1902-1904) {vln, p}
・弦楽四重奏曲第三番 ニ長調 quartetto per archi, op.53 (1904) {2vln, vla, vc}
・四重奏曲 ニ長調 quartet, quinton, va d'amore, b viol, va da basso, op.61 (1906)
・5つの小品 cinque pezzi, op.62 (1906) {vln, p}
・弦楽四重奏曲 ニ短調 quartetto per archi, op.91 (1909) {2vln, vla, vc}
・ヴァイオリン・ソナタ ロ短調 sonata per violino e piano, op.110 (1916-1917) {vln, p}
・ドリア旋法の弦楽四重奏曲 quartetto dorico per archi, op.144 (1924) {2vln, vla, vc}
・組曲 suite della tabacchiera, op.168 (1930) {2fl, 2ob, 2bssn, 2p}
・リュートのための古風な舞曲とアリア antiche danze ed arie per liuto, op.172 (1931) {2vln, vla, vc /strings} ...
ピアノ曲(作品114)から抜粋編曲
・スケルツォ scherzo, op.191 (-) {2vln, vla, vc}
ピアノ曲 ・ピアノ・ソナタ イ短調 sonata, op.4 (1895-1896)
・初期の短い小品 [early short pieces], op.4, 6, 7, 10 (1895-1896)
・ gosdemlan: gusci di melone, op.13 (1897) {2p}
・ピアノ・ソナタ ヘ短調 sonata, op.16 (1897-1898)
・組曲 suite, op.22 (1898)
・前奏曲 preludio, op.23 (1898)
・ワルツ 嬰ハ短調 walzer, op.37 (1902) {2p}
・組曲 suite, op.43 (1903)
・6つの小品 sei pezzi, op.44 (1903-1905) ...
「6つの小品」(op.31),「メヌエット」(op.47),「エンツォ王」などから抜粋編曲
・3つの小品 tre pezzi, op.92 (1910) {org}
・前奏曲,トッカータとフーガ preludio, toccata e fuga, op.105 (1916) ...
前奏曲はオルガン独奏,残りはピアノ
・リュートのための古風な舞曲とアリア第1集 antiche danze ed arie per liuto, op.114 (1917-1918) {2p} ...
管弦楽,弦楽四重奏へ編曲
・ローマの泉 fontane di roma, op.115 (1918) {2p} ...
管弦楽曲(op.106)の4手版
・リュートのための古風な舞曲とアリア第2集 antiche danze ed arie per liuto, op.116 (1918) {2p} ... 管弦楽,弦楽四重奏へ編曲
・グレゴリオ風の旋律による3つの前奏曲 tre preludi sopra melodie Gregoriane, op.131 (1921) ...
「Vetrate di chiesa」(op.150)へ一部を編曲
・リュートのための古風な舞曲とアリア第3集 antiche danze ed arie per liuto, op.139 ... 管弦楽,弦楽四重奏へ編曲
・ローマの松 pini di Roma, op.142 (1924) {2p} ...
同名の管弦楽(op.141)より編曲
・子どものための6つの小品 sei pezzi per bambini, op.149 (1926) {2p}
合唱曲 ・ sentite? tintinnan le mandrie, op.1b (1893-1894) {sop, choir, orch} ... 詩は作者不詳,未出版
・天使の救済 salutazione angelica, op.17 (1897-1898) {sop, choir, orch} ...
E. Panzacchi詩,未出版
・カンタータ【救世主】 Christus, op.24 (1898-1899) {tnr, btn, m-choir, orch} ...
作曲者詩
・4声のフーガ fuga reale à 4 voci (1899) {4vo}
・夜 notte, op.55a (1905) {msp, btn, p} ...
改訂版が「6つの歌」に採録。のち管弦楽配置され,「3つの歌」(op.99a)に所収
・カンタータ【ペルシャ風】 i persiani, op.60 (1900/1906) {msp, tnr, btn, m-choir, orch} ...
Aeschylus詩
・セミラーマからの二重唱 duet from Semirâma, op.94a (1911-1912) {sop, tnr, orch} ...
Cerè詩,同名の歌劇の第一幕から編曲
・ロシア民謡の主題による歌と踊り canzone e danza sopra temi popolari russi, op.105 (1915) {choir, orch} ...
未出版
・ ai lancieri 'vittorio Emmanuele II', op.117 (1918) {choir, tps} ...
未出版, Bevilacqua詩
・春 la primavera, op.136 (1918-1922) {sop, tnr, btn, bass, choir, orch} ...
C.Zarian詩
・主の降誕讃歌 lauda per la natività del signore (1928-1930) {sop, msp, tnr, choir, fl, ob, e-hrn, 2bssn, triangle, 2p} ...
J.da Todi詩
・エジプトのマリア Maria egiziaca: trittico da concerto, op.170 (1929-1931) ...
Guastalla詩, 同名の神秘劇から編曲
歌曲 ・最後の陶酔 l'ultima ebbrezza, op.8 (1896) {sop, p} ... A.Negri詩
・涙 lagrime, op.9 (1896) {tnr, p} ... Negri詩
・夜想曲 notturno, op.11 (1896) {tnr, p} ... Negri詩
・とても美しい乙女 tantobella, op.12 (1897) {tnr, p} ... Negri詩
・ミランダ Miranda, op.39 (1902) {vo, p} ... A.fogazzaro詩,未出版
・短いおはなし storia brève, op.52 (1904) {msp, p} ... Negri詩
・光 luce, op.63 (1906) {msp, p} ... Negri詩

・霧 nebbie, op.64 (1906) {vo, p} ... Negri詩,「3つの歌」(op.99a)に管弦楽配置されて採録された
・雪 nevicata, op.66 (1906) {vo, p} ... Negri詩
・反抗 contrasto, op.66 (1906) {vo, p} ...
C.Zangarini詩
・舞踏への招待 invito alla danza, op.67 (1906) {vo, p} ... C.Zangarini詩
・スケルツォ scherzo, op.68 (1906) {vo, p} ...
Zangarini詩
・吟遊詩人 stronellatrice, op.69 (1906) {vo, p (orch)} ...
C.Zangarini, A.Donini詩。
・エンツォ王のストゥルネロ stornello dall'opera Re Enzo, op.70 (1906) {vo (2vo), p} ...
Donini詩
・5つの古風な歌 cinque canti all'antica, op.71 (1906/1910) {vo, p} ...
「エンツォ王」から抜粋した「カンツォーネ」を含む
・6つのメロディ sei melodie, op.89 (1906) {vo, p} ...
E. Panzacchi,G. d'Annunzioほか詩
・6つの歌 sei liriche, series No.1, op.90 (1909) {vo, p} ...
D'Annunzio, Pompilj詩
・アレトゥーザ Aretusa, op.95 (1910-1911) {msp, orch} ...P. Shelley詩
・ある日お帰りになるならば e se un giorno tornasse..., op.96 (1911) {msp, p} ...
Pompilj詩
・6つの歌 sei liriche, series No.2, op.97 (1912) {vo, p} ...
「夜」(op.55a)からの転用を含む
・ vous etiez sur mon coeur, op.98a (1912-1913) {msp (btn), p} ...
E. Guiraud詩,未出版
・3つの歌 tre liriche, op.99a (1913) {msp, orch} ...
A. Negri, V.A. Pompilj詩,「夜」op.55a, 「霧」 op.64, 「Pioggia」 op.90から管弦楽配置
・夕暮れ il tramonto, op.101 (1914) {msp, 2vln, vla, vc /strings} ...Shelley詩
・4つのトスカナ地方のリスペット quattro ripsetti Toscani, op.103 (1915) {vo, p} ...
A.Birga詩,第二曲を管弦楽配置
・5つの歌 cinque liriche, op.108 (1918) {vo, p} ...
Shelley,R. Tagore詩,管弦楽配置
・音楽 la musica, op.108a (1917) {msp, p} ...
Shelley詩,未出版
・感覚 la sensitiva, op.104 (1914-1915) {msp, orch} ...
Shelley詩
・森の神々 deità silvane, op.107 (1917/1925) {sop (tnr), p (15inst.)} ...
A. Rubino詩,15人の器楽伴奏版(op.147)もある
・パンの笛 il flauto di Pane, op.119 (1918) {msp, small-orch} ...未出版。 改訂され,歌劇「沈鐘」の一部に転用された
・ la donna sul sarcofago, op.121 (1919) {msp, p} ...
D'Annunzio詩
・ la statua, op.122 (1919) {msp, p} ...
D'annunzio詩
・日没 il tramonto (1918) {msp, 2vln, vla, vc}
・2つの歌 due liriche, op.123 (1919) {msp, p} ...
第一曲は不詳,第二曲はM.de Fersen詩,未出版
・4つの歌 quattro liriche, op.125 (1920) {msp, p} ...
D'annunzio 'Poema paradisiaco' より
・アルメニアの詩句による4つの歌 quattro liriche su parole di poeti Armeni, op.132 (1921) {msp, p} ...
C. Zarian, Nerses詩
・カンツォーネ・サルダ canzone sarda, op.155 (1928) {vo, p} ...
未出版
・4つのスコットランド民謡のアリア 4 arie Scozzesi armonizzate (1924)
・3つの近代的なヴォーカリーズ tre vocalizzi nello stile moderno, op.161-163 (1930) {sop(tnr), p /msp (btn), p /alto (bass), p}
・ la funtanelle, op.164 (1930) {vo, p} ...
民謡を編曲したもの
・2つの歌 due liriche, op.165 (1930) {vo, p} ...
未出版


レスピーギを聴く


★★★★☆
"Pini di Roma / Feste Romane / Fontane di Roma" (Decca : BA 924)
Charles Dutoit (cond) Orchestre Symphonique de Montréal

誰もが認めるレスピーギの代表作であり,録音も沢山ある《ローマ三部作》のCD。小生はあまりレスピーギを熱心に聴かないので,この曲もそれほど沢山の演奏を聴いたわけではありませんが,聴いたものの中では,最も透明感があり,淡い水彩画のようにデリケートな筆致の演奏です。一面では民族主義にも肩入れし,ストラヴィンスキーに一脈通じるダイナミックな躍動も含む三部作。しかし,三部作が突出して有名になれたのは,彼の他作と比べても圧倒的に優美かつ精緻,近代的なオーケストレーションに依るところ大でしょう。これから聴こうとなさる方ほど,演奏・録音技術の進んだ新しめの録音から選ぶのが無難というものです。デュトワ〜モントリオール響はこの当時絶頂期。「仏人よりもフランス的」と評されたモントリオール響ならではの端正で清らかな弦が,精妙な色彩感を持つ曲想に素晴らしくマッチ。この曲の持つ優雅さ,流麗さが最高度に汲み取られた秀演のひとつだと思います。

★★★★☆
"Pini di Roma / Feste Romane / Fontane di Roma" (EMI : TOCE-7045)
Riccardo Muti (cond) The Philharmonia Orchestra
マリピエロと並んでイタリア復古主義運動の先頭に立った作曲家レスピーギの代表作にして,特に印象主義度の高い《ローマ3部作》のCD。指揮者のリッカルド・ムーティはイタリア出身で,レスピーギとは同郷の間柄。言い古された言説ながら,ここでも「まず一枚なら同国の演奏で」は有効と言うことでしょう。この曲の定番といえばデュトワのがありますが,こちらはデュトワ盤よりもダイナミックで推進力があり,油絵のような極彩色の躍動感が溢れます。デュトワ盤とは切り口がまるで異なる三部作。ドビュッシーやラヴェルを思わせるデリケートな和声が流れるような淡い清純さを伴って流麗に響くデュトワ盤に対してムーティは,拍節のはしばしに含まれた屈強な民俗リズムを際立たせ,彼の復古主義的側面を強調した解釈という対比になりましょうか。南仏らしくコケティッシュでむせ返るような陽気に富んだ健康美に満ちた演奏。オーケストラの演奏も高水準に安定しており,初めて聴く方にも安心してお薦めできる一枚ではないでしょうか。どちらを取るかはもう好みの問題で,もちろん両方それぞれの持ち味で魅力的です。

★★★☆
"Fontane di Roma / Pini di Roma / Feste Romane" (Scribendum-Melodiya : SC 021)
Evgeny Svetlanov (cond) USSR State Symphony Orchestra
ロシアの重鎮にして,日本でも固定ファンのいるスヴェトラーノフさん。カリンニコフの録音は,ファンの間では決定版とされているとかいないとか。旧ソ連な人としては珍しく,早くから西欧の近現代ものを好んで振ってきた過去を持ち,あっしも以前,意外な健闘を見せたこの人のドビュッシーを聴いて「へえ,これなら足毛ナージさんよりずっといいじゃないですか」なんて思ったものでした。本盤もそんな柔らか頭の産物で,1980年,まだロシアがソ連だった頃に,モスクワでレスピーギ三部作の全曲演奏をした男気溢れる一枚です。ただし,録音媒体の評価はあくまで結果が全て。いかに高邁かつ柔らか思想であろうと,彼自身のもつスラヴォニカ学習帳が変わらなければ,出てくる音も真っ赤っか。おまけに貧しいソ連のライブです。カイゼル髭系のしかめつらしいオーケストラの鳴動は,ヨレヨレでピッチもずれ気味ですし,今となっては時代錯誤としか形容できぬ録音も,レスピーギの繊細な和声を聴くには,あまりに白黒テレビ調。結果,なんだかボリショイ・サーカスでも見ているかのような三部作になっちゃってます。『ローマの祝祭』冒頭を聴いて,『猿の惑星』のテーマが真っ先に脳裏を過ぎったのは私だけではないでしょう。時にマッシブな原曲を,頑迷な校長先生の如くカターイ居住まいで,軍靴の足並みの如く鳴らす演奏に趣を感じる方,あるいは既に他盤を山のように聴き,通り一遍当な演奏じゃ面白みを感じられなくなってしまったオットリーノ倦怠期な方。それらに該当する方なら,或いは趣を感じる面もあるかも知れません。ただし何れの場合も,およそ一般的な嗜好でないのは明らかです。どちらでもないあっしには,到底これを推薦する度量はありません。

★★★☆
"Vetrate di Chiesa / Brazilian Impressions" (Chandos : CHAN 8317)
Geoffrey Simon (cond) Philharmonia Orchestra
レスピーギの作品を聴くと,古楽もの,印象主義もの,ロマン派から国民楽派ものまでと些か目移りが激しいのですが,反面,彼の美点はそのいずれもが,出自のイタリア臭とは無関係なため,スペイン国民楽派のようにこれみよがしなナショナリズムを表出しないところにあります。彼が作曲家として,あまり正規に音楽教育を受けなかったことも幸いしたのかも知れません。このCDに収められた作品も,仕上がりはそれほどモダンというわけではなく,むしろマリピエロに通じる,穏健なイタリア版ポスト・ロマンティスト。国民楽派的な形式感にフランス流儀の和声を控えめに折衷した作風を展開しています。モダンなクラシック好きの方への聴きものは『ブラジルの印象』でしょうか。《・・印象》と銘打つだけにフランス近代の香り漂う作風で,初期のマリピエロとそっくり。フランスもののそれほど甘美ではなく,イタリア風の旋法を駆使した民謡風の主題が漂うさまは,地味ながら端正で穏健。控えめにモダニズムを推し進める語法は,ベクトルこそ違えイギリス近代に通じるところがあり,充分に楽しめるものと思います。演奏は良いです。

★★★★
"Ancient Airs and Danses Suite No.1 - No.3 / Trittico Botticelliano" (Telarc : CD-80309)
Jesús López-Cobos (cond) Lausanne Chamber Orchestra
レスピーギは,作曲家専門ではなく,もとはヴィオラ奏者として名を挙げた人物です。そのため,基調に復古主義的なスタイルこそあるものの音楽的な自由度はかなり高く,フランス印象主義の方向へ行くと思えば,古楽に興味を持ったり,国民楽派,ロマン派まで折衷して曲を書いています。レスピーギの奥さんもグレゴリオ聖歌の専門家であったため,結婚すると,彼はいっそうルネサンス・中世音楽に傾倒するようになりました。リュートのために書かれたこの曲は,厳密にはピアノ連弾曲からの編曲もので,中世音楽から管弦楽配置して作った作品。近代とは全く関係のない,バッハ以前の典雅な古典音楽となっています。ドビュッシアン好みで《ローマ三部作》からレスピーギに惚れましたと仰るファンにとっては,むしろ,カップリングの『ボッティチェリの三枚折絵』のほうが面白く聴けることでしょう。どちらかというと単純な構成も手伝って,何だか子供向けの音楽みたいな雰囲気も漂ういっぽう,マリピエロを思わせる色彩的な管弦楽配置が楽しめます。マルタンの名録音もあるロペス=コボス/ローザンヌ室内の演奏秀逸。

★★★☆
"Piano Concerto in A Minor / Concerto in Modo Misolidio" (Chandos : CHAN 8317)
Edward Downes (cond) Geoffrey Tozer (p) BBC Philharmonic

レスピーギは『ローマ三部作』が突出して有名で,耳に触れる機会も圧倒的にこの3作品が多いのはご承知の通り。わざわざこんなサイトへやってきて下さる(恐らく小生を含め)ドビュッシーやラヴェルの好きなファン諸兄は,あれでレスピーギを知り「これはきっとイタリーものでは,最高に印象主義的な作風のヤツに違いない」と,彼へ過大な期待を寄せてしまうのではないでしょうか。しかし,レスピーギの作風の基調は,作曲の師匠でもあったリムスキー=コルサコフ譲りのロシア国民楽派。印象主義的な和声感覚はアクセント程度と思った方が好いです。特に,20世紀に入るか入らないかの初期に書かれた『ピアノ協奏曲』は,習作期を抜けていなかったことも手伝って,彼のロシア寄りの作風が露骨に丸出しとなった内容。これを聴いたとき,あっしは思わず「チャイコフスキーの盗作に違いない」と絶叫してしまいました・・。一方の『ミソリディア旋法』のほうは,印象主義者の大好きな旋法をモティーフにしたからか,師匠の影響から自由になったからか,国民楽派的でありながらも,よりオリジナリティのある,印象主義のアクセントも利かせた作風。こちらはなかなかに好いです。

★★★★
"String Quartet (Rota) String Quartet in D major (Respighi) String Quartet No.3 (Malipiero)" (Claves : CD 50-9617)
Nuovo Quartetto Italiano
近代イタリア楽壇を牽引した3人の作曲家の弦楽四重奏を採り上げた作品集です。イタリア四重奏団といえば,ドビュッシーの弦楽四重奏で有名ですが,「新」が付くこちらは同楽団とはあまり関係がなさそう。「ニ長調で」とわざわざ書いてくださったレスピーギのロマン派回帰願望が強いのはある程度予測可能なこのCD,当然ながら購入動機は,聞いたことのない映画音楽作家ロータと,イタリアものでは一番贔屓な作曲家マリピエロの弦楽四重奏曲です。果たして,彼の初期交響曲をそのまま弦楽四重奏にしたような堅実な新古典主義の書法に則って書かれ,しかも適度な色彩感を持った和声が程良い緊張感を持続する。紛れもなく彼の職人芸を示す秀作であると聴きました。一方のレスピーギはカメレオンな彼の作風が良く出たもの。終楽章などには『ローマ三部作』を書いた彼の優れた和声に対するセンスが現れるものの,全体に懐旧的で,彼のファンでもない限り改めて聴くほどのものではない気がしました。これはロータも同様で,フツーのロマン派カルテットです。新イタリア四重奏団は少しヴァイオリンのピッチが甘くなる部分もちらつきますが,極めて抑揚豊かで膨らみがあり,良く四人が協調した好演奏を聴かせています。

(2006. 3. 13 改訂)